DSCF0037-2人を一度採用したら、毎月20万円以上のコストがかかります。

そして仕事を教え、制服を支給すると、最低でも300万円以上かかるのです。

みんなで働いたお金を300万円もかけて採用しているのに、何年間も頑張ってきてくれた先輩たちを不快にしたり、積み上げてきた会社のイメージを下げてしまう人がいるのです。

それを思うと、企業はある程度お金をかけてでも、入れてはいけない人を入れない採用を行うべきだと思うのです。

昨日と一昨日は静岡経営塾でした。

DSCF0023先月の静岡経営塾で「今月の動きを観れば、今後の方向性がわかる!」と言っておきましたが、私の予想通り、悪い方でハッキリと方向性が出たと思います。

経営者は、その方向性に合った舵取りをしなくてはなりません。

そこで昨日は「儲ける力」と「人を動かす力」について勉強しました。

私は28歳で会社を経営し始めた時に、この二つの力があれば成功できると考え、「儲ける力」ではマネージメント・ゲームとランチェスター戦略を、「人を動かす力」ではアドラー心理学とCL(建設的な生き方)を学んできました。

そこでわかったことは、

DSCF0016「成功」=「儲ける力」*「人を動かす力」

「儲ける力」=「魅力(付加価値)」*「認知度」

「人を動かす力」=「言葉(気遣い)」*「実践(継続)」

だということです。

人が求める魅力があって、多くの人にそのことを知ってもらえば必ず儲かります。

また、相手が賛同してくれる話し方が出来、それを裏付けるだけの実践を継続していれば、人が力を貸してくれます。

そのおかげで会社も小さく、とても貧乏でしたが、30歳過ぎには全国からお金を払って100人くらいの人が集まるようになりました。
DSCF0034
だから私は37歳のときに無借金で自社ビルを建てることができたのです。

コロナ禍で世の中が変わったとしても、人に欲求があることは変わりません。

人が求める魅力を持ち、それを多くの人に知ってもらい、多くの人が応援してくれたらうまく行かないわけがありません。

もしうまく行かないとしたら、「儲ける力」か「人を動かす力」のどちらかが弱いだけだと思うのです。

仮に「儲ける力」が弱いのなら、自社の魅力を高め、それを多くの人に知ってもらえばいいわけですし、社員が言うことを聞かないなど「人の協力が集まらない」としたら、人への気遣いのある言葉を使い、人から信頼を得る実践を積めばいいわけです。


私がこれまでたくさんの人を見てきましたが、この力の中でほとんどの人が一番足りていないのは「言葉」の能力だと思います!
DSCF0029
私も偉そうなことは言えませんが、「教育とは?」で書いたような自分の考えを相手が受け入れやすいように伝える力が足りていないと思うのです。

多くの人は「言葉の力」を侮っています。

だから、人からの協力が集まらないし、人が育たないのです!

例えば、生命保険のような同じ商品を取り扱っていても、年収300万円の人と年収3億円の人がいます。

商品の魅力と商品の認知度は変わらないのですから、この収入の差は「人を動かす力」の差のほかありません。

収入が100倍も違う理由は、「言葉の力」の差なのです!
DSCF0030
それなのに「言葉」の使い方を身につけようとする人はほとんどいません。

私がCLインストラクター講座を受講した人たちに「ロールプレイをやって身に着けてごらん。人生が変わるよ!」と言っても、ほとんどの人は講座を受けるだけで一向に自分の言葉の力を高めようとしないのです。

今回の静岡経営塾では、どうして田中角栄元総理が土方から総理大臣になれたのかを考えました。

どんなに優秀であっても総理になどなれるものではありません。

それなのに大学も出ていない土方上がりの人の元に、多くのエリート議員が集まったのです。

中には「お金の力だ!」と言う人もいるでしょうが、本当にプライドのある人間はお金に対して頭を下げたりしません。

お金を持っていても、敵を作るのが関の山なのです。

DSCF0026私は社会の底辺で土方を経験してきた彼の言葉に気遣いがあり、伝えていることがわかりやすかったから彼のところに人が集まったと思うのです。

私は田中さんとまったく比較になりませんが、私も貧乏な家に生まれ、人の床下に入って薬まみれになって働いてきた人間です。

そうした経験によって弱い立場の人たちの気持ちがわかるから、私のことを多くの人が支持してくれたと思うのです。

どんなに良い思いがあっても、相手が受け取りやすい伝え方が出来なければ意味がありません。

多くの人は善意があっても、それを上手に伝えられなくて、かえって反発を引き出したりしているのです。
DJI_0152人生を良くしたいと思うのなら、「言葉の力」を高める必要があると思うのです!

今日のひとこと
「頑張っていても、言葉の値がー1になるだけで、すべての合計(積)がマイナスになるのです!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!

お知らせ
2021年のCL手帳が入荷しました。限定30冊です。