DSCF0043昨日は山梨方面のコンサルティングと沼津経営塾でした。

そんな中、ある経営者から次のような相談がありました。

皆さんなら、この社長さんの相談に何と答えるでしょう?

(相談内容)

私の会社はコンピューターのソフトを組む仕事をしています。

DSCF0044依頼を受けたシステムを、それぞれが担当して各人でプログラムするのですが、入社して3年目の社員が納期を守りません。

それなのに定時になるとすぐに帰ってしまうのです。

普通なら叱るところですが、彼のメンタルが弱く、注意したら翌日から会社に来なくなるので誰も彼を注意しません。

このところコロナ禍の影響で仕事量が減っているので、辞めてくれるのなら辞めてもらっていいのですが、たぶん彼は自分からは辞めないと思います。

どうしたら良いのでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・
DSCF0047
皆さんなら、この社長さんにどのようにアドバイスしますか?


私はこの社長さんに、彼を呼び出して「毎日、定時で帰っているけれど、今やっている仕事は期日までに終わりそうかい?」と確認するようにアドバイスしました。

そして実際に仕事の進捗具合を確認して、もし終わりそうになかったら「期限までに完成できるのならいいけれど、もし完成できそうにないのに定時で帰っているとしたら問題だよ!

わからないことがあるなら先輩に聞いたり、残業をしたりして期日に間に合わせる努力をしてください。
DSCF0054-2
それもしないで期限に間に合わないとしたら、仕事を依頼してくれた取引先に申し訳が立たちませんし、前回謝りに行った〇〇さんにも失礼です。

間に合わせる努力をしてください!」と指導するようにアドバイスをしました。

この社員さんがこの会社でやっていくには、他の人と同じように納期までに仕事を仕上げる必要があります。

そのための努力をしないとしたら、この人にはこの会社にいたくないわけですから、他の会社(業種)に行った方がいいと思うのです。
DSCF0045

自分が欲しいもの(この場合は、この会社に在籍すること)を手に入れるために、努力するのは自分自身の課題です!

このことを教えなければ、この人はどこに行ってもやっていけなくなると思います。

それなのにこの会社では「彼のメンタルが弱い」という理由で、定時に帰っていてもそれを注意しないのです。

それが彼のためになるでしょうか?

DSCF0056「辞めてもいい」と言っているのですから、他の人と同じように注意すればいいのです!

それでどちらを選ぶのかは、相手が決めることなのです!

昨日のブログ「会社の文化」で「言っていることと、やっていることを一致させましょう!」ということを書きましたが、うまくいっていない会社(やうまくいっていない人)は、こうした「矛盾」をしています。

例えば、「社員がルールを守らない!」と困っているのに、ルールを守らない人を注意しない会社や、「部下の仕事ができない!」と言いながら部下の仕事を手伝ってあげる上司などがその典型です。

DSCF0058-2皆さんの周りにはこうした矛盾がないでしょうか?

「ダイエットしたい!」と言いながら、甘いお菓子を買って帰る人や、サイズの大きな服を買う人。

「貯金をしたい!」と言いながら、現金やカードを持って出かける人。

そんな矛盾を繰り返している限り、自分の願いが叶うことはないのです。

しかし、「会社が良くならない!」「人生が良くならない!」と言っている人の生活を観てみると、ほとんどの人がそうした「矛盾」をしているのです。

DSCF0038こうした「矛盾」をなくすトレーニングが、CL(建設的な生き方)なのです!

今日の写真は河口湖のカチカチ山の紫陽花です!

今日のひとこと
「希望が叶わない人は、希望が叶いにくい環境を作り、それを維持しています!」


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。クリック応援をお願いします!