2012年07月

2012年07月17日

日曜日に金沢に行ってきました。

仕事も午前中に片付いたので、金沢に行きました。
近くていつでも行けると思っているからか、今まで行ったことのない処が多いというのも事実です。

 今回は東茶屋へ行こうとして、着いたのが西茶屋。
京都の祇園と同じように伝統を感じさせる佇まいや街並みでした。
建物は、一階の低い天井。
そして二階は朱塗りの壁と黄金の衝立、艶やかさと粋をこらした造りになっていました。
途中では甘納豆、そしてお抹茶に和菓子を頂きました。
 その後、長町へと、用水の脇に立ち並び住宅群。
中でも用水の水を取り入れた池泉回遊式庭園や縁側を生かした設計は武家屋敷としての守りと住居としてのゆとりの文化を楽しむお国柄だと感じさせられました。
檜の格天井や茶室のつくりの良さ、またトイレから垣間見える庭の景色さえも見事と言わざるを得ませんでした。
 家づくりは「調和」。自然を生かし、生活の中にゆとりを取り込むことが、昔から考え続けられ、そして今後も引き継がれるべき課題なのではないでしょうか。
30℃を超す気温の中、和服を着た女性が、お茶を飲む風情も又趣あるものでした。

つくづく生活中に溶け込んだ「ゆとりは文化」ということを思い知らせされた一日でした。
CIMG3523




sugimori_blog at 15:20|この記事のURL

2012年07月05日

リフォーム中です。

今年は、例年以上にリフォームが多い年です。
風呂やトイレ等、年齢の変化に合わせ使い易くするために、いろいろな提案をさせてもらっています。
 既存の空間を改築するのではなく、ゆったりした導線とスペースを確保するため、解体ついでに空間を広げたりしています。
言われたことをするのは、当然として、そこに生活するうえで、機能やアイデアを提案し、より快適に暮らしていけるよう増改を推進めることが私たちの使命だと思っています。

PO20120704_0012