稲美町議会議員 杉本 みつあき

皆様のご意見をお聞きしながら、 「いきいきした町、稲美町」を目指してまいります。

平成30年6月 モニタリングをどう活用するか

Q 兵庫県ではインターネット等による差別的な書き込みを抑止するため、30年度より「インターネット・モニタリング事業」を開始した。稲美町としてどう活用していくか。

A 教育政策部長 差別的な書き込みをモニタリング(監視)することで、抑制効果を期待するものです。
稲美町では人権啓発、人権大会などの機会を通してモニタリング事業のねらいや事業概要を図っていく。

yjimagehhob6fy4

平成30年6月議会 稲美町部落差別の解消の推進に関する

Q 差別発言や差別を助長するインターネットでの書き込み等が続いており、依然として部落差別は解消していない。条例の制定が必要と思うが。

A 健康福祉部長 部落差別解消の推進に向けて、支援体制の充実、教育及び啓発など地域の実情に応じた施策の推進に努めており、今のところ条例の制定は考えていない。

平成30年6月議会 高畑用水路の整備をどうするか

経済環境部長 今後加古川市の協力を頂いて、高畑水利組合と協議していきたい。


Q 西和田地区内を流れる高畑用水路は整備がされず、荒れ放題で住民は非常に困惑している。整備をどうするか

A 経済環境部長 今まで通り土地改良区や水利委員会、自治会などに維持管理をお願いしたい。
今後加古川市の協力を頂いて、高畑水利組合と協議していきたい。

荒れ放題の高畑用水路















雑木林が生い茂り、外からは用水路が全く見えない状態の高畑用水路

平成30年6月議会 西部隣保館前の県道に歩道の整備を

地域整備部長 今後も引き続き要望していく。



隣保館前道路2

平成30年6月議会 西部隣保館にエレベーター設置を!

町 長 補助金があれば整備を検討する

Q 西部隣保館は地域住民の福祉の向上や、人権啓発の拠点となるコミュニケーションの場である。誰もが利用できるようエレベーター設置を要望する。

A 町 長 障がい者差別解消法の合理的配慮やユニバーサルデザインの推進から必要性は承知している。多額の費用が予想されるので、今後隣保館に関するエレベーター設置の補助金があれば整備に向けて検討する。

隣保館4




菊徳地内国安川2号雨水工事完了

平成25年度から5カ年計画で始まった国安川2号雨水工事が、防護柵を除いて完了しました。
(予算ベース:1億8,500万円)

DSCF6621
















工事前の2号雨水

2号雨水工事完了






















工事完了後の2号雨水
Categories
楽天市場
プロフィール

sugimoto2007_10

livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ