本日むとうの日!森の物語#05

2006年06月12日

キクラゲさん。

アジカンHPでごっちさんの日記をよんでいたら
6/7の日記が「キクラゲとはキノコ友達です」ってのが書かれていて。
その「キクラゲ」に反応して、昔の記憶が蘇りました。

ある年の瀬。私がずっと祖父母の家で暮らしていたこともあり、年末年始は弟と妹が私のとこに(正確に云えばお年玉をもらいに祖父母の家に)遊びにきてくれるのが毎年の行事になっていた静岡時代のお話。
お腹が空き、夜食にカップラーメンを3人で食べていたのです。(弟2号は欠席でした)
妹がキクラゲを嫌いと云い、私にくれました(キクラゲ大好き!)。そして、ひょんなことから「キクラゲってなんなんだろうね〜」って話になり、
私:「海藻なんじゃないの?」
妹:「え〜クラゲかと思った!」
私/弟1号:「そんなわけないじゃん〜」(2人爆笑ゲラゲラ!)
弟1号:「なんかシイタケみたいなのじゃないの?」
私/妹:「え〜〜!」(2人「まさか!」)
(その時も私には、確信はまるきりなかったけどあの食感から絶対海藻だと思ってて、「弟よ、何を云ってるんだい」くらいにしか思ってなくって)
結局辞書で調べることに。
そこには「キクラゲ科のきのこ〜」と衝撃的な事実が書かれていました。
こんなことがあっていいのでしょうか???
キクラゲがきのこ…そんな。
弟1号は勝ち誇ったようにしていました。ま、負けた。
いえいえ、それは別にいいのですが、十何年かキクラゲを海藻だと思って食べていた私の人生を思うなんなんだろうって(笑)疑問が!(キクラゲ美味し〜って云っときながら、キクラゲのこと何にも解ってなかったんじゃんって)
いやでも、今思えば平和だな〜って、この瞬間。くだらないことで笑えるこの空間。
こう云うのってなんかいいな〜って思います。
やはり世界平和を願う前に、家庭平和ですよね。まずはそこから始めないと。いくら立派なこと云っても、家庭がどろどろしていたら説得力がありませんもの。
そこから発信される、世界平和。そうでありたいです。

「キクラゲ」を見る度、蘇る笑ってしまう記憶。

suginami93 at 06:26│Comments(0)TrackBack(0)記憶日記* 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本日むとうの日!森の物語#05