森の物語#0630歳について、考えてみる。その3

2006年06月15日

まりものマイナー宇宙

58b0e424.JPG
今週の月曜日うちに「まりも」が届きました。通販で購入したまりもです。
まりも、いいな〜。癒しです。
ネットで色色まりもについて調べているのですが、まりもって、奥深い生き物です。

まず、「天然まりも」と「アートまりも」なるものがこの世に存在するのです。天然まりもはその名の通り天然のまりも。しかし、天然のまりもは日本では天然記念物に指定されているため、国産は購入はできません。したがって海外(ロシア?)からの輸入のみとなってしまいます。アートまりもは養殖のまりもを人の手できれいに丸めたまりもであって、よくお土産屋さんで売られているまりもはこのまりもです。私が買ったのはアートまりも。s/m/lサイズ、3〜10cm種類も色色ありました。10cmのアートまりもはなんと!5万円もするそうです。すごいな〜、果てしない!

なぜ、今まりも?なのかと云うと、会社のお昼時間の雑談中。最近まりもが気になっていると云う方がいて、その話にピンときて「私もです☆」って話になり。しかしそれは二人だけ世界だったようで、後から聞くとみんな(けっこう人数がいた日だったんですけど)あんま興味なかったみたいとのこと。逆にえ〜??まりも???みたいな。なるほどね、まりもはマイナーな生き物だったのかとその時知りました。
まりもと云えば、「北海道の阿寒湖」が有名なのですが、私が子供の頃富士山へ冬遠足に行くと、必ず河口湖とか白糸の滝とかで売っていたまりもさん。小さい頃からまりもと少し近かったから、なんかひかれるのかも知れません。
名前を付けてあげまようと思ったのですが、lサイズ(1.7〜2cm)2個のこの子たち。
どっちがどっちなのか解らない…。きっとまりものプロならこの違いが解るんだろうな〜。
う〜ん。まだまだ修行がたりません。

基本的にアートまりもはあまり成長しないとのことなんですが、環境がよければちゃんと育つみたいです。大きく育ててみたいです。

suginami93 at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)日常宇宙♪ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
森の物語#0630歳について、考えてみる。その3