2007年09月03日

カタコンベ 神山裕右

37f4c0e0.jpg













 水没するまでのタイムリミットは約5時間。それまでに洞窟に閉じ
 こめられた調査隊を助け出さなければ−−。「もう同じ過ちは繰り
 返さない」。強い決意を秘めたケイブダイバー東馬亮は、単身救助
 に向かう。大きな闇に包まれた洞窟には、5年前の事件の真相と、
 殺人犯が潜んでいた。第50回江戸川乱歩賞受賞作


神山裕右<ユウスケ>って人、江戸川乱歩賞をこの「カタコンベ」で、
史上最年少受賞したんだってね。凄い!!受賞後3年経ってるけど、
まだ27歳、一回りまでは違わないけど、若いっていいなー、
ウラヤマシイ・・・・・・。

さてこの「カタコンベ」、ネット上での評判はあまり芳しくなくて、
俺も買おうかどうか結構迷ったんだけど、
ちょうど文庫化されて、本屋に山積みされてるのを見掛けて、
まぁかの江戸川乱歩賞受賞作だから、いくら評判がイマイチでも、
それは個人差じゃないのかなぁ?ということで、
購入しちゃいました。

で実際のところ、「ミステリーを読みたい」と思って読むと、
ちょっと肩透かしを食うなー。
でも江戸川乱歩賞受賞作と知って読む人って、
ミステリーを読みたいと思う人が大半だろうから、やっぱり、
みんな肩透かしか・・・・・・!?

ミステリーとしての、謎の投げかけ方、その謎の中味、そして
謎の明かし方、どれをとっても、イマイチ。ミステリー小説として
実際に、動き出すのは、丁度半分くらいからだし。
だから、半分損した気分。

小説としては、読みやすくてサクサク進むし、
読んでいても、洞窟の中の息苦しさなんかも伝わってきて、
まぁ面白いとは思うんだけど。

でも読むのに1週間以上かかった。

2作目は南極が舞台らしい。
これを聞いたら、もう読まなくてもいいかなぁとも思ったんだけど、
一応、主人公は殺人事件に巻き込まれるらしいから、
今作よりもミステリーらしいのかな?

sugishitaukyo at 16:13│Comments(0)TrackBack(1) ミステリー(本) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『カタコンベ』神山裕右  [ 時間の無駄と言わないで ]   2007年09月05日 20:17
最年少での江戸川乱歩賞受賞作だそうな。 地底湖とか洞窟とかが舞台の冒険小説の要素も有り。 というか、冒険小説が9でミステリーが1って感じの割合。 いっそ冒険小説一本にしたら良かったんでないの? あ、でもそれじゃ乱歩賞貰えないか。 ついでに「乱歩賞受賞」....

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Profile
bou
ご意見、お待ちしております。
sugishitaukyo@livedoor.com

2006
*9/*1 Open
10/28 1000hit
11/16 2000hit
11/30 3000hit
12/07 4000hit
12/20 5000hit
2007
*7/21 10000hit
*9/18 「相棒好きの社長のブログ」からタイトル変更
10/25 13000hit
12/04 16000hit
12/20 17000hit
2008
*1/18 19000hit
*1/28 20000Hit
相棒