2021年06月12日

アルツハイマー病の特効薬か??

midashi_arutuhaimaer_shinyaku製薬大手のエーザイと、米バイオ大手企業が共同開発した「アルツハイマー病の新薬(しんやく)」が、アメリカ当局に承認されました(・゚ω゚・)

この分野の新薬承認18年ぶりで、アルツハイマー病の根本治療薬と言われ、「夢のような薬」と呼ばれています。

eizai_logo-2エーザイには、買い殺到しました。

2日にわたって、値幅制限(ねはばせいげん)いっぱいまで上がる「ストップ高」で引けました。

Eizai_nintisyoui_shinyakuその後は売り買い交錯で、一時は年初来高値(ねんしょらいたかね)も更新して、週末を終えました。

しかし、課題(かだい)は色々あるようです。

arutsu_haimaer_mozi販売後の検証試験(けんしょうしけん)が義務付けられ、結果次第では「承認取り消し」もあります。

副作用(ふくさよう)や薬価(やっか)の高さも、懸念材料(けねんざいりょう)です。
今後の動向で、株価はどう動くかわかりません
株式投資とは「バクチの一種」だと、改めて思います。



2021年06月11日

躰のメンテナンス

IMG_20210610_102644めっきり暑くなりました。
対面会議も続いています。

お疲れモードです。
時間をつくり、鍼灸治療(しんきゅうちりょう)に行きました。

IMG_20210610_155133新型コロナで、香川県に「緊急事態対策期」が発令された間は、施術(せじゅつ)も休みでした

50日ぶりに、(からだ)のメンテナンスをしました。
東洋医学に、助けてもらいました。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 | 健康

2021年06月10日

素晴らしかった大ブナの森

DSC2021-07800_bDSC2021-07801_b
DSC2021-07813_b

愛媛・高知県境の山脈尾根を歩きましたが、帰りは行きとは違った道を下りました。
とちゅうには、すばらしい「大ブナの森」が広がっていました(゚o゚)

DSC2021-07799_bブナは、落葉広葉樹(らくようこうようじゅ)です。
四国でも、900メートルの標高を超えるとにします。

しかし、これほど多く大きく立ち並んだブナ林は、初めてでした。
神々(こうごう)しい風景でした。

DSC2021-07818_bを歩きました。
樹々呼吸(いき)を、分けてもらいました。

五感(ごかん)を通して、精神(せいしん)が磨(みが)かれる思いでした。



2021年06月09日

久しぶりだった本格登山

DSC2021-07775_bDSC2021-07782_b
DSC2021-07788_b

新型コロナの感染拡大が深刻で、県外移動(けんがいいどう)を自粛(じしゅく)していました。

DSC2021-07749_bしかし感染ダメですが、すべてを控えるのは心身(しんしん)の健康マイナスです。

香川県独自警戒レベルも、ワンランク下がりました。
先週久しぶりに、県外登山をしました。


DSC2021-07768_b愛媛高知県境に連なる大森山(おおもりやま・1433メートル)に登り、佐々連尾山(さざれおやま・1404メートル)へと伝いました。

本格登山(ほんかくとざん)は、久しぶりでした。
岩場ロープで上がる、ハードなところもありました。

DSC2021-07760_bしかし、素晴らしい尾根道でした。
景色自然の様を、楽しみました (´▽`)

バテましたが、いい運動をしました。
時々にも行かねば、トシとともに脚力(きゃくりょく)や心肺機能(しんぱいきのう)が、衰えます。


2021年06月08日

様々で違うからいい

DSC2021-08031_bIMG_20210605_133202
IMG_20210605_133513

県内の里山から下りて、昼メシに行きました。
うどん屋さん」に、入りました。

お茶」もしました
IMG_20210605_124509小高いの上のカフェに、寄りました。

マスクは欠かせませんが、うんちゃら〜こんちゃらぁ〜と、とりとめのない話しをします。
ゆったりとした時間を、過ごします。


DSC2021-08025_b体力に合った、無理のないところを選びます。
しかし、「限界(げんかい)に挑戦するような山登り」も、時として存在します。

違った面々と、「違った山登り」をしますが、様々(さまざま)です。
「それぞれ違うからいいのだ〜」と、思います(=_-)


2021年06月07日

お宮のアジサイを楽しむ

DSC2021-08013_bDSC2021-07965_b
DSC2021-07971_b

香川県・観音寺市の郊外に、粟井神社(あわいじんじゃ)が鎮座しています。
平安時代に編さんされた、「延喜式(えんぎしき)」に記されている「讃岐の24座」の中でも、「大社3座」の一つとされている、由緒ある社です。

DSC2021-07999_bこの神社は、紫陽花(あじさい)の名所です。
あじさいの宮」とも、呼ばれています。

近くの里山に登ったに、立ち寄りました。
境内(けいだい)の一面に、色とりどりのが咲き乱れていました。

自然が織り成す、色模様(いろもよう)を楽しみました。
社殿にも、参拝(さんぱい)しました。
願掛け」はしない主義ですが、いまは「コロナの退散(たいさん)」を念じて、を合わせましたパンパン~


DSC2021-07966_bDSC2021-07972_b
DSC2021-07981_b



2021年06月06日

イナカの景色を楽しむ

DSC2021-07920_bDSC2021-07921_b
DSC2021-07917_b

梅雨入りして、スッキリしない空模様(そらもよう)の日々です
天気と時間のすき間を見つけて、誘い合わせてへ行きました。

DSC2021-07946_b観音寺市(かんおんじし)の南に並ぶ山系(さんけい)の、菩提山(ぼだいやま・312メートル)に登りました。

曇り空で、少し蒸しましたジメ~
しかし気温が上がらず、助かりました。

も刈(か)られた、歩きやすいでした。
DSC2021-07930_b40分ほどで、登頂(とうちょう)しました。

空気が澄んでいました。
遠くまでの景色を、望みました。

田んぼが張られた、イナカ風景が広がっていました。
DSC2021-07948_b島々も、眺めました。

美しい光景でした (´▽`)
火照った(ほお)に、さわやかなが吹いてきました。
楽しい、いい時間でした。


2021年06月05日

お国の調査事業

keizaisensasu_tyousa_2021経済センサスー活動調査」という調査票(ちょうさひょう)が、届きました。

総務省経産省がおこなう調査で、2012年(平成24)にはじまり、今年2021年が3回目だそうです。


keizaicensus-2021_zizenrenraku日本のすべての事業所企業が対象で、「統計法(とうけいほう)に基づき報告義務(ほうこくぎむ)がある!」と、書かれています。
ネットで、提出しました

扱い品目が限られた業種(ぎょうしゅ)なら、記載(きさい)は簡単です。
DSC2019-02216
しかし、「提供するサービス」や「業態区分(ぎょうたいくぶん)」が多ければ、大変です。

書類作成には、手間(てま)と時間がかかります。
けっこうな負担(ふたん)です。

koubunsyio_abe_kaizanこのでは、さいきん一部の政治家キャリア官僚が関わったと思われる、「公文書(こうぶんしょ)の改ざん」や「統計データ捏造(ねつぞう)」が、疑われています。

お国は、「誤魔化し改ざんはしません」という誓約書(せいやくしょ)を(たみ)に出して、調査すべきと思います。


2021年06月04日

専門家としての矜持

IMG_20200226_163903東京五輪開幕まで、50日を切りました。
新型コロナの感染拡大のなかで、「ホンマにやるのか??」と、多くの国民は思っているでしょう。

政府の感染症対策分科会尾身茂(おみしげる)会長は、今週「本来はやることが『普通』ではない。やるのなら強い覚悟でやる必要がある」と、言いました。

IMG_20200226_164342この人のが、テレビに出ないはありません。
休む間もなく職務をこなしていると、思います。

どんな経歴(けいれき)の人か、知りません。
政府都合(つごう)がいいように、「専門家としてモノを言う御用学者(ごようがくしゃ)」と、見ていました。

IMG_20200226_164037しかしこれは、官邸(かんてい)にとって「具合(ぐあい)の悪い発言」です(`ε´)
政府に雇われていると云え、「プロとしての矜持(きょうじ)」があるのでしょうか??

スガという総理(そうり)は、自らの意向(いこう)に逆らう者を、ことごとく排除(はいじょ)してきました。

DSC2010-09803官僚(かんりょう)はじめ、学術会議(がくじゅつかいぎ)やNHKなどチカラが及ぶに、「恐怖政治(きょうふせいじ)」を敷いて来ました
尾身会長今後も、注目(ちゅうもく)です。

Kolona_kansen_dankai_bオリンピックは、どうなるのか予断(よだん)を許しません。

公共(こうきょう)の福祉」よりも、一部の利害(りがい)や思惑(おもわく)や力関係(ちからかんけい)が優先(ゆうせん)して、決まっていくのでしょう。


2021年06月03日

テナントが入る寺の山門

DSC2020-02254_b大阪難波別院(なんばべついん)は、真宗大谷派(しんしゅうおおたには)の寺院です。

古くは、豊臣秀吉の時代に「大谷本願寺」が、このに建てられました(*ω*)


DSC2020-05303_bいまの京都・烏丸七条(からすましちじょう)の本山は、徳川家康から寄進(きしん)された土地に移転したもので、大阪が「真宗大谷派発祥(はっしょう)」と言えます。

南御堂(みなみみどう)」とも呼ばれ、近くにある「真宗本願寺派」の北御堂(きたみどう)とともに、「御堂筋(みどうすじ)」の名前になっています。

DSC2020-02244_b難波別院(なんばべついん)の山門(さんもん)は、「積和不動産関西南御堂ビル」という名称です。

17階建てのビルで、寺の事務所や貸しホールがあり、スタバなどのテナントも入っています。


DSC2020-05309_b5階から17階は、「大阪エクセルホテル東急」になっています。

人口が減っていく日本で、宗教活動収入(しゅうにゅう)が必要です

DSC2020-02257_bカネがすべて」ではありませんが、資本主義経済のなかで、「カネ必要」です。

不動産事業という、「資本の有効活用」をはかる立派な試みだと、思います。


2021年06月02日

芭蕉終焉の地

Okuno_hosomiti_gazou松尾芭蕉(まつおばしょう)は伊賀上野(いがうえの)に生まれ、30歳のころ江戸に出たのち、日本各地を旅しました。

45歳の春に江戸・深川(ふかがわ)を発ち、約5ケ月をかけて東北北陸美濃をめぐり、数々の俳句を詠んだ紀行文(きこうぶん)「おくのほそ道」が、特に有名です。


DSC2020-05298_b大阪・御堂筋(みどうすじ)の、難波別院(なんばべついん・大谷本願寺)前の緑地帯(りょくちたい)に、「芭蕉翁終焉の地」という石碑(せきひ)が建っています。

京都→伊賀上野→奈良を経た芭蕉は、大阪へ寄りましたが体調を崩し、南御堂(みなみみどう)門前花屋仁左衛門の家で、51歳生涯を終えました。
DSC2020-05301_b
当時家屋は、いまは拡張(かくちょう)されて、石碑は緑地帯にあります。

旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる

亡くなる4日前に詠んだと、言われています。
DSC2020-02246_bをしてを詠み死ぬ〜」という芭蕉の、「辞世の句」と言って差し支えないでしょう。

難波別院には、「芭蕉の句碑(くひ)」もあります。
時間に追われる「都会出張」の合い間に、触れた世界でした。


2021年06月01日

怪しい儲け話し

bitto_coin_kyuuraku今年の春に、仮想通貨(かそうつうか)のビットコイン急騰(きゅうとう)しました(゚ω゚;)
しかし最近は、暴落(ぼうらく)しています。

ECB(ヨーロッパ中央銀行)や中国人民銀行が、ビットコインの取引規制(とりひききせい)を打ち出しました。

BitoCoin_mining_imageアメリカ・カリフォルニアの、クリーンエネルギー電気自動車を開発するステラ社も、「取り扱い中止」を表明しました。

仮想通貨のマイニングトランザクションが、「過剰な電力を使う」ことを、問題視(もんだいし)しています。

bitcoin_mayning_denryokusyouhiビットコインは、「ブロックチェーン」というシステムで、正当さ公正(こうせい)が担保(たんぽ)されています。

ブロックチェーンを確立するには、コンピューターでの、複雑高度演算(えんざん)が必要です。


bittocoin_mayninguこの作業をやり遂げて報酬を得るのが「マイニング(発掘)」ですが、「巨額の富(とみ)」を得た「億(おく)り人」が出現しています

しかし、世の中の「美味(うま)い話し」には、ロクなものがありません。

仮想通貨は、「価値がゼロ」になる可能性もあります。
儲(もう)かる」という言葉には安易(あんい)に乗らず、信用しないことです。



2021年05月31日

まちの芯(しん)を思う

DSC2021-06485_bDSC2021-06489_b
DSC2021-06563_b

愛知県・豊橋市は、人口約67万人の、東三河(ひがしみかわ)の中核都市(ちゅうかくとし)です。

DSC2021-06542_b江戸時代までは、「吉田(よしだ)」と呼ばれていました。
東海道の宿場町(しゅくばまち)、伊勢航路(いせこうろ)の湊町(みなとまち)として栄えました。

豊橋市役所は、まちの中心になった「吉田城(よしだじょう)」と公園に、隣接(りんせつ)しています。

DSC2021-06547_b役所の13階には、展望ロビーがあり、無料で上がれます。

歌川広重(うたがわひろしげ)の浮世絵「東海道53次」の、34番目宿場「吉田 豊川橋(とよかわばし)」の光景に描かれた、「川と橋」が望めます。

DSC2021-06520_bクルマ社会」や「都市合併(としがっぺい)」を理由に、役所郊外(こうがい)へ移す自治体があります。

しかし、まちが成り立った歴史無視(むし)した都市計画(としけいかく)は、疑問に思います。


DSC2021-06484_b豊橋市は、「お城」はじめ歴史的な建物・路面電車・旧東海道の、「地の利(り)」をコンパクトに活かしています。

(しん)」を大切にした、「(すじ)を通したまちづくり」をしていると、感心しました(≡ω≡)


2021年05月30日

豊川を背に建つ吉田城

DSC2021-06506_bDSC2021-06509_b
DSC2021-06502_b

豊橋市は、明治以前は「吉田(よしだ)」と呼ばれるまちでした。
豊川(とよかわ)の流れを背に、吉田城が建っています。

DSC2021-06499_b戦国の世には、今川義元(いまがわよしもと)や徳川家康(とくがわいえやす)が、東三河(ひがしみかわ)の拠点(きょてん)にしました。

関ヶ原の戦いまでの約10年間は、姫路城の大改修でそのを残した池田輝政(いけだてるまさ)が城主(じょうしゅ)として、町を造りました。
DSC2021-06514_b
いまも、豊かな自然が残された都市公園が、整備されています。
美術館博物館も、あります

天守閣は、戦後に再建された4階建の鉄筋コンクリート造りです。
DSC2021-06517_b入館料は、タダ(無料)です。

最上階からは、一級河川(いっきゅうかせん)・豊川の流れが望めます。

家康は、「背水の陣」の地形を嫌い、ここを本城(ほんじょう)にしなかったと言われています。

地理自然土木工学(どぼくこうがく)・力関係(ちからかんけい)など、さまざまな事柄(ことがら)を取り混ぜながら、「城の歴史」を見るのも楽しいものです(´∀`)


2021年05月29日

先行きと効果が見えない対策

DSC2018-08729新型コロナにかかわる、10都道府県の「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」が、6月20日(日曜)まで継続します(`□´)

「すべての自粛(じしゅく)や規制(きせい)」には限度があるようで、一部の対象が規制緩和されます。

DSC2018-06685香川県でも独自の対策の警戒レベルを、一段階下げましたが「医療ひっ迫警戒警報」を、発令しました。

休んでいた県関係の施設は、「土曜日曜休館休園」に変わります。
平日には、行くことができます。

DSC2018-08669丸亀市の施設も、6月1日から再開します。
(もと)に戻ります。

先行き不透明な中で、「人流(じんりゅう)を抑(おさ)えるため」といえ、何もかもをシャットダウンするのは、無理があります。
経済活動にも、悪影響が出ます。
DSC2021-03952_b
享楽生活(きょうらくせいかつ)に慣れた現代人にとって、「我慢(がまん)や辛抱(しんぼう)」には、限界があります。

マスク手洗いなど用心しながら、コロナと「上手に付き合う」以外に、方法はないと思えます(-o-)



2021年05月28日

西行が結んだ讃岐の庵

DSC2021-07548_b西行法師(さいぎょうほうし)は、平安時代の末期から鎌倉初期に生きた、武士(ぶし)であり僧侶(そうりょ)・歌人(かじん)でした。

紀伊(きい)の国に生まれ、京都高野山(こうやさん)・伊勢相模(さがみ)・河内(かわち)など、各地を遍歴(へんれき)しました。
DSC2021-07545_b
勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)・新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)・山家集(さんかしゅう)などに、さまざまながあります。


50歳のときに、讃岐(さぬき)を訪れました。
DSC2021-07515_b京都で親交(しんこう)があり、讃岐に流され悶死(もんし)した崇徳上皇(すとくじょうこう)の御陵(ごりょう)を、弔いました。

讃岐には数年間滞在(たいざい)したようです。
西行庵(さいぎょうあん)」と呼ばれる住んだ(いおり)が、香川県・善通寺市の山中に残されています。

SAIGYOU_syouzou近くの泉の水を、弘法大師(こうぼうだいし)の霊前(れいぜん)に供えたと、言われています。
竹やぶに囲まれ、(ぬま)がありました。

歴史を振り返り、学ぶことができます。
しかし、夏場(なつば)に訪れるときは、「マムシに注意!」のようですニョロニョロ~


2021年05月27日

ちょっとした旅行気分

DSC2021-07584_bDSC2021-07603_b
DSC2021-07600_b

新型コロナのおかげで、出張旅行もなくなっています。
一ヶ月以上、県外(けんがい)に行っていません。
最近では、経験のない事です。

DSC2021-07576_b今週、琴平町会議(かいぎ)がありフツウならで行きますが、わざわざJRを使いました。

高松と違って、列車本数は少なく不便です。
待ち時間を考えれば、クルマの方が早く着きます。


DSC2021-07582_bしかし、香川の知った光景も、見方が違えば新鮮(しんせん)です。

非日常(ひにちじょう)が、味わえます。
ちょっとした、旅行に行った気分になりました (´▽`)


2021年05月26日

すべての商いに打撃が〜

DSC2021-07521_b新型コロナの、10都道府県に出されている「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」が、期間延長(きかんえんちょう)されるようです(`ヘ´)

香川県も、独自に定めている警戒レベルを、「最高ランク」にしています。

DSC2021-07534_bさまざまな施設や、屋外(おくがい)の公園までもが、休業(きゅうぎょう)しています。

出かけるは、限られます。
人流(じんりゅう)を抑(おさ)える効果」は、あるでしょう。

DSC2021-07559_b四国霊場八十八ケ所などの「お寺」は、規制(きせい)はありません。
山門(さんもん)は、開いています

しかし、は少なく静かですシ~ン
お遍路さんに聞いても、「どこも空(す)いている・・・」との事でした。
DSC2021-07552_b
お寺の「納経料(のうきょうりょう)」も、激減(げきげん)しているでしょう。

「すべての商い経済活動(けいざいかつどう)」が、打撃(だげき)を受けています。



2021年05月25日

荒い値動き

kinnyuusizyou_korarzyu株価荒い値動きが、続いています。
新型コロナの感染拡大、アメリカの金融緩和(きんゆうかんわ)の縮小見通しなど、いろいろ理由があります。

コロナ対策で、日本政府はあちこちにカネをつぎ込んでいます。

geraku_kolona_coraarzyu国債(こくさい)を、ジャンジャン刷っています。

国の債務残高(さいむざんだか)は、過去最高更新しています(`□´)
いずれ、限界(げんかい)に達するでしょう。

DSC2008-00211通貨安(つうかやす)と長期金利(ちょうききんり)の上昇が、同時に起こり得ます。

先行きの疑心暗鬼(ぎしんあんき)が、株価の乱高下(らんこうげ)になってなければいいが・・・と、思います。



sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2021年05月24日

深刻な観光産業

DSC2021-07655_bDSC2021-07664_b
DSC2021-07691_b

金比羅さん」のまち・琴平町で会議でした。
コロナのおかげで「書面議決(しょめんぎけつ)」や「ウェブ開催」が増えていますが、対面形式(たいめんけいしき)でした。

DSC2021-07637_b会議が終わったあと、時間もあったので、を少し歩きました。

石段のとちゅう365段目に建つ、大門(おおもん)まで上がってみました。

参道は、実に静かでしたシーン
DSC2021-07654_b雨模様平日(へいじつ)といえ、参詣者(さんけいしゃ)は驚くような少なさでした。

去年6月にも客人(きゃくじん)を案内し訪れましたが、はいませんでした。
一年経っても、惨状(さんじょう)が続いています。

日本全国どこも同じだと思いますが、新型コロナが観光業に及ぼす影響は、あまりに深刻です(つд⊂)



2021年05月23日

亡くなってちょうど30年

DSC2021-07480_b高校時代の友だちの一人は、33歳のときに突然亡くなりました。
大企業の、優秀技術者でした。

大阪大学に進学し、学生時代の東京からの帰りに、豊中・蛍池駅(ほたるがいけ)の下宿に泊めてもらった事もあります。
DSC2021-07492_b
一緒に旅行もしました。
夏休みには、地元の香川で海水浴に行きました。

亡くなってちょうど30年になり、仲のよかった同級生たちと、5月の祥月命日(しょうつきめいにち)に合わせて、墓参りに行きました。
DSC2021-07486_b
元気に生きていれば、一緒に山登りを楽しんでいたのかなぁ・・・と、思います。

葬儀の日は、の照る暑いときでした。
30年とは、長いようで早いものです(-д-)ノ


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 

2021年05月22日

一件落着のヘビ騒動

animenishikihebi_touou_teroppu横浜・戸塚区の集合住宅からいなくなったアミメニシキヘビが、16日ぶりに発見捕獲されました。

警察消防など、延べ700人以上が周辺を捜索しましたが見つからず、けっきょく飼われていた部屋屋根裏(やねうら)に、潜(ひそ)んでいました。

animenishikihebi_ayokohamashi_totukaku_mapのないヘビですが、体長が3.5メートルあり、巻き付くチカラが強く、人に危害(きがい)を加える恐れもありました。

一件落着して何よりですが、こんな迷惑(めいわく)な話しもありません。

飼い主は、出動した消防団員の手当負担など、責任をとるべきです(`-´メ)


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2021年05月21日

5月に梅雨の大雨

DSC2021-07464_b今年の「梅雨入り」は、記録的早さでした。
そして5月なのに、梅雨末期(つゆまっき)のような大雨出没(しゅつぼつ)しています。

今年は、ツツジも早く開花しました。
季節訪れが、早まっています。

DSC2021-07463_b新型コロナと言い、災いが増えています。
自然界(しぜんかい)からの、傲慢(ごうまん)な人間への警告(けいこく)かも知れません。

恐ろしい天変地異(てんぺんちい)が、起こらねばいいが・・・と、思います(-_-)


2021年05月20日

路面電車は文化のひとつ

DSC2021-06463_bDSC2021-06587_b
DSC2021-06576_b

愛知県・豊橋市には、路面電車(ろめんでんしゃ)が走っています。
営業キロ数では、「日本で2番目に短い路線(ろせん)」です。

DSC2021-06479_b高度経済成長(こうどけいざいせいちょう)」のなか、全国で路面電車が廃止されました。
さいきんでは、岐阜市(ぎふし)が軌道(きどう)を撤去しました。

しかし豊橋市は、「路面電車存続(そんぞく)」を選びました。
DSC2021-06585_bいま日本には、17都市19路線が残っています。

とよはし市電を愛する会」というものが、あります。
1990年(平成2)に発足(ほっそく)し、「市電文化(しでんぶんか)」という会報も出しています。
路面電車文化だ」と、語っています。

DSC2021-06559_b富山市岡山市では、「路面電車を活用する都市計画」が、おこなわれています。

クルマ中心ではない、(ひと)や環境(かんきょう)を優先する、「今日的(こんにちてき)なまちづくり」だと言えます。

従来型(じゅうらいがた)の経済思考」からの脱却(だっきゃく)は、むしろ先進事例(せんしんじれい)だと、思います。


Toyohashi_SHIDEN_bunka


2021年05月19日

「530(ゴミゼロ)運動」発祥のまち豊橋

DSC2021-06461_bDSC2021-06476_b
DSC2021-06465_b

4月に浜松を訪れましたが、連れとは現地で夕方待ち合わせでした。
時間もあったので、豊橋(とよはし)で途中下車しました
初めて訪れました。

DSC2021-06459_bそこそこの、都会的(とかいてき)なまちでした。
花のまち豊橋」「きれいなまち豊橋」を、宣言していました。

530(ごみぜろ)運動」というものがありますが、1975年(昭和50)に豊橋市で始まり、全国に広がりました。

DSC2021-06455_bいい天気昼時で、駅前のペデストリアンデッキ広場では、多くの高齢者が弁当を食べていました。
ゴミ箱はありませんでしたが、綺麗でした。

「よそで自分が出したゴミは、自分で持ち帰る」という意識浸透(しんとう)していると、感心しました。

きれいなまち」は、住みやすさや都市の魅力につながります。


2021年05月18日

ソフトバンクという会社

midashi_softbank=kessan_2021.3ソフトバンクグループ(SBG)の、今年3月期決算の純利益は、約4.9兆円を計上しました。

これまでの日本企業最高益(さいこうえき)は、トヨタ自動車が2018年(平成30)3月期に出した約2.4兆円でしたが、これを更新(こうしん)しました。

Soft_Bank_korarzyuSBGの昨年度決算は、9千600億円赤字(あかじ)でした。

一転して、今期は巨額(きょがく)の利益を出しました。


DOLUこの会社の業種は「情報・通信」ですが、生業(なりわい)は「投資運用(とうしうんよう)」です。

今度の好業績(こうぎょうせき)も、「世界的株高(かぶだか)」に、支えられています。

金融市場(きんゆうしじょう)の動向で、業績が振れます。
カネが全て〜」とするモノの考え方には、「危なさ」を感じます(-ε-)



sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2021年05月17日

高校生たちが制作した複製の壁画

DSC2021-07007_b香川県立ミュージアムで、特別展「空間に生きる画家 猪熊弦一郎民主主義生活空間造形の試み」が、開催されています。(5月31日まで休館)

ミュージアムのエントランスロビーに、「壁画(へきが)の複製」が展示されています。

DSC2021-07010_bデモクラシー」という題名の、猪熊画伯の第一作目壁画です('▽'*)

慶応大学・三田キャンパスの学生ホールの建設にあたり、設計した谷口吉郎(たにぐちよしろう)氏の依頼で、1949年(昭和24)に作製したものです。

DSC2020-09703いまも大学の学生食堂に、展示されているそうです。

inokuma_ten_kenmyusium-2021今回の複製画(ふくせいが)は、画伯の卒業校の「県立丸亀高校」の生徒さんたちが、分担して描きました。

原寸大(縦約4・4メートル、横約6・5メートル)で、約二ヶ月かけて模写(もしゃ)したそうです。

色彩(しきさい)もすばらしい、共同作業力作(りきさく)でした。

特別展は、コロナ影響で、どうなるのか分かりません。
しかし、この作品は「何かの方法」で紹介できないのか??と、思います。


2021年05月16日

猪熊弦一郎画伯の軌跡を見る

DSC2021-07017_b香川県立ミュージアムで、特別展「空間に生きる画家 猪熊弦一郎民主主義生活空間造形の試み」が、開催されています(現在休館中)。

香川県出身の猪熊弦一郎画伯の作品が、「時代変遷(へんせん)」とともに、紹介されています。

DSC2021-07015_b絵画にとどまらず、本の装丁(そうてい)・ポスター家具建築など、画伯が手がけた数々が、出展されています。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(コチラ)が所蔵する作品はじめ、個人所有(しな)など、「よくぞ揃(そろ)えた・・・」と感心する内容でした。

DSC2021-07019_b三越(みつこし)の包装紙「華ひらく」の、イメージのもとになった「千葉浜辺(いし)」や、戦争で疎開(そかい)した相模湖(さがみこ)での芸術活動など、初めて知った話しもありました(つд⊂)

IMG_20210421_134803施設は、コロナのおかげで5月31日(月曜)まで、臨時休館になりました。

感染拡大が続き、休みが延びないか心配です。
このまま終えるには、勿体ない内容です。


2021年05月15日

後ろ向きな事柄にエネルギーを使う

DSC2021-07398_b新型コロナの感染拡大で、香川県独自の警戒レベルが「最高ランク」に引き上げられました

関与している施設の臨時休館、予定事業の中止変更など対応に追われました。

DSC2021-07383_bあーだこーだ」と、やる事がかえって増えます。
後ろ向きな事柄に、エネルギーを費やします。

結婚よりも離婚(りこん)」が、「創業より廃業(はいぎょう)」が何倍大変(たいへん)だと聞きますが、解かるようながします(-д-)ノ


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 

2021年05月14日

年金の将来

kigyounenkin_rengoukai_huusyo若い一時期に、サラリーマンをしていました。
厚生年金基金」と呼ばれる企業年金に、強制加入していました。

制度継続していて、63歳を迎える前に書類が届き、手続きをしました。
しばらくして年金証書とともに、決定通知が来ました。

IMG_20210217_130732金額は、「スズメの涙」です
かけうどん」を食べていたのが、月に2度は「肉うどん」か「天麩羅うどん」を食べることが出来ます。

しかし、年金は終身受給(しゅうしんじゅきゅう)です。
自己負担と会社負担の「掛け金」に比べると、長生きすれば、はるかに多い金額が受け取れます。

IMG_20200123_140948短期間(10年未満)の加入者の企業年金は、「企業年金連合会」が一括して運営しています。

公的年金(こうてきねんきん)も同じですが、こんな制度は、持つわけがないと思います(`□´)


2021年05月13日

国と東京都のケンカ

DSC2019-02843_bDSC2015-02172
DSC2018-01263

新型コロナ対応の「緊急事態宣言」が、12日(水曜)から6都府県で、延長開始になりました。
しかし、施設の「営業か休業か??」の線引き基準が、あまりに曖昧(あいまい)です。

DSC2021-00717東京都は、劇場・演芸場・遊園地・野球場などは、一定条件営業を認めました。

ところが、映画館・美術館・博物館・動物園には、休業(きゅうぎょう)を要請しています。


DSC2020-01515_b競馬(けいば)はいい競輪(けいりん)はイカン〜」「イカ刺しは構わないがタコ刺し駄目!」と言っているようなモンです。
良いか悪いか」の根拠(こんきょ)が、不明です。

国は国立美術館博物館を、再開する方針でしたが、東京都は休館(きゅうかん)を主張しました。
DSC2020-01462ケンカになり、国が負けました

知事小池姉サンは、「休館は人の流れ抑制(よくせい)につながる」と、言っています。

しかし、どう考えても説得力(せっとくりょく)や公平感(こうへいかん)に、欠けています。


2021年05月12日

「まだ時間がある」は大間違い

DSC2021-07392_b新型コロナの感染が、拡大一途です。
香川県では、県独自の警戒レベルを「最高ランク」に引き上げました。

多くの施設が、5月末まで休館になりました。
美術館では、休館中に終了になる特別展があります。

DSC2021-07073_b休館するに行った展示もありますが、「見ずじまい・・・」で済むものも、ありそうです。

「終わるまで、まだ時間がある〜」と思うのは、大きな間違いです。


E0cMCV1VUAMYwNh行けるときに、無理してでも行ったほうがいいと痛感しました。
これは、美術鑑賞に限りません。

人生が起こるか、わかりません
大病したり、とつぜん死ぬこともあります。

FB_IMG_1620602157113コロナで「自粛(じしゅく)」が、言われています。

しかし「一度の人生で、楽しめるときに楽しむ」ことも、世間他人迷惑(めいわく)かけない事を大前提(だいぜんてい)に、アリかと思います(-_-)


2021年05月11日

半導体をめぐる危機

handoutai_2半導体(はんどうたい)は、自動車エレクトロニクス製品・IT技術医療機器など、さまざまな分野で使われています。

産業のコメ」と、呼ばれています。
いまや、食料石油とならぶ戦略物資(せんりゃくぶっし)になっています。

handoutai_4この「半導体」が、世界的不足しています。
日本の自動車メーカーも、減産(げんさん)に追い込まれました。

足りない原因は、いろいろと理由があります。


handoutai_1米中貿易摩擦(ぼうえきまさつ)・EV(電気自動車)の生産拡大・第5世代端末(5G)の普及・貨物輸送力の低下などが、複合的(ふくごうてき)に絡んでいます。

半導体の世界シェアは、1980年代には日本製品50%を越えていました。

TSMC_taiwanいまや日本のシェアは、10%未満です。
将来ゼロになると、言われています。

日本は半導体の供給(きょうきゅう)を、台湾メーカーからの輸入に頼っています。

taiwan_kaikyou_yuuzi中国台湾に「有事(ゆうじ)」が起きれば、日本産業崩壊(ほうかい)します。

半導体は、軍事(ぐんじ)にも応用されます。
安全保障(あんぜんほしょう)のからも、重要な存在です。

政府は、半導体の供給を国家戦略と位置づけて、対応をはじめました。
しかし、「遅きに失した・・・」かも知れません。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2021年05月10日

健康第一

DSC2021-07386_b年に一度の健診でした。
毎年受診している、市内の総合病院へ行きました。
流れ作業で、あれこれ検査を受けました。

IMG_20210510_075935加齢(かれい)と日ごろの不摂生(ふせっせい)で、何の病気をしても不思議ではありません。

早期発見(そうきはっけん)と処置が、大切です。
とにかく、元気一番です(´ω`)


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!健康 | 日常生活

2021年05月09日

資生堂の哲学を見る

DSC2021-01172_b静岡県・掛川市(かけがわし)の郊外に、「資生堂アートハウス」があります。

資生堂・掛川工場に隣接し、美術館企業資料館があります。
どちらも一般人が、無料(タダ)で入れます。

DSC2021-01170_b美術館には、資生堂が収集したコレクションが、展示されています。

日本画・彫刻・陶芸・漆芸(しつげい)・現代アートなど、ジャンル様々です。

に数回の企画展が、開かれています。
DSC2021-01167_b訪れたときも、「日本の工芸と生活」をテーマにした、作品展がおこなわれていました。

建物は、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の建設にもかかわった、谷口吉生(たにぐちよしお)氏の設計です。


DSC2021-01178_b企業資料館では、「資生堂歴史数々」が、紹介されています。

創業した1872年(明治5)から今日(こんにち)までの、「時代変遷(へんせん)」が目にできます。


DSC2021-01182_bこの会社が、文化芸術と深くかかわり、企業活動を続けて来たことを知ります。

館内には、「美しく質の高い生活を提唱し、日常芸術化する〜」との文言(もんごん)が、ありました。
企業哲学(きぎょうてつがく)」を、見る思いでした。


2021年05月08日

蛇行して飛ぶ理由

DSC2021-07314_bDSC2020-08325
DSC2021-07379_b

新型コロナのおかげで、人の動きが止まっています。
交通機関は、本数を減らしています(`ヘ´)

DSC2018-09141航空会社減便(げんびん)していて、空域(くういき)は混んでないようです。

管制(かんせい)から、ショートカットが認められる飛行機も、多々(たた)あります。
燃料節約(ねんりょうせつやく)が、できます。

DSC2014-07188しかし悪天候(あくてんこう)のときには、大きく蛇行(だこう)して飛ぶシップもあります。
おそらく、気流(きりゅう)の悪い雲中(うんちゅう)などを避けているのでしょう。

収入も減っているなかでの、遠回りです(`□´)
踏んだり蹴ったり〜」だと、思います。


2021年05月07日

コロナの影響の深刻を思う

IMG_20210415_184604東京などに、新型コロナの「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」が出る前の4月に、静岡県西部を訪れました。

浜松市(はままつし)で2泊して、に出てを飲みました

IMG_20210415_195937記録を見ると、前回浜松で泊まったのは、1998年(平成10)3月でした。
23年ぶりでした。

どのへ行き、を食べたのか覚えていません。
肴町(さかなまち)など、街の名前にかすかな記憶がある程度です。

IMG_20210415_200713今回、予約して訪ねたは、「当たり!」でした。
料理を、楽しみました(´∀`)

ところが繁華街は、ガラ〜ンとしていました。
平日の夜とはいえ、静かでしたシ~ン


IMG_20210415_200752静岡県は、飲食店への「時短(じたん)の要請」は、出ていませんでした。
しかしビジネスマンが、夜の飲み会自粛しています。

どこも深刻です。
この状況が続くと、日本経済沈没(ちんぼつ)します。


2021年05月06日

浜松の名物を食らう

IMG_20210414_192819IMG_20210414_180824
IMG_20210414_181423

楽しみのひとつに、「その地の食(しょく)を味わう」ことが、あります。
ふだんの食生活(しょくせいかつ)は、質素倹約(しっそけんやく)を心がけていますが、非日常(ひにちじょう)のでは「贅沢(ぜいたく)」をします (´▽`)

IMG_20210414_181044IMG_20210414_182726
IMG_20210414_181827

4月に浜松で、名物の「うなぎ」と「餃子(ぎょうざ)」をいただきました。

うなぎ専門店に、行きました。
白焼き(しらやき)・きも焼お刺身う巻天ぷらなど、珍味美味でした。
(さけ)も進みます

IMG_20210414_182119IMG_20210414_185939
IMG_20210414_192341

最後は、「うな重」で締めました。
継ぎ足しの、「秘伝のタレ」を使っているのでしょう。
おいしゅう御座いました(合掌)

DSC2021-01147IMG_20210416_111646
IMG_20210416_113253

浜松餃子(はままつぎょうざ)は、「円形(えんけい)の焼き餃子」が特徴です。
真ん中には、「茹でもやし」が盛られています。

あっさりとしたです。
ペロリと食べました。
こうして、カロリー過多体重が増える恐ろしいことが、起きています。



2021年05月05日

GWの讃岐うどん

midashi_idounozisyuku_kolona

大型連休が、終わりました。
新型コロナのおかげで、「慎重(しんちょう)な行動」が求められました。

DSC2021-07373_b連休の間は、もっぱらデスクワークパソコンに向かいました。

半日(はんにち)だけ、近場(ちかば)の里山(さとやま)に登りました。

下山して、うどん屋さんで昼食をとりました。
DSC2021-07370_bイナカの田んぼに囲まれた、民家(みんか)を改修した店です。

香川県は、去年は「連休中のうどん店休業」を求めました。
今年は、「を出す」は営業自粛(えいぎょうじしゅく)でしたが、うどん屋にはも言いませんでした。

DSC2021-07369_b店によっては、自主的(じしゅてき)に休んだようです。
しかし寄った店も、偶然なのかなのか、あまり混んでいませんでした。

駐車場も、「県外ナンバークルマ」は、あまり見ませんでした。

IMG_20210502_123206みなさん行動を、セーブしているのでしょうか??

ニュースでは、「動き盛んだった〜」と、報道しています。
連休明けの、「爆発的(ばくはつてき)な感染拡大」は、あるのでしょうか??


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 

2021年05月04日

ソニーの復活

midashi_SONY_saikoueki_2021.3ソニーの今年3月期決算純利益が、1兆円を越えました。
過去最高(かこさいこう)の利益です。

ソニーは、2009年(平成21)決算で、2千200億円を越す巨額赤字(きょがくあかじ)を計上しました。

液晶テレビやパソコンなど、エレクトロニクス製品の大きな落ち込みが、原因でした。

SONY_saikourieki-2021.3一時は、保険など「金融業(きんゆうぎょう)に徹したほうがいい〜」とまで、言われました。
しかし、V字回復しました。

ゲームネットワーク」のセグメントが、業績貢献しました。
DSC2019-03735エレクトロニクス」や「ソリューション」を超える、稼ぎでした。

そしてには、「モビリティ」事業に(ちから)を入れています。
かつてのウオークマンのような、「ソニー流技術(ぎじゅつ)」は、今後の注目です。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2021年05月03日

強風のこいのぼり

DSC2021-07107_bDSC2021-07117_b
DSC2021-07123_b

こいのぼり」は、五月風景のひとつです。
個人で見るのは、珍しくなりました。

DSC2021-07130_b市内の、「お城(ほり)」と一級河川(いっきゅうかせん)の「土器川(どきがわ)」に、張り渡されています。

石垣(いしがき)やや、光景に、マッチしています。


DSC2021-07144_bがなければ、ダラリ〜と垂れ下がります。
があれば、元気に泳ぎます。

しかし風が過ぎると、千切れるように踊り狂います。
渡されたロープワイヤーは、猛烈(もうれつ)なチカラを、受けているでしょう。

大丈夫かいな??」と、心配になります。
世の中の、「ほどほど」や「適度(てきど)な具合い」とは、難しいものです。


DSC2021-07142_bDSC2021-07141_b
DSC2021-07139_b



2021年05月02日

外出自粛の連休

DSC2021-07329_bDSC2021-07331_b
DSC2021-07357_b

自然界の草花綺麗季節です(´∀`)
県外登山(けんがいとざん)を、計画していました。

DSC2021-07349_bしかし連れの一人が、勤務先で「県外移動自粛通達(じしゅくつうたつ)」が出ました。
県内の里山に変更しました。

地元の飯野山(いいのやま・422メートル)に、登りました。
久しぶりでした。

DSC2021-07351_bゆっくりと一時間ちかくかけて、おしゃべりしながら歩きました。
頂上のお堂にも、お参りしました。

ぼちぼちの数の登山者でした。
この季節にしては、冷ひんやりしたが吹いていました。

DSC2021-07345_b次第に(くも)が増え始め、下山する二合目あたりでポツリポツリが落ちてきました。

外出自粛(がいしゅつじしゅく)の連休ですが、つかの間の時間を楽しみました。


2021年05月01日

一年の1/3が過ぎる

DSC2021-07168_bDSC2021-07171_b
DSC2021-07163_b

五月です。
コロナだ〜何だぁ〜」と言いながら、一年1/3が過ぎました

satsuki-mozi_bときの早さに驚かれぬる・・・」です。
あっと言う間に、トシを取っていきます。

やるべき事を、片づけなければなりません。
しかしは、「コロナ感染防止(かんせんぼうし)」が一番です。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 | 健康

2021年04月30日

今年のゴールデンウィーク

GW_mozi_b今年のゴールデンウィークは、去年に続いて「コロナの影響」を、モロ受けです。

香川県でも、「帰省旅行自粛(じしゅく)」や「イベントや会食などの慎重行動(しんちょうこうどう)」が、呼びかけられています。

G.W_2021.4-5個人的には、G.Wは「お仕事」です。
休みクソも、ありません。

カレンダーを見ると、多くの勤め人は「4月30日」に休むと、「7連休」になります。


DSC2020-087405月6日7日」を休むと、もっと長い連休(れんきゅう)ができます。

在宅勤務(ざいたくきんむ)が増えているといえ、イナカ中小企業は、まだまだ現場主義(げんばしゅぎ)です。

皆さん、カレンダー通り出勤するようです。
休んでも、コロナ遊びにも行けないのでしょうか??


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 

2021年04月29日

香川県にある天皇御陵

DSC2011-02901香川県中央に広がる五色台(ごしきだい)のピークのひとつ「白峰(しらみね・357メートル)」の頂上近くに、「崇天皇白峯稜(すとくてんのうしらみねのみささぎ)」があります。

宮内庁が管理する天皇稜で、石の玉垣で囲まれ内陣(ないじん)は箒目(ほうきめ)で清められています。

DSC2021-07209_b(みやこ)から遠い地にある御陵は、淳仁天皇淡路陵(じゅんにんてんのうあわじのみささぎ)・安徳天皇阿弥陀寺陵(あんとくてんのうあみだいじのみささぎ)とここ白峯の、三陵だけです。

崇天皇3歳第75代天皇に即位し、22歳で譲位して上皇に退きました。

DSC2021-07290_b38歳のときに、後白河天皇(ごしらかわてんのう)と皇位継承をめぐり、争いになりました。

もめ事は兄弟喧嘩(きょうだいけんか)に収まらず、「保元の乱(ほうげんのらん)」と呼ばれる、朝廷貴族武家を巻き込む大きな内乱になり、敗北(はいぼく)した崇徳は、讃岐の地に流されました。

DSC2021-07188_b46歳で亡くなるまで、自らの写経(しゃきょう)するなど「恨み骨髄(こつずい)の日々」を送ったと、言われています。

菅原道真(すがわらのみちざね)・平将門(たいらのまさかど)とともに、「日本三大怨霊(おんりょう)」と呼ばれています。

DSC2021-07200_b崇上皇白峯に葬られて3年後に、親交のあった西行法師(さいぎょうほうし)が稜を訪れ、上皇の弔いました。

sandai_onryou(ふもと)の神社から、山上までは「西行法師の道」が、整備されています。

の脇には、崇帝西行のいくつもの歌碑(かひ)が建てられています。
歴史を振り返り、和歌鑑賞しながら歩くのも、(おもむき)があります。


2021年04月28日

新緑のなかを歩く

DSC2021-07213_bDSC2021-07236_b
DSC2021-07242_b

県外への登山を計画していましたが、の予報でした
県内の里山に変更しました。

DSC2021-07282_b香川県の海側の中央に広がる「五色台(ごしきだい)」を、歩きました。

集合場所へ、7人がそろいました。
整備された石段(いしだん)を、標高約300メートル地点まで上がりました。

DSC2021-07207_b崇上皇(すとくじょうこう)の御陵を、訪れました。
四国霊場81番札所白峯寺(しらみねじ)も、参拝しました。

新緑の青もみじが、鮮やかでした。
が洗われる世界でした。

DSC2021-07252_b山の遍路道(へんろみち)も、歩きました。
森林浴(しんりんよく)をしました('▽'*)

(かさ)を持って歩きましたが、ほとんど使いませんでした。
三時間ちかくを山中で過ごし、いい運動をしました。


2021年04月27日

列車でのんびりと

DSC2021-07023_b県庁所在地の高松市で、ときどき会議が開かれます。
近ごろは、行き帰りに寄る所がなければJRを使います。

クルマは、みなさん競い合うように走ります。
殺伐(さつばつ)とした世界です。


DSC2021-07025_b荒廃(こうはい)した人の心を、見る思いです。
クルマの運転疲れます(-ε-)

その点、列車のんびりしています。
コンビニ珈琲を飲みながら、車窓(しゃそう)の風景を楽しみます。

DSC2021-07081_bコロナ感染心配があると言え、クルマの事故より安心です。
環境(かんきょう)にも優しい、移動手段です。

DSC2021-07096_bJRコロナ影響で、経営危機にあります。

地域の公共交通(こうきょうこうつう)を守るためにも、利用せねばなりません。



sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!

2021年04月26日

「日本三大砂丘」のひとつ

DSC2021-06888_bDSC2021-06880_b
DSC2021-06931_b

浜松市・南端のにそって、広大砂丘(さきゅう)があります。
東西:4km、南北:600メートルにわたって、広がっています。

DSC2021-06863_b中田島砂丘(なかたじまさきゅう)」と呼ばれ、「日本三大砂丘」の一つだそうです。

波打ち際まで行けますが、急傾斜(きゅうけいしゃ)の「砂の丘」を上り下りします。
脚力(きゃくりょく)が必要です

DSC2021-06869_b雄大(ゆうだい)な太平洋が、一望できます。
次々と、寄せて引いていきます。

ゆ〜っくりとした、波長(はちょう)です。
視覚(しかく)・聴覚(ちょうかく)・嗅覚(きゅうかく)などの五感(ごかん)が、磨(みが)かれます。

DSC2021-06872_bずっと見ていても、飽きない光景でした。
鳥取砂丘のようにラクダはいませんでしたが、人間もあまりいませんでした。

日本には素晴らしいところが、ワンサカあります。
しかし、「真夏(まなつ)に来なくてよかった・・・」と、思いました。


DSC2021-06912_bDSC2021-06917_b
DSC2021-06908_b


2021年04月25日

鉄道の歴史遺産を見学

fig_station_mapDSC2021-06758_b
DSC2021-06757_b

静岡県の北西に、「天浜線(てんはません)」と呼ばれる、天竜浜名湖鉄道があります。
掛川(かけがわ)と新所原(しんじょはら)を結ぶ、約68kmの路線です。

国鉄二俣線(ふたまたせん)を引き継ぎ、第三セクターの会社が運営しています。
本社は、天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅にあります。

DSC2021-06767_bDSC2021-06759_b
DSC2021-06778_b

天竜二俣駅は、天浜線の中心駅です
かつては、天竜川上流の鉱山(こうざん)へ延びる、「光明電気鉄道(こうみょうでんきてつどう)」の分岐駅でした。
いまも、レトロ駅舎(えきしゃ)や鉄道遺産(てつどういさん)が残っています。

DSC2021-06783_bDSC2021-06856_b
DSC2021-06792_b

高架貯水槽(こうかちょすいそう)や、転車台(てんしゃだい)・扇形車庫(おうぎがたしゃこ)・乗務施設などは、登録有形文化財(とうろくゆうけいぶんかざい)になっています。
これらが見学できるツアーが、毎日おこなわれています。
時間に合わせて訪れ、参加しました。

DSC2021-06820_bDSC2021-06826_b
DSC2021-06829_b

驚くような、参加人数でした。
一日50人限定」ですが、定員(ていいん)にちかいでした。
平日(へいじつ)に、「世の中どうなっているのか??」と、思いました。

DSC2021-06811_bDSC2021-06800_b
DSC2021-06842_b

ガイドさんの案内で、ゾロゾロと移動し、あれこれの説明を聞きました。
ふだん一般の者は、入れないエリアです。
珍しい、貴重なものを見せてもらいました(´∀`)

DSC2021-06849_bDSC2021-06832_b
DSC2021-06836_b

このような地方鉄道は、運賃収入だけでは、どう頑張っても赤字(あかじ)です。
会社は、このような見学ツアーや、ラッピング列車の運行など、いろいろ工夫をしています。

DSC2021-06855_bDSC2021-06787_b
DSC2021-06852_b

たまたま天竜二俣駅の施設が、今年3月に公開されたアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のモデルに、なりました。

関連グッズの販売も、好調なようです。
ここにしかない財産」を使った、好事例だと思いました。


2021年04月24日

丘の上の小さな美術館

DSC2021-06728_b浜松市天竜区に、「秋野不矩美術館(あきのふくびじゅつかん)」があります。
1998年(平成10)に、開館しました。

日本画家・秋野不矩(あきのふく)は、1908年(明治41)に静岡県・二俣町(ふたまたちょう)に生まれました。

DSC2021-06753_b京都市立美術大学で教鞭(きょうべん)をとり、54歳のときにインド大学に、客員教授として招かれました。

いらいインドに魅せられ、風景人間寺院など数々の作品を、描きました。


DSC2021-06737_b訪れて題材にした場所は、アフガニスタンネパールカンボジアアフリカに、及びました。
亡くなる2年前の1999年(平成11)には、文化勲章を受賞しました。

代表作に、黄金色(こがねいろ)のガンジス河水牛を描いた、「ガンガー」があります。
IMG_20210415_115904柔らか構図と、色彩です。

展示だけでなく、建物にも一見の価値があります。
素朴(そぼく)な雰囲気の造りです。

奇抜(きばつ)な発想の建築を多く手がけた、藤森照信(ふじもりてるのぶ)氏の設計デザインです。

IMG_20210415_115447外壁(そとかべ)は、(わら)の入ったモルタルで塗られています。
は、漆喰(しっくい)の壁です。

(くつ)を脱いで入館し、展示室にはスリッパも脱いで上がります。

IMG_20210415_115920(ゆか)も、入り口は「天竜杉(てんりゅうすぎ)」の、第一展示室は(とう)のゴザ、第二展示室は大理石(だいりせき)です。

素材(そざい)を、素足(すあし)の(うら)で感じる構造です。

DSC2021-06748_bインド風土(ふうど)に触れる、コンセプトのようです。

まわりを自然(しぜん)に囲まれた、小高いに建つ小さな美術館です。
が落ち着く、深い味わいがあります。