2024年07月18日

一年に一度の大祭に出会う

DSC2024−01962DSC2024-02055
DSC2024-02010

徳島県剣山(つるぎさん・1955メートル)を、3台のクルマに分乗して12人で訪れました。
西日本で二番目高峰(こうほう)ですが、途中までリフトもあります。

DSC2024-02065DSC2024-02063
DSC2024-02013

それぞれペースで、登りました
(ラク)な」を選択し、リフトを使いました。

ちょうど山の本宮劔神社(つるぎじんじゃ)の、一年に一度の「山頂大祭」の当日でした。

DSC2024-02028DSC2024-02031
DSC2024-02036

御神輿渡御(おみこしとぎょ)が、おこなわれていました。
須佐之男命(スサノオノミコト)と安徳天皇(あんとくてんのう)のご神体を安置した神輿(みこし)が、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)〜」の掛け声とともに、クマザサの斜面を練り歩いていました。

DSC2024-02040DSC2024-02042
DSC2024-02045

一年に一度しか見ることの出来ない、貴重光景に出会うことができました。
大自然古来からの文化を、楽しみました(^_^)


2024年07月17日

離島への移住

DSC2024-01858DSC2024-01910
DSC2024-01909

本業ではない用務で、瀬戸内海に浮かぶ離島(りとう)の手島(てしま)を、訪れました。
丸亀市に属しているですが、一度しか行った事がなく、前回2012年(平成24)でした。

DSC2024-01927DSC2024-01934
DSC2024-01917

とちゅう二つの島に寄り、行きは高速艇(こうそくてい)で50分、帰りはフェリー70分でした。
のどかなを眺めながらの、船旅でした

12年ぶりでしたが、島の様子全く変わっていませんでした。
島の人口20人ほどですが、約半数が県外などからの移住者との事です。

DSC2024-01929DSC2024-01933
DSC2024-01937

瀬戸内海に魅せられて、移って来た方々のお話しを伺いました。
自販機もない島ですが、豊かな自然のなかで、農業をしながら非常に充実した毎日との事でした。

人はそれぞれに、様々な生き方があります。
何より、自分自身の幸福感満足感が一番大切だと思いました(′∀`)


2024年07月16日

クルマに対する思想

DSC2024-01177この度、17年乗ったクルマ買い換えました。
17年間の走行距離7万8千kmほどで、一番遠くへ行った先は、広島県の生口島(いくちじま)でした。

土台が、クルマの運転嫌いです。
遠方(えんぽう)へは、ひと様に乗せてもらうか、公共交通を使います。
DSC2024-00899
新しいクルマの納車は、東京出張あとにしてもらいました。

最後に、「高松空港連れて行こう・・・」と、思いました。

DSC2024-01175行きつけのスーパー病院とともに、高松空港は「よく行った場所」の一つです。

遠くを走ったことのない、可哀想(かわいそう)なクルマでした


DSC2024-01956次のクルマは、乗り始めて2週間ほどですが、60kmも走っていません。

クルマは「移動の手段」に過ぎず、「安全に走れば何でもイイ〜」との考えを持っています。
世の中には、いろいろ人間がいます(-ε-)


2024年07月15日

大神(おおみわ)神社に詣でる

DSC2024-01540奈良県桜井市長谷寺(はせでら)を訪れましたが、帰り道に立派神社が見え、時間もあったので寄ってみました。

大神(おおみわ)神社」と呼ばれ、大和国(やまとのくに)の一宮で、古くは高い社格(しゃかく)を持ったお社でした。

DSC2024-01520ご祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)で、「三輪(みわ)の明神さん」と呼ばれ信仰を集めてきたそうです。

が洗われる(みどり)の参道を歩き、拝殿へ上がりました。

DSC2024-01532本殿の背後には、三輪山(みわやま・467メートル)がそびえています。

大国主神(おおくにぬしのかみ)が、自らの大物主大神(おおものぬしのおおかみ)ので、この山に鎮めたと言われています。

DSC2024-01530太古から「聖なる山」と仰がれて、神体山(しんたいさん)とされています。

に覆われた山中には、数々の神社(ほこら)が鎮座していると知りました。


DSC2024-01522大和三山(やまとさんざん)も望める、眺めのいい展望台もあるようです。

も知らずに、たまたま訪れましたが、思いがけない格式を持つところでした(-д-)ノ


2024年07月14日

奈良の長谷寺に参拝

月の初めに奈良大和路をめぐりましたが、桜井市の長谷寺(はせでら)にも立ち寄りました卍卍
真言宗豊山派(しんごんしゅうぶざんは)の、総本山です。

DSC2024-01412DSC2024-01413
DSC2024-01414

創建は、奈良時代の8世紀はじめと言われる古刹(こさつ)です。
参道は、門前市(もんぜんいち)を成す宿(やど)が並び、参詣者の多さを知ります。

DSC2024-01416DSC2024-01511
20240703_140845

立派な仁王門(におうもん)のそばで、500円の拝観料を納めました。
傾斜地に長く伸びる、瓦屋根登廊(のぼりろう)を歩きました。
石段は399段ありました。

DSC2024-01470DSC2024-01479
20240703_134456

本堂は、山の斜面の舞台作りの上に建ち、国宝(こくほう)に指定されています。
ご本尊は、身の丈10メートル余りの「十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)」でした。

DSC2024-01484DSC2024-01494
DSC2024-01430

ほかにも、境内には多くの伽藍(がらん)がある、大規模寺院でした。
寺は四季を通して、「花の御寺(みてら)」と呼ばれています。
ちょうど、シーズンが間もなく終わるアジサイの花が綺麗でした。

DSC2024-01451DSC2024-01450
DSC2024-01444

しかし、危険な暑さの一日でした。
約一時間ほど、めぐり歩きましたが、水分はは必携(ひっけい)でした。
お寺参りは、命がけです。


DSC2024-01507DSC2024-01502
DSC2024-01437


2024年07月13日

新札詐欺

SHINSATU_2024_mihon20年ぶりの新札(しんさつ)が発行されて、10日が経ちました。
しかし、まだお目にかかっていません。

カネ(えん)のない人生なのだと、改めて知ります(-ε-)

発行当初は、「古いお札使えなくなる〜」という詐欺(さぎ)が出没していました。

ところがその後は、喝采(かっさい)するような「新札詐欺(しんさつさぎ)」は、出ていません。

特殊詐欺(とくしゅさぎ)では、「感心する騙(だま)し手口」が次々と登場しますが、新券は「アイデア」が出しにくい領域なのかも知れません。

Zaimusyou_kanbanお国は、「古いお札使えます!」と呼びかけています。

しかしデノミをおこない、無効化(むこうか)する可能性は、あります。

詐欺師だけでなく、(たみ)はに騙されないように、用心(ようじん)せねばなりません


2024年07月12日

アジサイが咲き乱れる高原

DSC2024-01762DSC2024-01814
DSC2024-01827

徳島県山犬嶽(やまいぬだけ・977メートル)に、登りました。
帰りは、行きとは違った道を走り、大川原高原(おおかわらこうげん)に寄りました。

DSC2024-01789DSC2024-01797
DSC2024-01808

標高1千メートルを超える山に、なだらかな高原が広がっています。
の強い場所で、15基の巨大な「風力発電風車(ふうしゃ)」が立ち並んでいます。

山上は、「アジサイの名所」です。
ちょうど、花の盛りでした。

DSC2024-01800DSC2024-01804
DSC2024-01812

斜面いったいが、花で彩(いろど)られていました。
標高の高い場所で、平地よりも開花が遅いようです。
が落ち、ときおり雷鳴(らいめい)も聞こえましたゴロゴロ~

DSC2024-01793DSC2024-01796
DSC2024-01779

天気が良ければ淡路島(あわじしま)や和歌山県も見えますが、生憎(あいにく)の眺めでした。
しかし、咲くを楽しませてもらいました(^_^)
いい「花のご縁」に、めぐり逢いました。


2024年07月11日

高湿度の山

DSC2024-01678DSC2024-01734
DSC2024-01686

今週は、ほぼ高齢の女性4人・男性4人の8人へ行きました。
徳島県中央の、山犬嶽(やまいぬだけ・997メートル)に登りました。

自身は4度目の場所ですが、そこそこの標高までクルマで上がれます。
決してハードな山では、ありません。

DSC2024-0169420240710_105916
20240710_110140

予報の通り、ときどきが落ちましたが、本降りにはなりませんでした。
しかし、あまりの湿度(しつど)の高さでした。

もなく、バテました
4人は山頂へ行きましたが、あとの3人とともに、八合目ふきんのお堂折り返しました。

DSC2024-01733DSC2024-01698
DSC2024-01705

とにかく(あせ)で、グチョグチョになりました。
絶えず水分をとりました。

しかし、途中のなだらかな場所には、「苔(こけ)むした岩」が一面に広がっていました。

20240710_10512220240710_124615
20240710_125930

奇岩(きがん)や巨岩がたたずみ、神さんの(ほこら)も祀られていました。
自然が造る、素晴らしく美しい光景数々でした (´▽`)

三時間ちかくを、で過ごしました。
深い呼吸(いき)をして、体の老廃物(ろうはいぶつ)を出しました。
倒れずに下山できました。


2024年07月10日

刻々と変わる商いの世界

DSC2024-09519DSC2024-09524
DSC2024-09551

今年の5月に、愛媛県の大洲市(おおずし)を日帰りで訪れました。
自然に接し、寺社仏閣旧跡(きゅうせき)を巡りました。

DSC2024-09570レトロ街並みも、散策(さんさく)しました。
ゲストハウスや飲食・土産物など、観光客(かんこうきゃく)をターゲットにしたショップが、ぽつぽつとありました。


昔ながらの商店街」も、歩いてみました
DSC2024-09574後継者(こうけいしゃ)は居らず、「現在(いま)の店主(てんしゅ)で終わり〜」と思える店々です。

かつては賑わった、まち中心だったであろう界隈(かいわい)です。
今や、日本の地方では「当たり前の光景」です。

DSC2024-09577再開発(さいかいはつ)やリノベーションなどなど、いろいろな都市計画まちづくりが語られます。

しかし、商いの業態発想思想(しそう)を変えない「投資(とうし)・チャレンジ」は、やるべきではないと思います(-ε-)


2024年07月09日

右傾化する世界

nasyonarizumu_mozi世界の国々の政局(せいきょく)が、不安定です。

フランス議会・下院総選挙の一回目の投票では、極右(きょくう)の政党が第一勢力に躍進しました。

EU欧州議会の選挙でも、右派極右が伸長し、2割を超える議席を得ました。
mida_EUgikai_kyokuu_sintyou
秋のアメリカ大統領選挙でも、「トランプ再選」が濃厚(のうこう)になっています。

移民問題を背景にした、自国第一の「排外主義」が強まり、世界は右傾化(うけいか)しています(*`Д')

mida_Furansu_gikai_kyokuuナショナリズム権威主義が、台頭(たいとう)しています。

しかし、イギリスでおこなわれた下院の総選挙では、中道左派の労働党単独過半数を獲得しました。

14年ぶりの政権交代(せいけんこうたい)が、起こりました。
離脱したEUとの、「関係再構築」を模索する事になります。

イラン大統領選挙の決選投票では、欧米との話し合いを重視する改革派が、保守強硬派を破りました。

イギリスイランの動きは、排他(はいた)ではない「協調・対話路線」が期待できる流れです。

東京都知事選は、石丸サンが予想外に健闘(けんとう)しましたが、小池サンの当選は下馬評(げばひょう)通りでした。

DSC2024-00986一方で、投票率アップしました。
4年前の前回を、5.62ポイント上回りました。

多数立候補した影響もあるでしょうが、無党派層(むとうはそう)の若者が投票に行ったのなら、結構な話しです。

imadokino_okeikatoha公然ヘイトスピーチをおこない、極端主張をする候補者の得票数得票率(とくひょうりつ)は、前回に比べて下がりました。いい事です。

政治アテにしても、仕方ないと思うときもありますが、政治と政治家の動向には注意して、大切な参政権(さんせいけん)はキチンと行使すべきです。


2024年07月08日

橿原神宮の近辺

DSC2024-0139920240703_114310
20240703_112443

先週、奈良県の橿原神宮(かしはらじんぐう)を、訪れました。
昼食は、神社の会館にあったカフェで、とりました。

暑いなかの参拝でしたが、涼しい場所で冷たいおうどんを頂きました。
落ち着いた装飾の店内で、ひと息つきました。


DSC2024-01553近鉄の橿原神宮前駅(かしはらじんぐうまええき)にも、寄ってみました。
奈良の飛鳥地区の、主要駅です。

1923年(大正12)に開業した駅ですが、1940年(昭和15)の神武天皇即位を祝った「皇紀2600年」にあわせて、本格的に整備されました。

DSC2024-01556いまの中央口駅舎は、初代新歌舞伎座の設計で有名な、建築家・村野藤吾(むらのとうご)の設計です。

天皇さん・皇后さんが、神宮・御陵に参拝するときは「お召列車」が運行され、この駅を使います。


DSC2024-01558駅舎のなかも、重厚雰囲気でした。
伊勢神宮(いせじんぐう)の玄関駅の「宇治山田駅」を、思い出しました。

しかし、神宮(じんぐう)という存在は、立派なものです。


2024年07月07日

ゴミのポイ捨て

DSC2024-00274大阪の御堂筋(みどうすじ)を歩いていると、一軒のコンビニに「ゴミ箱店内にあります」という貼り紙が、ありました。

日本語だけでなく、英語ハングル文字中国語でも書かれていました

DSC2024-00253「店内にゴミ箱ありません」「家庭のゴミを持ち込まないでください」という掲示は、よく見ます。

しかし、これは(ぎゃく)の表現です。
社会奉仕精神に満ちた、奇特(きとく)な店なのか、路上のゴミが余程ひどいのか??と、思いました。

DSC2024-00248御堂筋には、「いちょうテラス」と称して、ウッドデッキベンチなどの休憩施設がつくられています。

大阪万博を見据えた事業なのかも、知れません。
施設には、「喫煙ポイ捨て禁止」などの掲示があります。

DSC2024-00252しかし、日本とは生活形態の違う外国人も増えてゴミのポイ捨ては、各地で「オーバーツーリズム」の問題の一つになっています。

コンビニのゴミ処理の経費を、大阪市負担するなら話しですが、追い詰めているのなら、考えさせられます(-ε-)


2024年07月06日

金融市場の先行きは予測不能

kabuka_saitakane

週末の金曜、東京株式市場の日経平均株価は一時、史上最高値(しじょうさいたかね)を更新しました。
その後は、売り優先で値を下げましたが、コロナ収束後の株価は上げ基調です。

kabuka_sizyousaitakane_2024.7大企業の好決算、新NISAをきっかけにした個人マネーの流入、日銀の緩和政策の継続など、色々な要因が挙げられます。

日経平均は、いずれ「5万円突破する」という見方も出ています。
しかし、経済生き物です。

20240424_124055_b日銀が「利上げ」に転じると、下げ圧力が強まるでしょう。
海外でも、が起こるか分かりません。

金融市場先行きは、いつもの事ですが「予測不能(よそくふのう)」です。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2024年07月05日

橿原神宮を参拝

DSC2024-01394DSC2024-01402
Kashiharazinguu_tizu

今週は、奈良県橿原神宮(かしはらじんぐう)を参拝しました。
初代天皇の神武天皇(じんむてんのう)と、その皇后御祭神です。

大和三山(やまとさんざん)のひとつ・畝傍山(うねびやま)の南東の(ふもと)に、神武天皇の住まいがありました。

DSC2024-01353DSC2024-01408
DSC2024-01406

お社は、天皇の住居のあとに建てられたものです。
創建1890年(明治23)と、新しいお宮です。

しかし、初代天皇が日本を治めたとされるです。
近くには「神武天皇 畝傍山東北陵(じんむてんのう うねびやまのうしとらのすみのみささぎ )」が、あります。

DSC2024-01376DSC2024-01382
DSC2024-01380

皇族の「節目拝礼」には、伊勢神宮と並んで、「はずせない拝所(はいしょ)」になっています。

に抱かれた、広大な敷地に鎮座するお社でした。
深田池(ふかだいけ)」と呼ばれる、飛鳥時代築造された、大きな池もありました。

DSC2024-01377DSC2024-01358
DSC2024-01366

一般の者が参拝する「外拝殿(げはいでん)」は、1939年(昭和14)に建造されたものです。
いろいろな歴史的背景を持ったお社ですが、一生一度は訪れたい場所です。


2024年07月04日

灼熱の大和路

DSC2024-01352DSC2024-01393
DSC2024-01363

老老男女15人で三台のクルマに分乗して、奈良県中部の橿原市(かしはらし)・桜井市を、日帰りで訪れました。

DSC2024-01514女性:10人、男性:5人の、女性優位集まりになりました。

元気な5人は、畝傍山(うねびやま)などの大和三山(やまとさんざん)を登り歩きました。

10人は、観光をしました。
DSC2024-01445当然、観光グループでした(′∀`)

三社寺を、巡りました。
どこも、初めての場所でした。

あまり暑さでした。
灼熱(しゃくねつ)のなかの、大和路(やまとじ)でした。
DSC2024-01525
にまみれて歩き、神仏を拝しました。
みなさん炎暑(えんしょ)のなか、極めて元気でした。

日本年金制度は、恐らく崩壊(ほうかい)するでしょう。


2024年07月03日

スカイツリーが見える部屋

20240620_17445820240620_174546_b
20240620_174613_b

6月に東京で、二日間にまたがる会議会合がありました。
朝夕の移動邪魔くさいので、会場のホテルに泊まりました

ネットで調べると、「東京スカイツリーが見える部屋」というのがあったので、予約しました。
からは、確かにスカイツリーが望めました。

20240620_202634_b20240620_223741_b
20240620_222353_b

は、タワーがライトアップされました。
色彩も、いろいろなバージョンがありました。
見ていて飽きませんでした。

翌朝は、でした。
タワーの上方には、がかかっていました。
とともに、雲の光景刻々と変わりました。

DSC2024-01119DSC2024-01116
DSC2024-01117

会議開始の時間もあり、早々チェックアウトしました。
時間がある時に宿泊し、スカイツリーの様を眺めるのもいいかも知れません。

東京は、次から次と高層ビルが建っています。
このホテルの部屋からの眺望(ちょうぼう)が将来、遮(さえぎ)られる可能性もあると思います(・д・)


2024年07月02日

紙幣の刷新

DSC2024-01293DSC2024-01299
DSC2015-03902

7月3日(水曜)に、新しい紙幣(日銀巻)の発行が始まりました。
キャッシュレス化が進んでいますが、現金はまだまだ健在(けんざい)です。
前回、紙幣が変わったのは、2004年(平成16)11月でした。

Shinsatu_2024.7当時、業務の一環で「時間貸し駐車場」を、運営していました。

精算機(せいさんき)の「紙幣識別機」の交換に、35万円ほどかかりました

紙幣刷新(しへいさっしん)の大きな目的は、新技術を用いた偽造防止(ぎぞうぼうし)と言われています。

新札対応(しんさつたいおう)には、多大な費用がかかります。
事業をやめていて良かった〜と、思います(・ω・)


2024年07月01日

ジャカランダの花

DSC2024-01242DSC2024-01245
DSC2024-01244

6月末に小豆島(しょうどしま)へ渡り、オリーブ公園を訪れました。
駐車場に、青紫色の花の咲いた珍しい樹木がありました。

zyakaranda_kizi-2024.7.1南米原産(なんべいげんさん)の、ジャカランダと呼ばれるだと、知りました。

7月1日の地元新聞に、詳しい記事が載っていました

花の美しさから、「世界三大花木」の一つとされているそうです。

頭に落ちる幸運訪れる」とも、書かれていました。

最近、ムクドリ??と思しきの「白いフン」がクルマに落ちて、困っています。

(うん)でも、違ったウンです。
災いはよく落ちてきますが、「幸運(こううん)」は簡単には落ちて来ません。


2024年06月30日

早くも七月

DSC2024-01181DSC2024-01192
DSC2022-09954

早くも七月が訪れました。
一年半分が過ぎました。
(じき)に、正月がやって来るでしょう。

HUMIDUKI_mozi年老いた人生は、時間との戦いです。
急いで生きなければなりません。

しかし、慌(あわ)ててはいけません。
クルマの運転はじめ、慎重(しんちょう)であらねばダメです。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 

2024年06月29日

好感を覚えた売り方

mini_reizouko職場で使っていた、スタッフ用の小型冷蔵庫寿命を迎えました。

ネットで買ってもいいのですが、個人的にチケット以外は「店で買う主義」です。

家電量販店を、訪れました。
uranaitenpohaurerunoka仕事中に使う、廉価(れんか)で簡単なものでOKです。

売り場の男性販売員に尋ねましたが、適当なものがありませんでした。

osiuri_yameteホームセンターに行ったほうが、希望の商品があると思いますよ〜」と、言われました。
売ろうとしない接客」に、好感が持てました(´∀`)

今度何か要るモノがあれば、「こののこのから買いたい〜」と思いました。
しつこい営業」は、かえって(そん)をします。



2024年06月28日

かつてなかった選挙戦

DSC2024-010757月7日に投票がおこなわれる「東京都知事選挙」ですが、「かつてなかった事」が起こっています。

前回22人だった立候補者数は、過去最多(かこさいた)の56人にのぼりました。


DSC2024-00986選挙ポスターの掲示板(けいじばん)のは、最大48人分が用意されていました。
これを上回る事態に、なりました(`ε´)

そしてその掲示板が、物議(ぶつぎ)をかもしています。

DSC2024-02864被選挙人(ひせんきょにん)」とは違った人間の写真内容が、掲示されているようです。
みだらな画像」も、出ていたそうです

公職選挙法(こうしょくせんきょほう)に触れずとも、「これが選挙運動言えるのか??」と思います。

ネット発達浸透(しんとう)で、今後これを真似た「選挙活動を名乗った個人の宣伝」が、日本の各地で起こらないのか??と思います。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!時事・経済・政治 

2024年06月27日

断崖絶壁に抱かれた御堂

DSC2024-0127420240625_144011
DSC2024-01257

小豆島(しょうどしま)を、周遊しました。
島には、小豆島八十八箇所(しょうどしまはちじゅうはちかしょ)があります。

20240625_143352平安初期に開山されたもありますが、江戸初期に「巡礼(じゅんれい)の」が整ったようです。

島四国霊場(しましこくれいじょう)」とも、呼ばれています。


20240625_143416幾つかの、山岳霊場(さんがくれいじょう)があります。
この島独特の、奇岩(きがん)に包まれた寺院です。

島の北東ののなかに、第81番札所の「恵門之不動(えもんのふどう)」があります。

20240625_143020急な石段を上がり、山門を抜けます。
朱塗り御堂が、断崖絶壁(だんがいぜっぺき)に抱かれて、に延びています。

小豆島の霊場を、象徴する一つです。
ご本尊不動明王(ふどうみょうおう)ですが、ご開帳は「三十年に一度」です。
20240625_142934
洞穴状(どうくつじょう)にくり抜かれた、岩窟(がんくつ)の奥の厨子(ずし)に、鎮座しています。

かような場所に辿(たど)れたご縁感謝して、を合わせました(-_-)

記憶では5度目です。
しかし、訪ね甲斐があるです。


2024年06月26日

島の私設美術館

DSC2024-01282DSC2024-01201
DSC2024-01204

同じトシのジジイたちと、瀬戸内海で2番目に面積が大きい小豆島(しょうどしま)を訪れました。
クルマ一台で、そこ此処と巡りました

DSC2024-01223DSC2024-01225
DSC2024-01214

オリーブ公園の一角に、今年4月に現代アートの美術館「MOCA OLIVE(モカ・オリーブ)」が、オープンしました。

島の東部で芸術活動を展開する、「小豆島アートプロジェクト」の代表がつくった、私設(しせつ)の美術館です。

20240625_11073120240625_111037
DSC2024-01214

古民家(こみんか)を改造した2階建ての、小ぢんまりとした美術館でした。
国内外の作家さんが作製した、絵画立体作品など約40点が、展示されていました。

ここを含めて島の東部地区で、6つの施設が設けられています。
平日(へいじつ)で、あいにく他は休館していました。

DSC2024-0121220240625_112617
20240625_111749

代表は県外の人です。
会社勤めを終えたあと、第二の人生を歩むために、祖父母が暮らした小豆島に移住して、6年前にアートプロジェクトを始めたそうです。
様々な人生があります。


2024年06月25日

危ない夏がやって来る

mida_sekai_douzineppa

6月ですが、暑い毎日です。
湿度も高く、熱中症(ねっちゅうしょう)に要注意です。
今年の夏は、「どえらい暑さになる!」という予報です。

koukiatu_haridashi太平洋とチベットの、「二つの高気圧(こうきあつ)の張り出し」
偏西風(へんせいふう)の蛇行(だこう)」などが、原因と言われています。

とにかく「去年よりも暑くなる〜」と、覚悟(かくご)した方がよさそうです。
kokusyobi_mozikaisetu
一日の最高気温が40℃を超える、「酷暑日(こくしょび)」が日々出没するかも知れません。

すべてに、無理(むり)をしない事です。
辛抱(しんぼう)を、しない事です('д` )

(こころ)を穏やかにして、これからの三ヵ月乗り越えなければいけません。


2024年06月24日

神楽坂の夜

20240619_21035620240619_210423_b
20240619_191859

東京で、2日にまたがっての会議・会合でした。
自身の所用も兼ねて、前入りして前泊(ぜんぱく)しました。

20240619_192804_bは、連れと一杯やりました
神楽坂(かぐらざか)へ行きました。

学生時代に、再々通った場所です。
何年かに一度は、を運びたくなります。

20240619_193838_bいくつもの細い路地が、を繋(つな)いでいます。
行き止まりも、あります。

古風も並ぶ、情緒(じょうちょ)のあるです。
若いときには、気付かなかった(おもむき)があります。

メイン通り坂道(さかみち)は、平日の夜でしたが、結構な人のでした。
外国人が、目立ちました。


2024年06月23日

変貌している新宿西口

DSC2024-00947DSC2024-00951
DSC2024-00956

新宿西口にあった小田急百貨店本館の建物は、建て替えがおこなわれています。
待ち合わせまで少し時間があったので、見に行きました。

DSC2024-00961見慣れた横に長いビルは、きれいサッパリ解体されていました。
跡には、高さ260メートル高層ビルが建設されます。

地上48階建てで、商業施設やオフィスが入り、2029年度の竣工を目指しています。

DSC2024-00970何でも高層化(こうそうか)するのも如何(いかが)かと思いますが、これが今の東京の現実なのでしょう。

しかし新宿駅西口の地下街は、工事の関係で通路狭くなっています。
迷路化(めいろか)しています。

行き交うで、ごった返しています
慣れないイナカ者は、注意が必要です。


2024年06月22日

天候に気を揉む季節

mida_tuyuiri_ososa

先日の6月21日は、夏至(げし)でした。
そして、近畿・東海・関東甲信越の「梅雨入り」が、発表されました。
例年より、二週間遅い梅雨の宣言(せんげん)でした。

DSC2024-01126DSC2024-01127
DSC2024-01128

ちょうど東京に居て、午前中は会合でした。
から本降りの雨で、(かさ)を買いました

飛行機を予約していましたが、午前の高松便は「天候調査(てんこうちょうさ)」が入っていました。

DSC2024-01132DSC2024-01134
20240621_142558

視界不良(しかいふりょう)で、着陸できないときは伊丹へ向かうor羽田へ引き返すという、「条件付き運航」でした。

午後からは平常運航(へいじょうんこう)になっていましたが、羽田強い雨が続いていました。

DSC2024-01136DSC2024-01137
20240621_143448

10分遅れ離陸し、雨雲(あまぐも)のなかを飛び、揺れが続きましたユサユサ~
ベルトサインが消えたのは、濃尾平野(のうびへいや)のちかくでした。

西へ行くに連れて、天気はよくなりました。
右のから、下界(げかい)の眺めを、楽しみました。

20240621_144744DSC2024-01151
DSC2024-01155

これからに向けて、(そら)は不安定になります。
積乱雲(せきらんうん)が沸き立ちます。
台風(たいふう)も発生します。

DSC2024-01164DSC2024-01167
DSC2024-01171

飛行機だけでなく、新幹線ゲリラ豪雨ストップします。
旅の移動」で、気を揉(も)む季節になりました。

無事目的地に着けば、上等(じょうとう)です。
少しの遅れで、文句を言ってはいけません(`ε´)


2024年06月21日

人で溢れかえる東京

DSC2024-01091DSC2024-01098
DSC2024-00941

東京で、会議・会合でした。
自身の用事も兼ねて、上京しました。

20240621_090751何処此処も、で溢(あふ)れていました。
外国人も、わんさかでしたワンサカ~

真夏暑さでした。
蒸し蒸しました。


20240619_141413_b倒れることもなく、無事(ぶじ)に帰り着くことができました。

電車飛行機乱れにも、遭(あ)いませんでした。
地震も起こりませんでした。
ヤレヤレ〜でした(-ω-)



2024年06月20日

気持ちは若く

Zii_3_Baa_3自宅のリビングに、「ご教訓カレンダー」を吊るしています。
一枚が三日(みっか)で、「三日坊主めくり」とも呼ばれています

公募で選ばれたパロディーが、楽しめます。
洒落(しゃれ)やことわざコピー用語など、感心する内容の数々です。

「爺3婆3 ー合コン」

というのが、ありました。

年金をもらっている男3人・女3人で、山登りした事があるかも知れません??

若い野郎には、「ジイさん・バアさん」に見えるでしょう。

DSC2021-07782_cしかし「ジジイババア合コン」も、大いに結構な話しです。

外見は年相応(としそうおう)としても、「気持ち若く持つ」ことは大切です(′∀`)


2024年06月19日

温かい駅弁を食す

kanetshusiki_bentou_setumeibun_a

乗り物のなかで、弁当を食べるのは、正直好きではありません。
周り迷惑(めいわく)」との、意識があります。

kanetshusiki_bentou_setumeibun_b新幹線での、「551蓬莱豚まん公害」という話しを聞きます。
豚まん匂い」が、周囲に不快感(ふかいかん)を与えます。

しかしスケジュールの上からも、駅弁(えきべん)を食べねばいかぬが、あります(=ω=)
IMG_20220712_122716
中央線の新宿駅で買った「牛タン弁当」は、加熱式(かねつしき)でした。
ひも」を引くと、温かくなります。

温まった「麦めし」は、美味でした。
光景を眺めながら、いただきました。
IMG_20220712_123457
容器のなかのが、化学反応(かがくはんのう)を起こし、を持つそうです

使用済みゴミは、環境の面からも「問題なし」との話しです。

使い捨てカイロ」と同じ、との事です。
便利世の中ですが、「他人環境(かんきょう)への配慮」は、必須(ひっす)です。


2024年06月18日

親切な駐車場

DSC2024-00663JR丸亀駅前に、地下駐車場があります。
出入口の階段に、以前から「必ず 手すり持つ」という貼り紙があります。

先日訪れると、注意喚起(ちゅういかんき)の紙が増えていました。

DSC2024-00660足元 段差あり!」と書かれていました。
危ない! 段差あり」という、デカい紙もありました。

確かに段差(だんさ)がありますが、親切丁寧(しんせつていねい)なことです。

DSC2024-00661どうせなら、アホのようにペタペタ貼って、テレビの「ゲキレア珍百景(ちんひゃっけい)」に応募すればどうでしょうか??

採用されれば「親切な駐車場」として、観光客駐車場収入が増えるかも知れません。


2024年06月17日

大阪マルビルの建て替え

DSC2024-00854DSC2024-00842
DSC2024-00848

1976年(昭和51)に開業した「大阪マルビル」は、大阪・梅田(うめだ)のランドマーク的な存在でした。

DSC2022-03918高さ124メートル・地上30階建て高層ビルで、完成当時はひときわ目立った存在でした。

マルビル」という名前は、円筒形(えんとうけい)の建物の形状由来(ゆらい)しています。


DS2022-C03924このビルは、当初「大日本どケチ教」の教祖・吉本晴彦(よしもとはるひこ・2017年他界)氏が、オーナーでした。

中には「大阪第一ホテル」が、ありました。
部屋は建物の構造上、入り口から窓に向かって両側の壁が広がる、居心地(いごこち)の悪い空間でした。

DSC2022-03913梅田と大阪伊丹空港とのリムジンバスは、このビルから発着するのが定番(ていばん)でした

DSC2022-04345ビル会社はその後、債務超過(さいむちょうか)に陥り、大和ハウス工業の傘下に入りました。

マルビルは、新しい高層ビル建て替えられる事になりました。

現在、解体工事がおこなわれています。
かつての「大阪名物(おおさかめいぶつ)」の一つが、消え去ります。
これも、時代の流れなのでしょう(-д-)ノ


2024年06月16日

ガソリンスタンド餃子

DSC2024-00559DSC2024-00565
DSC2024-00553

徳島県・美馬市(みまし)のガソリンスタンドで、餃子(ぎょうざ)を売っています。
行く一時間前に電話予約して、山登り帰りに寄って買いました。

DSC2024-00556冷凍生餃子で、20個入って、けっこうリーズナブルな値段です(´ェ`)

へ持ち帰って焼きましたが、なかなかのでした。
ビールにもよく合いました。

フツウ」のガソリンスタンドです。
DSC2024-00563GSサービスルームへ入ると、奥からビニール袋に詰めた冷凍餃子を、持って来てくれます。

聞けば、スタンドの若主人が趣味(しゅみ)でつくり、「まちの駅」へ出したところ好評で、自店で売り始めたとの事です。

DSC2024-00554「おいしくなければ、お代お返しします」という看板も、ありました

やり始めて7年に、なるそうです。
世の中には、いろいろなビジネス手法があります。


2024年06月15日

KADOKAWAへのサイバー攻撃

nikoniko_sybaer_teisi一週間前の日曜に、知人が「ニコニコ動画見ること出来ない〜」と言っていました。

太陽フレア影響かいな??」と冗談を言って、気にしませんでした。


kadokawa_syberkougekiところが週末、KADOKAWAと子会社のドワンゴは、「ランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃受けた!」と、発表しました

サイバー攻撃が判明して、会社はサーバーシャットダウンなど対策を取りましたが、その後も攻撃執拗(しつよう)に続いたようです。

DSC2022-03699紙書籍・電子書籍の刊行(かんこう)、オンラインショップの運営など、業務の広範囲に影響が出ています。

ニコニコサービスは停止が続き、復旧には1ヶ月以上を要するようです。
会社利用者も、大きな損害を被(こうむ)ります。

しかし他人事(ひとごと)では、ありません(*`Д')
日常の重要インフラなど、何が被害(ひがい)を受けるか分からない時代です。


2024年06月14日

都会の出張には大変な季節

DSC2024-00875DSC2024-00691
DSC2024-00870

今週は、日帰り大阪でした。
三週間前に行きましたが、やり残した事がありました。
再度訪問に、なりました。

DSC2024-00863相変わらずの、外国人多さでしたワイワイ~
そして、真夏(まなつ)の暑さでした。
(あせ)に濡れました

水分補給(すいぼんほきゅう)と休憩を、しました。
出張するのに、とにかく大変な季節になりました。


2024年06月13日

ライドシェアは必要か??

DSC2024-08825とある日曜の午後、JR丸亀駅前タクシー乗り場は、ゼロでした(`ε´)

少し見物していましたが、一台も来ませんでした。
最近は、各地のタクシー業界人手不足(ひとでぶそく)のようです。

DSC2024-08827去年の秋、一大観光地日光駅前にも、タクシーが居らず困りました
行列に並び、バスに乗って東照宮へ行きました。

ライドシェア」という仕組みが、議論されています。


一般ドライバーが、自家用車でお客を有償で運ぶサービスです。
これからの日本に、必要なものかも知れません。


DSC2023-04458DSC2023-04456
20231027_132041_b


2024年06月12日

ビルの屋上のお社

DSC2024-09046DSC2024-09043
DSC2024-09045

東京・銀座三丁目の8階建てビル屋上に、「朝日稲荷神社(あさひいなりじんじゃ)」が御座します。
創建は不明ですが、1923年(大正12)の関東大震災を機に、この地に鎮座したようです(*・ω・)

DSC2023-04960以来、銀座三丁目の町会が大切に奉斎(ほうさい)してきたそうです。

1983年(昭和58)に、敷地再開発にともない、共同ビルの中に祀られました。


DSC2023-04959神官は常駐しておらず、日時限定で8階の社務所に、兼務社(けんむしゃ)の赤坂日枝神社(あかさかひえじんじゃ)の職員が詰めています。

8階までエレベーターで上がり、外階段(そとかいだん)を使って屋上の本殿参拝しますパンパン~

大都会のビルの谷間に佇む、独特の有り難みを持つお社です。


2024年06月11日

木造現存天守のひとつ高知城

DSC2024-00074DSC2024-00072
DSC2024-00021

高知へのミニ旅行では、高知城を訪れました。
関ケ原の合戦の後、掛川(かけがわ)から土佐移封(いほう)になった山内一豊(やまうちかつとよ)が、築城しました。
標高45メートルの「大高坂山(おおたかさかやま)」に、建っています。

DSC2024-00025DSC2024-00068
DSC2024-00066

記憶では、小学生以来だと思います。
高知へ行っても、お城意外に訪れていません。

一段蹴上(けあげ)が高い石段を、ヒィヒィ〜言って上がりました
脇には、見事石垣(いしがき)がそびえていました。

DSC2024-00031DSC2024-00040
20240515_095133

天守閣は、外観は四重ですが、内部は「3層6階」です。
享保年間焼失しましたが、20年をかけて再建しました。
日本に12城しか残っていない、江戸時代から現存する木造天守(もくぞうてんしゅ)の一つです。

丸亀城松山城松本城と同じく、中の階段は恐ろしく(きゅう)でした。
むかしの殿さんは、足腰(あしこし)が丈夫でなければ勤まらないと思いました。

DSC204-00054DSC2024-00051
DSC2024-00061

最上階からは、高知のまちや北に延びる四国山地を望みました(´∀`)
涼しい風が、抜けていました。

昼寝を禁ず」という立て札がありましたが、昼寝(ひるね)したら「気持ちいいだろうなぁ〜」と、思いました。


2024年06月10日

ロボットアニメの進化

DSC2024-00616DSC2024-00617
20240605_141720

高松市美術館で、特別展「日本の巨大ロボット群像」が開催されています。(6/16まで)

鉄人28号」「マジンガーZ」「機動戦士ガンダム」など懐かしいロボットはじめ、アニメに登場する数々のロボットが紹介されていました。

20240605_14184220240605_141950
20240605_142403

ロボットアニメの変遷とともに、「ロボットの大きさ」「ロボットのメカニズム」という切り口の展示でした。
多くの作品が、この美術館には珍しく写真撮影OKでした

20240605_14292220240605_142819
20240605_142853

映像表現の細かい工夫(くふう)や、ロボットデザイン下書きなど、詳しくない者にも興味深い内容がありました。
男性お客が多く、「オタク」とおぼしき熱心ファンも目にしました。

20240605_14322320240605_142332
20240605_143539

巨大ロボットアニメは、日本独自の文化です。
様々なジャンル柔軟に取り上げ、対象深く掘り下げる、この美術館の実力に改めて感心しました(≡ω≡)


2024年06月09日

若者が元気なまち

DSC2024-00649DSC2024-00651
DSC2024-00653

週末に、市内のみなと公園で、「丸亀大文化祭」が開かれました。
市内6校の高校生が連携して、企画開催しました。

Marugame_daibunkasai_posutar若者たちのアイデアを、まちづくりに活かすために昨年3月、県下の企業が協力して、「まるがめ地域活性化プランコンテスト」を行いました。

4つの高校から9つのプランが出され、プレゼンの結果最優秀になった内容が、今回のイベント開催につながりました。

received_376675548751321仕事を抜けて、見学に行きました

様々な催しが、おこなわれていました。
おおぜいの若者でした。

20230326_154421色々なパフォーマンスが、披露されていました。
フードコーナーや、丸亀名産の「団扇(うちわ)」や手作り作品販売のブースなども、ありました。

翌日大雨だったので、天気にも恵まれてラッキーでした('▽'*)

20230326_152410違う学校の生徒が集まって、一つのものを作り上げるのは、素晴らしいことです。

何より、若者たちが元気なまちには、「未来(みらい)」があります。
高校を出て都会へ行っても、地元戻ってきて欲しいものです。


2024年06月08日

ご当地グルメ

20240607_181104_b20240607_181052_b
20240607_185323_b

香川県名物の食べ物といえば、「讃岐うどん」が筆頭に挙げられます。
かたや「骨付鳥(ほねつきどり)」も、ご当地グルメの一つです。

ニンニクの効いた、ジューシーな「鳥の足」です。
うどんと同じで、店によって調理法が異なります。

honerukidori_hassyiou_marugame地元でも、たまに食べたくなります。
他所で暮らす人間は、帰省(きせい)の折には食べなければ、済まないようです。


20240607_200957_b元祖(がんそ)のへ行き、生ビールと一緒に食らいつきました。
しかし、若いときのようには、パクパクと食べられません。

何事も、「年相応(としそうおう)」を心がけねばなりません(-ε-)


2024年06月07日

ポカポカ続きの日々

20231024_000816昨年、自宅のテレビブルーレイレコーダーが寿命を迎え、ともに買い換えました。

リモコンの使い方も、やっと慣れました。
しかし、あまり使わない機能は、日にちが経つとやり方を忘れています。

DSC2024-00595しかも、テレビではYouTubeが視聴できます。
BDレコーダーのリモコンで、早送りなどの操作をして、反応しない事は度々です(`□´)

逆に録画(ろくが)を見るときに、テレビリモコンでやろうとする時も、よくあります。

DSC2024-092723月には、仕事場のデスクトップパソコンが、ダメになりました。
新機種を入れましたが、OSWindows11です。


アレをするのは何処どうするのだ??」と、画面を見つめる事は再々です。
Windouws_11時間も取られます

加齢(かれい)にともない、忘れ物などポカポカ〜が増えています。
しかし、新しい手順へのチャレンジは「ボケ防止なる!」と、自分で自分に言い聞かせる毎日です。


sugisugi69 at 23:59|PermalinkComments(0)clip!日常生活 | 健康

2024年06月06日

暑い季節がやって来る

DSC2024-00611DSC2024-00612
DSC2024-00615

高松市会議でした。
いつもは、JR高松駅から会場のホテルまで歩きます。
しかし、暑い季節になりました。

DSC2024-00631歩いて、汗だらだら〜で行く訳にはいけません。
駅から市内循環バスが出ていて、時間もタイミングよく合いました。

200円の運賃を払って、乗りました(。・ω・)ノ
初めて使いましたが、気分新鮮でした。

DSC2024-00639そこそこの乗客で、外国人も結構いました。
さすがに県庁所在地だと、思いました。

まちを貫く中央通りクスノキ並木は、一段と緑の濃さを増していました。
イヤになるような、暑い夏がやって来ます


2024年06月05日

夜の街は都市の元気の指標

20240514_214655_b5月に、久しぶりに高知市で泊まりました。
は、ホテルちかくの繁華街に出ました。

夕食をとり、一杯やりました
翌日確認をして、解散(かいさん)しました。

元気だったので、を少しブラついてみました。
20240514_214808_b平日のせいか、人も少ないと感じました。

全国あちこちを、訪れる機会があります。
は、実に様々です。

特に「夜の賑わい」は、格差(かくさ)があります。

20240514_215904_b夜の街は、仕事産業活力があり、若者(わかもの)が多いほど、にぎやかです。

たまたまの一日」で、判断してはいけません。
しかし、夜の繁華街は「都市力(としりょく)のバロメーター」だと、思います。


2024年06月04日

巨大地震の予知

cfce53ac7099561504ca1e01230195498623d42b3eeb0d6b4af169d9263d2977
39b4512a6bead2133d13acfcc16548cb

nankaikyodaizisin_zentyouzisinnankaizisingo_fuzisanhunka近頃あちこちで、地震が増えていると感じます。
しかも、特定地域でなく、発生場所は全国に散らばっています。

地元新聞に、東海大学教授を勤め、日本地震予知学会会長長尾年恭(ながおとしやす)氏の講演内容が、掲載されていました。

氏は、今年元日の「能登半島地震」を、昨年の早い段階から予測警告していました。

内容は、示唆(しさ)に富んでいました。

佐渡島に、能登地震で動いていない「割れ残り」の断層があり、注意が必要。

東日本大震災最大余震(さいだいよしん)は、起きてないと考えられ、青森県沖房総沖でM8を超す地震発生可能性がある。

※過去の南海トラフ地震では、発生の40年ほどから、内陸地震(ないりくじしん)が増えていた。

次回の南海トラフ巨大地震のあとに、富士山(ふじさん)が噴火する確率が高い。

いろいろと「最悪の最悪(さいあく)」を前提に、生活すべきでしょう。

地震の予知は、「空振り」なら批判せず、それを喜べばいいのです(-_-)


nankaitorafu_zisin_rekisi_b


2024年06月03日

土佐路の食事

kuziranosato_menyu20240514_130311
DSC2024-09914

5月に高知県へ、一泊2日のミニ旅行に出かけました。
食べること」は、旅の楽しみの一つです。

は、室戸の道の駅でした。
鯨の郷」というクジラ料理の店に、入りました。

DSC2024-09906DSC2024-09907
DSC2024-09901

土佐は色々ありますが、クジラ代表です。
竜田揚げ定食」を、いただきました。
雄大太平洋を眺めながら、食事を楽しみました(´∀`)

20240514_21572320240514_201404
20240514_195939

夜は高知泊まりで、市内のに行きました。
海の幸が揃っていました。

高知は、酒豪(しゅごう)がおおぜいです
も、あれこれと銘柄がありました。
地域の文化」だと、改めて思います。


2024年06月02日

贅沢なお昼ごはん

DSC2024-00487DSC2024-00493
DSC2024-00498

徳島県の塔丸(とうのまる・1713メートル)に登り、頂上お昼ごはんにしました。
南斜面にせり出したに、腰掛けました。

DSC2024-00497スーパーで買った、298円(税別)の「おにぎり弁当」でした
陽の光の下で、山々の景色を眺めながらいただきました。

涼しいも、吹いていました。
贅沢昼食でした。


2024年06月01日

悲惨な目的地変更

DSC2024-00591DSC2024-00589
DSC2024-00576

週末の5月31日(金曜)の午前、沖縄の那覇空港(なはくうこう)が(きり)で視界不良(しかいふりょう)になりました。
着陸予定だった民間機17便が、ダイバート(目的地変更)や引き返しになりました。

NAHA_noumu_kizi_2024.5.31そのうちJALANAなどの3便は、沖縄本島の北部でホールディング(上空待機)したのち、嘉手納基地(かでなきち)に着陸しました


この3便の乗客は、9時間にわたって機内缶詰めになり、再び那覇に向かって到着したのは午後8時を過ぎたそうです。


嘉手納は、米軍基地(べいぐんきち)です。
多くの乗客を、地上に降ろす設備場所もないのでしょう。

軍事機密(ぐんじきみつ)もあります。
kadenakiti_chizu給油(きゅうゆ)や出発許可や何やらで、アメリカ軍承諾手続きが必要だったと、推察します。

目的地を、関空(かんくう)や福岡に変えたシップもいますが、こちらの方がよほどマシだと言えます(-ε-)


飛行機の狭い座席に、9時間も座ると(こし)が痛くなりますイタタ~
メシの用意もなく、(ハラ)も減ったと思います。

航空会社も、燃料不足(ねんりょうふそく)や緊急事態(きんくうじたい)でなければ、民間機が発着しない米軍基地には、降りるべきではないと思います。


2024年05月31日

新緑の森を歩く

DSC2024-00414DSC2024-00415
DSC2024-00536

今週、徳島県塔丸(とうのまる・1713メートル)に、登りました。
クマザサ尾根に出るまでの50分ほどは、広葉樹(こうようじゅ)に囲まれた森の道でした。

DSC2024-00408いい天気でした。
にまぶしい新緑(しんりょく)が、木漏れ日を受けて、輝いていました

綺麗キレイで、仕方のない世界でした。
ときおり、を停めて眺めました。

DSC2024-00539緑の葉が、酸素を吐き出していました。
冷気(れいき)が流れていました。

肺胞(はいほう)いっぱいに、空気を取り込みました。
深い呼吸(いき)をして、をいただきました。


2024年05月30日

これ以上はない天気の登山

DSC2024-00447DSC2024-00457
DSC2024-00480

今週は、徳島県中部の「塔丸(とうのまる・1713メートル)」に、5人で登りました。
高峰(こうほう)の登山は、久しぶりでした。

DSC2024-00434DSC2024-00470
DSC2024-00507

前日は、ずっとでした。
しかし当日は、幸運にも朝から快晴でした。
登山口まで、何とかクルマで行けました

二度目でしたが、前回は2012年(平成24)6月で、12年ぶりでした。
山道の記憶は、少し残っていました。

DSC2024-00465DSC2024-00467
DSC2024-00473

を使うような急傾斜(きゅうけいしゃ)や、極端に危ない箇所はありませんでした。
尾根へ出ると、ひたすら開けたクマザサが続きました。

雲一つない、青空が広がっていました。
涼しく乾いた風が、ときおり抜けました。

DSC2024-00451DSC2024-00512
DSC2024-00523

視界(しかい)も、抜群でした。
西日本で二番目の高峰・剣山(つるぎさん・1955メートル)から次郎笈(じろうぎゅう・1930メートル)・高ノ瀬(こうのせ・1741メートル)・三嶺(みうね・1893メートル)へと延びる剣山系(つるぎさんけい)の稜線(りょうせん)を、ずっとにしました

遠くは、淡路島や瀬戸内海の小豆島(しょうどしま)・高松市の屋島、そして愛媛県石鎚山系(いしづちさんけい)までも望みました。

DSC2024-00486DSC2024-00501
DSC2024-00502

これ以上はないと言える、素晴らしい天気でした。
転びもせず、危ない動物にも遭わず無事下山できました。

所要時間は4時間30分、距離約7.4キロメートル、歩数約1万9千でした。
いい山行でした(´∀`)