p_pol.jpg   map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg
 

【BBCが放送した伊藤詩織氏のドキュメンタリー「日本の秘められた恥」について(その2)】

【BBCが放送した伊藤詩織氏のドキュメンタリー「日本の秘められた恥」について(その2)】

この記事の中に「番組の取材に対し杉田議員は、伊藤氏には『女として落ち度があった』と語った。」と書かれており、ネット上では「セカンドレイパー」だとの批判が噴出していますが、これも[切り取り]です。

もし女性が、薬を飲まされて無理やり連れ込まれて強姦されたのであれば、私は「女として落ち度があった」とは全く思わないし、そんな犯罪者は本当に許せないと思います。

が、この点については伊藤詩織氏と山口敬之氏の主張が食い違っています。

まず、伊藤詩織氏は「デートドラッグ」なる薬を飲まされたと言っていますが、証拠は「私は普段からお酒に強く、酔って記憶を失ったことがない。だから、薬を飲まされたに違いない」という証言のみです。彼女はこの件の後すぐに病院に行っていますが、尿検査をしていません。もし尿検査を受け、薬物反応が出れば動かぬ証拠となったのでしょうが、今となっては調べようがありません。

一方、山口敬之氏は昔からの行きつけの店のカウンターで飲んでいて、多くの人の目もあり、薬を入れるのは不可能だったと語っており、その証言に基づいて検察は現場検証をしています。また、所謂「デートドラッグ」というものはインターネットでしか手に入らないということで、検察は、山口氏の持っているPCやモバイルなど全てを押収して調べたが、そういったドラッグを購入したことは一度もないことが確認しています。

更に「無理やり引きづりこまれた」と伊藤氏は証言していますが、ホテルの防犯カメラには自分で荷物を持って歩く姿が確認されています。

伊藤氏は翌朝山口氏を気遣う内容と共に「VISAのことについてどのような対応を検討してもらえますか?」というメールを送っています。


このように対立する二つの証言があり、それらを検証した結果、東京地検が不起訴としています。これに対し、東京第6検察審査会も「不起訴相当」とする議決を公表しました。客観的に見て、伊藤氏よりも山口氏の証言の方が信憑性が高いと司法が判断を下したことになります。

その結果を踏まえた上で、私は「これは強姦事件ではないと司法が判断した。女性にも落ち度があったと言わざるを得ない。」と発言しています。

もう一度、言います。私は性犯罪は許せないと思います。無理やり薬を飲まされたり、車に連れ込まれて強姦されるような事件はあってはならないし、犯人の刑罰はもっと重くするべきと考えています。

が、伊藤詩織氏のこの事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます。「海外に日本の現状が誤って広がることをなんとか止めたい」インタビュアーの質問に応えながら、そればかり考えていましたが、そこはゴッソリ抜かして編集されたようで、とても残念に思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-44638987-bbc-int

【BBCが放送した伊藤詩織氏のドキュメンタリー「日本の秘められた恥」について(その1)】

【BBCが放送した伊藤詩織氏のドキュメンタリー「日本の秘められた恥」について(その1)】

BBCが放送した番組について、皆さんから心配のメールや問い合わせをいただいています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-44638987-bbc-int

以前にもお伝えした通り、今年の夏は2月にBBCの取材を受けました。その時の企画書は下記の通り。「#metoo運動の日本での反応」ということで、男女共同参画やセクハラに対する一般的な話しが主でした。インタビューは2時間以上に渡りました。話題は性犯罪のことにも及びましたが、「日本は他国に比べ、レイプなどの少ない、女性が安心して暮らせる国である」ことを強調しました。その上で、伊藤詩織氏の件について色々聞かれました。

この番組について、映像を送ってほしいとお願いしていますが、未だ届きません。ので、まだ番組全体を見たわけではありませんが、次のことを指摘しておきたいと思います。

・企画書と放送内容が異なっていることに驚いています。私はこの企画書を持って党と相談し、その上で許可を得て、インタビューに応じました。

・番組は完全に伊藤詩織氏の特集となっています。スタッフの方から、「伊藤詩織氏にもインタビューしました」とは聞いてましたが、セクハラなどについて全般的な内容にしたいとのことでした。伊藤詩織氏の番組を作りたいとは一言も聞いていません。

・「この部分を使いたい」という確認はありましたが、それは英訳があっているかどうかのチェックでした。そもそも2時間以上のインタビューで使うのが5センテンス程度となれば、それは切り取りと言わざるを得ません。

・このようなことを想定して、インタビューの映像はこちら側で全て記録しています。場合によってはそれを公開することも考えています。

(その2)に続く。IMG_4280


米、国連人権理事会脱退を受けて〜日本は不必要な条約を撤廃すべき。外国人の土地取得問題にも関わります。

アメリカが国連人権理事会を離脱した翌日、日頃お世話になっているジャーナリストの方から「この件に関するコメントを」とお電話がありました。

「国として当然の対応だと思います。国連人権理事会が『政治的偏向のはきだめ』となっているのは、行ったことのある人間だったらだれもが感じることです。

が、しかし、日本はアメリカに倣って脱退まで行くのは現状難しい。日本が今後国連に対しできる対応は?私なりに考えているのは次の2点です。

・分担金を交渉カードに。

日本の分担金はアメリカに次いで2位。ならばこの多額の分担金を交渉カードに使うべき。裏金を使ってまで工作をしている国があるが、日本はそんなことをする必要はない。今一度「交渉カードとしての分担金」という意識で臨んでいただきたい。

・不要な条約の撤廃

例えば「拷問等禁止条約」。日本には公権力を使った拷問は存在しない。ならば「日本では解決済み」ということで、条約を撤廃すればよい。この条約を批准しているため、拷問禁止委員会で、存在しなかった性奴隷(慰安婦への拷問)について国連から勧告を受け続けている。

日本は戦後結んだ条約を何一つ撤廃していない。これはおかしい。外国人の土地取得の問題についても、WTOのGATS(サービス貿易に関する一般協定)が内国民待遇義務を定めているため、これによって日本人に対する土地の権利の待遇と外国人に対する権利の待遇に格差があってはならないというルールが存在しているから規制ができない。

不必要な条約を見直し撤廃する。これをやらなければならない時期に来ている。」

以上、お答えしました。


http://www.bbc.com/japanese/44543478

m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
b1.jpg
seiwa.jpg
b2.jpg
b2.jpg
b2.jpg
  • ライブドアブログ