p_pol.jpg   map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg
 

2011年08月

同じことの繰り返し。

新首相(その時点ではまだ指名されていませんでしたが)が決まったというわけで、昨日は朝の時間に色々情報番組をチェックしました。

これまでの民主党攻撃ムードとは打って変わって、
司会進行役もコメンテーターも野田氏に好意的な意見ばかり。。。

「彼ならやってくれると思います」
「期待できる人がやっと出てきました」
「ぶれない人。真面目な人。」

といった感じです。

様々な有識者のコメントの中でも野田氏を褒めている部分ばかりクローズアップ。

そんな中、どの局も
「被災地は政局ばかりの民主党に怒り心頭」
といった映像も流します。

が、これも最後は「野田さんに期待するしかない。」という終わり方です。

財務官僚の操り人形であるとか、増税路線一直線とか、そんなことを報道するところはほとんどありません。

さて、この情報をインプットされた視聴者は、きっと
「野田さんってあんまりよく知らないけど、なんか期待できそう。。。」
と思ってしまうことでしょう。

前原氏以外では難しいといわれていた「ご祝儀」ですが、野田氏でも支持率がUPするかもしれません。

でも、この先、1ヵ月後、2ヵ月後・・・。
高い支持率を維持できた首相はここ数年存在しません。

また同じことの繰り返しではないでしょうか?

野田氏の任期は来年の9月。
諸外国から「何人目?」といわれる“短命首相”がまた一人増えただけ。

この状態を打破するには。。。?
と思っていたときにこんな記事を見つけました。

日経ビジネス「国民不在の政権たらい回し」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110825/222255/

最後の言葉に大きく頷いてしまいました。

政治の混迷、政治家の劣化は国益を害する。「今時の政治家は」と嘆くばかりでは事は改善しない。法制度を作り、外交を担う最終的な責任を負うのは彼らだ。政治が機能する仕組みや政治リーダーの育成という構造問題に政治家、国民が向き合わない限り短命政権の連鎖が続きかねない。






思い出してみましょう。

ブログネタ
民主党新代表に野田氏。どう思いますか? に参加中!
民主党の代表戦を見ていて、野田氏VS海江田氏の決戦投票になったとき、
「な~んだ、『菅VS小沢』の代理戦争か。。。」
と感じた方が多いとことと思います。

ここで、少し思い出してみましょう。
そんなに昔の話ではありません。

小泉政権終焉後、安倍、福田とどちらも1年の短命政権となり、その後登場した麻生政権は、すぐに解散と思いきや最後の最後まで国民に審判を問おうとはしませんでした。

そんな自民党政権に対し、「政権交代の風」が吹き荒れた2009年の衆議院選挙。

有権者の皆さんが、自民党に「NO!」を突きつけた結果でした。

期待を背負って船出した民主党・鳩山政権はそのリーダーシップと計画性のなさで1年も経たないうちに国民から見放されてしまいます。

続いて菅政権が誕生しました。
その3ヶ月後に行われた代表戦は、全国のサポーターも投票できる本格的なもの。

そこでの結果は、お金の疑惑が晴れない小沢氏に「NO!」でした。

最初は人気が高かった菅政権ですが、尖閣問題そして東日本大震災の復興、原発問題を経て、支持率はどん底に。。。

国民が今度は菅政権に「NO!」と言ったのです。

当然新しい選択肢が出てくるはずの代表選が「NO!」と言われたもの同士の代理戦争。。。
演説を聞いていてうんざりしたのは私だけではないはずです。

そして軍配は菅政権の路線を引き継ぐ野田氏に上がりました。

「明日から新しい日本が始まる!」という期待は全く持てません。

民主党にもう選択肢がないのは明らかです。
が、たとえ解散総選挙になったとしても今の状況のままでは
2年前に「NO!」と言われた自民党と今レッドカードを突きつけられている民主党の戦いでは、国民の政治不信はますます募り、投票率も下がってしまうのは目に見えています。

こうしてここ数年を振り返ってみると、現状を打破するには、やはり「政界再編」が必要だと心から感じます。

そんな思いでもう一度、これを読み返しています。

みんなの党 結党宣言 
http://www.yourparty.jp/about/declaration.html

先週は。。。

先週は、東京で支部長研修会があったりで、ブログを一週間お休みしてしまいました。

研修では、選挙活動のノウハウやみんなの党の政策について、詳しく勉強しました。

研修終了後は、全国の支部長さんと意見交換、情報交換をすることができました。

選挙がいつあるのかわからない中での選挙活動は、地域によってバラツキがあります。自分自身悩んでいた部分もあったので、とても参考になりました。
また、被災地の支部長さんからお声かけをいただき、お盆明けに視察をさせていただけることになりました。自分の目でしっかりと東北の現状を見てきたいと思います。

研修の翌日には、みんなの党名誉顧問でいらっしゃる江口克彦先生を訊ね、色々相談に乗っていただきました。

今秋には江口先生の講演会を兵庫6区で行いたいと思っています。皆さんご期待くださいね。

そんなこんなで自分の活動にだいぶイメージができてきました。

お盆明け、東北から戻ってきたら、本格始動です!

皆さんよろしくお願いいたします。
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
b1.jpg
seiwa.jpg
b2.jpg
b2.jpg
b2.jpg
  • ライブドアブログ