p_pol.jpg   map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg
 

2011年09月

違和感の原因。

うちの党は、「脱原発」を掲げています。

民主党の「宣言」だけの脱原発ではなく、その行程もちゃんと示した上での政策なので、もちろん私も支持していますが、
なんか、今の社会的風潮としての『脱原発』にとても違和感がありました。

今週も大きな脱原発のデモが行われ、ニュースでも大きく取り上げられていましたが、何かとても気持ち悪いものを感じていました。

たまたま今朝、このような記事を見つけました。

「脱原発の風潮は60年安保闘争に似ている」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110810/280586/

少し古い記事なのですが、
ここに書かれていることがまさに私の感じていた違和感でした。

(以下本文より抜粋)
何の検証も議論も行われずに脱原発に突き進むのは、ある意味では恐い。私には、それは60年安保闘争と似ているように思える。

 60年安保闘争に参加していた者はほとんど安保条約の中身など読んだこともなく、ただ反対していただけなのである。科学的・技術的な議論が行われない脱原発の動きは、この安保闘争とよく似ていると感じる。

先日、経産省幹部に会い、また細野豪志原発事故担当相とも話をした。「なぜ、世論調査で7割もが反原発となるのか。原発は必要であるという視点も含め、科学的・技術的な議論をなぜ行わないのか」と彼らに問うと、「いや、今はそういったことを打ち出せる状況ではありません。(もしそうしたら)身の危険を感じます」と言う。これを聞いて、さらに危ないと感じた。

(抜粋終わり)

中身もよく知らず、ファッションで『脱原発』を叫んでいる人が大勢いる。
それを先導しているのは、左翼系の団体だったり、政治家だったり。。。

今まで何度も見てきた光景です。

主張や方向性は正しい(60年安保闘争は正しいとは思いませんが)のに、左翼団体の絶好のおもちゃにされてしまいそれに翻弄される。
そしてどんどんヒステリックになっていき、議論ができなくなる。

正しく物事を進めようとする人は足をとられ、対応に時間がかかり、気がつけば変な方向に進んでしまっている。

それが今の日本を悪くしている一番の原因だということに早く気付かなければいけないと思います。

日本人DNA

先週神話の読み聞かせを見学させていただいたとき、読み聞かせ終了後、荻野さんを囲んで、児童館の先生や他の見学者の方と話をしました。

(この様子は一つ前のブログをご覧ください)

赤ちゃんを抱っこしながら最後まで真剣に聞き入っていられた方。
涙を流しながら感想を語る方。
どなたも皆さん本当に若いお母さんです。

「それって、やっぱり『日本人DNA』ですよね。」

なんて言葉が飛び出しました。

こういう素晴らしい光景を目の当たりにする一方で、私は昔それこそ
「日本人DNAが全くない人種」
の存在を知り、愕然としたことがあります。

学童保育の担当になりかけだった頃、相次ぐ組合交渉の勉強のために過去の記録に目を通しました。

そのファイルには組合関係だけではなく、保護者の方からの苦情や要望、そしてトラブルの記録が残っていました。

その中の一通です。
当時学童保育で臨時指導員をされていた方からの苦情のお手紙でした。

その内容は、

私が今勤めている学童保育では、子どもたちを近所の神社に散歩に連れて行きます。
これは特定の宗教の偏重であり、子供たちの信仰の自由をまったく配慮していない。
公立の施設なのに、ありえない。

といったもので、延々便箋に2枚綴られており、最後はご主人と連名で署名されていました。

これを読んだとき、正直驚きました。

こんなことを言う人がいるなんて!
そしてその人物が子どもを指導する立場にいるなんて!

私の娘が通っていた保育所(神戸市立です)は湊川神社のすぐそばにあり、しょっちゅう先生方がお散歩に連れて行ってくださいました。
また、お祭にも参加させていただき、千歳飴をもらって帰ってきたりしてました。

地域の中にある神社。地域の中にある保育所。
とても自然なことですが、喜ばしいことだと思い、先生方に感謝していました。

もちろん苦情を言う保護者はいません。

ここの学童保育もきっと保護者からの苦情はなかったと思われます。

苦情を寄せられた指定管理者(=この臨時職員の雇い主でもあるわけですが)が、この苦情に対しなんと回答したのかの記録が残っていないのが残念でした。

こんな圧力に負けて「神社の散歩は今後いたしません。」と答えていないことを祈るばかりです。

自然に持っているはずの『日本人DNA』を意図して壊そうとする人がいるのはとても恐ろしいことだと思います。同じ日本人なのに・・・。

その人たちが子どもの教育や保育に関わっていることは大問題です。

こういうことをきちんと排除できる日本にしていきたいです。




日本神話のすごい力。

先週の金曜日。
親しくさせていただいている㈱ことだまの荻野恵美子さんが、
子育て中のお母さんと子ども達を対象に「日本神話」の読み聞かせをされるということで、西宮市立むつみ児童館にうかがいました。

株式会社 ことだま オフィシャルサイト
http://kotodama.ne.jp/

夏休みが終わり、少し落ち着いた感じの児童館。
午前中は、乳幼児を連れたお母さんの憩いの場、情報交換の場となっています。
今回は、「リラックスタイム」のプログラムでした。

荻野さん、児童館で読み聞かせをされるのは初めてとおっしゃっていらっしゃいました。
神話の中のどの部分をとりあげようか、ずいぶん悩まれたそうですが、結局一番最初から始めることにされたようです。

児童厚生員の先生のご紹介の後、いよいよ読み聞かせが始まります。
静かなギターの調べに乗せて、荻野さんのなんともいえない素敵な声がお部屋に響きます。

イザナギノミコトとイザナミノミコトが、天から地上へ降り立ち、オノコロ島で国産みをなさる物語。

男神と女神は、初めての経験に悩み、そして色々なことに感動しながらたくさんの御子をお生みになられます。

荻野さんの語りかけるような口調に会場にいる者みんな神話の世界に吸い込まれるような感じでした。
約束の時間が過ぎ、ちょうどイザナミノミコトが亡くなられたところで、その日の物語は終わりになってしまいました。

参加されたお母さんお一人お一人に感想をお聞きしました。

皆さん神話の世界にとても感動され、「ぜひ、続きが聞きたい」といった感想を述べられました。
中には感極まって泣き出すお母さんも。。。

子育て中の若いお母さん達の心にも深く静に響く日本神話。

改めてその素晴らしさを感じたそんな「リラックスタイム」でした。

もっともっとたくさんの皆さんに聞いていただき、私たち日本人のルーツを知っていただきたいと思います。

本当は小学校の授業できちんと教えることができたらどんなにいいか!と思っています。

荻野さん、本当にありがとうございました。

支持率。

日曜日の会話。
私「野田内閣の支持率、65%だって。」
友人「それって、『支持』の意味をみんな知らないんじゃないの?」

友人はごく普通の会社員です。

そこで改めて「支持する」の意味を調べてみました。

1.ささえもつこと。ささえてもちこたえること。
2.ある意見、主張などに賛成して、その後押しをすること。

ちなみに「民衆の支持を得る」は、2.の方になります。

ここにもあるように「支持する」という言葉はあくまでも
「意見、主張」に対して使われる言葉ということになります。

野田内閣は発足したばかり。
施政の姿勢(言葉の遊びみたいですが、「方針」未満だと思ったので「姿勢」にしました)を示しただけで、まだ何の主張も意見もありません。

「増税内閣」などと呼ばれていますが、実際私たちはこの内閣が本当に増税をやるのかどうかわかりませんし、『やります』という言葉も聴いていません。

「支持する」という言葉の意味から言えば、この時期に支持するかどうかを問い、支持率を出すのは間違いだということになるでしょう。

各大臣もまだ引継ぎ段階で、自分の意見や首長を発表した人はほとんどいません。

小宮山厚生労働大臣が、今は一箱400円台のたばこを最低でも700円まで値上げするべきとの考えを打ち出されたそうですが、これに対して支持するかどうかを問うのが正しいのでしょう。

それにしても高い支持率です。

改めて一つ一つの意見や主張に対して「支持」を問うと、

「総論賛成、各論反対」

になりそうですね。

台風と新内閣。

台風12号により被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

想像を絶する大きな台風でした。
神戸でも雨が降りやまず、ほぼ1日半くらい強い雨が降り続けました。

私は一日中台風情報を見ていたのですが、テレビのおもな報道は二つ。
その台風情報と新内閣誕生のニュース。

特に日曜日の朝の番組は、ほとんどが新内閣についてでした。

私は新首相が、この台風について何か見解を発表したり、心配するコメントを全く出さなかったことが気になっていました。

首相や新大臣の皆さんだけでなく、野党側の政治家の方々も台風については何も語らない。。。。

報道が「それはそれ、これはこれ」と分けていたのかもしれませんが、今回の台風は、震災復興に加え、新たな負担、復興課題になるはずです。
政治家の皆さんから何も発信されないことについて本当に違和感を覚えました。

そして台風が日本海に抜けた4日夜になって、野田首相は非常災害対策本部(本部長・平野達男防災担当相)を設置しました。

被害が大きくなってやっとです。

この危機感のなさ。

菅内閣のときと何も変わっていないと思うのは私だけでしょうか?

でも支持率は65%とも67%とも。。。
明日はその支持率にていて少し書いてみたいと思います。
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
b1.jpg
seiwa.jpg
b2.jpg
b2.jpg
b2.jpg
  • ライブドアブログ