昨日、ニューヨークに向かう飛行機の中で、トイレに立った時に「杉田水脈さんですよね。頑張ってください。応援しています。」と声を掛けていただきました。大分県の方でした。
嬉しい気持ちで到着して、ホテルに向かう時に利用したタクシーの運転手さん(日本人)との会話。
運転手さん「お仕事ですか?」
私「はい。」
運転手さん「どちらの方で」
私「国連で…。」
運転手さん「それにしても国連って酷いですよね。慰安婦問題とか、日本を目の敵にして。」
よくよく話を聞くと石原慎太郎さんのファンで旧次世代の党の支援者、チャンネル桜をよく見ていらっしゃるとのこと。
「えっ?杉田水脈さん本人!よく知ってますよ。いつも見てますよ。海外に住む日本人はみんな応援していますよ。うわ〜、嬉しいです。今日はいい日だ。」
と、言っていただき、私もとても嬉しかったです。
先週は、かつて維新塾で一緒に学んだ谷 俊二さんから、「カンボジアに住む日本人もみんな杉田さんの活動喜んでいるし、応援してますよ。」と、お電話いただきました。谷さんは今、カンボジアでお仕事されていて、帰国したタイミングでお電話くださったのでした。
こういう声に励まされながら、明日からのニューヨーク講演、頑張りますp(^_^)q
写真は明日の講演の資料。
もし、韓国が言うとおり20万人が強制連行されていたなら、人口ピラミッドはこうなってないとおかしいですよね?image