【集会の主催者により発言が全く異なっていたデビッド・ケイ国連特別報告者】
 昨日は、自民党本部で行われた「表現の自由」国連特別報告者とのヒアリング・意見交換に参加させていただき・ました。会場に入ると藤木俊一さんや山岡鉄秀さん、産経新聞の阿比留瑠比記者もいらっしゃってホッとしました。
 この会合でまず驚いたのは参加者が少ないこと。主催者である原田義昭議員、長尾たかし議員を除いた議員の参加者はなんと6名。参議院の本会議と重なってしまったようで、参議院の先生方は参加できなかったようですが、自民党の衆議院議員は288人もいらっしゃるのに。。。
 さて、今回のデビッド・ケイ氏の国連報告書のポイント写真の通りです。
まずは、ケイ氏本人から、この報告書の趣旨説明がありました。
 「日本は表現の自由が非常に高いレベルで守られている国である。それには大変感動している。私の報告書はその思いをもとに書いたものである。」
 と、何度も強調するケイ氏。
 「これはあまりに偏っている。日本には報道に対する圧力はない。」という議員からの質問に対しても、
「私は、日本は表現の自由が確保された国だということを基底にして報告書を書いている。それが伝わらないのは悲しい。」と返す始末。
 また、
 「どこの団体または個人から情報を得たのか?その団体や個人を紹介したのはどういうルートか?」という質問に対しては、言葉を濁して明確に答えず。
ただ、やり取りの中でケイ氏は沖縄の基地反対活動を見ずにこの報告書を書いたことが明らかになりました。原田先生は「沖縄の弾圧と言われているのは危険行為をした者を保護しているだけ」と指摘。長尾先生も「抗議活動の自由は守られているが、不法行為や危険行為を伴うときは法に則って対処するのは当たり前じゃないか。」と発言されました。
 私も慰安婦問題について質問したかったのですが、質問者は議員に限られていたのと時間がなかったため、できませんでした。
 その足で今度は衆議院第2議員会館で行われているヒューマンライツナウ主催の「国連表現の自由特別報告者デビッド・ケイ氏を迎えて」に参加しました。
 こちらは大入り満員で時間ぎりぎりに到着した私は立ち見でした。福島瑞穂議員などの国会議員のほかに「アイ アム ノット あべ」で有名になった元経済産業省の古賀茂明氏も前の方の席に座っていました。ヒューマンライツナウ代表の伊藤和子弁護士の司会で始まったこの会もまずはケイ氏の今回の報告書の概要説明から始まりました。が、さっきの会議とニュアンスが違います。
 「日本は表現の自由が守られている国だ。」から入ったのは同じですが、「それが危機に反している」と記者クラブの体質を批判し、メディアの独立性に疑問を呈しました。先ほどの集会ではそんな発言はなかったのに…。
 その後は質疑応答が行われました。午前中と同様取材元を問う質問がありましたが、それには答えず。途中からは参加している共産党、社民党の国会議員からの質問を優先しました。
私も手を上げましたが、当てられず、時間が過ぎていきました。最後はとんでもない質問が飛び出しました。
 「安倍総理に有利な記事を書くジャーナリストがレイプ事件を起こしたが、そのことをマスコミはほとんど報道しない。それは官房長官が警察のトップに言って圧力をかけたからだ。このことをぜひ国連の報告書に載せてほしい。」
男女二人が「安倍が」「山口が」と不敬にも呼び捨てにして汚い言葉でののしる。ケイ氏はこの質問に関し、
 「よく知らないが、少しは報道されているようですね。もっと報道されるようにする必要がありますね。」と回答した。
質問のレベルのあまりにもの低さに開いた口が塞がらない。それを言うなら前川前事務次官の風俗通いはどうなるのだろうか。
終了後、ケイ氏と名刺交換をし、次の質問をしました。
「午前中、自民党の会議で沖縄の真実を聞いたと思います。これをどのように国連報告書に反映しますか?」回答しようとしたケイ氏を、すぐさま横から
「時間ですので、次は上智大学で記者会見があります」とスタッフが引っ張って行ってしまいました。
上智大学でのケイ氏の記者会見については、産経新聞に詳細が出ています。
 全体の雰囲気を見て感じたのは、このヒューマンライツナウをいう団体特に伊藤和子代表とデビッド・ケイ氏はツーカーの仲であるということ。とても親密な雰囲気でした。前回、別の特別報告者が「日本の女子高生の30%(後で13%に修正)が売春をしている」と国連に報告しましたが、この情報を提供したのは伊藤和子氏ではないかと言われていますが、特別報告者の雰囲気を見ればそれも納得できます。
さて、この集会で私はスタッフと名刺の件で揉めました。長くなったので、この件はまた改めて。結局全然潜入になってませんでした(笑)
image