【期日前投票してきました】世間は都議選の話題ばかりですが、今度の日曜日は、地元、兵庫県知事選挙の投票日です。
イマイチ盛り上がってないのは、5期目を目指す現職に自民、公明、民進が相乗りしているいつもの構図が原因。国政では、森友問題や加計問題で激しくやり合う両党ですが、地方選挙では仲良く相乗り。
先日、保守系の自民党県議にお会いした時に「何故自民党は現職を推すのですか?」と尋ねると、苦笑いされていました。
兵庫県は毎月、朝鮮学校3校(500人)に1,500万円を支給しています。市民県民の血税を使っています。未だ朝鮮学校の教育内容をチェックせずに補助金を出していることに疑問を感じます。
昔は赤い県は「H2O」と言われてましたが、今は「H3O3(兵庫、広島、北海道、大阪、沖縄、大分)」と言われています。
ほとんどの有権者はイデオロギーには無関心なので、こういったことは争点にはなりません。が、やはり、5期20年間、同じ人が知事を務めるのはおかしいと感じると思います。70歳を超えていらっしゃる現職は、何故後継者を育ててこなかったのか?例に漏れず兵庫県も総務省からの天下り知事が続いています。現職も前の知事から後継指名を受け、50代の時に初当選しています。自身はそうする気は無いのでしょうか。長く続ける人がリーダーシップがあるのではありません。むしろ、「後輩を育てることが出来ない=リーダーシップが無いこと」の現れだと感じるのは私だけでしょうか?
image