p_pol.jpg   map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg
 

政治

働き方改革と竹島の日

支援者さんからの電話で起きました。

「働き方改革」

残業時間がどうのこうのってそんなのは各事業者に任せて、もっと根本を改めないといけないのでは?コンビニ以外でも24時間空いているスーパー、飲食店、夜10時までやってる大型ショッピングセンター、元旦からオープンしているデパートなどなど。個人の労働時間を少なくしようにも、便利を追求し過ぎて社会がフル回転している状態が続く限り何も変わらない。そこに斬り込むのが政治ではないかとのお叱りをいただきました。

札幌から戻り、憲法の勉強会に出て、午後は予算委員会でずっと質疑を聞いていました。昨日の質疑は国民の方々の目にどう映ったのでしょうか?

そんなことを考えながら、今日も羽田空港に向かっています。これから松江に飛びます。明日の竹島の日の式典開催に当たり、前日の今日から地元の住民の皆さんとの意見交換会など会議が目白押しです。領土問題にもしっかり取り組んで参ります。IMG_2296


待機児童問題について〜動画で法案を解説させていただきました。

待機児童のツィートにたくさんのご意見をいただきました。「本当は家で子育てをしたくても、経済的な理由などから預けて働かざるをえない方々がいる。その為の政策を考えるのが政治家では」という声もありました。実は野党時代に「ただ反対だけする野党」とは一線を画し、しっかりとその法案を作りました。その法案について動画で解説する機会をいただきました。私の発言について賛成の方、反対の方どちらの方々にも是非ご覧いただきたいと思います。なお、この法案は2015年6月に参議院に提出されています。

https://www.youtube.com/watch?v=WAOb_QcOkSc

【杉田水脈はリトマス試験紙】

昨日は内閣部会終了後、国家基本問題研究所の定例会に参加しました。櫻井 よしこ先生のコーディネートで、我が党の木原稔先生、長谷川三千子埼玉大学名誉教授、そして盟友、産経新聞の田北 真樹子記者のパネルディスカッションでした。

テーマは「憲法改正を阻むもの」

「実は自民党そのものが憲法改正に消極的なのでは?」という問題提起がなされました。櫻井先生の愛のムチです。「特に地方が盛り上がりに欠ける」という意見について私も役員席から考え述べさせていただきました。

「自民党の議員や支持者ほど、新聞や地上波からのみ情報を取っている人が多い。『もりかけ問題』で、60%あった内閣支持率が30%代に落ち込んだ。元々の60%は安倍内閣を支持していたのであり、野党の支援者ではない。言論テレビを見ていれば、悪いのは野党とマスコミの偏向報道であり、総理ではないことがわかる。が、支持率が落ちるということはそれを知らない=地上波からしら情報を取っていない。

杉田水脈はリトマス試験紙。私を知っている人はネットを見ている人。地上波や産経新聞以外の新聞を読んでいる人は知らない。

自民党に入って感じたのは自分の努力不足。知名度が全くない。国会議員の中でも「あんた誰?」という方が多い。地方議員になるとほとんどが知らない。それもそのはず、有権者がまだまだ地上波しか見ていない。なのでそれに合わせた話題で選挙を戦うしかない。憲法改正が地方で盛り上がらないのはこのような原因があるのではないか。今日のような議論が地上波でながれないことが問題である」

結局のところ、「阻むもの」に負けず、「try  try  try  again」の精神で頑張っていこう。今年中に国民投票を!ということでまとまりました。

そして、朝起きて、このニュースに驚いています。田北 真樹子記者、あの後も大変だったようです。お疲れ様でした。

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240003-n1.html

【引き続き北朝鮮に対する圧力を強化していくことが不可欠。今は対話の時期ではない】

昨日、196回通常国会が開会しました。一期目の時もそうでしたが、開会式は着物で👘。初日から気持ちを引き締めて参ります。

今朝のニュースを見ると「野党はもりかけスパで追及」と言った内容ばかりですが、昨日は安倍総理を筆頭に「政府四演説」が行われました。特筆すべきは河野太郎外務大臣の演説です。

「引き続き北朝鮮に対する圧力を強化していくことが不可欠。今は対話の時期ではない」とキッパリ!安倍総理の演説ではうるさかった野党の野次もこの時は静かでした。

河野大臣はまた、「日本のプレゼンス向上の為に国際機関で働く日本人を増やす」と、二回おっしゃいました。国連等に実際に通っていて、日本人職員があまりに少ない(中韓の職員は急激に増加)ことに警笛を鳴らし続けていました。日本の存在感を増すためには職員を増やすことも重要です。大臣の演説で国連やユネスコでの活動にも希望が見えて来ました。

大雪の為、予定していた山田 宏先生とのトークショーが中止になりました。楽しみにしてくださった皆様には申し訳ありませんでした。

日が暮れる前に帰路を急ぎましたが既に地下鉄の入口には長蛇の列ができていました。皆様、無事に帰れましたか?

今日はいいお天気ですが、雪がまだ残っているので、足元に気をつけて、一日、頑張りましょう⛄

IMG_2016
IMG_1997
IMG_2017
IMG_2008

【「正定事件」をご存知ですか?】

【「正定事件」をご存知ですか?】
「正定事件」とは、1937年10月9日、現在の中国河北省正定において、キリスト教・カトリックの司教ら9人が誘拐・殺害された事件です。この事件と日本軍は無関係というのが我が国の見解です。が、現在オランダでは、「日本軍が教会に慰安婦にするための女性を200人差し出すように要求し、それを断った司教らが日本軍によって虐殺された」というのが定説になっています。
また、最近ではその嘘を基に被害者の司教の列福運動(「聖者」の次の位「福者」に認定すること)が起こり、オランダと中国がバチカンに申請しています。バチカンがこれを認めてしまうと嘘を基にした反日プロパガンダが一挙に広がり、「第二の慰安婦問題」になりかねません。
それを阻止する為にもまずは日本人の私たちが歴史の真実を知っておかなければなりません。
著者の峯崎先生から2日に渡って色々お話をお聞きしました。皆さんにもぜひお読みいただきたいです。
「正定事件」の検証─カトリック宣教師殺害の真実
「正定事件」の検証─カトリック宣教師殺害の真実
「正定事件」の検証─カトリック宣教師殺害の真実 https://www.amazon.co.jp/dp/4890633685/ref=cm_sw_r_cp_api_C-PvAb0J6G00B
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
b1.jpg
seiwa.jpg
b2.jpg
b2.jpg
b2.jpg
  • ライブドアブログ