p_pol.jpg   map.jpg
m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg m1.jpg
 

雑感

虐待する親とモンスターペアレント

野田市の虐待死事件。心愛ちゃんの必死の叫びを踏みにじった教育委員会の対応を見て「許せない!」と思う気持ちと同時にこの言葉を思い出しました。

「子供の言うことは半分嘘だと思って聞いてください。」

温厚で教育熱心なベテラン校長先生の言葉です。

最近は本当にモンスターペアレントが酷いそうです。

「僕は悪くないのに先生に叱られた」と子供が訴えると、親がすぐ学校に怒鳴り込んでくる。よく話を聞くと本当に悪いことをして教員が注意していたケースがほとんど。でも、納得しない。そればかりか担任ではなく、「校長を出せ!」「教育委員会に言うぞ!」という人ばかり。(中には文部科学省に電話する人もいるそうです)祖父母まで怒鳴り込んでくることも多々あり、校長先生も対応に追われ、本来の仕事ができない状態だそうです。

実際、授業中に勝手に歩き回る子供を注意すると「うちは子供の自由にさせる方針で育てているので、そのままにしておいて」と言われたりするそうです。他の生徒に迷惑がかかることはお構いなしです。

少し話が逸れましたが、この校長先生は保護者会などで「子供(特に小学校中学年くらいまで)の言うことは半分くらいは嘘だと思って聞いてください。なんでも真に受けないように。」と話をするのだとおっしゃってました。

この認識が心愛ちゃんの事件では裏目に出たのかもしれません。

子供は一人一人違います。

嘘ばかりつく子もいれば、ほとんど嘘を言わない子もいる。また、嘘ばかりつく子が本当のことを言うこともあるし、ほとんど嘘をつかない子が嘘をつくこともある。

それを一番分かってあげられるのは、先生ではなくて親なのに。その親が子供を傷つける。

モンスターペアレントも虐待する親も正反対のように見えて問題の根っこは同じなのかもしれないし、お互いの存在が首を絞めあっているようにも感じます。

いずれによ、犠牲者は子供たち。

どうすれば虐待する親やモンスターペアレントを無くすことができるのか?

そんなことを考えているうちに東京に到着しました。

明日朝から厚生労働部会・虐待等に関する特命委員会合同会議があります。そこでまた議論したいと思います。

今日の午後も頑張ります。

写真は一昨日飛行機から見えた富士山🗻今日は残念ながら見えませんでした。

IMG_7796

児童虐待〜何故既存の刑法の適用が難しいのか。

下関市に向かっています。

先日児童虐待について書いたところ、「警察権力をもっと介入させて、殺人罪、暴行罪、傷害罪、強要罪など現在ある刑法をどんどん適応すれば良い」という意見を多くいただきました。

この問題の難しいところは「子供が証言をしなければならない」というところにあります。

暴行を受け、怪我の跡が残っている場合でも、「いつ、どのような状態でこの傷跡ができたのか?」を暴行を受けた子供が明らかにしなければなりません。また、ネグレクト(=育児放棄。酷い場合には死に至ります)や近年増え続けている性的虐待の場合は証明がもっと困難です。性的虐待については、幼児の場合、自分が何をされているのかわからないうちに被害に遭っていることも多々あります。

また、これらの虐待を受けた子供たちは体と心に深い傷を負っており、自己肯定感が低くなってしまっている場合が多くあります。しっかりとしたケアが必要で、いわば救出された後の方が重要なのです。

児童福祉の専門家にもなかなか心を開かない子供たちが、見知らぬ弁護士を通じ、警察で証言するのは非常に困難なことなのです。

だからといって何もしなければ何も変わりません。

どうすればこの国に生まれてきた貴重な命が救えるのか?建前や綺麗事ではなく、大人が自分事として向き合わなければならない問題。子供を虐待するような大人を生み出す社会の構成員の一人として責任を持って臨みます。

ひな祭りの日の朝に。(写真は娘の雛人形。実家に飾ってありました。)

IMG_7810


平成最後の五十鈴川禊業。

今回で4回目ですが、早朝の五十鈴川の水は毎回痛いです。
いつもは大寒の日の朝ですが、今年は日程の関係で、本日となりました。
川の中で、阪神淡路大震災で犠牲になられた方々に静かに黙祷を捧げました。
あれから24年。あっという間でした。しっかり生きなければと改めて思いました。
(写真は暗くてわかりにくいですが、白装束が私です。)
午後からは伊勢神宮正式参拝(御神楽奉納・御垣内参拝) いたしました。
IMG_6925
IMG_6920IMG_6926

IMG_6886
IMG_6889

突然の訃報〜ご冥福をお祈りいたします。

おはようございます。
今週はとても悲しい出来事がありました。ジャーナリスト・勝谷誠彦さんの突然の訃報。
昨年3月、サンテレビのカツヤマサヒコshow に出演させていただきました。勝谷さんは予め私の著書を読んでくださり、色々質問を投げて来られるのでとても話しやすかったです。
収録後の楽屋で、「また今度、尼崎で飲みましょう!」と言っていただいたのに、その約束も果たせぬまま、旅立たれました。
心からご冥福をお祈りいたします。

写真のお酒は、私から勝谷さんへのプレゼント、日本盛の搾りたて大吟醸です。番組はこれを飲みながらのトークでした。

IMG_6158
IMG_6159
IMG_6157
IMG_6156
IMG_6179

久々の母娘の会話

昨日は3ヶ月ぶりに娘に会いました。久々の母娘の会話。
娘「私って日本で一番同情されてる子やなぁ」
私「?」
娘「よく、お母さんのことディスってる人の投稿とか回り回って表示されるんやけど、『こんな女に育てられた子供って可哀想』とか、『どうせまともな人間にはなってない』とか書かれてるやん」
私「そやね」
娘「友達や先輩が『ホンマ、親の顔が見てみたいと思うくらいいい子やのに』『みんなで反論してあげたいわ』って言ってくれる」
私「まあでもその評価は私じゃなくておばあちゃんやね。中学生以降、おばあちゃんが育てた訳やから」
娘「でも、そのおばあちゃんも悪者やん」
私「そうやね。みんなお母さんのこと、『どんな育て方したら、こんな酷い人間が育つんや』とか『きっと愛情を注がれずに育ったに違いない』とか散々書かれてるもんね。おばあちゃんはちゃんと育ててくれたのにね」
そういう娘は、今年に入って脅迫とか色々あったりで怖くなって、ツィッター、Instagram、facebookのアカウントと表示名を全部変えたとのこと。結局、家族に迷惑かけています。情けないなぁ。
ですが、今日もめげずに日帰りで講演です。今、上越妙高に向かっています!
写真は昨日新大阪駅で遭遇したキティちゃん新幹線です🚄IMG_4479

m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
m1.jpg
b1.jpg
seiwa.jpg
b2.jpg
b2.jpg
b2.jpg
  • ライブドアブログ