石灯篭(とうろう)庭園造園・神社寺院用石製品 墓石の老舗石屋
㈱杉田石材店

【創業190年の老舗石屋】 国内最大級の在庫展示数 石灯篭(とうろう)水鉢など庭用石製品をはじめ、石製品全般取り扱っております。
本格こだわり手作りの石灯篭(とうろう)をお探しの方はぜひ実際に見比べてください。職人の制作風景もご覧いただけます。灯篭を造り続け
~心のかよう石づくり~をめざして、見る人の心が豊かになるよう心を込めて造り、技術を絶え間なく積み重ねています。
当ブログでは石彫刻品 記念碑 石像 モニュメントなど石製品や石の基礎知識、石屋の日々などをお伝えしております。

神宮遥拝所に橋石を設置しました。設置工事の様子をご紹介します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
【設置前】側溝の上に橋を作ります。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
まず支えになる石と階段を設置します。支え石の底面のピン
支え石のピン神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
階段の底面ピン階段のピン神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
側溝に渡すように階段の石材と支え石を設置します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
階段状に石を重ねます。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
袖石との接合面に接着剤を付けます。神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
袖石を設置します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
踊り場の石材を左右に設置します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
床面の石材を渡します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
両脇に手すりを作ります。ピンを入れた柱を立てます。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
柱の上に笠石を乗せます。接合部にはピンを入れます。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
階段部分は柱を垂直に立てる為に、木の型を使って作業します。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社

神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
橋石底面と側溝との接合部はL字金具で固定しました。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
中央に賽銭箱を配置して橋石の完成です。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
長さ6.4m 総石づくりの階段付橋石です。
橋石の中央に立ち、正面鳥居を通して伊勢の方角に向かうと三種の神器を祀る熱田神宮もお参りすることができます。
神社橋石設置工事|犬山市大縣神社
境内の車お祓い場近くにあります。お出かけの際にはお参りください。
大縣神社神宮遥拝所












登山道の階段に段差が高く、参拝者の上り下りが心配とのことで、階段の増設と修復作業をしました。
石の階段(山道)製作工事
【施工前】
石の階段(山道)製作
尾張本宮山へ登ってみると山頂付近は石肌が見えている箇所が多くあります。
【施工前】
石の階段(山道)製作
木の根や岩肌が多く既存の階段を補修したり、石の階段を増設したりして安全に歩けるように工事させていただきました。通路の狭い箇所には小さな階段を増設しました。
石の階段(山道)製作工事
既存のコンクリート製の階段に付け足すように増設する箇所もあります。
石の階段(山道)製作工事
【施工前】
石の階段(山道)製作
段差か40㎝になっていました。
石の階段(山道)製作
かなりの段差があって上り下りがしづらかった箇所に階段を作りました。
石の階段(山道)製作工事
子どもも駆け上がれる、ちょっと楽しい階段です。
石の階段(山道)製作工事
セメントで補修したり、新たに製作したりしていろいろな階段ができあがっています。
石の階段(山道)製作工事
一段一段手づくりの異なるデザインです。
石の階段(山道)製作工事
石の階段(山道)製作
階段の材料に使っている茶色い自然石は本宮山の石を使っています。
石の階段(山道)製作工事
山道の石を割って利用したものもあります。
石の階段(山道)製作
規則正しい階段も美しいですが、創作していくものも楽しいです。
石の階段(山道)製作工事
【施工前】
BlogPaint
30㎝以上の段差がありました。下りの足元が心配です。
石の階段(山道)製作
この段差を補う為に階段を二段増設しました。新旧いろいろな階段を上っていきます。
石の階段(山道)製作工事
途中の岩場は景色がきれいでお昼ご飯を食べている人も見かけます。でも危険な場所でもありますので気を付けてください。
尾張本宮山
山頂には新しくなった大縣神社の本宮社本殿があります。
大縣神社奥宮
設置した記念碑も青空に映えます。
大縣神社記念碑
気持ちの良い山頂からの景色
尾張本宮山山頂景色
下山しながら階段を数えていたのに翌日には段数をすっかり忘れてしまいました。増設・補修合わせて100段近くあったような。。。お出かけの際には、新しく作られた階段も気にしながら登ってみてください。



神社の前に建っている灯篭の玉が破損してしまい、修理ができますかと石を持ってお客様がご相談に来られました。まん丸の形で、コロンとした可愛らしい形の玉(灯篭の一番上のパーツ)です。
灯篭補修割れ欠け修理
既にセメントで修理した跡があり、座(下の部分)も大きく欠けて角がなくなっています。
灯篭補修割れ欠け修理
修理する際には、石に付いているセメントを取り除き、補修をします。
灯篭補修割れ欠け修理
使う道具や材料など専門的な言葉はイメージしづらいので、以前に修理補修作業をした写真などを参考に修理方法をご説明しました。「お地蔵様の左手が折れてしまっていても、新しく石を付け足して、手を作り直せますので、灯篭の玉も大丈夫です。」とお話ししました。
地蔵の修理欠け折れ修復写真
その他修理の作業例を弊社HPにてご紹介しています → 復元・修復(灯篭の欠け修理 洗浄及び傾き直し)
玉の先端も欠けているのでこちらも合わせて修繕させていただきます。
灯篭補修割れ欠け修理
お見積もりの上、今回はお預かりすることになりました。修理の様子はまたご紹介します。

破損した為に、灯篭の脇に置いてある姿があまりに気になりご相談に来られたそうです。20年前に弊社で灯篭の玉と笠をお買い上げいただいたそうで、その時は、知り合いの土地に灯篭がバラバラの状態で置いてあり、「灯篭が泣いているように見えて、持ち主に灯篭を引き取らせてほしいと頼んだ」そうです。不足していた玉と笠を弊社にご注文いただき、灯篭として再び建ててみると、「喜んでいるように見えてね」とのお話しを伺いました。もちろん石は泣いたり喜んだりしないのですが、実際にそう感じることは私たちにもあります。お客様に褒められた灯篭は誇らしげな表情になったり、お庭に納まった灯篭は安息の地を見つけたようなゆったりと堂々とした表情になります。そんな気持ちが共感できる時は何とも言えない嬉しさがあります。


↑このページのトップヘ