石灯篭(とうろう)庭園造園・神社寺院用石製品 墓石の老舗石屋
㈱杉田石材店

【創業190年の老舗石屋】 国内最大級の在庫展示数 石灯篭(とうろう)水鉢など庭用石製品をはじめ、石製品全般取り扱っております。
本格こだわり手作りの石灯篭(とうろう)をお探しの方はぜひ実際に見比べてください。職人の制作風景もご覧いただけます。灯篭を造り続け
~心のかよう石づくり~をめざして、見る人の心が豊かになるよう心を込めて造り、技術を絶え間なく積み重ねています。
当ブログでは石彫刻品 記念碑 石像 モニュメントなど石製品や石の基礎知識、石屋の日々などをお伝えしております。

石柱に文字を刻み、土台となる沓石(くついし)にはめ込むタイプの石碑を作ります。今回は文字を刻む石柱のサイズを決め、バランスの良い石をお客様と選びました。
沓石は岡崎産の亀甲石150㎝角 高さ60㎝ 重量3tです。
神社社標の沓石
亀の甲羅のような模様が石の表面に見られる石を亀甲石といいます。自然に線状の溝ができています。
亀甲石
沓石の上の面を四角くくり抜きます。36㎝角の石柱より一回り大きい39㎝角の穴を掘ります。
石碑の沓石穴加工
四隅に穴をあけ深さの基準を決めます。穴の深さまで全体を掘り下げていきます。
穴あけ加工
カッターで切り込みをいれます。
社標の作り方
切り込みを入れたところから石を割って取り除いていきます。
石の加工 はつり
使用しているチッピングハンマーAA-2という道具。5.5kg持つだけも重たいです。
石道具AA2
チッピングハンマー 
石道具チッピングハンマー
用途に応じてサイズ違いの道具も使います。打撃の力が違います。
石道具チッピングハンマー
広い場所は大きな刃の道具も使えます。
石の加工切り込み
こんな風に切り込みを入れます。
石の加工切り込み
石を割っていきます。写真ではわかりませんが、かなり大きな音がします。
耳栓をしないで音を聞いていると耳からではなく頭の中で打撃音が響いてきます。
石の加工切り込み
石の加工切り込み
中心部は石柱の底面が当たらないように周囲よりも低くしてします。斜線部分で支えます。(中心部にはステンレスのパイプを通します)
社標のはめ込み穴
穴の加工ができました。
石の穴あけ加工
石を彫ってみると石の中心にいくほど石の目が詰まっていきました。同じ石でも表面と中心部では石の状態が違うことがあります。穴を掘り作業を見ているだけで「思っていたより硬そうだね」と石の断面からも判断できます。
石の断面





お客様より『あかり道祖神』の上の部分だけを製作してもらえますか?とお問い合わせをいただきました。自然の石の形を活かして製作している製品の場合には、ご希望のサイズをお伺いし原石を選定し製作可能かお返事しております。
【弊社ホームページに掲載しているが完売の製品】
あかり道祖神のフクロウ部分のみを製作します。あかり道祖神柏とふくろう
お客様はデザインとともに重量も気にされていましたので厚みのない石で、石肌の似通ったものを選びました。
本鞍馬石 高さ40㎝ 幅34 奥行15㎝ 加工前で30㎏ 彫刻するともう少し軽くなり女性でも設置できるようになります。
本鞍馬石を使用して彫刻する
上の方が尖っているので、少し丸く形を整えます。下部は軽量化の為と設置しやすさを考えカットします。離れた場所からお庭を眺めるとのことで、二羽のフクロウは大きめに彫刻します。
ふくろう道祖神注文製作
少し風化して自然な雰囲気がある彫刻にしました。底面をカットしたこととフクロウの彫刻をするとにより30㎏から完成後には20㎏になりました。くり抜いた穴に両手をかけると運びやすいです。
ふくろう道祖神
ふくろうの翼は設置すると見えなくなる部分ですが、このような部分は持ち主しか知らない楽しみとなるよう製作しました。
ふくろう道祖神背中
お客様よりお庭に設置した写真をお送りいただきました。お庭に入ると二羽の寄り添うフクロウが生き生きと見えてきます。
お庭に石のふくろう設置
お庭を眺める時間が楽しい時間となっていただけたら嬉しいです。
お庭の写真とお手紙
ご丁寧なお手紙ありがとうございました。

自然石の蹲つくばいを設置する時、正面の向きを決め、使い方や場所に応じて埋め込み具合や、水の垂れる傾きを調整します。不定形な蹲を据える時にはどのように置くのか吟味するのも楽しみの一つです。お庭に合わせて好みの見せ方を考えます。
例えば、形に個性のある本鞍馬石の蹲(つくばい)。こちらの面から見ると石の丸みがあり、柔らかい雰囲気があります。
蹲の置き方 本鞍馬石
反対面から見ると、印象は変わります。
蹲の置き方 本鞍馬石と六方石
この面から見ると斜めにせり上がったラインがかっこいいです。せり出した所から水をオーバーフローさせるならこちらを正面にしたくなります。
水が垂れる蹲 本鞍馬石
蹲から水が流れる
前後どちらを正面にするかによって印象はがらりと変わります。少し角度を付けて斜めに置いてもよさそうです。設置場所によっては、背面が見えなくなったり、一方向からしか見えない場所もありますので、その場にふさわしい形を探すのも楽しいです。

自立しないこのような形の蹲は、支えに使用する石によっても雰囲気が変わります。
例えば【六方石 の場合】
⚫︎天然の石肌を見せると全体が馴染みます。
蹲(つくばい)の置き方
⚫︎石の中側の黒色を見せると割れた黒色が際立ち本鞍馬の茶色の石肌とコントラストができます。
IMG_0856
【蹲と同じ本鞍馬石の場合】
格段に存在感がアップします。
蹲の置き方 本鞍馬石
別の本鞍馬石に変えてみると、少し優しい雰囲気になります。
蹲の置き方 本鞍馬石と六方石蹲の置き方 本鞍馬石
同じ本鞍馬石でも力が強く主張のあるものや、少し柔らかい雰囲気のものもあります。
つくばい周りのバランスや設置場所の雰囲気に合わせてお選びいただけます。
本鞍馬石ゴロタ


 

↑このページのトップヘ