石灯篭(とうろう)庭園造園・神社寺院用石製品 墓石の老舗石屋
㈱杉田石材店

【創業190年の老舗石屋】 国内最大級の在庫展示数 石灯篭(とうろう)水鉢など庭用石製品をはじめ、石製品全般取り扱っております。
本格こだわり手作りの石灯篭(とうろう)をお探しの方はぜひ実際に見比べてください。職人の制作風景もご覧いただけます。灯篭を造り続け
~心のかよう石づくり~をめざして、見る人の心が豊かになるよう心を込めて造り、技術を絶え間なく積み重ねています。
当ブログでは石彫刻品 記念碑 石像 モニュメントなど石製品や石の基礎知識、石屋の日々などをお伝えしております。

新作ができました。
石の水鉢つくばい
創作的な水鉢を作ってみました。手に包み込みたくなる形 心地よい曲線。
stonebasin
不定形なデザインで水穴のまわりにもうっすらと水が溜まるようなカーブにしています。
石のモダンな水鉢 つくばい花器
全体のボリュームに対して設置面は小さくすぼまっています。(お好みでピン穴の加工も受け賜ります。)
華奢な足元が引き立つよう本体の仕上げとは対照的な磨き仕上げの台石を使いました。
縁取りが欠けたわけではありませんが金継ぎのように銅粉を付けています。将来的には緑青といって青緑色のサビ色が出てきます。
水鉢の縁取り銅粉
赤色の台石に乗せましたが台石を黒色にするだけで引き締まったシャープな印象になります。
石のモダンな水鉢 つくばい花器
花を活けて床の間や玄関のあがりに飾るのもいいですね。店舗のディスプレイや中庭などにもおススメです。使用している足助荒目は石のキメが大きく石の模様が楽しめる石です。所々にサビ色が自然とでてくる石の表情も楽しめます。伝統的な形に限らず、いろいろな形を作ることもしています。デザインされた形をお作りすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。










弊社ウェブサイトにて「気に入った水鉢を見つけた」と思ったら既に売り切れ・・・でもご安心ください。お作りします!自社にて製作しておりますので新たに製作することができます。
例えばこちらの水鉢のページを開くと・・・「完売」と表示されています。
扇水鉢|国産手水鉢

杉田石材店Webサイト完売表示
このように完売ですが、製作可能な製品ですと表示されているものもございます。

先日、お客様より、「こちらの水鉢をメールにてオーダーした場合いくらになりますか?」とお問い合わせをいただきました。
工場や石置き場にて原石の確認をしてお見積もりのご連絡をします。お気軽にお問い合わせください。原石のサイズや石の都合によっては製作できない製品もございますので詳しくはお電話やメールにてお問い合わせください。ひとつひとつ手作りにてお作りしております。
水鉢製作作業風景
ノミを使って水穴を作ります。
水鉢製作作業風景
底面は平らに作りました。
水鉢製作作業風景
水面が広々して爽やかな鉢が完成しました。縁取りの太さや、水穴の深さによって印象が変わります。どんな風に使っていただけるのか楽しみです。
小さな扇型水鉢 石の水盤このサイズで20㎏位、宅配便でお送りいたします。
小さな扇型の水鉢 石の水盤
こちらの製品の水鉢以外の使い方をご紹介します。
お地蔵様の前に置いてお水をお供えしたり、お賽銭置きとしてご利用いただいております。
お賽銭入れ 石の器
製品のご注文やお問い合わせは、電話やメールでも承ります。お気軽にお問い合わせください。












灯篭の形には六角形・八角形をはじめ四角や丸型もあります。どんな形からはじまったのか。
灯篭の形 八角六角四角丸型三角
日本の灯篭の始まりは、仏教の伝来からまもなく、お寺が建設される際に中国や朝鮮に倣って建物の正面に一基のみ配置されていました。日本最古の灯篭である東大寺大仏殿の正面に建つ金銅灯篭は建物正面に一基のみで八角形をしています。10円玉のデザインで有名な平等院鳳凰堂の正面にも一基灯篭が建っています。ちなみに10円玉に灯篭はデザインされていません。。。
茶庭に使われるようになったのはずっと後、安土桃山時代になってからです、一般化していったのはもっと先の江戸時代と言われています。

現存する国内最古の『石灯篭』は奈良県当麻寺(たいまでら)にあり重要文化財にも登録されています。奈良時代前半頃(白鳳時代645-710年)のものといわれています。
日本で一番古い石灯篭当麻寺
当麻寺金堂の正面に一基のみ配置され。こちらも八角形をしています。
玉や笠は作り替えられたものではないかと言われています。
当麻寺石灯篭玉と笠
笠の底面は平らになっています。
当麻寺石灯篭玉と笠
八角形のたっぷりとした受は当時のもの。大きな蓮弁が広がっています。
当麻寺石灯篭 受
風化が激しく原型をとどめていないので、当時の姿はわかりません。

大正末年まで日本で現存する最古の石灯篭と言われていた橘寺の灯篭は六角です。
灯篭の本歌は、春と秋に公開されるのですが撮影できないため、弊社で製作した製品の写真です。
橘寺石燈籠|杉田石材店
火袋には四天王が細かく彫刻されています。
橘寺灯篭四天王彫刻|杉田石材店
六角の灯篭は鎌倉時代以降にしかみられない形です。
考古学的な石灯篭の研究が行われ現在では当麻寺のものが最古の石燈籠と言われています。
当麻寺石燈籠|日本最古
当麻寺の灯篭について、当初の姿は簡素で堂々としたものだったでしょうと書籍には記されていました。
当麻寺灯篭
私には考古学の知識はありませんので勝手な想像ですが、本尊に供える神具という考えからすると簡素な作りではなく、細工の細やかな堂々たる姿だったのではないかと想像しています。日常使いの道具の目的で作られるならば、シンプル→装飾的なものに発展していくかもしれませんが、石灯篭の場合は完成系のものを模して製作したり、中国朝鮮の石工が製作したものが残っていることを考えると最古のものも装飾的な彫刻がされていたかもしれません。1300年前の姿を想像して眺めてみます。分からないということは楽しいです。
当麻寺石燈籠
当麻寺の灯篭は現在、屋根のある囲いがしてありますが、重要文化財になっているような石燈籠でもほぼ屋外で野ざらし、低い木の柵に囲われている程度のものがほとんどです。たいていの人は素通りされていきます。近づいたり離れたりして写真を撮りながら眺めていると何かしらと近づいて人が増えますが、さらりと人はいなくなります。この灯篭を作った人は1300年後の姿なんて想像していなかったことでしょう。人の手で作りだしたものが今も残り続けるのは石ならではです。

この灯篭が作られた松香石という石は当麻寺近くの二上山で採石され、古墳の石棺にも使用されていました。まだらな模様が素朴で温かみのある石です。

<参考文献>
石燈籠入門 著者 京田良志
石燈籠 図版 著者 天沼俊一








↑このページのトップヘ