石灯篭(とうろう)庭園造園・神社寺院用石製品 墓石の老舗石屋
㈱杉田石材店

【創業180余年の老舗石屋】 国内最大級の在庫展示数 石灯篭(とうろう)水鉢など庭用石製品をはじめ、石製品全般取り扱っております。
本格こだわり手作りの石灯篭(とうろう)をお探しの方はぜひ実際に見比べてください。職人の制作風景もご覧いただけます。灯篭を造り続け
~心のかよう石づくり~をめざして、見る人の心が豊かになるよう心を込めて造り、技術を絶え間なく積み重ねています。
当ブログでは石彫刻品 記念碑 石像 モニュメントなど石製品や石の基礎知識、石屋の日々などをお伝えしております。

犬山市の大縣神社にて石鳥居を建てさせていただきました。1.3尺の八幡鳥居です、柱の長さは約4mになり鳥居としては大型のものになります。
16tのラフタークレーンで石材を吊り上げ、沓石に柱を建てます。柱1本で約1.2tの重量があります。
石鳥居の建て方 沓石に柱を建てる
貫のはまる向きを確認しながら2本の柱を建てます。
石鳥居の建て方 沓石に柱を建てる
柱の間に貫を入れます。
石鳥居の建て方 貫を入れる
柱の傾きを調整します。
石鳥居の建て方 柱の角度調整
貫をクレーンで吊り上げながら、柱の転びを調整します。
柱を内側に傾けるのですが、傾きを転び(ころび)と表現します。
鳥居の建て方貫を入れる
外貫(貫の両端)を柱の穴にはめます。
鳥居の建て方 外貫
本宮社と彫刻した額を貫の前面に少し引っかかるようにして乗せます。
鳥居の額付け方
位置や角度を調整します。
鳥居の額取り付け
額の束部分と柱にはピンを入れます。
鳥居の建て方 接合部のピン
二分割になっている笠を一つずつ乗せます。額は笠が乗るまでつっかい棒で支えます。
IMG_1550
笠の穴とピンを合わせ柱と額束に乗せます。
IMG_1552
飾りの楔(くさび)と額の仕上げをします。
鳥居の建て方 楔(くさび)
【八幡鳥居1.3尺額付】岡崎産宇寿石(うすいし)
石鳥居1.3尺(八幡型)
【八幡鳥居1.3尺額付】後ろ面 國幣中社御昇格百年記念
八幡鳥居 設置例犬山市大縣神社
大縣神社へ参拝される際にくぐってみてください。この鳥居は梅園の脇、本宮山への登山道入口にあります。
石鳥居の工事1.3尺八幡型
鳥居の石材材料については こちら






名古屋市千種区長福寺様の境内にお祀りしてある大きな石(写真右手)。名勝石といわれています。
木製看板から石碑へ作り替え
立札には、この石についての説明書きがあるのですが文字が読みづらくなってしまい、石製の碑に作り替えることになりました。
木製看板から石碑へ作り替え
このような碑は設置場所に合わせてオーダーメイドで製作しています。ご注文より1か月から1か月半程度で完成します。高さ100㎝ 幅49㎝ 台石とはめ込み台、碑と笠の4パーツで出来ています。
石碑建立(由緒碑)
長福寺(名古屋市千種区)祟り石
不思議な石の話です。
記念碑の建立工事
記念碑は大きさや彫刻する文字サイズ、文字数によって価格が異なります。ご予算に合わせてご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

石鳥居(1.3尺額付八幡型)を建てることになりました。高さ約4mの大型の鳥居です。使う材料もとても大きいです。これは石鳥居の柱の下に据える沓石(くついし)約78㎝角 高さ30㎝になります。岡崎産宇寿石(うすいし)
石鳥居沓石
穴の深さ18㎝ 岡崎産宇寿石(うすいし)
石鳥居の沓石穴
笠の石はおよそ6メートルになる為、2分割にしています。
石鳥居の材料笠石
笠石は中心部の凹凸を合わせて設置します。
石鳥居の材料笠の合わせ目
石鳥居の材料笠の合わせ目
笠の上部はこんな風になっています。
鳥居の笠石
設置工事の様子は こちら




↑このページのトップヘ