石灯篭の設置工事の様子をご紹介します。
三月堂という名前の立ち灯篭です。
サイズは7尺(総高さ約210㎝ 地輪約85㎝角)
お庭全体の広さや、設置場所によっても異なりますが、
7尺の立ち灯篭ですと一般的なお庭には、やや大きめのサイズになります。
【設置前のお庭】石灯篭立て方三月堂1設置前
基礎の穴を掘ります。
石灯篭立て方三月堂2基礎掘り
砕石を敷いてランマーを使って、てん圧します。
石灯篭立て方三月堂3ランマー
杭を打ち込みます。今回は6㎝角長さ90㎝の杭を地中に打ち込みました。
石灯篭立て方三月堂杭打ち
地面を固めた基礎の上に、砂とセメントと少量の水を混ぜたモルタル(バサと呼びます)を敷きます。
その上に灯篭を設置していきます。
クレーンを使って塀を越えて地輪を運び入れます。
石灯篭立て方三月堂5地輪搬入

地輪を設置します。
彫刻部分を避けて、石が傷つかないように南京袋などを当てて叩いて水平を出して設置します。
地輪の上部中央には、はめ込み用の穴があけてあります。
石灯篭立て方三月堂6地輪
柱の上下にはホゾ(ホズ)という、はめ込み用の突起が作ってあります。
石灯篭立て方三月堂7柱上はめ込み

地輪と柱のはめ込みを合わせます。
石灯篭立て方三月堂8柱下はめ込み
柱を設置します。
石灯篭立て方三月堂9柱
受を設置します。
石灯篭立て方三月堂10受
火袋を設置します。
石灯篭立て方三月堂11火袋
笠を設置します。
石灯篭立て方三月堂12笠
玉(宝珠)を設置します。
石灯篭立て方三月堂13玉 宝珠
完成です。

*よろしければ、わたしたちのホームページもご覧になってください*
【杉田石材店】
TEL:0564-21-2871
杉田石材店ホームページ