歯周病専門医サイトブログ

歯周病専門分野のブログです。 横浜市 大船駅徒歩3分、大船駅北口歯科

最新歯周病治療:PDT(フォトダイナミックセラピー)

2016年 8月29日(月曜日)です。


今日から明日にかけて台風が接近します。

当医院は、
明日(8月30日:火曜日)も朝から予約でいっぱいですが、
来院される方も大変なことと思いますので、
無理をなさらないで下さい。

本日(8月29日:月曜日)は、休診ですので、
キャンセルがございましたら
メールで承ります。

以下からキャンセルメールをお願い致します。
予約キャンセルメール


よろしくお願い致します。



また9月には長期的に休診期間があります。
9月10日(土曜日)〜9月15日(木曜日)まで休診となります。

長い期間の休診のためご不自由をおかけします。




このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『最新歯周病治療:PDT(フォトダイナミックセラピー)』になります。

PDTとは、
Photo Dynamic Therapy(フォトダイナミックセラピー)の略で、
日本語では光線力学療法と言います。

それではこのPDTは、
今までの歯周病治療となにが違うのでしょうか?

まず歯周病とはなにか?(どのような病気か?)
という話しからしたいと思います。

歯周病は、歯周病細菌による感染症です。

歯と歯肉の境目(歯周ポケット)に汚れ(食べかす)等が入り込み感染を起こします。
kensa_05


そのため、歯周病の基本的な治療として、
歯周ポケット内部に溜まっている汚れ(歯石 等)を取り除く治療を行います。

この治療をスケーリング ルートプレーニング(SRP)と言います。

このルートプレーニングが分かると
この後のPDTがが理解しやすくなりやすくなりますので
ご存知ない方はご覧になって下さい。
pmtc3

ルートプレーニングの図


模型で歯周ポケット検査を行っている動画


模型を使用してルートプレーニングを行っている動画

このルートプレーニングは、歯周病の基本中の基本です。

歯周ポケットが6ミリ程度であれば、ほとんどがこのルートプレーニングで治ることが多いです。

ルートプレーニングという治療法を大雑把に説明すれば、
耳かき と同じような行為です。

つまり、耳の中に溜まっている 汚れ(耳垢)を機械的に取り除くのが耳かきです。

ルートプレーニングも歯周ポケットという歯と歯肉の隙間に入ってしまった 汚れ(歯石 等)を機械的に取り除く治療法です。

現在の歯周病治療では、これ以上確実な治療法はありません。

このルートプレーニングという治療法は、長い年月行われている治療であり、
歯周病を治す最も確実的な治療法であることは間違いのないことです。

また、ルートプレーニングで治らないような重度歯周病の場合には、
『歯周外科処置(フラップ オペレーション)』 という治療法も行われます。

しかし、これらの治療法には欠点もあります。
ルートプレーニングや 『歯周外科処置(フラップ オペレーション)』により
歯周ポケット内部の歯石を取り除くことは可能ですが、
歯石 等の感染物質を取り除く際に
歯周病細菌が
歯周ポケット内部に散らばって残ってしまうことがあります。

もちろん始めの細菌の数によってもこうしたことには差があります。

大量の細菌が残ると それが元になり、歯周病が再発することがあります。

実際に 侵襲性(急速破壊性)歯周炎 と言われる重度歯周病の場合には、
感染している細菌の数が多く、ルートプレーニング だけで全ての歯周病細菌を取り除くことは難しいのです。

PDT(フォトダイナミックセラピー)は、今までの歯周病治療とはまったく考え方が違う治療法です。

PDTは、光によって活性化する薬品(光活性剤)を
歯周病ポケット内部に注入し
光を照射することによって、
この薬品を活性化して除菌する方法です。

PDT単独で行う場合には、
麻酔を行う必要性がありませんし、
1歯 約1分で終了(除菌)可能です。
(後で記載しますが、基本的にPDTは単独で行う治療法ではなく、ルートプレーニングと併用することで効果がある補助的治療法です)

ちなみに 重度歯周病の場合、先程のルートプレーニングを行うと
約1時間(当医院では、通常 1回の処置で 約7歯分を行います)かかります。
もちろん麻酔が必要です。

前回までの内科的歯周病治療:飲み薬(抗菌薬)による歯周病治療と違い、
抗生剤を服用しないため、耐性菌のリスクが少ないため、生体に優しい治療法と言えます。


それでは 実際の使用方法について解説します。


まず、歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れます。

次に歯周ポケット内部に光エネルギーを約1分間照射します。

大まかな流れはこれで終了です。

非常に簡単な治療です。

図で見てみましょう!
スライド1


痛みはありませんし、非常に短時間で行えます。

それでは、詳細の話しになります。

ちょっと難しい話しになりますが…

まず、使用するバイオジェルですが、0.01%のメチレン-ブルー色素を含む中性リン酸緩衝液で、
この色素は、歯周病細菌(グラム陰性菌 および グラム陽性菌 の細胞壁を構成するリポポリサッカライド、糖脂質の脂質)に得意的に結合します。

簡単に言えば、歯周ポケット内部にバイオジェルを入れると歯周病細菌と結合(くっつく)ということです。

このバイオジェルは光感受性物質と言い、
光を吸着すると 化学反応が起こり活性酸素を発生させることができます。

この時に使用する光エネルギーは、「Periowave」という装置を使用します。

「Periowave」は、670nmの波長で 220mWの低出力光エネルギーです。

発熱を起こすこともないため、痛みを感じることはありません。

光エネルギー(Periowave)を照射することにより、色素(バイオジェル)が結合した歯周病細菌は破壊されます。
このバイオジェル(色素)は、人間の身体の細胞には結合しません。

また、光が照射される1〜2ミリが有効範囲であるため、その効果は限局的です。

そのため、ピンポイントでバイオジェル(色素)を塗布し、光を照射することが必要です。

以下は、「Periowave」という光エネルギーを照射する装置です。

非常に小さいものです。
スライド2



これでだいぶPDTについて分かってきたと思います。

次回はさらにこの続きの解説です。






最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病の方は糖尿病が悪化する

2016年 8月22日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯周病の方は糖尿病が悪化する』になります。


歯周病 と 糖尿病 には非常に深い関連性があります。

糖尿病の方が歯周病になる確立は、
糖尿病ではない方と比較すると 2倍以上 歯周病になる
ことが多くの研究により分かってきています。

また、糖尿病の方が歯周病になると重症化しやすいことも分かっています。

別の言い方をすれば
歯周病が進行している方は、
糖尿病が悪化しやすい(血糖値がコントロールしにくい)ことも分かっています。

また、歯周病治療を行なうことで 
糖尿病(HbA1c)が改善してくることも分かっています。

日本の成人の人口は約9534万人です。

このうち約1067万人が糖尿病人口とされています。

日本の成人の糖尿病有病率は11.2%
されています。

もちろん予備軍も入れるともっともっと多いでしょう。

年齢層別に見ると
40〜59歳では約355万人
60〜79歳では約648万人
となっています。

これは歯周病に罹患する年齢と同じ傾向となっています。

それでは なぜ糖尿病の方は 歯周病になりやすいのでしょうか?

これにはいくつもの理由があります。

まず生体の防御機構があります。

人は外部からの 細菌 や ウイルス の感染よる防御を行なっています。

歯周病は、歯周病細菌による感染症ですので、
風邪等と同じような感染症と言えます。

歯周病細菌による感染が起こった時に
それを防御するための生体の抵抗力が十分にある場合には
歯周病は広がりにくいです。

しかし、糖尿病が進行した方の場合、
生体の防御機構が弱まっていることがあり、
歯周病細菌が繁殖しやすい傾向にあります。


また糖尿病と言えば
高カロリー等の食生活習慣に問題があることは
みなさんご存知のことと思います。

糖尿病となる原因として
食生活以外にも
睡眠、運動、ストレス、喫煙…
さまざまな歯周病を悪化させる要因があります。

実は歯周病も同じです。
歯周病が悪化する原因は、
糖尿病と同じで、
さまざまな生活習慣が関連してきます。

そのため、糖尿病が悪化した方の場合、
歯周病も悪化する傾向があります。

糖尿病になると
歯周病が悪化する原因には以下のようなことがあります。

高血糖が続くと浸透圧の関係で尿がたくさん出ます。

その結果、体内の水分が減少します。

口渇が起こるのは高血糖の特徴とも言えます。

これにより唾液の分泌量も減ります。

唾液は抗菌性が非常に高く、
唾液が分泌されることで口腔内の細菌が増えるのをコントロールしています。

血糖値が高くなることで
唾液が減少し、
結果的に口腔内細菌が増えていくのです。

また、歯周病になると
歯周ポケットという深い溝中で細菌が増殖していきます。

歯周病細菌の出す 毒素により 
歯周組織は破壊されていきます。

もちろん生体はこの破壊された組織の修復を行なうわけです。

指等を切った時に傷口が治るのと同じようなことです。

この際に血糖値が高い方では、
組織の修復力が低く、悪化しやすい傾向にあります。

また血糖値が高い状態が長く続くと
血管にも影響ができてきます。

糖尿病の合併症として
足の壊死 や 失明があります。

特に末梢の血管に影響が起こることが多いため、
上記のような部位に問題が起こりやすいのです。

歯周病の末梢の血管があつまる部位ですから
組織の修復を妨げるため、
高血糖の方は、歯周病が悪化しやすいのです。

さてこれで 糖尿病の方が歯周病になりやすいことが少し分かったかと思います。

次に
歯周病の方が血糖値が高くなる原因について解説します。

歯周病は歯周病細菌による感染症です。

歯周病細菌は、歯周ポケット内部や口腔内のさまざまなところに存在しています。

特に問題となるのが、深い歯周ポケットです。

歯周ポケット内部で繁殖した歯周病細菌は、
毛細血管を通して全身にまわっていきます。

こうした状態を菌血症と言います。

先にも書きましたように人間は、
生体内に侵入した細菌やウイルスに対して
抵抗性をもちます。

この抵抗性を示すのがサイトカインというものです。

この さまざまなサイトカインは、
細菌の増殖を抑えるか働きもあるのですが、
血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きも阻害してしまいます。

こうした状態を インスリン抵抗性 といいます。

インスリンの抵抗性が高くなることで
血糖値の安定が得られにくくなります。






最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になる!

2016年 8月15日(月曜日)です。

みなさん 夏休みをどうおすごしでしょうか?

当院は本日まで夏期休診となります。

明日は、休み明けなので混み合うことが予想されます。
休診中でもインターネットオンライン予約 がご利用できます。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になる!です。



前回のブログでは
歯周病 と 誤嚥性肺炎 (ごえんせい はいえん)という内容を解説しました。

重度歯周病の口腔内には、非常に多くの細菌が存在しています。

もちろん歯周病細菌です。

この歯周病細菌が肺に入り込みことで起こる病気が
誤嚥性肺炎 (ごえんせい はいえん)という内容でした。


本日も歯周病細菌によって起こる全身的な問題を解説します。

基本的に一定以上の数の細菌が口腔内に存在することは良いことではありません。

歯周病という病気は、
歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に汚れ(食べかす)入り込むことで
問題が起こります。

汚れの中には、歯周病細菌が存在しており、
歯周ポケットの深い内部には、
歯周病細菌の中でも悪性度の高い細菌が増殖しやすい環境にあります。

通常健康な状態では、
歯周ポケットの深さは1〜3ミリ以下です。

以下は歯周ポケット検査です。
reation2


歯と歯肉の溝(歯周ポケット)を1歯に対して
6カ所以上測定します。
inspection1

kensa_04



そして、歯周病細菌が歯周ポケットの深くまで進行すると
今度は、歯根を支えていた骨(歯槽骨)が吸収します。

本来健康な状態では、
歯根は、顎の骨の中にしっかりと埋まっていますので、
ほとんど動きません。

そのため、硬い物でもしっかりと噛めるのです。

その歯槽骨が吸収(溶ける)ことで
歯がグラグラしてきます。

この骨吸収が進行しすぎると
歯の動揺が大きくなり、
抜歯となってしまいます。

shimiru_01



実際に 健康な状態 と 歯周病の状態 のレントゲン写真を見てみましょう!

以下のレントゲンは歯周病に問題のない健康な方です。
perio_p14


以下は歯周病が進行することで
歯槽骨が吸収してしまった状態です。
perio_p15



歯周病の状態が進行してしまうと
抜歯となります。

以下は歯周病で抜歯した歯です。
スライド1


歯根の周囲に付着している黒っぽい凸凹したものが歯石です。

歯周病が進行した方では、
このようなものが歯の根に付着しているのです。

実際に目で見えるものは、歯石です。

歯石自体は、歯槽骨を溶かしたりすることはありません。
問題となるのは、歯周病細菌です。

今回のテーマです。

この歯周病細菌は様々な問題を引き起します。

さて本日の本題となります。

本日のテーマは、
『歯周病を持っている母親の早産のリスクは7倍になる!』です。

歯周病の原因菌が 歯肉の奥へと侵入していき そこから血管に入り、
血液とともに全身をめぐり 臓器や器官に侵入します。

こうした菌は 羊水中にまで影響を及ぼし、早産、低体重児の原因となることがわかってきました。

現在、早産による低体重児の出生の割合は1割程 といわれており、
その原因の一つとして膣の細菌感染による炎症があげられています。

膣に感染が起こると、胎盤膜での炎症の結果、
子宮が収縮、子宮頚部が拡張し、早産になります。

ノースカロライナ大学の歯周病学教授 Steven Offenbacherらの研究によると
歯周病の原因菌が歯肉の奥へと侵入していき 
そこから血管に入り、膣感染症が起こっていると報告しています。

リスクの割合は歯周病がない母親に比べて
歯周病を持っている母親の早産のリスク
7倍になると報告しています。

ちなみに飲酒をする母親の早産のリスクは3倍です。

歯周病をきちんと治療し、
ブラッシングをしっかり行うことで そうしたリスクは防げるのです。

早産で生まれた新生児の中には
呼吸器疾患 や 脳性麻痺などの長期におよぶ障害を有していることも少なくないのです。

妊娠前の状態で治療を開始することが非常に重要です。

もし、重度歯周病であった場合には、
妊娠中には完全な治療が行なえないことも多いです。

そのため、妊娠前の歯周病検査が重要になってきます。


また、出産後には歯周病ケアーももちろん重要なのですが、
お子さんに問題となる虫歯細菌を感染させないことも大切なことです。

ちなみに
虫歯細菌は、お子さんが1歳半〜2歳半頃に
多くの場合、母親もしくは父親から感染します。

そして一度感染した虫歯細菌は、今後大きく変化しませんので、
子供の虫歯に対する将来は、
親御さんにかかっているといってもいいでしょう!

「私の歯が悪いのは、親の遺伝?」
と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、
本当にそうなのです。

子供の将来性のためにも
出産前の口腔内の病状をきちんと把握し、
治療をきちんと済ませることが
本当に重要なのです。

もちろんこうしたことは、
妊婦さんのみの話ではありません。

前回の歯周病と認知症の話は、高齢者の方の内容でした。

また歯周病と糖尿病についても非常に大きな関連性があることも分かっています。

次回は、そうした話をしたいと思います。





最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

夏期休暇案内

2016年夏期休暇案内です


始めに夏期休診案内です。

8月11日(木曜日)〜8月15日(月曜日)まで休診となります。


休診中の緊急連絡は以下よりメールでご連絡下さい。
夏期期間中の緊急連絡先


歯周病ブログは8月15日(月曜日)から再開します。

歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせい はいえん)

2016年 8月 1日(月曜日)です。

始めに夏期休診案内です。

8月11日(木曜日)〜8月15日(月曜日)まで休診となります。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『 歯周病 と 誤嚥性肺炎 』になります。

歯周病は、歯周病細菌の感染症であることは
このブログでも、HP内にも多く書いてあることです。

歯周病という病気をご理解いただく時に
この細菌感染であることをご理解いただくことが
治療を行なうための始めの第一歩です。


歯周病が感染症であることがご理解されないまま
歯周病治療を進めても
なかなか治りにくいことも事実です。

歯周病になる方は、歯周病細菌が多量に口腔内に存在しています。

本来歯周病細菌は、どんな方の口腔内にも存在しているのですが、
この歯周病細菌の種類 や 数には個人差が大きくあります。

悪性度の高い歯周病細菌が多く存在すれば、
当然のことながら歯周病はどんどんと進行してしまいます。

この歯周病細菌のコントロールが非常に重要になっているのです。

さて本日は、歯周病 と 誤嚥性肺炎(ごえんせい はいえん)の話です。



重度歯周病の口腔内には、非常に多くの細菌が存在しています。

大量の菌が口腔内に存在しているのです。

人はこの細菌を毎日の食事の際に、食べ物と一緒に飲み込んでしまいます。

飲み込んだ菌が肺に入って起こす病気を『誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)』といいます。

あまり聞き慣れない病名ですが、誰にでも起こる可能性がある病気です。

この誤嚥性肺炎は、
えんげ(飲み込むこと)反射 と 
咳反射が低下した場合に起こることが明らかになっています。

歯周病を起こさないような口腔内であれば問題はありませんが、
歯周病であったり、
ブラッシングが不十分であると起こる可能性が高くなります。

しかし、細菌を飲み込んだからといって誰もがなるわけではなく
、寝たきりの方や老人性肺炎の方のように体力がおちた時にかかりやすい病気です。

日本人の死因の第4位が肺炎 (平成14年度の厚生労働省ホームページより)であり、
そのうちの 約9割が65歳以上です。

また、歯周病細菌は、食べ物と一緒に飲み込むだけではありません。

血液を介して全身にまわっていきます。

菌血症という状態です。

菌血症とは、本来無菌である血液中に細菌が存在する状態を言います。

例えば、外科的治療の際に外部からの感染が血中へと入り込みます。

しかし、実際には、血液中に細菌が侵入しても一時的なことであり、
問題となることはほとんどありません。

しかし、歯周病細菌のように常に口腔内に細菌が存在する状態は良くありません。

歯周ポケット内部には大量の歯周病細菌が生存しています。

当然のことながら歯周ポケット内部にも血管(血液)が存在しますので、
その血管から歯周病細菌が侵入していきます。

特に注意しなければならないのは、心臓疾患がある方です。

心臓疾患がある方に歯周病治療(歯石を取る行為も同じです)を行う時には、注意が必要です。

歯石を取った際に、
砕けた歯石から細菌が放出され、
血液中に入っていきます。

血液を介して当然のことながら心臓へも流れ込みます。
ペースメーカーを使用されている方は、
流れ込んだ細菌が付着し、問題を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

注意とは、治療前に抗生剤を服用し、感染防止を行うことです。

つまり、歯石除去前(1時間以上前)に抗生剤を服用することです。

可能であれば、治療の前日から服用された方が良いでしょう。

こうすることにより、歯周病細菌が血液中に流れても被害を抑えることができます。

ただし、このような話をすると
『歯周病治療は怖い!』
と感じてしまいがちですが、これは違います。

誤解していただきたくないのですが、
歯周病である場合には、歯周病治療を行わないで、
口腔内に常に歯周病細菌が存在する方が問題が高いのです。

重度歯周病の方では、常に口腔内に多量の細菌が存在するわけですから…

心臓疾患のある方 や 全身疾患のある方こそ、歯周病を治しておかないといけません。

歯周病は、放置すればする程、進行します。

進行した歯周ポケット内部には、多くの歯周病細菌が存在していますので、
リスクはさらに高くなってしまいます。

心臓病 や 全身疾患がある方 こそ徹底した治療が重要です。


次回の歯周病ブログも歯周病と全身疾患との関連性について解説します。





最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
livedoor プロフィール
     院長履歴

1993年 神奈川歯科
      大学卒業
1993年 同大学歯周
      病学講座
      入局
1999年 日本歯周病
      学会
      専門医取得
1999年 東京都にて
      杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー
      認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医
      取得
2006年 大船駅北口
      歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ