歯周病専門医サイトブログ

歯周病専門分野のブログです。 横浜市 大船駅徒歩3分、大船駅北口歯科

2010年03月

歯石は硬く取れない!

3/29(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯石は硬く取れない!』になります。

歯石という言葉はご存知のことと思います。
食事後に歯 や その周囲に付着した食べかすが固まったものです。
この歯石の中には、多くの細菌が存在しており、
歯周病の原因にもなります。

この歯石が付かないようにすることが最も大切ですが、
歯石がついてしまったら除去することが重要です。
一度ついてしまった歯石は、歯ブラシで取り除くことは不可能です。
かなり硬く、歯 や 歯根面にへばりついているのです。

それでは、実際に歯石を見てみましょう!
スライド1

これが歯石です。
この写真は、特別に すごく歯石がついている患者様ですが…

次に この歯石を超音波スケーラーという専用の器具で取っている動画を見てみましょう!
You tube なので携帯では見られない方もいるかと思いますが…


歯石を取ることは、本当に大変なんです。
このような歯石は、歯ブラシで取ることは不可能です。
もちろんうがい薬で取れるこはありません。

以前このブログで、パーフェクトペリオ という洗口薬 について解説したことがあります。
少し前に歯周病に効果がある薬として、テレビ等で話題になっていました。
それでは、この パーフェクトペリオ を使用すれば、上記のような歯石が取れるかと言いますと
絶対に取れません。
薬でこの歯石が取れることはありません。
その理由は、先程の動画を見ていただければ分かると思います。

パーフェクトペリオについての解説は、以前のブログをご覧になって下さい。
  1.パーフェクトペリオ:その1
  2.パーフェクトペリオ:その2
  3.パーフェクトペリオ:その3

パーフェクトペリオ という洗口剤が100%効果がないとはいいませんが、
この洗口剤が歯石を溶かすことはあり得ません。

歯周病に効く薬以外にも
ガンに効く薬であったり、
痩せる薬であったり、
さまざまな薬が出回っています。
この世の中に魔法の薬はありません。
過剰な広告には だまされないように注意が必要です。

歯肉深くに侵入した歯石は、
ルートプレーニング
『歯周外科処置(フラップ オペレーション)』
取れるこは分かっているわけですから、科学的根拠のない治療を選択することはありません。
確実な治療方法を行うことが大切です。

パーフェクトペリオについては、多くの患者様から
『パーフェクトペリオを購入したいのですが…』
『パーフェクトペリオは 本当に効果があるのですか?』
等 さまざまなことを聞かれることがあり 本当に困ってしまいます。

パーフェクトペリオを取り扱っている歯科医院にも困ってしまいます。
私のような歯周病専門医から言わせれば、
『本当に効果があると思って販売しているの?』
『ただの金儲け?』
と思ってしまいます。


先日、パーフェクトペリオについて面白いサイトを見つけました。
ご興味のある方は、以下のサイトをご覧になって下さい。
   暴露:パーフェクトペリオの裏


次回のブログは、4月5日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病と喫煙

3/22(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病と喫煙』になります。

喫煙と歯周病の関係は、歯周病の学会において 数多く報告されています。
ある報告によると、喫煙者は、非喫煙者と比較して、
歯周病の進行は 6倍以上も早い という結果もあります。

私自身の臨床経験の中でも喫煙者は、本当に治らないと感じています。
もちろん全ての喫煙者が治らないということではありませんし、
治る程度にも個人差はあります。
しかし、非喫煙者と比較して圧倒的に治りにくいのは確かです。

特に重度歯周病者では、絶対に禁煙していただきたいのです。

当然のことながら、喫煙は、全身的にも大きな問題があるのはご存知のことと思います。
私の周りにもヘビースモーカーが原因と考えられることで、肺ガンになり命を落とした方もいらっしゃいます。
以前からどうしても禁煙できない方でした。
生前は、『タバコを止めるくらいなら死んだ方がましだ!』と笑って言っていました。
しかし、実際に 末期の肺ガンと診断された時には、すぐに禁煙しました。
当然死ぬのは嫌だからです。
しかし、この方は、時すでに遅かった状態です。
現段階で喫煙したからといっても治る状態ではありませんでした。
肺ガンが見つかってから1年程度で亡くなりました。

病気は、なってみなければ分からないことはいっぱいあります。
もちろん普段の生活を注意していても 病気になることもあります。
しかし、リスクを減らせることもいっぱいあります。

食生活を100%注意することは結構難しいですよね。
仕事をされている方であれば、
仕事時間の関係から 食事時間が不規則になることもあります。
付き合いの 飲み会 が多い方も いらっしゃるかもしれません。
100%健康的な食生活は難しいかもしれません。

しかし、喫煙による影響をなくすことは可能なことです。
タバコを止めれば良いのですから…
後は、ご自身の意思の問題です。

また、喫煙者ご自身の身体は、ご本人だけのものではありません。
喫煙者が病気になれば、ご家族も大変です。
また、受動喫煙の問題もあります。
タバコを吸っていない周囲の方にも大きな問題となります。

病気で倒れれば、ご家族にも影響となりますし、仕事にも影響します。
だれも得をすることはありません。

私が歯周病治療をする時にも同じことが言えます。
『歯周病をなんとか治したい!』と真剣に考えているいる方がいても
その方が喫煙者であった場合で、禁煙するのが難しい場合には、なかなか治療が大変になります。

歯周病治療を行っても治る反応が低く、ある程度治ったとしても再発率が高いのです。
その結果、がんばって通院されても 結果的に歯が抜けてしまうことがあります。

患者様ご自身 も 私達もショックです。

喫煙による影響は、喫煙期間に大きく左右されます。
長い期間喫煙されていると その影響は残ります。
禁煙されたからといってすぐ効果が現れるわけではありません。
これが、喫煙の怖さです。

喫煙の怖さについては、以下を参考にして下さい。
  1.喫煙の全身的な害
  2.喫煙と口腔内への害

歯周病治療を行う方で、喫煙者の方には、喫煙の害についてのプリントをお渡ししています。
しかし、多くの方は禁煙されません。
結果的に治らず将来的に抜歯となることがあります。

病気は患者様ご自身のことです。
どのような病気でも 基本は生活習慣です。
食生活、睡眠、適度な運動、ストレスのない生活…等です。

歯周病もそうですが、後で後悔しないように禁煙されていただきたいものです。



次回のブログは、3月29日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病で悩む前に 検査を行うことが大切!!

3/15(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病で悩む前に 検査を行うことが大切!!』になります。

もし、歯周病がなければ、歯を失う人も かなりいなくなります。
歯が欠損しなければ、嫌の思いもせず、快適な食生活になるはずです。

このブログを読まれている方の中には、歯周病で悩んでいる方も多いかと思います。
そしてその中には、
1.現在歯科医院に通院しているが、なかなか歯周病が治らない!
2.年々 歯がダメになっていく!
3.歯がグラウグする!
4.出血 や 腫れ がある! 
5.口臭がある!

『歯周病なの?』と考えられている患者様も多いかと思います。

歯周病がご心配な場合には、現在通院されている歯科医院で
歯周病検査 を受けて下さい。
歯周病検査 はなにも大変なことではありません。
歯周病検査 の中でも 最も重要な検査である歯周ポケット は、簡単な検査です。
検査時間も5分程度で終了します。
その他の検査 と 検査結果の説明を含めても通常30〜60分程度です。

治療費も基本検査と言われる歯周ポケット測定検査 自体は、約600円(保険3割負担の場合で、レントゲンや初診料等は含みません)程度です。
(*レントゲン撮影 等のさまざまな検査を含めれば、初診料を含めて約2.000〜3.000円程度)

短時間で、上記のような治療費で行えるのであれば、悩むより まず検査を行うべきです。

歯周病を放置すれば、するほど 治療も大変になりますし、治療費もかかります。

よく歯周病を放置された方が 今まで歯周病を放置していた理由として以下のように話されます。
『歯科医院に来る時間がなかった!』
『治療費がかかるので!』

確かに通院にかかる時間も必要ですし、治療費もかかります。

しかし、歯周病を放置しても自然には治りません。
悪化する一方です。
歯周病が悪化すると
治療回数 も増えます。
治療費も格段にかかります。
場合によって抜歯が必要になります。
抜歯となった場合には、義歯(入れ歯)になるかもしれません。


また、大きな問題なのは、進行した歯周病の場合、歯周病治療を行ったからといっても
元の状態に回復するわけではありません。
例えば、骨吸収が進行した歯周病の場合、
歯周病の進行を停止させることは可能です。
しかし、歯周病治療を行っても 骨が元の状態に回復することはありません。
そのため、歯周病治療後も 健康な方と比較すれば、将来的にダメになるリスクは高くなります。

実際に重度歯周病の方の場合、歯周病治療を行った方でも数年し、再度歯周病が悪化したりして抜歯となる場合もあります。

歯周病が治るのかどうかの話は、以下を参考にして下さい。
     歯周病は治るのか?

歯科にかぎらず、多くの病気は同じです。
ガンという病気も 早期に発見されれば簡単な治療で治すことも可能かもしれません。
しかし、進行してしまった状態では、治療が不可能となることもあります。
ガンによって切除した部位は、元に戻ることはありません。
『もっと早く検査していれば…!!』というようなケースは後を絶ちません。

時間がないからこそ、
1年に1回の人間ドックを受けるとか

治療費を節約するためにも
定期的に検査を受けることが必要です。

歯周病は、検査自体も簡単に行えますし、検査費用もガン検査と比較すれば圧倒的に安いものです。
また、基本的にどこの歯科医院でも歯周病の検査は行えます。

しかし、それでも歯周病検査を受ける方は、本当に少ないのです。
もっと もっと早く(若い頃から)きちんと歯周病の検査を受けていれば…
という方は、本当に多くいらっしゃいます。

歯周病で困っている方は、悩んでいる場合ではありません。
お早めに歯科医院を受診されて下さい。
また、歯周病の検査を受けた場合には、きちんと検査結果データをもらうと良いでしょう。
もし、他の歯科医院に転院される場合、こうした過去のデータは非常に参考になります。
いつ頃から歯周病が発症したのか?
等が分かるからです。
歯周病検査データとは、
歯周ポケット レントゲン検査 等です。
こういした検査データは、担当医に『検査データを下さい』と言えば、必ずもらえます。
例えば、内科で血圧を測定した後で、血圧が 高いか 低いか を患者様に伝えない医師はいないのと同じです。
検査データは、患者坂ご自身のものです。
また、カルテには、検査データを記載(保存)する義務もありますので、過去のデータ(保存期間5年)も残っているため、過去のデータももらうことが可能です。

今まで歯石を取ったことがある方であれば、
歯周病の検査データはあるはずです。
なぜかと言いますと
歯石を除去するためには、歯周病の検査(歯周ポケット検査) が必要だからです。
歯周病の検査(歯周ポケット検査) を行ってから歯石を取ることが義務ずけられているからです。
(ただし、歯石除去自体の費用が発生しなければ検査は必要ありません)
そのため、歯石除去を行ってことがある方は、その歯科医院で歯周病の検査データが残っていますので、その検査データをもらっておいた方が後でさまざまなことが分かります。

当医院に来院される患者様の多くは、
『歯石を取ったことはあるが、歯周病の検査データは聞いたことがない!』と言われる方が多くいらっしゃいます。
歯周病の問題がない場合には確かに知らないことも考えられますが、
もし、歯周病に問題があった場合には、必ず検査データを知らされることになるはずです。
例えば、血圧測定をして、血圧が200以上もあった場合、患者様になにも伝えないということはちょっと考えにくいのです。

話は長くなりましたが、
歯周病検査 自体はさほど難しいものではありませんので、是非1年に1回は受けられることが良いでしょう。

もし、歯周病専門医 での治療をご希望される場合には、日本歯周病学会のホームページに歯周病専門医 の名簿が掲載されているので、お近くの歯周病専門医 を探して下さい。

    日本歯周病学会ホームページ(歯周病認定医掲載ページ)
    日本地図がありますので、
    ご希望の都道府県をクリックしてして下さい。
    あいうえお順に名簿が掲載されています。

また、歯周病専門医 を受診される場合には、
保険診療で行っているのか? 
保険診療は取り扱っていないのか?(自費診療)
を確かめて下さい。
歯周病専門医 の中には、技術料として、自費診療で検査を行っている歯科医院もあります。
あらかじめ確かめて来院されることが必要です。
通常、歯周病検査にかかる治療費は、
初診料を含めて 約2.000〜3.000円程度です(保険3割負担)。



次回のブログは、3月22日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病治療の第一歩は、歯周病についての理解から!!

3/8(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病治療の第一歩は、歯周病についての理解から!!』になります。

歯周病治療を行う場合、重要なことの一つとして
患者様の歯周病治療に対するご理解です。

1.『患者様ご自身がどの程度進行した歯周病なのか?:現状の把握』
2.『なぜ歯周病になったのか?:歯周病の原因』
3.『どうすれば 歯周病が治るのか?:歯周の治療方法』

等を患者様ご自身がどれだけ理解し、
治すというご理解が重要なのです。

歯周病という病気をご理解していただくために
『歯周病は生活習慣病!』ということをご説明します。
生活習慣病というのは、高血圧 や 糖尿病 といった病気のことです。

糖尿病を例にとって 先程の1〜3に合わせて考えてみましょう。

1.現状の把握
糖尿病といっても 軽度なのか? 重度の糖尿病なのか?
病状の進行程度によっても 治療方法もまったく違いますし、将来性も違います。
糖尿病が進行すれば、失明になったり、足の壊疽による切断となったり、生命の危機にもなります。
ご自身の病状がどこまで進行しているのかをきちんと把握することが大切なのです。

2.原因
なぜ糖尿病になったのか?を 患者様ご自身がきちんと理解していないと 糖尿病は決して治りません。
薬だけに頼った治療、病院まかせの治療では決して糖尿病は治りません。
糖尿病の大きな原因の一つに食生活があります。
患者様の食生活を見直すことが、糖尿病を治す大きなポイントになります。
原因を知ることが大切なのです。

3.治療方法
病気(糖尿病)を治すためには、どのような治療が必要であるのか をきちんと理解することが大切です。
軽度の糖尿病であれば、食事制限や運動だけで十分治ることもありますが、
重度の糖尿病であった場合には 入院が必要かもしれませんし、
薬を服用したり、インスリンを注射するかもしれません。
もっと重度であった場合には、人工透析を行うかもしれません。

歯周病もまったく同じです。
現状の把握、原因、治療方法をきちんとご理解しないと 治りませんし、治療の効果もでにくいのです。

上記の3つをご理解されていないと歯周病治療はうまくいかないのです。

歯周病と診断される患者様の中には、
『歯周病が心配なので、検査して欲しい!』と来院される方もいらっしゃれば、
『差し歯が取れた! 等で患者様ご自身は 歯周病とはまったく思っていなかった!』という方もいらっしゃいます。
つまり、検査で始めて歯周病であることが分かった方です。
特に深刻なのは、後の方です。
患者様ご自身の自覚がない方の場合、
歯周病と診断しても 歯周病に対するご理解が低いために
治療が進まないことがあります。

当然のことながら、
『なぜ歯周病の治療が必要なのか?』をご理解されていないので、治るわけはありません。
糖尿病であるのに 糖尿病となった原因を理解しないで、食事制限ができないのと同じです。

当医院では 歯周病の患者様には、
現在の歯周病の進行程度、
歯周病の原因、
歯周病の治療方法…
等についてきちんとご理解していただくために、患者様個人に合わせた『治療計画書』をお渡ししています。
20〜30ページ程度になる治療計画書です。
全て読むにはかなりの量ですが、患者様ご自身の 歯周病の状態 や 原因、治療方法 等をきちんとご理解していただきたいため、このような分厚い治療計画書になっているのです。

私の今までの経験から
歯周病についてきちんとご理解されていない患者様は、
歯周病の治療が途中で中断されるケースが多いのです。
また、一度歯周病治療を行っても 再発するケースも多いのです。
そのため、一番始めの『治療計画』の段階が非常に重要であると考えています。

私自身が、歯周病専門医 ということもあり、当医院を受診される患者様は、歯周病の方が非常に多いのです。
しかし、全ての患者様に対して完璧な歯周病治療を行うのではありません。
どこまで治療を行うかは、
患者様のご希望もありますし、
患者様の歯周病治療に対するご理解にもよります。

歯周病治療のご希望がなかったり、
歯周病治療のご理解がない場合には、
無理して歯周病治療を行っても治らないからです。

今までの経験の中で 歯周病の患者様でまったく歯ブラシを行わない方がいらしゃいました。
歯ブラシをしても1週間に1回程度とのことでした。
口腔内をみると 歯石が大量に付着しているだけでなく、
直前に食べた 食物がいっぱいついている状態です。
歯周病の原因である 口腔内の汚れを話をし、
『徹底して毎食後の歯磨きを行わないと 歯周病は治らない!』ことをお話しましたが、
患者様は、
『忙しくて歯磨きなんかできない!!』と言われていました。
何度も何度も 歯周病の原因についてご理解をいただくために
来院のたびにご説明しましたが、結果的に患者様は来院されなくなりました。
その患者様が今まで通院されていた歯科医院では、
痛くなったらその時、痛みを止める治療をしてくれたり、薬をくれ、痛みはなくなったのに
なぜ ここの歯科医院では簡単に治せないのか? といつも怒鳴っていました。
『歯周病を治す薬をくれ!』と言っていました。

その患者様は、初診時 すでに半数以上の歯が欠損していました。
残っている歯もほとんどがグラグラです。
おそらく後1〜2年もすると ほとんどの歯は なくなるでしょう。

痛くなったら薬(抗生剤)を服用すれば 確かに腫れは改善することが多いのです。
しかし、これは治ったわけではありません。

上記の患者様は極端な例ですが、
きちんと歯周病についてご理解されることが 歯周病治療の第一歩なのです。



次回のブログは、3月15日(月)になります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

骨再生治療:その2

3/1(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは 前回の続きで『骨再生治療:その2』になります。

前回のブログ(2/22) では、
 歯周病の再生治療とは どんな治療か? 
 再生治療を行うと どこまで骨は再生するのか?
等を解説しました。
前回のブログ(2/22) をご覧になっていない方は、本日のブログの前にお読み下さい。

歯周病治療をご希望されて来院される患者様の中には、
 グラグラしている歯を再生治療で元の状態に回復させたい!
 他歯科医院で歯周病が進行しており、抜歯と言われたので治したい!
等 多くの悩みがあり、
『なんとか再生治療で治らないのか?』
『再生治療を行いたい!』
というご希望をお持ちで来院されます。

ただし、GTR法 や エムドゲイン法 は、魔法の治療ではありません。
こうした治療を行えば、骨がどんどんと再生するわけではありません。

本日は GTR法 や エムドゲイン法 の適応症について解説します。

GTR法 や エムドゲイン法の適応症は、垂直性の骨欠損です。
水平性の骨欠損は、適応症ではありません。
それでは、垂直性水平性は、どのような違いであるのでしょうか?

垂直性の骨欠損を例えて説明すると コップのような“ 穴 ”です。
コップの中に血液を満たしたとします。
壊れていないコップであれば、当然 血液はこぼれませんよね。
この満たされた血液の中で骨の細胞は、生きることができるのです。
そして、骨の細胞は再生し、骨が増大するのです。
コップの中 いっぱいに 骨が再生することもできます。
コップの“ 穴 ”が 骨が再生するのための『場所』なのです。
再生(増骨)する場所は、いっぱいあります

次に、水平性の骨欠損とは、平らな 浅い、お皿のようなものです。
コーヒーカップを置く、受け皿と言ってもいいでしょう。
平べったい、浅いお皿ですから、そこに血液を入れたとしても
さほど溜りませんし、いっぱい入れたら溢れてしまいます。
骨の細胞は、血液の中でしか生きられないのですから
骨の細胞が生きられる場所は限られてしまいます。
当然、骨の再生(増骨)する場所も限られてきます。

また、水平性の骨欠損の場合、他にも骨が再生する限界の理由があります。
それは、水平性の骨欠損の上方には、歯肉が存在するのです。
骨が再生しようと思っても、骨の上には、歯肉が下がってきています。
つまり、骨が再生する場所がないのです。
骨が再生する場所は、歯肉に押しつぶされてしまっているのです。
この話は、前回のブログで『骨が再生する原理』で解説したとおりです。

このようにGTR法 や エムドゲイン法 は、魔法の治療ではありませんので、
骨が再生するための、場所が確保できるような骨欠損でないと
その効果は発揮できません。
適応症とは、垂直性骨欠損なのです。

以下の図は、骨吸収がない正常な状態です。
reproduction2


以下の図は、垂直性骨欠損と水平性骨欠損の比較の図です。
reproduction3




次回のブログは、3月 8日(月)になります。
新しいテーマになります。



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
livedoor プロフィール

日本歯周病学会歯周...

     院長履歴

1993年 神奈川歯科
      大学卒業
1993年 同大学歯周
      病学講座
      入局
1999年 日本歯周病
      学会
      専門医取得
1999年 東京都にて
      杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー
      認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医
      取得
2006年 大船駅北口
      歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ