歯周病専門医サイトブログ

歯周病専門分野のブログです。 横浜市 大船駅徒歩3分、大船駅北口歯科

2010年04月

歯ぎしりは 歯をダメにする大きな原因! これを知らないと歯科は語れない!:その2

4/26(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

アップが遅れてすみません。
朝から出かけるところがありましたので…
今用事をすませて急いで書いています。

今日のテーマは、
『歯ぎしりは 歯をダメにする大きな原因! これを知らないと歯科は語れない!:その2
になります。
前回の第1回目では、以下のようなことが起こっている方は、『歯ぎしり や くいしばり の問題が起こっている可能性がある!』ということをお話しました。

1.詰め物 や 被せ物 (差し歯)がすぐ取れてしまう!
スライド1

2.歯の根元付近が削れている
スライド2

3.歯がしみる(知覚過敏)!

4.歯の噛む面が削れている!
スライド1

5.朝起きると顎が痛い! 口が開きにくい!

6.歯周病でもないのに歯が年々ダメになる!
スライド2

7.歯が折れたことがある!
スライド2


歯ぎしり や くいしばり による噛み合わせの力の影響は、ものすごいものです。
私達歯科医師がどのような適切な治療を行っても 過大な力による影響を減らさないかぎり
壊れていくのを防止することはできないのです。
噛む力は 奥歯では60〜80kgとも言われています。
成人男性の体重以上の力が奥歯に加わっているのです。
それが毎日歯に加わるわけですから 歯にとってはたまったものではありません。

上記の『1.詰め物 や 被せ物 (差し歯)がすぐ取れてしまう!』ということも
一見すると 接着剤が弱くなったり、虫歯で取れてた ように思われるかもしれませんが、
長時間(長期間) 歯にストレス(力)が加わることにより 起こることもあるのです。
また、こうした噛むストレスが加わっている歯が
歯周病によって骨吸収を起こしていたり
神経がない歯であったり
した場合には、さらに被害は拡大することになります。
特に神経がない歯が多い方の場合、かなりの確立で歯根破折 が起こります。
歯根破折 した場合には、基本的に抜歯です。

それでは、噛む力による問題を
2.歯の根元が削れている!
3.歯がしみる(知覚過敏)!
を例にとって解説していきましょう。
まず下の図は、歯の構造になります。
これが分からないと先に進めませんので、歯の構造を良く覚えておいて下さい。
スライド2

歯には、
表面にある『エナメル質』(図の白い部分)、
その内部にある『象牙質』(図の黄色い部分)、
さらにその内部にある『神経』(図の赤い部分)
があります。
この中で今回注目するのは、エナメル質と象牙質の境目です。
以下の緑色部分です。
スライド3

この部分を拡大してみましょう!
スライド4

歯に強い力が加わると エナメル質に細かいヒビが入ります。
特にエナメル質と象牙質が接する部分は、エナメル質が薄いところであるため弱い部分になります。
そのため、エナメル質と象牙質の境目にヒビが入りやすいのです。
毎日、毎日の噛む力によって そのヒビは少しずつ広がっていきます。
そして、ヒビが入ったエナメル質はポロポロと剥がれ落ちていきます。
以下の図のようにです。
スライド5

スライド2

スライド2

実際に鏡で口腔内を見ると 
結構このような方いるんじゃないでしょうか?
象牙質が削れると 神経と近づくため、『しみます!』
これを『知覚過敏症(ちかくかびんしょう)』と言います。
正確には『象牙質知覚過敏症』と言います。
また、象牙質はエナメル質に比べると軟らかく、酸に弱いので『虫歯になりやすい!』のです。
スライド2

歯の根元が削れている!
歯がしみる(知覚過敏)!
といったことがある方は、噛み合わせが原因の可能性が高いのです。
また、こうした方は将来的にもっともっと大きな問題が起こる確立が高いのです。
こうならないための防止方法やさらなる問題については次回のブログで解説しますのでお楽しみに!

本日のインプラントブログでも 噛み合わせ(歯ぎしり や くいしばり)による問題で歯がダメになった患者様にインプラント治療を行った症例をご紹介しています。
お時間があればそちらもご覧になって下さい。
   4/26のインプラントブログ

次回のブログは、5月10日(月)になります。
来週はゴールデンウィークのため、5/3(月)のブログは休ませていただきます。
診療も5/3(月)〜5/6(木)まで休診させていただきます。
緊急の場合にはメール(info@sugiyama-d.sakura.ne.jp)でご連絡下さい。



2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

本日の歯周病ブログはお休みです。

4/19(月)の歯周病ブログはお休みさせていただきます。
すみません。
次回は4/26(月)にアップします。

歯ぎしりは 歯をダメにする大きな原因! これを知らないと歯科は語れない!:その1

4/12(月曜日)です。

ブログのデザインを変えてみました!!

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日から始まる新しいテーマは、『歯ぎしりは 歯をダメにする大きな原因! これを知らないと歯科は語れない!』になります。

私達歯科医師が最も難しい症例の一つとしているのが、
『歯ぎしり や くいしばり』が強い患者様です。
『歯ぎしり や くいしばり』をなくしたり、コントロールすることは困難なことです。

『歯ぎしり や くいしばり』による問題といっても ピントこないと思います。
『歯ぎしり や くいしばり』による問題を具体的にご説明します。

1.詰め物 や 被せ物 (差し歯)がすぐ取れてしまう!
スライド1

2.歯の根元付近が削れている
スライド2

3.歯がしみる(知覚過敏)!
4.歯の噛む面が削れている!
スライド1

5.朝起きると顎が痛い! 口が開きにくい!
6.歯周病でもないのに歯が年々ダメになる!
7.歯が折れたことがある!
スライド2


上記のようなことがある方は、『歯ぎしり や くいしばり』が原因の可能性が高いのです。

もし、上記のようなことが起こっている方には、本日から始まるシリーズを是非読んでいただきたいと思います。

『歯ぎしり や くいしばり』といっても多くの方は、自覚があまりないのが実情です。
『歯ぎしり や くいしばり』というと 就寝時の『ギリギリ!』と歯がこすれる音と考えがちですが、そうではありません。
もちろん歯がこすれ合う音もそうですが、音がしなくても 問題が起こっているのです。

歯科医師として経験を積めば積む程、この『歯ぎしり や くいしばり』による問題の重大さに直面していきます。
それは、一度治療を行った部位が 虫歯がなく、歯周病もないのに どんどんと壊れいく(ダメになる)ことを経験するのです。
『虫歯治療を完璧に行った!、被せ物も非常にピッタリしている!』
『後は、患者様による 日々のお手入れ(歯磨き)ができれば問題は起こりにくいだろう…』
と思われていた症例でも
ある時突然 被せ物(差し歯)が取れたり、歯が折れたり(歯根破折 )、歯がグラグラしてきたりすることがあります。
こうしたことに対して いくら強い接着剤で差し歯を付け直しても また被せ物(差し歯)が取れたり、歯根破折 を繰り返したり、歯周病の進行を停止させることができないことがあります。
噛む力による負担は、歯科医師の治療だけでは問題を解決できないことあるのです。

特にこうした問題が起こる時期(年齢)があります。
30〜60歳くらいの方がとくに多いですね。

噛む力によって 差し歯が取れたり、歯根破折 を起こしたりする問題は、たまたま起こったのではありません。
長い間、歯への加重な負担が繰り返されることにより、歯へのダメージは蓄積されていきます。
ある程度長い年月をかけて蓄積されていくこともあります。
そしてある時その問題が一気に起こるのです。
そのため、『今まで大きな問題がなかったのに…ここ年々トラブルが続く…』
という方も多いのです。
また、『歯ぎしり や くいしばり』による問題は、
歯周病であったり、神経がない歯が多い方、欠損部位がある方に高頻度で起こります。
歯周病になると歯を支えている骨が吸収 します。
骨吸収を起こすと噛む力に耐える能力がなくなってきますので、通常の噛む力でも耐えきれないことがあります。
また、神経がない歯はすでに血液が通っていない歯です。
枯れた木と同じです。
そのため、神経のない歯は非常に脆いのです。
脆い歯に過度の力が加わった結果、折れてしまうのです。
このようなことを繰り返すうちに欠損部位は多くなります。
こうなると悪循環が起こります。
残っている歯の数が少ないといことは、それだけ残っている歯への負担は大きくなります。
つぎつぎに歯はダメになっていくのです。

この『歯ぎしり や くいしばり』による問題は、歯科医師の力量だけでは治すことは難しいのです。
患者様のご理解とご協力なくしてはリスクを減少させることができません。
そのため、次回からも続くこの内容を十分ご理解していたくことが
トラブルを回避する大きなポイントになります。
1.詰め物 や 被せ物 (差し歯)がすぐ取れてしまう!
2.歯の根元付近が削れている
3.歯がしみる(知覚過敏)!
4.歯の噛む面が削れている!
5.朝起きると顎が痛い! 口が開きにくい!
6.歯周病でもないのに歯が年々ダメになる!
7.歯が折れたことがある!
といったことがある方には是非ご覧になっていたきたと思います。


次回のブログは、4月19日(月)になります。



2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病治療の中断!!

4/5(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『歯周病治療の中断』になります。

ここ数年、若い方で歯周病が非常に進行している患者様が多くいらっしゃいます。
本当に多いですね。

若い方の場合、問題となるのが通院されない ということです。
歯周病に対する意識が低かったり、
仕事 や 遊びに忙しかったり
なかなか治療が長続きしません。

先日30歳すぎの方がいらっしゃいました。
『歯肉が腫れた!』とのことで来院されたのです。
診査をしたら
大変なことになっていました。
重度歯周病どころではありません。
ほとんどの歯が抜歯となるような状態です。
具体的には、現時点で20歯程度の歯が非常に進行した歯周病でした。

患者様ご自身はあまりご自身の口腔内の状態が悪いとは思っていないようでした。
そのため、患者様には歯周病検査 結果も含めて 以下のようにお話をしました。
『歯周病が非常に進行しており、現状のままではあと5年程度で完全に全ての歯を失う結果になります。 相当覚悟して徹底した治療を行わないと 確実にダメになってしまいます。今がんばって治療を行えば、まだ間に合うので がんばって治療しましょう!』
等のお話を時間をかけてしました。
患者様にはほとんど悪いといった意識がなかったので、
『このままではまずい!』と思ったので、
ご理解していだくように説明しました。

しかし、患者様は次回の予約も取られませんでした。
また、初診時以来づっと来院されません。

この若い患者様は、確実に40歳までには全ての歯がなくなっているでしょう。
これが最後のチャンスだったかもしれないのに…
あまりにも進行してしまった歯周病の場合、
通常の一般歯科で治療を行うことは非常に難しいことです。

他の歯周病専門医を受診されていることを期待しますが…

歯周病が進行して歯を失った場合には、その後の治療が非常に大変になります。
歯周病によって骨が吸収する からです。

歯を全て失った場合の治療方法として、総入れ歯が考えられます。
しかし、このような歯周病を放置して歯を失った方の場合には、総入れ歯が合わないのです。
合わないというのは、入れ歯が安定せず、ガタガタとし、食事をしてもすぐ取れてしまうような入れ歯になってしまうのです。

そうなったら本当に悲惨な状態で一生過ごすことになります。
40歳程度で骨吸収が非常に進行した状態であっ場合、
抜歯後も年齢とともにどんどんと骨吸収は進行していきます。
以下のページを参考にして下さい。
     歯がないまま長期間そのままになっていると骨が吸収する!
始めから合わない総入れ歯ですが、これがさらに年々とひどくなります。
骨吸収が進行すればするほど入れ歯は合わなくなってきます。
多くの方はそのような状態になってから始めて
『もっと若い時にきちんと治療をしていれば良かった…!!』と後悔されます。
こうしたことは、歯周病にかぎったことではありません。
多くの病気で言えることです。
進行したガンが発見され、治療が難しくなったり、長期的入院が必要になり人生が大きく変わってしまうこともあります。
場合によって命を落とすこともあります。
『もっと早く検査をしていれば…』と後から後悔しても始まりません。
糖尿病が悪化し、失明したり、足を切断したり、さまざま合併症が発症した状態で後悔しても
元に戻ることはありません。
こうなるには、10年も20年も前から問題が発症していたのですから…
十分治すチャンスはあったはずです。

歯周病もまったく同じです。
早い段階で発見されれば、十分治ります。
また、歯周病の進行を停止させることも可能です。

このブログを読んでいて
歯周病であったり、歯周病が心配 という方がいらっしゃいましたら
お早めに歯科医院を受診し、歯周病の検査を受けて下さい。
そして、もし歯周病であった場合には、きちんと治療を受けて下さい。
歯周病の検査は、基本的にどこの歯科医院でも行えます。
非常に簡単な検査ですし、費用も2.000〜3.000円(保険3割負担の場合)程度です。

若くして重度歯周病であったり、治療が中断される方をみていると
私自身も非常に辛い気持ちになります。
その将来が分かるからです。

以前歯周病治療が中断された方でこのブログを読まれている方がいらっしゃいましたら
是非歯周病専門医 を探されて受診して下さい。
歯周病専門医は、日本歯周病学会ホームページ(歯周病認定医掲載ページ) に掲載されいます。
   


今日のブログはこれで終了です。
次回は、歯周病情報について解説します。

次回のブログは、4月12日(月)になります。



2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版


インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
livedoor プロフィール

日本歯周病学会歯周...

     院長履歴

1993年 神奈川歯科
      大学卒業
1993年 同大学歯周
      病学講座
      入局
1999年 日本歯周病
      学会
      専門医取得
1999年 東京都にて
      杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー
      認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医
      取得
2006年 大船駅北口
      歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ