歯周病専門医サイトブログ

歯周病専門分野のブログです。 横浜市 大船駅徒歩3分、大船駅北口歯科

2010年09月

神経がない歯は どれくらい保つのか?(神経がない歯の生存率)

9/27(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、歯周病の話しではなく、神経のない歯の将来性について解説します。
『神経がない歯は どれくらい保つのか?(神経がない歯の生存率)』です。
本当に神経がない歯は問題が多いですね。
神経がない歯の治療は、必ず毎日あります。
どこの歯科医院でも同じでしょう。

神経がない歯の生存率は、神経がある歯と比較すると圧倒的に低いのが現状です。
神経がない歯の生存率についての研究論文は多くありますが、
約5〜30年と言われています。
しかし、神経を取った後に 1年も経過しないうちにダメ(抜歯)となるケースもあります。
神経のない歯の生存率が約5〜30年ということは、
20歳で神経を取った人は、25歳〜50歳程度で歯がダメ(抜歯)になる確立が高いということです。
それだけ神経のない歯の将来性は低いのです。
30年以上保つこともありますが、稀なケースと言えます。

また、神経がない歯に 被せ物(セラミック、金属冠) や 差し歯、ブリッジを行った場合、その被せ物は約7〜8年でトラブルが起こると言われています。

以下は、神経がない歯の代表的なトラブルです。

1.歯根破折を起こす!
まず、歯根破折(歯の根が折れる、亀裂が入る)です。
神経のない歯はもろく 通常の咬む力でも割れてしまうことがあります。?
こうした状態を患者さんに説明する際に " 木 " に例えてお話しすることがあります。
生き生きとした木はたたいたり、蹴ったりしても折れたりすることはありませんが、枯れた木は折れる可能性があります。
神経を取った歯も枯れた木と同じような状態になります。
神経のない歯は血液供給がなくなるため もろくなってしまうのです。
歯(根)が折れた場合には、基本的に抜歯となります。

2.虫歯になりやすい!
次に 神経がない歯は、虫歯になりやすく、虫歯の進行速度も早いのです。
神経を取った歯は、ほとんどの場合 金属製 や セラミック等の被せ物(差し歯)を行います。
こうした被せ物には、ほんのわずかですが つなぎ目(隙間:すきま)が存在しています。
段差といってもいいでしょう。
この つなぎ目 に汚れが溜まりやすく、歯磨きが適切にできないと 被せ物の隙間から虫歯細菌が侵入し、虫歯となってしまいます。
また、神経のない歯は、虫歯になってもしみる等の痛みが起らないため、気が付かないうちに進行しやすいのです。

3.根の先に膿みが溜まる!
次に 神経がない歯は、根の先に膿みが溜まることがあります。
この膿みが大きくなると 腫れたり、痛みが起こったりします。
本来、歯の中にある神経は、無菌的な状態ですが、神経を取る際に歯に穴を開けた瞬間に 外部(大気中)の細菌が神経の穴に入ってしまいます。
外部からの感染を100%防ぐことは不可能なことです。
また、歯の根(神経が通ってる根)は、非常に複雑な形態をしており、メインの神経以外にも 細い神経(血管)が無数に存在します。
例えると 木の根っこにも 無数の細い根が存在するのと同じです。
そのため、全ての神経を取り除くこと自体 難しいのです。
残った細い血管が腐ったりすると 膿みとなることもあります。
根の先に膿みが溜まった場合には、膿みを取り除く治療(感染根管治療)を行いますが、再発率が高いのです。
根の先に膿みが溜まっているような状態(感染根管)では、根自体が感染しているため消毒だけでは細菌を100%取り除くことは不可能です。
特にレントゲン上で膿みの陰が大きかったり、何度も腫れを繰り返しているような状態の場合には、再発するリスクが高いことが 多くの論文からも明らかになっています。(再感染根管治療
以下は、さまざまな論文から得られた神経の治療の成績です。
  1. 感染根管治療80%程度の成功率
   (50〜90%程度の成功率の論文報告が多い)
  2.再感染根管治療60%程度の成功率
   (50〜80%程度の成功率の論文報告が多い)
これらの論文から 根の先に膿みが溜まっているような状態で治療を行った場合(再感染根管治療)には、10人に治療を行えば 4人は膿み(腫れ)が再発するということです。

神経のない歯は、どうしたら良いのか?
それでは、神経のない歯は どうしたら良いのでしょうか?
どうしたらトラブルなく 長く保つのでしょうか?
上記でご説明した
『歯根破折』
『根の先に膿みが溜まる』
といったことは、患者様ご自身で防ぐことは難しいのですが、
『虫歯になりやすい』ということは、予防をしっかり行うことでリスクは軽減できます。
つまり、起床直後と就寝前の徹底した歯磨きが 今後を左右するのです。
また、神経のない歯が虫歯になっていると判断された場合には、早急に対応することが重要です。
神経がない歯は、冷たい等の症状がでないので、知らないうちに 虫歯が進行して 手遅れになることがあります。
また、神経のない歯に負担をかけないことも歯根破折防止の点からは大切なことです。
これは、神経のない歯をできるかぎりブリッジにしないことや
歯がない状態のままで放置しないことも重要なことです。
歯が欠損したままでいると 残っている歯に負担が加わるのです。
残っている歯に神経がなければ、歯根破折が起こる確立も高くなるのです。
神経がない歯を生涯に渡って維持することは、さまざまなリスクがあり 困難なことです。
そのため、リスクを最小限にするための治療方法 や 毎日の管理 が重要になってくるのです。
                          


次回のブログは、10月4日(月)になります。



インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近 重度歯周病の方が増えている!:その5

9/20(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『最近 重度歯周病の方が増えている!:最終回』になります。

重度歯周病の方が増えている原因の一つとして、
間違った考え方を持っていることがあります。

本日の話しは、以前もこのブログで解説した内容です。
パーフェクトペリオと言われる
『歯周病に効く?薬!』のことです。
このパーフェクトペリオですが、最近になり
『パーフェクトペリオを使用しているが、まったく治らない!』
という方がいっぱい来院されます。
歯周病は、パーフェクトペリオでは治りません。
このことは、あまりにも問題が大きくなり、
日本歯周病学会でも
『パーフェクトペリオは、歯周病に効果がない!』
ということを学会のHPでもきちんと説明しています。
      日本歯周病学会ホームページ
パーフェクトペリオの被害者は、続々とでてきており、
今後、その数はどんどんと増えて行くでしょう。

そうした警告の意味からの本日も以前と同じ内容にはなりますが、
紹介したいと思います。
3部に分かれていますので、お時間がある方は、是非3部ともご覧になって下さい。


第1部
 最近、テレビ や インターネットで大々的に でている パーフェクトぺリオ です。
このブログを見られている方は、歯周病治療に興味があると思いますので、知っている方もいらしゃるかと思います。

もちろん『パーフェクトぺリオ ってなに?』という方もいらっしゃると思いますので、
ますは、パーフェクトぺリオ とはなにかという話をしたいと思います。

パーフェクトぺリオについて 製造元の 会社のHPを読みますと パーフェクトぺリオとは、
『次亜塩素酸電解水(次亜塩素酸 と 炭酸水素ナトリウム が含まれた電解水)のことであり、これを洗口薬 や 歯科治療 等に応用することによって口腔内に存在する 虫歯細菌 や 歯周病細菌 を 破裂させ、溶菌させる』というものだそうです。


ここからは、私の個人的な見解も含め、この『パーフェクトぺリオ』について解説します。

確かに 次亜塩素酸は、殺菌作用が強い薬液として医療分野でも使用されている薬品です。

歯科分野においても 以前から 現在に至るまで使用されている薬品です。
主な使用分野として、『根管治療』があります。
『根管治療』とは、歯の神経を取除いた時や、神経のない歯の中で膿みが溜まってしまっているような時に 消毒 等の目的で行う治療です。

『根管治療』における 具体的な『次亜塩素酸』の使用方法としては、
神経の管の中に『次亜塩素酸』を入れ、消毒を行うというものです。

ただし、単に『次亜塩素酸』を入れれば、根管内部の細菌が全て死滅するのではなく、
その効果は、『次亜塩素酸の濃度』や『作用時間』に大きく左右されます。

近年では、根管治療の際には、『次亜塩素酸』以外にも 『超音波』を使用した方法 等 さまざまな方法も臨床応用されており、根管治療には、必ず使用されるというものではなくなってきています。

ただし、私が歯科大学の学生の頃(17年前)の講義では、『次亜塩素酸による根管内消毒』は、一般的なことでした。

適切な濃度で 適切な作用時間、使用方法が守られれば、『次亜塩素酸』は、殺菌作用があるのは、事実です。

しかし、『次亜塩素酸』は、歯肉、皮膚といった軟組織には 強い腐食作用を示すので、歯肉の消毒には、使用はできません。

つまり、『次亜塩素酸』単体では、根管内部という 硬い歯の内部でしか使用はできず、粘膜での使用は、不可能です。

『次亜塩素酸』は、アルカリ性であり、そのままでは強い殺菌作用はあるが、そのままでは、使用は難しいのです。
また、使用方法により、低い状態のPHのままでは、塩素ガスが発生し、危険もあります。

そこで生成方法を変え、中性から弱アルカリ性にしたものが、この『パーフェクトぺリオ』です。

製造会社からすれば、今まで『次亜塩素酸』の欠点であった 口腔粘膜の使用ができないことが、この生成方法により、安全性が高くなり、口腔内細菌に対しても効果があるという ことのようです。

このブログの文頭でも書きましたように
『…… 虫歯細菌 や 歯周病細菌 を 破裂させ、溶菌させる』
と会社のHPに書いてあります。

この文面で注目したいのが、『……破裂させ、溶菌させる』という言葉です。
『殺菌』とは書いてありません。

難しい話は、ブログですので、省略しますが、
この 『パーフェクトぺリオ』を使用すると 

 歯周病は治る!  とか
 歯周病にならない!、
 虫歯にならない! 

というような 過大な期待をお持ちになっている患者様がいるのも事実です。
どうしても テレビ等で放映されると 全てが語られることはなく、どうしても過大な放映になりやすいのもです。

私自身(歯周病専門医として)の個人的な意見としては、『パーフェクトぺリオ』を使用したからといって、全ての歯周病が治ったり、歯周病にならないということは考えられないことです。

また、『パーフェクトぺリオ』の問題点として、まだまだ 歯周病治療に対する正確な研究データがないことです。

医療の世界では、 『エビデンス』という言葉が非常に重要視されます。
『エビデンス』とは、 『科学的根拠』という意味です。

『科学的根拠』がないものは、
信頼性が低い というレッテルをはられます。

『エビデンス』を得るためには、基礎研究がしっかりされていたり、臨床研究がしっかりされていたり することが重要です。

私の知っているかぎり『パーフェクトぺリオ』には、そのような 『エビデンス』を見たことはありません。

 ・どの程度効果があるのか?
 
 ・効果があるとすれば、どのような症例に対し、どのような効果があるのか?

 ・本当に安全であるのか?

等 まだまだはっきりとしていないのです。

例えば、口腔内の細菌を減少させる洗口薬液には、さまざまなものがあります。

薬局で市販されているような『マウスウオッシュ』等もそうですが、
もちろんメーカーにもより違いますが、『マウスウオッシュ』にはそれなりの効果があります。
しかし、『マウスウオッシュ』だけの効果で
 歯周病にならなかったり、
 歯周病細菌が全て死滅したり、
 歯周病が治ったり(特に進行した歯周病)
することありません。

『パーフェクトぺリオ』を使用したからと言って
歯周病が治ったり、歯周病にならなかったり するとは考えない方が良いでしょう。

もちろんこのブログは、『パーフェクトぺリオ』の全てを否定するものではありません。
しかし、 歯周病専門医としての知識や 次亜塩素酸の薬効等を考えても 過大な評価につながっています。

今までにも 同様な 『これを使用すれば、歯周病は治る!』
というような製品が多くでてきたことがあります。

その多くは、使用される方の期待 や 過剰な宣伝から 
実際の効能以上の 効果が先攻してしまい、結果的に 使用される患者様の不利益になってしまうこともありました。

事実、現在 ほとんどの歯周病はきちんとした歯科治療により、改善させることは可能ですし、徹底した予防により悪化を防ぐこともできるのです。

『エビデンス』 のあるきちんとした治療方法、予防方法が重要なのです。



第2部
先日患者様から以下のようなご質問を受けました。
『先生のところでは、パーフェクトペリオを買えないのですか?』
というような内容でした。

当医院でも パーフェクトペリオを販売することは 可能です。
パーフェクトペリオを業者から購入するだけですから…
簡単なものです。

パーフェクトペーリオは、これを製造する機械を業者から購入するだけです。
後は、各歯科医院で必要分だけ製造し、院内で使用したり、販売したりするだけです。

特定の歯科医院でしか販売できないものではありません。
歯科医師であれば、だれでも販売可能です。

しかし、当医院では、販売していません。
その理由は、前回も解説しましたように、パーフェクトペーリオで全ての歯周病が治ることはないからです。

これは、歯周病専門医 であれば すぐ分かることです。

歯周病は、単に口腔内の細菌を減少(殺菌)するだけでは治らないからです。

歯周病 は、生活習慣病ですので、原因はさまざまですが、最も大きな理由には、歯周ポケット内部 に歯石や歯周病細菌が侵入することが原因です。

歯周ポケット内部 の細菌を取り除かなければ、絶対に治ることはありません。

うがい薬だけで、歯周ポケット内部 の細菌がなくなることは、絶対にあり得ないのです。

私が問題と考えているのが、実際に歯周病の方が 歯周病の治療 をせず、パーフェクトペーリオを使用することです。

高価なうがい薬を使用し続けていても 結果的に歯周病が治らないだけでなく、長期的に歯周病を放置することになりますので、歯周病はさらに悪化します。

本来、きちんと 歯周病の治療 を行えば、十分治る(治す)ことが可能です。(ただし、歯周病の進行程度によります)

つまり、通常の歯周病治療を行っていれば、十分治すことができる症例を 治療せず、放置してしまうことになります。


パーフェクトペリオを作る器械は、けして医療器具ではありません。
『えー医療器具ではないの?』と思われるかもしれません。

また、パーフェクトペーリオ自体は、ある1人の先生が 歯周病に効果があると言っているだけで、
その効果を実証するような基礎研究、臨床研究もほとんどありませんし、まして歯周病治療に使用した場合の安全性や長期データもありません。

例えば、病気の人が ある食物や 水 を飲用したら、病気が治った! とします。
(実際には、本当に 食物や水の効果で治ったかどうかの判断はできませんが…)
その噂が広がり、結果的に
『この水を飲めば、ガンが治る!』という話にまで なってしまうことがあります。

もちろん その水の全てを否定するわけではありません。
もしかしたら その水には、大量のミネラル等が含まれており、体には良いのかもしれません。
しかし、ガンを治す効果も実証できなければ、根拠もありません。

問題なのは、それを知った方が、
『この水を飲めば、ガンが治る!』と思ってしまうことです。

本来ならば、きちんとガン治療をすれば、十分治るケースでも
治らない水を服用し続けることで、結果的にガンを悪化させてしまうことも十分考えられます。

正しいデータ、根拠を患者様に伝えることが私たち歯科医師の責任です。

単に
『話題だから患者様に売ろう!』、
『儲かるから売ろう!』
と考えている先生がいるのも事実です。

例えば、『これを服用すれば、ガン(癌)が治る』という薬が販売されたとします。
もちろん病院で処方されます。
購入方法は、通販でも買えるとします。
医師が患者様をまったく診ないで 検査もなにもしない状態で薬を販売することがあり得るでしょうか?

インターネットで パーフェクトペリオ を販売しているのも大きな問題です。
正確には分かりませんが、もし パーフェクトペーリオが歯周病になにかしら効果があったとします。
しかし、購入する側(患者様側)の歯周病の状態も分からない状態で、単にパーフェクトペリオを販売するのはどうかと思います。
もしかしたら、通常の歯周病治療で十分治る範囲の状態かもしれません。
もしかしたら、どのような治療を行っても治らない状態かもしれません。
もしかしたら、非常に進行した歯周病であり、徹底した歯周病の治療が必要なケースかもしれません。
もしかしたら、歯周病でないかもしれません。

治らない状態の歯周病を放置した場合、状況はさらに悪化します。

商品が売れるからといって、誰にでも販売するその姿勢が医療人として問題があるのです。
まして、どれだけの効果があるのかまったく分からない状態や 副作用の問題もまったく分かっていないのですから…

事実、少し前まで、『パーフェクトペーリオを使用すると 歯周病細菌を死滅させることができる!』と広告していましたが、問題と思ったのでしょうか 現在では、『溶菌』という曖昧な表現に変わっています。

インターネットは、情報を得る点では、非常に有効な手段です。
しかし、全ての情報が完璧ではありません。
発信者側の情報のみを全て信じてしまうと 結果的に不利益になることもあります。

特に医療は、正しい情報のもとエビデンス(科学的根拠)のある治療法を行うことが重要なのです。




第3部
パーフェクトペーリオが良いか 悪いか を私が判断することができませんが、
確実に言えることは、パーフェクトペーリオだけでは歯周病は治らないということです。

正確には 分かりませんが、予防効果はあるかもしれません。
正確に分からないというのは、きちんとしたデータがないからです。

ただし、パーフェクトペーリオだけで 歯周病が治らないというのは、確実に言えることです。

問題になっているのは、正確な情報が患者様に伝えられていないことです。

テレビ や インターネット 等では、誤解を招く報道 や 情報が多く出回っています。

パーフェクトペーリオ =(イコール) 歯周病が治る
というような情報です。

これが、問題なのです。

歯周病の原因 は、多くあります。

歯周病は、生活習慣病ですので、
食生活、運動、飲酒、喫煙、睡眠、ストレス…等 さまざまな要因があります。

糖尿病 等の全身的な病気も歯周病を悪化させる原因になっています。

その中でも最も歯周病の原因となるのが、口腔内の汚れ と 噛み合わせ です。

今回のブログでは、口腔内の汚れのみに注目してお話をします。

歯ブラシが十分にできていないと 汚れが歯面 等に付着します。
食べかす 等が付着した 汚れの中には、細菌がいます。
歯周病細菌もそうです。
これが、歯周病の大きな原因となります。

この汚れが、歯周ポケット 内部に侵入していきます。

歯周病ポケット内部に侵入した汚れは、非常に固く、歯の根の表面にこびりついています。

歯石(歯肉縁下歯石)です。

この歯肉内部に付着した歯石(歯肉縁下歯石)は、専門的な治療でしか取り除くことはできません。
歯肉内部に侵入した歯石を取り除く基本的な治療を『ルートプレーニング』と言います。
詳細は、以下をクリックして下さい。
   •ルートプレーニング

歯肉の内部に侵入(付着)した汚れが歯周病の原因ですから、歯肉縁下に付着した汚れが取れなければ 治りません。

それでは、パーフェクトペリオを使用したからといって歯肉縁下の歯石が取れるのかと言います。
絶対に取れません。

パーフェクトペリオに歯周病を予防するような効果があるかもしれません。
これは、安全性も含め、正確には分かっていないことです。

しかし、確実にパーフェクトペリオで歯肉縁下の汚れは取れないのです。

こうしたことは、歯科医師自身がきちんとした情報を患者様に伝える責任があります。

『単に流行っているから 売ってしまおう!』というような考えを持っている歯科医師は信じられません。
エビデンス(科学的根拠)に基づいた 正確な情報を伝えていかないと
結果的に被害を受けるのは患者様です。

現在、パーフェクトペリオを使用している方は、まず歯周病の検査を行い、適切な歯科医師の判断の上でご使用されることが重要です。

前回と前々回のブログでも書きましたように 適切な歯周病治療を行えば、多くの歯周病の進行を停止させることは可能なのです。

こうした歯周病の治療は、エビデンス(科学的根拠)があるからです。




まとめ
このような科学的根拠のない歯科治療は、患者様にとって有害なことであり、正しい情報を提供する義務がある歯科医師自身が謝った情報を患者様に伝えていることは大きな問題です。

また、インターネットで『パーフェクトペリオ』を通信販売している歯科医院もあります。
『金儲けが目的か!!』と怒りが治まりません。
根拠もない薬液を診察もしないで通信販売していること自体、医療人として問題です。

科学的根拠のない治療は決してすべきではありません。
当医院のHP(ブログ)では、今後も きちんとした科学的根拠のあるデータを紹介していきたいと思います。


次回のブログは、9月27日(月)になります。
次回からは、新しいテーマでお話したいと思います。
もちろん科学的根拠のある話しです。



インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近 重度歯周病の方が増えている!:その4

9/13(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『最近 重度歯周病の方が増えている!:その4』になります。

前回は、少しブラックな話しをしました。
今まで歯石を取ったことはあったが、
歯周ポケット 等の歯周病検査 を行ったことがない人が多いということの話しでした。

本当に最近は、重度歯周病の方が多いです。
しかも20〜40歳代の若い患者様で非常に進行した歯周病の方が多いです。
以下のような症例の方です。
スライド1

骨吸収が非常に進行しています。
以下の赤線が骨吸収した位置です。
スライド2


さらに分かりやすいように骨吸収を起こした部位を赤い部位で表します。
スライド5

青線赤線の間が骨吸収が起こった部位です。
非常に骨吸収が起こっているのが分かると思います。

このような骨吸収が起こるまでには、最低限5〜10年はかかっているのです。
もっともっと早く歯周病の検査 を行っていれば、このような状態にはならなかったのです。

歯周病の検査は本当に簡単なものです。
検査時間も5分〜10分程度で行えますし、
もちろん健康保険で行えます。
どこの歯科医院でも行える非常に簡単な検査です。

そのため、
歯磨きを行う際に出血がある方や
歯肉が腫れたりする方や
歯がグラグラする方は是非歯周病の検査を受けられることが必要です。

歯周病の検査費用も1.000〜2.000円もあれば行えるものです。
そのため、
「歯周病?」と思われる方は是非早く検査を受けて下さい。
歯周病の検査を受けられることで早期治療が可能になるのです。

次回の歯周病ブログは、9月20日(月)になります。



インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近 重度歯周病の方が増えている!:その3

9/6(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。
毎週 月曜日 にアップしています。

今日のテーマは、『最近 重度歯周病の方が増えている!:その3』になります。

前回のブログでは、歯周病にならないためには
早期発見、早期治療が重要であることをお話しました。

歯周病を早期発見、早期治療するためには、良い歯科医院にかかることが良いということになります。
本日は、良い歯科医院を受診するためのポイントについて解説します。
今まで あまりこのようなことを書いたことは少ないのですが、
当医院を受診される患者様の中には
本当に重度歯周病の方が多くいらっしゃいます。
「もっと早く治療を開始していれば…抜歯することがなかったのに…」
と考えられる方が本当に多いのです。

歯周病は、早期に治療を開始することが最も重要なのです。
当院に来院される患者様の中には、
「今まで歯周病の治療を行ったことがない!」
「歯周病の検査自体を行ったことがない!」
という患者様が多いのです。
しかし、実際にはほとんどの患者様は、歯周病の検査 を行っているはずなのです。
「えー歯周病の検査なんて行ったことはない!」
と思われているかもしれません。
本当は歯周病の検査を行っているのです。
歯周病の検査結果を知らされてないだけなのです。

本日は ちょっと ブラック な話しになります。

歯科医院で歯石を取ったことがある方は多いと思います。
歯石を取る場合には、歯周病の検査 は必須です。
この理由として、日本の保険制度の中では、治療を行う際には、必ず病名が必要だからです。
病名がないと治療は行えません!
虫歯で歯を削る際には、レントゲン撮影を行ったり、視診で虫歯と判断することが必要です。
どのような医療行為にも診断、診断が必要です。
歯石を取るためにも、歯周病 もしくは 歯肉炎という病名が必要なのです。
日本の保険制度では、歯周病、歯肉炎という 病名があって始めて 歯石を取り除くという治療が可能になるのです。
つまり、歯周病の検査 を行うことが歯石除去の前提になるのです。
今まで歯石除去を歯科医院で行っている方は、その前に歯周病の検査を行っているはずなのです。
単に歯周病の検査 結果を聞いてないだけです。

例えば、内科で血圧を下げる薬を処方される場合、
当然のことながら高血圧という病名 等があるということになります。
つまり、血圧を測定することになります。
血圧を測定しなければ、血圧が高いか? 低いか? は分かりませんよね?
血圧が高いからこそ、血圧を下げる薬が処方されるのです。
血圧が高いか 低いか を説明しないで 薬が処方されることは通常ないと考えられます。

歯石を取るという治療を行う際にも
歯石を取るための病名が必要なのです。
そのためには、歯周病の検査 が必要です。
(歯周病の検査を行わないでも 初診の費用の中に 簡単な歯石除去 という項目はありますが、
一般的な歯石除去の前には歯周病の検査は必要です)

歯周病の検査結果をきちんと説明してくれる歯科医院は
良い歯科医院の一つのポイントになります。

このところ少し忙しいのでまとめて書く時間がないのですみませんが、
次回のブログではもう少し この話について解説していきます。
次回のブログは、9月13日(月)になります。




インプラントのブログは下記をクリックして下さい。
インプラントブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
livedoor プロフィール

日本歯周病学会歯周...

     院長履歴

1993年 神奈川歯科
      大学卒業
1993年 同大学歯周
      病学講座
      入局
1999年 日本歯周病
      学会
      専門医取得
1999年 東京都にて
      杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー
      認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医
      取得
2006年 大船駅北口
      歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ