歯周病専門医サイトブログ

歯周病専門分野のブログです。 横浜市 大船駅徒歩3分、大船駅北口歯科

2015年08月

歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :その4

2015年 8月31日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。


休診案内です。

9月12日(土曜日)
9月13日(日曜日)
は日本歯周病学会のため休診となります。

患者様にはご不自由をおかけ致します。

第58回秋季日本歯周病学会学術大会
です。



今日のテーマは、
『歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :その4』になります。

前回も歯周病細菌遺伝子(DNA)検査について解説しました。

歯周病の中でも進行度の早い 重症化する歯周病である
侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)といわれるタイプの場合、
通常の慢性歯周炎とは大きく異なる細菌叢が存在します。

こうしたタイプの歯周病の場合、
通常の歯周病治療では治らな可能性があります。


侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)に対する
歯周病治療が必要になってくるのです。

しかし、一般的に行なわれている歯周病検査では、
どのような細菌が関与しているのかは分からないのが現状です。

そこで歯周病細菌のタイプを検査することで
単に進行した歯周病ということではなく、
どのようなタイプの歯周病細菌に感染しているのかを判断することが可能となります。

それが歯周病細菌遺伝子(DNA)検査
リアルタイムPCR法なのです。

前回も説明しましたが、

歯がグラグラする!

歯肉が腫れることがある!

歯肉から出血がある!

年々歯が少なくなる! 

抜歯する歯が増え 入れ歯の大きさが多くなっている!

家族が歯周病である!

というような進行性の歯周病と考えられる方は、
一度検査をされることをお勧めします。

歯周病は放置期間が長ければ長いほど悪化します。

実際に 歯がグラグラ大きく揺れ 噛めないような状態になると
かなり歯周病が進行している可能性が高いです。

また、上記のような状態があり、
さらに欠損部がある方はかなり要注意です。

欠損部を放置することで、
噛み合う力の負担が 残っている歯に加わります。

こうしたことでさらに歯の動揺(グラグラ)は悪化します。

よくある歯周病のパターンとして
奥歯が欠損し、その状態を放置することで
前歯に負担が加わったり、
右側の奥歯(片側)が欠損することで、反対側に負担が加わります。

歯が欠損したままの状態にすることは良いことではありません。

下顎の奥歯が欠損すると
噛み合う上顎の歯が下方に挺出してきます。

上顎が欠損しても同じです。
噛み合う下顎の歯が上方に挺出してしまいます。

こうしたことは噛み合わせが変わる原因となり、
噛み合う力の負担が残っている歯に加わります。


歯周病の進行を放置することは
病状をどんどん悪化させていくことになります。

早期発見、早期治療が歯周病にとってとても重要なことなのです。



通常の歯周病検査は、非常に簡単な検査ですので、
通常どこの歯科医院でも実施することが可能です。

しかし、進行した歯周病の場合には、
歯周病専門医の方が確実です。




次回のブログも歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 の続きです。



このブログが始まって以来 毎週月曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週月曜日にアップしたいと考えております。


最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :その3

2015年 8月24日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。


始めに休診案内です。

9月12日(土曜日)
9月13日(日曜日)
は日本歯周病学会のため休診となります。

患者様にはご不自由をおかけ致します。

第58回秋季日本歯周病学会学術大会
です。

糖尿病と骨粗鬆症の接点

超高齢社会における歯科の役割

歯周病と骨粗鬆症−基礎と臨床から−

在宅者への歯周病ケア

といったことが今学会の内容になるようです。

さまざまなことを学ぶことができそうです。



今日のテーマは、前回の続きで
『歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :その3』になります。


DNA検査という言葉は、一般的に知られてきています。


犯罪 等で犯人を特定するために DNA検査を実施したり、

DNA検査で親子間 等の関連を調べたり、

将来なりやすい病気を調べたり

等 に利用されています。

テレビ等でも良く聞く話であると思います。


前回までのブログでは、
歯周病の中でも非常に進行の早い、重篤な歯周病として
侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)という病気があることを説明しました。

侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)は、
日本人の10〜15%程度に発症すると言われています。

歯周病によって年々 歯が抜けてしまっている方や

30〜40歳で歯周病と診断された方や

重度歯周病と言われた方

等ではこうした侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)の可能性があります。

侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)の場合、治療が非常に難しくなるだけでなく、再発率が高いです。

こうした歯周病の場合には、はやり歯周病専門医での治療がベストでしょう。

それでは、歯周病専門医であれば、侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)は必ず治るのでしょうか?

答えは そうではありません。

侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)と言っても
病状があまりにも進行してしまっている場合には、
治療は難しくなります。

歯周病が末期的な状態では、どのような歯周病専門医であっても治すことは難しいです。

難しいというより、治りません。

どのような病気もそうですが、
早期発見、早期治療が大切なのです。

病気は病状が進行すればするほど
治療が大変になります。

だからこそ早く発見することが大切なのです。

歯周病も
歯がグラグラしてしまっているような状態では
治療が困難になる可能性が高いです。



こうした侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)は、
患者様がもっている細菌の種類や量に大きく左右されます。

極端に言えば、
悪性度の強い歯周病細菌をもっている方は、
徹底した歯磨きを行なっていても
歯周病が進行する可能性が高いです。


しかし、口腔内に歯周病になりにくい細菌が存在している方の場合、
歯周病が進行する確立は低いのです。

単に歯を良く磨くかどうで
歯周病が進行するか どうかが決まるわけではないのです。


そのため、歯周病のリスクを判断するために
歯周病細菌の遺伝子検査(DNA検査)が有効になってきます。


特にご家族の中に
歯周病の方がいらっしゃる場合、
悪性度の高い細菌に感染している可能性がありますので、
家族間での治療が必要になります。

歯周病細菌の遺伝子検査(DNA検査)は
リアルタイムPCR法と言います。
スライド1



歯がグラグラする!

歯肉が腫れることがある!

歯肉から出血がある!

年々歯が少なくなる! 

抜歯する歯が増え 入れ歯の大きさが多くなっている!

家族が歯周病である!

というような方は
一度歯周病検査をし、進行が認められる場合には
歯周病細菌遺伝子検査 リアルタイムPCR法を受けてみてはどうでしょうか








最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :2

2015年 8月10日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。



今日のテーマは、
前回の続きで
『歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 :2』になります。


前回のブログでは、
1986年から15年間行なわれた
歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察した
論文を紹介しました。


全文は以下の2015年8月3日のブログを参考にして下さい。
2015年8月3日のブログ


先週のブログで紹介しました論文の結果を簡単に説明しますと

9割が歯周病となり
残りの1割はほとんど歯周病にはならなかった

という研究結果でした。


歯をまったく磨かないという
同じ環境であっても
10%の方は歯周病にならなかったのです。

その反面10%程度の人は、
非常に進行が早い歯周病になり、
若い年齢で多くの歯を失う状態でした。

進行が早い歯周病になってしまったのです。


この違いはどこにあるのでしょうか?


今日は、そうした違いについて説明します。




歯周病になるか ならないかは、
歯磨き習慣 等の生活習慣や
喫煙、
噛み合わせ、
ストレス、
糖尿病 等の全身疾患との関連

多くの因子がありますが、
口腔内の細菌の種類によっても大きく影響してきます。

歯周病は感染症ですから
ご家族等の周囲の人から
細菌感染していきます。

そして、感染した細菌は口腔内に定着していきます。

一度定着した歯周病細菌は、
基本的に口腔内で大きな変化はありませんので、
歯周病になりやすい細菌に感染してしまった人は、
歯周病になってしまうリスクが高くなるのです。

しかし、ご自身では
口腔内にどういった歯周病細菌に感染しているのかを判断することは
できません。

歯周病細菌は、進行してから
出血 や 腫れ、痛み、歯のグラグラ といった症状がでてくるからです。

問題が起こらなければ、
病状に気がつかないのです。

しかし、歯のグラグラといった症状が出始めた時点で
歯周病は進行してしまっていることがほとんどで、
その時点では治療が難しくなることが多いです。

そのため、事前にどのようなタイプの歯周病に感染しているかを
判断することで、
歯周病になりやすいかどうかを判断することが大切です。

もし、歯周病になりやすいタイプであった場合には、
相当な対策をとっていかないと
必ずと言っていいほど
将来的に多くの歯を失うことになります。

また、現在歯周病の方でも
悪性度の高い歯周病細菌に感染している場合には、
通常の歯周病治療を行なっても治すことは難しいため、
除菌を行なうような対策が必要です。

そのためにも
どのような歯周病細菌に感染しているかを
判断することが必要なのです。

現在健康保険で行なわれている歯周病の検査は、
現在どの程度歯周病が進行しているかを判断することは可能ですが、
そのリスクを診断することはできません。

それは
どのような歯周病細菌に感染しているかを判断することができないからです。

そのため、
将来的なリスクを知るためや
現在歯周病が進行している方では、
現在 口腔内にどのような歯周病細菌が存在しているのかを
正しく判断することが大切なのです。

つまり 歯周病のリスク診断 を行なうことが必要なのです。


ちなみに一般的な歯周病検査については、以下を参考にして下さい。
          歯周ポケット検査


感染している歯周病細菌の種類により その予後(将来性)は大きく変わります。
特に進行した歯周病の場合には、感染している歯周病細菌の種類により
治療法が変わるのです。


歯周病の病態は大きく分けて 以下の2つに分類されます。
1.慢性歯周炎
2.侵襲性歯周炎(しんしゅうせい ししゅうえん)


慢性歯周炎は、
歯周病の約8割以上の方に当てはまります。
このような方は、通常の歯周病治療で治る可能性が高いです。


侵襲性歯周炎は、
歯周病患者さんの約1〜2割で発症すると言われています。

20〜40歳以下で歯周病が進行している場合には
侵襲性歯周炎である可能性が高いです。

これは若年期に家族間 等から特定の歯周病細菌感染が起こっているからです。

特定の歯周病細菌とは、悪性度の強い A.a菌、P.g.菌 等の感染のことです。

侵襲性歯周炎の場合、通常の歯周病治療を行っても
治りが悪かったり、 再発を繰り返すことが多いです。

侵襲性歯周炎の場合には、
どのような歯周病細菌に感染しているかを検査することで適切な除菌療法が行えます。


歯周病に最も影響が大きい細菌は以下の5菌種であることが分かっています。
 
1. A.a.菌 ( Aggregatibacter actinomycetemcomitans )
           侵襲性歯周炎の発症に関連が深い菌 非常に悪性度の強い細菌

2. P.g.菌 ( Prophyromonas gingivalis )
           慢性歯周炎の発症に関連が深い菌
           年齢に比較して骨吸収が大きく この菌の比率が高い場合
           侵襲性歯周炎と診断される 非常に悪性度の強い細菌

3. T.f.菌 ( Tannerella forsythensis )
           慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

4. T.d.菌 ( Treponema denticola )
           慢性歯周炎の発症に関連が深い菌

5. P.i.菌 ( Prevotwlla intermedia )
           思春期性 や 妊娠性歯周炎 の発症に関連が深い菌


上記の5菌種が歯周病に関連性が高いことが多くの研究により分かっています。


特に  P.g.菌 、 T.f.菌 、 T.d.菌 の3菌種は、
Red Complex(レッッドコンプレックス)と言われ、非常に悪性度の高い細菌です。


若い年齢から歯周病で抜歯した経験がある方では
これらの細菌が関与している可能性が高いです。

侵襲性歯周炎の可能性が高いのです。


侵襲性歯周炎の場合、
通常の歯周病治療では、細菌の数を減らすことが難しく、再発率が高いです。


そのため、侵襲性歯周炎のような重度歯周病を疑う場合には、
どのような歯周病細菌に感染しているのかを診断することが
必要なのです。

その方法が
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイム PCR法 なのです。

歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイム PCR法 を行うことで 
正しい診断ができ、
従来の歯周病治療では行えなかった
除菌療法 や 最新の歯周病治療を行うための診断が正しく行なうことができるのです。


先にも解説しましたように歯周病は、歯周病細菌による感染症です。
特に悪性度の強い細菌感染が起こっている場合には、
通常の歯周病治療で治すことは
難しいので、病態に合わせた治療が必要となります。

また、侵襲性歯周炎は、家族内感染の可能性が高いので 
ご家族全てで治療(除菌)を行わないと 
ご自身の治療を行っても家族間で再感染が起こります。


本日の始めにも説明しました
1986年から15年間行なわれた
歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察した論文

進行した歯周病の方は、
おそらく侵襲性歯周炎と考えられます。

日本人でも侵襲性歯周炎の方は、
全人口の10〜20%近くは存在すると言われていますので、
かなりの高確立でいらっしゃるのです。

歯肉から出血があったり、
歯肉が腫れている方であったり、
現在歯周病の治療を行なっているが なかなか治らない方
年々歯の数が少なくなっている方

問題を抱えている方は、
侵襲性歯周炎かもしれません。


ご心配な方は
歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 リアルタイム PCR法
を行なってみてはいかがでしょうか?




8月は、歯周病ブログを休むかもしれませんので
次回のブログは少し先になるかもしれません。





このブログが始まって以来 毎週月曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週月曜日にアップしたいと考えております。


最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査

2015年 8月 3日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。


始めに夏期休診の案内です。
8月12日(水曜日)〜17日(月曜日)まで休診となります。

多くの歯科医院ではお盆休みがありますので、
痛み等問題のある方は、早めに治療開始された方が良いでしょう。


予約は以下をご利用下さい
24H インターネット オンライン予約


今日のテーマは、
『歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 』になります。


最近は、この歯周病細菌遺伝子(DNA)検査をご希望されて来院される方もいらっしゃいます。

これは DNA検査 という名前自体が多くの人に認知されてきたかただと思います。


現在歯周病に問題がない方でも
当然のことながら 
今後歯周病で問題が起こる可能性はあります。

それでは歯周病は誰にでも起こる病気なのでしょうか?

本日はそうした話を論文からみたいと思います。

歯を磨かないと歯周病になるのか? 
歯を磨けば歯周病にならないのか?

という話です。

非常に興味のある話ですよね。

これは
Loe H, et al Natural history of periodontal disease in man
J Clin Periodontol. 13(5):431-45 1986 May

という論文から抜粋した話です。

簡単に言えば

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま15年間定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察した論文です。


日本ではあり得ないような研究ですよね。

15年間もまったく歯磨きをしない人を
観察するわけですから…

しかも、虫歯 や 歯周病になっても
まったく治療もしないで
単に状況観察だけを行なっているわけです。

それを480人ですからね。

大変なことです。

さて今回の調査対象年齢ですが、
検査当初の年齢は
14歳から31歳の範囲でした。

比較的若い方を調査対象としたのです。

480人です。

調査は、1970年に始まりました。

その後
1971、
1973、
1977、
1982、
1985年

それぞれ どのような状態になっているかの検査を実施しました。

この検査に参加し480人は、
共通して汚れが多量に付着して
歯石 も多く確認されました。

当然と言えば 当然です。

1回も歯を磨くことがないのですから…

それでは
こうした人は、歯周病になったのでしょうか?

普通に考えれば、
若い頃から 歯をまったく磨かないのですから
歯周病は当然のこと、
虫歯も多くあることが予想されます。

結果は以下のようです。

9割が歯周病となり
残りの1割はほとんど歯周病にはならなかった

約10%の人は、
歯周病になにも問題がなかった?

15年間もまったく歯を磨かないのに?

1回も歯を磨くことがないのに
10%の人は歯周病になにも問題がなかったの?

ということになります。

内訳は以下です。

8%が急速な歯周病の進行がみられ

81%が中程度の歯周病の進行がみられ

11%がほとんど歯周病の進行がみられなかった

ということです。


口の中が汚れや歯石の塊だらけの状態でも
その状態を15年間放置したとしても
11%も歯周病にならなかった人がいたのです。


一方、
8%は15歳でも歯周病になってしまったりと
歯周病の発症が早く
また ものすごい勢いで歯周病が進行し
35歳で歯を平均12本失い
40歳で20本
45歳前に歯を全部失ったのです。

この調査からなにが分かったのかと言いますと
もともと
歯周病のリスクがある方と
歯周病のリスクの低い方がいるということです。

これは、歯周病細菌の質や種類による影響が強いことが考えられるのです。

想像されることは、
歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない労働者ですから

日本のような国と違い、
生活習慣は、ほとんど同じと考えられます。

食生活や睡眠等にもさほど大きく違いはないと考えられます。

歯周病は、生活習慣の因子が大きい疾患です。

糖尿病 等の全身疾患をもった方や
喫煙者
では、歯周病のリスクが高まります。

睡眠 や ストレス
等も影響します。

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない地域ですから
そうした影響は最小限に少なくすることができるかもしれません。

同じ条件であっても
約10%の人は、まったく歯周病に問題がなかったのです。

しかし、
約10%の方は、急激な歯周病の進行が認められ、
どんどんと歯が抜けてしまったのです。

この違いはなんなのでしょうか?

次回のブログでは、
こうしたことについて解説します。


来週の月曜日にこの続きをアップ予定ですが、
今月は講演の数が3つあり、
毎日発表スライド作製に追われています。

もしかすると来週の歯周病ブログは延期するかもしれませんが、
できるかぎり来週もこの続きをアップしたいと思います。

 


このブログが始まって以来 毎週月曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週月曜日にアップしたいと考えております。


最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
livedoor プロフィール

日本歯周病学会歯周...

     院長履歴

1993年 神奈川歯科
      大学卒業
1993年 同大学歯周
      病学講座
      入局
1999年 日本歯周病
      学会
      専門医取得
1999年 東京都にて
      杉山歯科
      医院開業
2003年 I.T.Iメンバー
      認定
2005年 国際口腔
      インプラント
      学会認定医
      取得
2006年 大船駅北口
      歯科
      インプラント
      センター開業

メール無料相談
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もり
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約
オンラインで予約が行えます。

診療時間:9:30〜18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
メール :info@
     sugiyama-d.sakura.ne.jp
最新記事
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ