すぎよしたろうの山仕事日記

このブログは京都の雲ヶ畑地域で山仕事をしている「山仕事サークル杉良太郎」のブログです。

2016年度前期活動予定

3月22日(火)間伐
4月10日(日)植樹・除伐
4月17日(日)枝打ち
5月8日(日)枝打ち
5月15日(日)薪割り
5月29日(日)薪割り
7月10日(日)下刈り
7月24日(日)下刈り
8月6日(土)下刈り
8月7日(日)枝打ち
8月27日(土)下刈り

活動について知りたい!参加してみたい!という方はお気軽にご連絡ください。

【報告】6月18日下刈り

下刈りと除伐を行いました。

参加人数は8人でした。

今回は初参加の方が二人も来てくれました!

IMG_2560

まずは作業の説明を聞きます。
今回の山は松山なので松と樒以外を刈り取ります。


IMG_2682

……いやこれはもう下刈りというか除伐じゃなかろうか(笑)



IMG_2683

この日はとても暑く市街地は30度を越していました。
山の上の暑いは暑いのですが、風が心地よいです。


IMG_2684

作業を終え山主さん宅で一服した後、集合写真を。


この日のアフターは「林業bar」でジビエ料理や山に纏わるお酒を楽しみました。
IMG_2566


暑い中作業で流す汗は心地よいものですね
お疲れ様でした
<SETOYAMA>

【報告】2016年5月15日 薪割り(コモンズ)

今回はコモンズさんと一緒に作業させていただきました。
参加人数は9人でした。

いつものように森林組合に集合し、作業地へ向かいます。
ゴトゴト15分。
豆腐(サークルの車)を走らせます。
次第に大きい石が増え道幅も狭くなり、四輪駆動発動!
豆腐には普段出さない底力があるのである。
ガッタガッタ15分。作業地到着。

まずは、木の伐採を見学。
DSC_0191
DSC_0194
チェーンソーで受け口と追い口を作り倒します。

その後、ひたすら薪割りです。
DSC_0206
腰の入った一撃。きれいに割れると気持ちが良いもんです。

DSC_0219
のこぎりも使って。足で押さえて。

DSC_0232
クレーンを使って伐採した木の引き上げ。

DSC_0237
集合写真。

DSC_0241
帰ってきて雲の巣(サークル拠点)で料理。パスタという洒落たものを。

DSC_0251
作業後は美味しいものがさらに美味しく。
お疲れ様でした。

(kinugasa)


2016年5月新歓情報

201605bira

5月5日(木)春の集い(雲ケ畑足谷・人と自然の会様のイベント)
5月8日(日)枝打ち
5月15日(日)薪割り
5月27日(金)例会&新歓コンパ
5月29日(日)薪割り

参加したい方は、その週の火曜日までにご連絡ください。
新歓用アドレスは

【報告】5月8日枝打ち

みおろしてすっきり


 枝打ち作業に行ってきました。新入生も交えての作業は今年度初めてです。5人の新入生が参加してくれました。
のぼる最中


 主に10年生のスギの枝を、手の届く範囲で切り落としました。
不詳


 うっそうとしていた林がかなりすっきりしました。
鬱蒼


すっきり


 帰りに見つけたタケニグサ。夏には背丈ほどにも成長します。下刈りの主な格闘相手です...。
20160508_01


集合写真
8



参加者アンケート
1.新しく知ったこと、身につけた技術は何ですか?
・枝を切るにあたっては皮がめくれて中が露出することの少ないように注意するということ。そのために、重い枝は一度にもとを切らず、まず少しはなれたところを切るということ。いばらはからみつくので切る。
・実生について知れた。
・建築廃材を処理するためにかかる費用。
・足袋のはき方。ノコギリ。
・枝の切り方。道なき道(斜面)の登り方。
・枝を下からむかえにいくこと。
・やたらと木を切ればいいというものではないということ。
・枝打ち。

2.安全面で気になることはありませんでしたか?
・いばら、杉の葉のとげはささりやすいので、手の置き場は注意してあたらないようにする。傾斜が急でありすべるので、雑木も残しておく。
・急斜面でくだりがこわかった。
・急斜面(ただし皆よく気をつけていた)
・なし
・今回は特にありませんでした。
・上回生が一年目の人をあまりみれなかった。
・斜面が非常に危険だったが、気をつければ安全だと思う。
・思っていたより山の斜面が急だった。下りる時が怖い。

3.林業について感じたことは何ですか?
・1日ではほとんど労働成果が表れない気の長い作業だと感じた。
・これだけやってなんぼのものかと。
・もうけるのは難しい。
・作業:楽しい(天候が良ければ)
話:厳しいものがある。
・大変な仕事ばかりなのに、お金にならないということ。
・経済的に大変。
・労働に対する対価がそれほど大きそうでもなく大変な仕事だ。
・売れる作物を作らなければ経済的利益が生まれない。木が売れた昔から時代は変わったことを感じた。

4.山主さんへメッセージ、質問をどうぞ
・ご指導ありがとうございました。
・この時期に枝打ちできてよかったです。ありがとうございました。
・いつも差し入れありがとうございます。お話も興味深いものでした。またお世話になります。
・ありがとうございました。
・色々な知識を与えてくださりありがとうございました。差し入れ、とても美味しかったです。
・山に入らせてもらいありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
・普段ではできない貴重な体験ができました。これからもご活動に参加したいです。ありがとうございました。

5.感想~ご自由にどうぞ~
・朝きつい。
・初参加者が5人もいましたがケガ人が出なくてよかったです。
・本当の山奥でかく汗はきもちいい。
・また雲ヶ畑に来たいと思いました。次はママチャリで行ってみたいです。
・楽しかった。(大変だったけど)
・めちゃくちゃ楽しかったです。ホッケーとかぶってない時は必ず参加します。


山主さんから



作業記録
○作業日:2016年5月8日
○作業地名:西賀茂尾横
○作業地面積:実施0.3ha

○樹種:スギ
○樹齢:10年
○作業内容:ヒモ枝打ち
○作業時間:9:00~15:30
○杉良参加人数:9人(青山、秋葉、井上(咲人)、井上(直)、北島、瀬戸山、内藤、波多野、丸山)


あおやま
はじめまして

はじめまして。
このブログは京都の雲ヶ畑地域で山仕事をしている「山仕事サークル 杉良太郎(すぎよしたろう)」のブログです。

主に活動のお知らせや報告がメインになると思います。

ウェブサイトはこちら(あんまり更新できてません…ごめんなさい)

また、なにかありましたら
サークルの公式連絡先

までご連絡ください。


記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ