すぎよしたろうの山仕事日記

このブログは京都の雲ヶ畑地域で山仕事をしている「山仕事サークル杉良太郎」のブログです。

2017年4月・5月新歓情報

2017年の新歓情報を載せました!
山仕事サークル杉良太郎は、学部回生問わずメンバーを募集しています。たくさんの方のご参加お待ちしています!

4/11環境・農業系サークル合同新歓①18:30~@共西12
4/12杉良説明会①18:30クスノキ下集合
★4/15タケノコ堀り
★4/16作業(除間伐・植林)
4/19環境・農業系サークル合同新歓②18:30~@共西12
4/20杉良説明会②18:30クスノキ下集合
★4/22作業(植樹)
4/24杉良女子会18:30クスノキ下集合
4/27環境・農業系サークル合同新歓③18:30~@共西12
4/28杉良説明会③18:30クスノキ下集合
4/29志明院大祭
★4/30作業(枝打ち)
★5/7作業(薪割り)
5/8杉良説明会④18:30クスノキ下集合
5/16杉良説明会⑤18:30クスノキ下集合
★5/20作業(除伐)
5/26新歓コンパ(要事前連絡)
★5/28作業(枝打ち)

★の作業に参加したい方は、その週の木曜日までに、下記のアドレスにご連絡ください。

sugiryoshinkan2017*gmail.com
(アドレスの*を@に変えてください)

新歓担当:北島・丸山
IMG_8456

【報告】4月16日(植樹・除伐)

4月16日は桜の植樹とウリハダカエデの除伐をおこなってきました!

クワで穴を掘って桜を植え付けます。
IMG_8875

ネットを張らないと鹿が苗木を食べてしまいます、、(><)
彼らの食欲を侮ってはいけません。
IMG_8876


植樹が終わって安心したのも束の間、ウリハダカエデの森が行く手を阻みます。
IMG_8874

ダメだ。逃げよう。普通ならそう思うでしょう。

では、もしノコとナタを手に入れたら、、、??


「ノコが俺を、強くする。」
IMG_8877

「これを伐ればね。」「うん。」
「道がひらけるんだ。」
IMG_8872


最後に集合写真。大地と結びついた時間は永遠に。
IMG_8747

お疲れ様でした。

(maruyama)

【報告】4月15日(タケノコ掘り)

こんにちは!
だんだんと暖かくなり、春の陽気が感じられるようになってきましたね。
そんな春の味覚といえば、、、タケノコ!
杉良メンバーは、タケノコを掘りに伏見にある竹林に行ってきました。

17041501

まずは山主さんにお手本を見せてもらい、その後早速実践へ。
タケノコ掘り初体験のメンバーも、以前にやったことのあるメンバーも、真剣に掘り進めて行きます。
ついつい一言もしゃべらなくなってしまうほど夢中になっていました。

17041502

最初はなかなか上手くいかなかったものの、だんだんとコツをつかんでいきます。
とはいっても、やっぱり山主さんの掘ったタケノコの美しさには勝てません。

17041503

途中雨に見舞われながらの作業となりましたが、たくさんのタケノコを収穫することができました!
お裾分けしていただいたものは、灰汁抜きして美味しく頂き、良い思い出がまた増えました♪


17041504

今回の作業後アンケートでも、楽しかった! という声が多数ありました。
また、普段の活動の場とは違う竹林の魅力を感じたり、タケの生命力を実感したりと素敵な一面を発見しました。

〈Kataoka〉

【報告】3月25日(小屋づくり)

3月25日に、小屋づくりの準備を行いました。

この小屋は数年前に、理想の森プロジェクトと杉良太郎が山仕事の休憩用に共同で建てたものだったそうですが、老朽化が進んでいたところで今季の大雪に見舞われ、とうとう倒壊してしまいました。

20170325小屋づくり_170412_0019


山主さんと理想の森、そして杉良が再び集い、小屋の再建に取り組みます。この日は倒壊した小屋の解体と撤去です。

みんなで試行錯誤しながらトタン板をめくっていきます。

20170325小屋づくり_170412_0018



トタンがみるみるうちにはがれていきます。

20170325小屋づくり_170412_0010



次は骨組みの解体です。
最初は慣れない手つきでインパクトドライバーを触っていた人も、あっという間に上達していく姿はなかなか爽快でした。

20170325小屋づくり_170412_0012



無事解体が終わりました。

20170325小屋づくり_170412_0002



帰りに、杉良が植えた記念植樹のサクラを観に行きました。

20170325小屋づくり_170412_0001


大きく育ちますように。。。
〈aoyama〉

【報告】4月2日(鹿避けネット張り)

みなさんこんにちは(。・ω・)ノ゙ 新2回生の内藤です。光陰矢の如し。

4月2日に持越峠付近の山で鹿避けネット張りを行いました。今回の参加者は7名でした!参加者が沢山いるとうれしいです。

持越峠
―雲ケ畑は鴨川の上流に位置するため、ここで鴨川に流したものは良いものも悪いものも、全て京都御所のある京に流れ込む。そのため、同集落で死人が出た場合、この峠を遺体を持ち越えて、隣の真弓集落で葬儀をしたという習慣があった。―(wikipediaより引用)
古の日本を感じる名前ですね。

鹿避けネットは主に、木を1本1本囲うものと、植林地(鹿避けネットは幼木の食害を防ぐのに用いられる)全体をぐるりと覆うものの2種類に分けられます。今回は後者を使いました。

4_2 ネット張り(_'▽'_)_76
まずは、ネットを括り付ける為の支柱を地面に打ち込みます。それぞれの支柱の間隔は凡そ4m。打ち込む場所を決めたら上から金槌でバシバシ叩く!

4_2 ネット張り(_'▽'_)_44
支柱を打ち込んだら、ネットを固定していきます。ネットの上下にロープを通し、それらを支柱に固定しつつ、植林予定地の周りを囲んでいきます。

4_2 ネット張り(_'▽'_)_91
作業の合間に、山主さんが焼き芋を作って下さいました!作業地は景色も良く、もう最高です(*´Д`*)

4_2 ネット張り(_'▽'_)_95
お疲れさまでした。鹿との戦いはこれからも続く・・・。

(NAITO)


はじめまして

はじめまして。
このブログは京都の雲ヶ畑地域で山仕事をしている「山仕事サークル 杉良太郎(すぎよしたろう)」のブログです。

主に活動のお知らせや報告がメインになると思います。

ウェブサイトはこちら(あんまり更新できてません…ごめんなさい)

また、なにかありましたら
サークルの公式連絡先

までご連絡ください。


記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ