6月25日北京都内のホテルで開催された記者会見では、久游とバンダイナムコが以下の内容を共同発表しました:「機動戦士ガンダムOL」と「「SDガンダムオペレーションズ」の中国市場に進出し、中国市場でのパブリッシャーは久游となりました。

万代01

(以下はニュースの翻訳です)

会見では、久游网CEO顾懿氏が久游を創業してから12年間の歴史を振り返て紹介しました。以前、《SDガンダムOL》を中国市場での成功運営ノウハウはこの2つのタイトルに延長します。久游はバンダイナムコのガンダムシリーズの正規ライセンス権利を持つ中国現地パブリッシャーとなります。これらのタイトルには巨額のプロモーション費用をかける予定であり、全中国のガンダムファンを満足させるために。今年Chinajoyでも大規模にプロモーションを用意しています。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
(情報源:http://games.sina.com.cn/y/n/2014-06-25/1715794295.shtml