2016年10月23日

歯科衛生士雇用について

大阪府堺市中区土師町のスゴウ歯科クリニックです

歯科衛生士雇用の現状について

大阪の有効求人倍率21倍
ひとりの歯科衛生士を21件の歯科医院が取り合う現状です

歯科衛生士の人数全国で25万人 そのうち働いているのは11万人 約45%


一歯科医院あたり 1.6人ぐらいです。
スゴウ歯科クリニックでは5人在籍中なので恵まれています ありがたや~


歯科衛生士の魅力について

仕事のやりがい ある程度ある67.6% 多いにある21.1%

①国家資格で一生続けられる
②専門性が高い
③人や社会に貢献できる


歯科衛生士に 今後も働き続けたいか? そう思う92.8%

20倍の競争率では新規の歯科衛生士の雇用はかなり困難!


スゴウ歯科クリニックでは以下のことを考えています。

今いるスタッフの長期雇用継続を考えていく

待遇の改善     歩合、寸志(けっこういいと思う)で対応
専門性の評価   歯科衛生士担当医制導入している できるだけ歯科衛生士の仕事をしてもらう
人間関係      たぶんいい
研修機会      補助金だす
出産、育児     できるだけ戻ってきてほしい
介護等        5人のローテーションである程度は対応できている
自己都合、高齢   働く気があればいつまででも
歯科以外への興味 仕方がない面あるが、上記の歯科衛生士の魅力伝える
自身の健康     5人のローテーションであるていどは

スゴウ歯科クリニックでは以上のことに取り組み、働きやすい職場をつくり患者さんに貢献してもらっています。




sugoshika at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

SPTを通して医院の総合力を磨く 研修会報告

大阪府堺市中区土師町のスゴウ歯科クリニックです。

研修会報告
講師 内山 茂先生 東京医科歯科大臨床教授


SPTとはSupportive periodontal therapyのことです。

簡単に言うと メインテナンスです。


歯を失う数

20年でSPTなしだと 10.5本
これが、SPTありだと 0.4~3.6本
とくに、若い時からしっかりメインテナンスが重要、大切

歯周病治療後に根気よくSPTを続けることで確実に歯の喪失が防げます。

SPTの内容

スケーリング 歯面研磨 口腔衛生指導 咬合調整 習癖のチェック 全身疾患のチェック フッ化物塗布



炎症⇒SPTで⇒もとにもどる(長い上皮付着の有無は別として

縁上のプラークコントロール⇔両方必要⇔縁下のデブライドメント

つまり、見えるところのプラーク除去も隠れているところの掃除も両方必要

ただ、縁上のコントロールだけでも有効です

スゴウ歯科クリニックでは、優秀な歯科衛生士が5人在籍しており、彼女らが40分かけてSPTをおこなっています。



sugoshika at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

ドライマウス

大阪府堺市中区土師町にあるスゴウ歯科クリニックのすごうです。

ドライマウスの原因はさまざま

ドライマウスとは唾液が減るなどの理由で「口が渇く」症状のある病気を総称したもので、その原因にはさまざまなものがあります。

①食生活 スナック菓子、ファストフードなど、唾液の出にくい食事が多い
②ストレス ストレスにより交感神経が刺激されるとネバネバした唾液になります
③喫煙 口に中に煙が入ってくることで乾燥します
④口呼吸 口で呼吸することで乾燥します
⑤薬の副作用 「口の渇き」は多くの薬でみられる典型的な副作用です
⑥その他 放射線治療、糖尿病の合併症など

ドライマウスを放置すると

①虫歯や歯周病になりやすくなる
唾液が少ないと虫歯や歯周病の原因になる細菌が増えてしまいます

②口臭がひどくなる
唾液が減ると細菌が増えてしまい、口臭の原因となります

③口の中や舌がヒリヒリする
症状が進行すると「舌痛症」となり食べ物が食べられなくなるほか、会話も難しくなります

ドライマウスの対処法

ドライマウスの対処法はその原因によってさまざまです。食生活、ストレス、喫煙が原因の場合は生活習慣の改善。口呼吸の場合は鼻呼吸への改善。そのほか、唾液が出るようにするマッサージ、舌や口唇の体操を行ったり、場合によっては薬などによって口が渇かないような対処をします。

唾液はこんなに大切!
1.消化を助ける
2.お口の中をきれいにする
3.殺菌作用がある
4.歯の再石灰化を促す
5.免疫強化作用がある


sugoshika at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)