2006年07月22日

今日こそカレー

七條昨日食べ損ねたので、今日のランチはカレーにケテーイ。

某誌をネタ元に、レストラン七條@神保町 へ。




場所は、神保町駅真上、小学館ビルのBF。

すぐ裏にパーキングロットがあるので、そこに駐車。

神保町 P
\300/h


目の前が共立なのだが、土曜の午後とあって、校舎の周りを声出しで走っているオニャノコが居ましたお。

体育会系の中学生かと桃割れw


さて、店に着くと、13時過ぎだというのに、ズラリ行列。

平日の混雑はわかるが、土曜にこの有様というのは、やはり雑誌の影響力であろう。

15分ぐらい待って入店。

明るい店内は、2名・4名テーブルが並ぶ。
テーブルにクロスがかかっているのが、「洋食屋」といったふいんき。

あまりの混み様に、渋々相席。

4名テーブルに相席になったわけだが、こういうケース、

 △△
テーブル
 〇〇

よりも

 △〇
テーブル
 △〇

の方がいいと思うのだが…。

目の前が見ず知らずの他人だと、どうしても視線の置き場に困ってしまう。


七條で有名なのは海老フリャー。
確かに、見回すと半分ぐらいの人がコレを頼んでいる。

店員さんの運ぶ海老フリャーは、見るからに立派で、それはそれはソソられるのであるが、今日はあくまでも「カレー」を食いに来たのだ。

どっかの誰かと違い、初志は貫徹。

カレー
ビーフカレー \950


狭いテーブルに相席という過酷な状況ゆえ、コレしか画像が撮れなかったが、さらにサラダとスープが付く。

スープはカップのタイプ。
コンソメベースで、器のわりに、たくさんのキャベツが入っていた。

サラダはトマトとレタスのオーソドックスなモノだが、オリジナルと思しきドレッシングは、ビネガーが効いていて美味かった。

肝心のカレーであるが、
非常に丁寧に作りこまれた感じで、ドロリとしたカレー。
目に見える具は、ゴロリとしたビーフの欠片ぐらいだが、野菜やフルーツを摩り下ろし、丹念に煮込まれたのがよくわかる。
辛さはマイルドだが、その丁寧な煮込まれ方に、深みとコクが詰まり、温かささえ感じる。

値段も良心的だし、「辛さ」を求めなければ文句ナシ。


海老フリャーに限らず、ハンバーグとか、他のメヌーも相当魅惑的。

テーブルの狭くなる相席でなければ、もっと頼んだのになwww
この記事へのコメント
確かに正面に他人はキビシイ。
正面に独り言言う酔いどれオヤジはキビシイww
はじめ氏 2006年07月24日 14:10
正面は、同世代のレディ(カプール)であったわけだがw
Soogle 2006年07月24日 15:03
今日こそトゥデイ!


眠い・・
対馬山猫 2006年07月24日 15:18
>山猫

You
寝ちゃえばいいじゃん!www
Soogle 2006年07月24日 15:47
みきτ 2006年07月25日 01:52
(-_-)zzz
Soogle 2006年07月25日 11:42
(-_-)スヤスヤ
対馬山猫 2006年07月25日 14:11
こんな時間に寝ているなんて、いい身分の方達ですね(笑)
はじめ氏 2006年07月25日 15:48
凹ο フモーフモー
Soogle 2006年07月25日 16:26