玉川上水(武蔵野市)の事務所から…

ライターの仁です。企業広報分野でIRなどの仕事をしています。 折々の、あることないことで、気にとまったことを発信します。

旧友「綱(ツナ)さん」こと、 芥川賞作家の高橋三千綱さん逝く……


旧友「綱(ツナ)さん」こと、

芥川賞作家の高橋三千綱さん逝く……



2021年8月31日(火)



若い頃の遊び(呑み)仲間である「綱(ツナ)さん」こと、作家の高橋三千綱さんが亡くなった。

逝去は先々週の8月17日(火)と、先週早々に報じられた。

九月の空シナリオ・適用
芥川賞「九月の空」テレビ用脚本企画書


知ったのは、作家・中沢けいさんのリツィート(岩波書店)だった。

新聞をチェックしたら先週月曜・8月23日の新聞に訃報記事がでている。

若い頃、ツナさんとは一緒に遊び(呑み)歩いていて、

その当時(1970年代後半)に彼が芥川賞を受賞(『9月の空』1978年上期)。

前年に続くノミネート二回目での受賞だった。

さすがに受賞後は、いっしょに呑み歩く機会はなくなったが。

さすらいの甲子園 ツナさん


受賞前の綱さんは、文芸誌『群像』の新人賞をすでに受賞(1974年)しており、「いずれ芥川賞」と期待されていた。

その“いずれ”が「かくも早く」という頃合いで訪れ、仲間は驚きと喜びで狂気乱舞したのだった。

※ちなみに当時の群像新人賞は、
 74年・高橋三千綱・「退屈しのぎ」
 76年・村上龍「限りなく透明に近いブルー」(芥川賞も)
 78年・中沢けい「海を感じるとき」
 79年・村上春樹「風の歌を聴け」
    
※同じく当時の芥川賞は
 75年下期(76年1月)に中上健次『岬』
 76年上期(76年7月)には村上龍『限りなく透明に近いブルー』
 78年上期に高橋三千綱『九月の空』

村上龍の受賞は、社会現象と言えるほど特別大きな話題になって、作品が記録的な売り上げに。

そんな時代だから、芥川賞受賞となると、その前と後では大違い。ツナさんの生活は一変した。

ツナさんとは新宿ゴールデン街で知己を得た。

もしかしたらゴールデン街が最もゴールデン街らしき雰囲気を醸し出していたころかもしれない。
著名な作家や映画監督などの文化人や俳優・女優などの著名人が、あの店、この店で呑んでいた。

仲間はほとんどがゴールデン街を足場にして呑み、ときには一晩中(それこそ朝まで、新宿の街を勤め人が出勤する姿をとらえつつ)安酒を呑み歩いた。

仲間の大半は、ツナさんが指揮する野球チーム「レッド・ハッタリーズ」のメンバーでもある。

※「芥川賞受賞第一弾」として刊行されたのが、この野球チームをモデルにした小説『さすらいの甲子園』(1978年8月5日発行)だ。
受賞直後に角川書店から。

なんと、この作品、芥川賞受賞作品『9月の空』(河出書房新社・1978年8月7日)より一足早い刊行だった。

たまたま、旧『野生時代』(角川書店)の78年8月号(つまり78年7月)にこの作品が掲載された。
そこで芥川賞受賞となったので、「それいけ!」とばかりに角川書店は、すぐに単行本化して刊行したのだろう。

※当時の角川書店は、業界どころか、日本初のメディアミックスとして、出版である本と、その本(小説作品)の映画化をミックスしての販売戦略が爆発的に大当たりして、大ヒットを重ねていたのだった。このときの『野生時代』の担当者が、現幻冬舎トップの見城徹。

単行本の表紙にはチームメンバー(つまり仲間)のユニフォーム姿の写真が載っている。

多摩川の河原で行われた撮影時は強風にあおられ、激しい土ぼこり舞う中での撮影となって、メンバーの皆が砂埃のなかで顔をしかめている。

ツナさんはこの単行本をチームのみんなに個々に献呈してくれた。

表紙の裏には、「さすらいの〜」と、仲間の個々の特徴を表現した献呈の呼称を記し(一見、誉め言葉ではないけど、愛情のこもった呼び名で)、それぞれに献呈本が贈られた。「高橋三千綱」のサインと同時に。

その記入日が、この本の発行日より、つまり本屋の店頭に並ぶより早い日付になっている。
まさしく著者献呈本である。

綱さんは当時、「群像」の新人賞を受賞して筆一本での生活をしていた。

収入は奥さんの働きにまかせて。生活はかなり苦しかったはずだが、そんな辛さや暗さは、仲間にはまったく感じさせなかった。

それにツナさんは何といっても颯爽とした二枚目で、とても恰好がよかったのだ。話しっぷりというか、つき合いっぷりというか、そういう彼のスタイルそのものが。

芥川賞を受賞して、僕の親友である仲間の一人が「高橋三千綱事務所」に一時期かかわって、受賞後のあわただしい運営などを差配した。


当時の方が「芥川・直木」賞に対する絢爛たるイメージは現在よりもはるかに大きかった時代で、一躍時代の、寵児となって、その後ツナさんは、自作の映画監督までやってしまうような売れっ子ぶりで活躍。

中沢けいさんのツイッターで知ったと書いたが、上述したように、中沢さんは綱さんの数年後に群像の新人賞を受賞、ツナさんが新人賞を取ったばかりの中沢さんを連れてきて、ワイワイ呑んだことがある。

でも中沢さん、自分が新人賞を受賞した直後に、ツナさんと会い。すぐにもツナさんが芥川賞を受賞して、驚いたかも……。

そんな想い出もありますね。

それからツナさんは大阪生まれで、幼少のころの実家は裕福な米問屋で、別荘を何件も持つような生活だったとのこと。そんなことを最近知った。

なんであれ、若き日の仲間である著名な作家が亡くなったのである。
当時のことなどを少しだけ……。

ツナさん、安らかに……ご冥福を祈ります。


合掌








中卒からトラック運転手……初当選の女性都議


中卒からトラック運転手……初当選の女性都議


2021年7月31日(土)

ネット上の「“中卒”からトラック運転者 初当選の女性都議〜」という文字が目にとまる(毎日新聞ネット)。

えっ、「それって、もしかしたら」と思ったら、案の定、見覚えのある顔写真が一緒にあった。

7月4日の都議選(武蔵野市選挙区)で初当選した「五十嵐えり」議員である。

僕自身も彼女に投票し、深夜に当選を知って自分の一票がむくわれた思いがした。


新聞のタイトルではないけど、

「中卒」「トラック運転手」「非正規で10年間の労働」などを経て、

自らも死ぬほど追いつめられた弱者(弱者切り捨ての問題)として一念発起……

「高卒認定」「夜間大学」「名大法科大学院」「弁護士」等の彼女の経歴をひと目見て、

この人だなと思って投票した次第。


「いのちを守る東京へ!」

「誰も取り残さない東京へ!」



選挙公報にあった、五十嵐都議のスローガンである。

人間として、政治家として、基本中の基本ともいえる認識。

こういう認識を示す政治家がほとんどいなくなった。


中学校でいじめにあっての不登校。

以後、不遇の青春時代を経ての今回の当選だった。

それにしてもこの経歴。

何という、不屈の精神だろう、この人は。

くわしくは、毎日の記事からどうぞ。
https://mainichi.jp/articles/20210730/k00/00m/010/396000c









第一回目のコロナワクチンを接種 なんとも呆気ないものだった


第一回目のコロナワクチンを接種

なんとも呆気ないものだった


7月7日(水)



昨日6日、一回目のワクチン接種を受けた。掛かりつけ医院で。
午後3時以降の受付だったけれど、毎日20人位が接種を受けているのではないのか、
その医院では。
ほぼ1時間ほど医院に滞在したが、接種者で待合室がいつもよりびっしりだった。

その接種だけど、何ともあっけないものだった。こちらはインフルエンザワクチンより痛いものだと思っていたのだが、医師がいきますと言って、チクリと注射針が刺されてすぐ,終わりです、と。ほんの1秒程度。
痛いというより、「えっ、それでお仕舞いなの」という感じ。

僕は前期高齢者に属し、申しこみ開始日から二日遅れて6月10日に申しこんだ。
もう少し早めに接種できるかと思っていたのだが、多少接種に逡巡したのがいけなかったのか。

二回目は三週間後の7月27日。
ここに至ってワクチンの供給量が低迷し、供給に懸念が生じて予定通りの接種が厳しいとのこと。
果たして予定通りに接種できるのかどうか。

供給の懸念については、自治体首長も政府のいい加減な方針にたいして声をあげ、話題になっている。
明石市長に続いて千葉県柏市の市長もやはり国の〈ワクチン供給不足〉に「納得いかない」と不満を表明。
柏市は僕が上京して最初に住んだ街なので、柏市長という文字が目にとまった。

そういえば昨日は、「今上天皇も接種」との報道に接した。
宮内庁によれば、
「個人情報だという認識に変わりはないが、天皇陛下が象徴としての地位にあられることに鑑みて、陛下の了解も得て公表したものだ」
とのこと。
宮内庁が皇室の接種を公表するのは初めてとのこと。

ところで、このところ連日、岡田正彦新潟大学名誉教授の
「新型コロナのエビデンス」というHPに目を通している。
https://okada-masahiko.sakura.ne.jp/
「テレビでは語られない世界の最新情報を独自に分析し日々更新」しながらの発信。
「正しい情報を偏りなく」という姿勢で。

興味のある方は、どうぞ。


※一応、備忘録として





映画「第三の男」は、 〈限定された空間〉で物語が展開するグランドホテル型だった


映画「第三の男」は、

〈限定された空間〉で物語が展開する

グランドホテル型だった


2021年6月15日(火)

巣ごもり生活がつづき、ネットでの会員映画サービスにはまっているが、
この一週間は古い名作映画を見続けている。

「第三の男」(1949年)「グランド・ホテル」(1932年)などの外国映画、
それに日本映画では定番ともいえる「東京物語」(1953年)をはじめとした小津安映画を数本。

未見の「グランド・ホテル」以外はうん十年前に観ており、一部忘れているものもある。(もっとも、ネット時代に入って以来、部分部分を見ているし、今は会員サービス加入で、その気になればいつでも視聴可能になり、ありがたい時代になった)

それで今回の視聴で、新しい知識を仕入れることができた。

特に「第三の男」では、その流れでミステリー関連本まで読んだ。

そこにあったのだが、この「第三の男」は物語の型からいえば、空間が限定される〈グランドホテル型〉であるとの解説に出合い、「ああ、そういうことか」と合点がいき、膝を叩いた次第。
ウィーンという街に限定された中での物語の展開となるので――

〈グランドホテル型〉とは群像劇の代名詞として知っていたが、
もうひとつ、限定された空間ないで物語が展開する〈空間限定型〉でもあるのだ。

参考までに、その五つの物語の類型を示しておこう。

1)ロードムービ型(旅もの)
2)グランドホテル型(空間限定もの)
3)バディ型(相棒もの)
4)サクセスストーリー
5)巻き込まれ型

この型の五つの分類は、脚本家で小説家でもある柏田道夫が自己流と断ってのもの。

柏田流の分類や、そのミックス型、分類の派生型などに当てはめてみると、
かなりの映画が、その型に当てはまって、「ああこういう構成で出来ている物語なんだ」と納得がゆく。

それで「第三の男」を見たついでに「グランド・ホテル」も見たのだった。
群像劇、群像物の代名詞でもあるこの映画は、見なくとも内容は想像がつくが、案の定、そのような出来だった。
ただし、多くの登場人物をホテル内という限定された空間での個々人のそれぞれの物語として、見事に編んで見せてくれるのは、それだけでも素晴らしい“業物”といえる。

柏田流の分類と共に物語の構成まで学べて、有意義な時間を過ごしている。



それから小津安映画の笠智衆の〈老け役〉には驚いた。実際の年齢と役柄の上での年齢の差に。
これまで、当たり前の老人として見ていたが、そうではなく、あれはあくまで笠智衆が演じた老け役だった。
「東京物語」の父親役を演じた時、彼は48,9歳だったと今回初めて知って、驚いた。
映画では亡くなってしまう「日本のお母さんとして知られた」夫婦役の東山千恵子が、この時65歳とのことだ。

そういう笠智衆の役柄年齢の一面を知って、古い映画に新たな興味を覚えている。
過去の著名な監督作品を、なぞって見てみようかとも想っている。



武蔵野市――後期高齢者のワクチン接種予約は約58%!


武蔵野市――後期高齢者の

ワクチン接種予約は約58%!



2021年6月8日(火曜)


ぼくは前期高齢者。今日6日の午後2時から、市内の医療機関での前期高齢者向けワクチン接種の受付がはじまった。

掛かり付け医でのワクチン接種を考えているが、このところ報じられる副作用(免疫反応=アレルギー反応)の影響で、いささか迷うところだ。


例えばある医学部教授は言う。
「抗体は約2ヶ月で半減し、3ヶ月でほぼなくなってしまうことがわかってきています。そのため、人工遺伝子が短時間で分解されてしまうのなら、3か月ごとにワクチン接種が必要になってしまいます。

しかしさらに一方、もしこの人口遺伝子が半永久的に残るのだとしたら……それは大変なことですね。つまり先ほどの〈免疫細胞による免疫反応が〉がいつまでも起こるわけです


緊急ということで、ワクチンの是非(仕組みや問題点)が完全に検証されないまま、摂取されているからだが、
そうかといって、素人には感染リスクがこわい。

半端な知識のまま、迷うところだ。

接種の判断はすべて個人に帰すが、

参考までにと、
市内の75歳以上の後期高齢者はどの程度予約したのだろうかと
市役所のワクチン関連サイトをチェック。

ありましたね。次のように出ている。




集団接種予約受付状況に関するお知らせ(75歳以上のかたが対象)

予約完了数:10,242名【6月6日(日曜日)午後5時15分時点】

予約枠に空きがあるため、インターネット予約サイト(24時間)、
または市コールセンター(平日午前8時30分から午後5時15分まで)でご予約いただけます。





分子は分かったけど、分母はどれくらいなのか。

調べたら、75歳以上の人口は2020年で17、511人とある。

つまり、ほぼ「58%」が接種を申し込んだということだ。

さて、ぼくはどうするか。












記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ