玉川上水(武蔵野市)の事務所から…

ライターの仁です。企業広報分野でIRなどの仕事をしています。 折々の、あることないことで、気にとまったことを発信します。

ドラマ「やすらぎの郷」と、元キャビンアテンダントのコンシェルジュ

2017年4月21日(金)

今月号の文芸春秋に脚本家の倉本聰が登場して、

今放送されて話題になっている

彼が脚本を手掛けたシニア向け昼の帯ドラマ

『やすらぎの郷』
について語っている。


かつて芸能界で活躍した俳優や脚本家だけが(ある基準にかなう

選ばれた人物のみが)住めるという(しかもお金はかからない)、

いわば夢のような老人ホーム(やすらぎの郷)を

舞台にしたドラマであり、

そこで倉本ならではの曰くありげなドラマが展開する。


何と言っても浅丘ルリ子、有馬稲子、八千草薫といった

往年の豪華女優陣が大挙して出演しているのが話題だ。


話題だし、

もう新作は見られないだろうとあきらめていた

御大倉本のホン(脚本)だし、

御大がこき下ろす最近のレベルの低い分かりやすいドラマとは

違うものを見せたいとのことなので、

とりあえず5回までを一気にネットで見てみた。


で、話はドラマについてではない。


脚本家を演じる主人公の石坂浩二がこの老人ホームに入園するときの

説明にあたる園の幹部とは別に、



ホームのスタッフとして

常盤貴子が演ずるコンシェルジュが出てきた。




この常盤の演ずるスタッフだが、

その挙措というか、立ち居振るまいや話し方、仕事着などを見ていると、




まさに高級ホテルのコンシェルジュさながらの出来だった。




で、このドラマ内のコンシェルジュという呼び方に納得したのだが、

他方で疑問も抱いた。


果たして現在の老人ホームに医療や介護などの知識とは別に、

これだけの高いレベルで

ホームの住人と接客対応できるようなスタッフなどいるのだろうか、と



というのはつい先だって、たまたまだが、

近所にこの3月下旬にオープンした特別養護老人ホームがあり、

オープン前に内覧会があったので、行って見てきたのだ。


町内にはすでに立派な(いや違う、「豪華な」と言った方が正しい)

老人ホームが一棟ある。


広々としたゆったりした敷地と、派手ではないけれど

外観のその造りから

豪華さがそれなりにうかがえる老人ホームがあるけれど、

100mほどの距離にまた新しい(別法人の)施設ができたのだった。


今という時代はどんな人にとっても、親兄弟や家族などの誰かが

こうした老人ホームや介護施設などを利用していて、

社会的にはきわめて一般的な施設と

なっているのは言うまでもない。


それに介護施設のデイサービスなどの利用者を送り迎えする

施設のワンボックスカーを

市内や町々で見かけるのはごく日常の風景でもある。


僕は「特養」の意味すら知らなかったけれど、

近所の人に誘われたこともあって、

せっかくの機会とばかりに、一時間ばかりその特別養護老人ホームを

興味本位で見学してきたのだった。

(半ば取材感覚で、メモ用のデジカメも

持参して50枚ぐらいはとっただろうか)


それでホームに入った老人がどういう生活空間で

どのような生活を送ることになるのか、

スタッフにもあれこれ尋ねたし、

介護専用の横たわったまま風呂に入れる機器の操作や、

見た目は同じでも、

健康人の肉体の筋力アップの運動機器とは

多少異なる(機器に運動の過剰を抑制する機能がある)専用の

機器などの説明も受けて、

見学としては濃密な一時間を過ごすことができたのだった。


(この機器の説明は業界の専門企業の人で、説明では

東京の老人ホームの建設はもう目一杯で、

今は神奈川県などに多く建っているとのこと)


そんなわけで、最近の新設の老人ホームとはどのような施設か、

そこで働くスタッフとはどのように人たちか等々、

にわかな知識でしかないが、

それなりに仕入れてきたのだった。

それでなくとも老人ホームや介護施設では

人材不足でスタッフが足りずに

社会的にも大きな問題になっているというのに、



いくらテレビドラマでも、

そこまでのまさにホテルマン同様の接客をこなしてしまう

コンシェルジュなどいないだろう
、と高をくくっていた。



ところが……これがいたんですね、現実に存在している。



僕が確認したわけではないけれど、

倉本聰が文春で言うには、当然脚本を書く前にいくつもの

老人ホームを取材したとのこと。


そしたらある私鉄系の老人ホームに元キャビン・アテンダントだった

人たちが勤務しているホームがあった
と語っている。


番組ではそれを参考にして取りいれ、

常盤貴子がほぼ同様の接客マナーで演じているとのこと。


で、この元キャビン・アテンダントの人たちは、一時期傾いた、

元日航の従業員とのことだった。

(個人的には以前、日航を取材したことがあるし、
高級ホテルにも仕事でかかわったこともある)


なるほど、数千万円を出してホームに入るのが当たり前だから、

これだけの高い接客の技能を保有しているスタッフが

存在しても不思議ではないということだ。

















ユナイテッド航空、株価下落損1100億円!原因は「従業員ファースト」に

2017年4月18日(火曜)

ユナイテッド航空の今回の事案は、色んな報道がなされたけれども、
その背景事情に明るくないと、何がなんだかまるで分からない。

でも、ダイヤモンドオンラインの記事
「ユナイテッド『乗客流血事件』が物語る航空業界の死角」により氷解。

なるほど、そういう発券・搭乗のシステムなんだ、現状の航空業界は。
そしてユナイテッドの特殊な企業内事情についても、納得。

元航空業界のコンサルタントという人が書いた記事だ。

ニュース以上に航空業界の現状が分かる。

詳しくは読んでもらうこととして、

今回の事案は「三つのミス」が重なったことによる、とのこと。

第一は、オーバーブッキング対応の明らかな「オペレーションミス」。

第二は、降りてもらう乗客に「通常の手続き」を踏まなかった
現場マネージャーのミス。

通常手続きなら、降りてもらう代償として金額が支払われる。
それも応募者がいなければ金額が次第にアップする。

それでもいなければ、抽選などの手続きに。この手続きを途中で怠った。

第三は、話がつかなければ、治安当局を呼び込むが、これは空港の警察官。
今回は3人の中の1人に不適格者が交っていた。

タイトルの「15万円が株価1100億円の下落」は、
さらに経営者(CEO)の発言ミスという第四のミスが重なったから。

第四のミスとは、従業員ファーストにこだわり、
事案の事実関係が曖昧なままの発言をしてしまったミスだ。

ユナイテッドって(コンチネンタルとの)合併会社で存続。旧ユナイテッドはつぶれかかり、従業員が株主になった珍しい企業。それゆえの従業員ファースト。

詳しくはこちらの記事を。
海外でのビジネスや旅行などには必要な情報です。








武士の“すり足”(七人の侍)と、刀の重さ

2017年4月14日(金)

「おい、俳優座は歩き方も教えないのか!」

と、撮影現場で大声をあげて怒るのは、監督の黒澤明。

怒られているのは、黒澤映画にデビューした仲代達矢だ。

20歳過ぎで俳優座養成所にいた頃のことで、単に浪人として歩くだけのシーン。名前もでず、映ったのはたった3秒。

仲代達矢が半生について語る新聞連載(朝日)で先週、
黒澤映画(七人の侍)へ初出演した撮影シーンのエピソードについて語っている。

浪人役で、にぎわう街の通りを歩くだけだったが、これが黒澤監督からOKが出ず、朝の9時に始まった撮影が午後3時まで掛かってやっとOKが出たとのこと。ベテラン俳優たちを待たせてのことだ。

農民たちが山賊から村を守るために浪人を雇おうとして、街を歩く浪人たちを物色するシーンだ。農民の前を歩く浪人の一人が仲代の役どころ。

何度歩いてもOKが出ず、とうとう助監督の指導で、昼飯も食わずに歩き方を練習させられたとのこと。

OKが出なかったのは、若い仲代達也に武士の「すり足」が出来なかったから。

武士が腰に差す2本の大小(刀)の重さは約2〜3キロ。野球の木造バットが1キロ弱なので、その2本分よりもっと重い。

そう、武士の大小を差した左の腰はかなりの重さになるので、当然、現代人の歩き方と違って、重いから「すり足」になる。

「すり足」について言えば、武道や能・狂言、それに(高位の)武家作法に始まる小笠原流などでもこの「すり足」は基本中の基本。

ついでに言うと、歩き方は日本人と欧米人ではまったく異なる。

黒澤が言った。

「本当に今の若い役者は……。刀ってのは重いんだ。だから腰をトンと落として歩くんだよ。しょうがない、OK」と、慨嘆しつつOKを出したとのこと。

ところでこのシーンの映画の映像では、全身が映ってるわけではなく、横からの歩く上半身が映っているのみ。

ただし歩き方で、現代人はともかく、昔の人はそれなりに「すリ足」の歩行かどうかは分かったかもしれない。

上半身だけの歩く映像だけでも、どの様な歩き方をしているかは、なんとなくわかる。

「すり足」に目がとまったのは、僕が日常的にそのすり足を体験しているからだ。ウォーキングのとき足首に三浦雄一郎よろしく重しを撒いて歩く。

もちろん歩けるけれど、重いので足を上げて歩いたり走ったりはできない。意識しようがしまいが、ほぼすり足気味で歩くことになる。

若い頃、武道をやっていたからすり足は体に馴染んでいるけど、すっかり忘れていて、今回、足首に重しを撒いて、あれこれと思い出した。








桜とミサイル

2017年5月8日(土曜)

武蔵野市内は桜が満開。都心より数日遅れている。ところがこの数日、南風ではあっても強い風が吹き荒れて「花散らし」の風となっている。

2017西久保公園桜
西久保公園の桜

例年なら、個人的には恒例となった、三鷹の国際基督教大学の一直線に伸びる500mの桜並木(ICUの学生たちは「滑走路」と呼んでいる)を訪れるのだが、こうも風が強いと、お花見どころではない。で、町内の西久保公園の桜を通りすがりに見たのだった。

母親と、中学に入学したばかりだろうか、真新しい制服姿の娘さんがいて、母親が桜をバッグに娘さんの記念写真を撮っていた。近所の人だろうけど、娘さんには一生の想い出となる――。

そんな満開の桜とは対照的に突然の国際情勢には唖然とするばかり。

何をしでかすか分からない、そして何をしでかしてもおかしくないトランプ大統領だけど、いきなり59発のミサイルでシリア攻撃とは仰天の至り。

これも基本はビジネスマンとしての判断を優先させての効果を見はからってのことなのだろうか……、それも米中首脳会談の直前にいきなりだ。ロシアの反発は必至だから、世界情勢に大きな何らかの力がさらに働いて、異常事態に発展しないとも限らない。――この日はアメリカが第一次世界大戦に参戦した日とのこと。

例によって変則的な生活のため起きているので、ブログも変則的に未明の変な時間にアップした。










生活がひっくり返ったまま、桜の季節を迎える!

2017年4月1日(土)

4月になった。ブログのアップがすっかりご無沙汰になっている。

生活がまるで不規則。昼夜の逆転はいまや当たり前で、体がすっかり夜型に慣れきったというより、そのように仕上がってしまっている。若いころからだから、これはこれで正解。仕事が忙しいからで、まあ結構なこと。さらに言えば、順調にはかどっている(のだろう、この状況からすれば)。

気がついたら36時間も寝てない状態が、2月中旬頃から何度もある。ええっ、こんなに寝ないで起きてるけど大丈夫かと気になったけど、頭はきっちり稼働するし、まったく平気だ……と思った数分後にいきなり、睡魔が襲来するなどということも何度か味わった。寝たら寝たでいったん目は覚めるけれど、再び寝込んで、目覚めたら12時間も眠っているのを、このひと月の間に何度か経験。

一週間や十日単位の仕事が重なって押し寄せてきたからで、何とか対応している。ただし36時間も寝ずに、仕事オンリーで延々PCに向かって文字を打ち込んでいるわけではない。飽いたら飽いたで昼間なら気分転換の散歩もありうるけれど、深夜や未明だとそうはいかない。そうかといって読書できるほど頭が冴えてるわけではないから文字を読むのも億劫で、どうやって気分転換を図り、効率よくPCに向かえるかが、このところの課題だ。

今月は少し余裕ができるはずだから、ブログをまた書き始めよう。

ところで武蔵野市では明日の二日が「桜まつり」。このところ首都圏は寒くて冬に逆戻りしているから、東京での開花宣言はあったものの、2、3日前の市役所裏の桜はまだ二分咲きと言ったところだったが――。








記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
直木賞 選考委員 (「食い逃げされてもバイトは雇うな」な...)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
直木賞 (川田亜子 谷口元一 画像)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
Categories
  • ライブドアブログ