玉川上水(武蔵野市)の事務所から…

ライターの仁です。企業広報分野でIRなどの仕事をしています。 折々の、あることないことで、気にとまったことを発信します。

泥酔して紛失したバッグが、位置情報で戻る!


泥酔して紛失したバッグが、

位置情報で戻る!



2019年2月26日(火)


昨夜、酔いつぶれて大きめの仕事用バッグを紛失。


電車に置き忘れたのか、それとも駅になのか、
まったく記憶にない。


飲み屋さんではないはずだ。
僕のなかでは電車だろうという思いが強い。


バッグには財布や銀行カードの類、免許証、スマホ……仕事関連書類と
日常の生活に必要なものがすべて入っている。


今日の午前中は二日酔いでほとんど頭が働かず、横になったまま。


でもその働かない頭で、
電車の中か、駅だろうかなどと考えるともなく考えている自分がいる。


昨夜、某駅から帰りの電車に乗ったことも、電車で戻ったことも
記憶はすっかり消えている。


ただ朧気ながら、何となく自宅の最寄りの駅のホームに下車したとき、
たくさんの乗降客のなかで、カバンを持っていないような身軽な気がした。


そして、駅から自宅までの戻った記憶もない。


午後になってどうにか起きたら、まだ頭がふらふらしている。


カフェインたっぷりのコーヒーを飲むも、
いまひとつスッキリしない。それでシャワーを浴びた。


やっとこさ目覚めて、それからが大変。


預金通帳だと、銀行CDで入金はできても金は引きだせない。


バッグを失くしたということより、

バッグに入っていたあれやこれやを失くしたことで、

生活に支障をきたす思いが次第に頭の中に膨らんできて、

思考をそちらに奪われる。


銀行カードなどの再発行の手続きをPCのネットで検索する。


まともに手続きしたら、カードなどの数だけでも大変だし、
手続きに取られる時間だけでも頭が痛くなってくる。


それにPCで、手続きを調べているのすら面倒でやっかいだ。


救いは免許証だ。
こちらは、運転免許試験場だと一日で再発行が可能とある。


そういうことをチェックしながら、駅に電話しようとしても
駅の電話は探しても出ていない。


あるのはJRの忘れ物センターのみ。
そちらに掛けても、昨夜の今日ではらちが明かないだろうと判断。


で、僕は鉄ちゃんゆえ、それなら思い当たる電車区を
当たってみようかとも――電話番号までは調べなかったが。


この間、午前中から幾度か自宅の置き電話で
亡くした自分のスマホに電話を掛けてみる。


誰かが出てくれれば、それで話ができるだろう、と。


呼び出し音が鳴るが、途中で録音云々の返答の声。その都度切った。


後でわかったが、スマホはマナーモードになっていた。


これは困った。ほんとに困った。どうししよう。
ガックリきていた。


幸い、仕事関係でなくしたのは、PCに入っていてプリントでOKだ。


そして、スマホの位置検索があるのでは、と気づく。


ネットでチェック。
そしたら前もって設定しておかないとダメとある。


う〜ん、残念!


で、今度はグーグルをチェック。
そしたら、こちらはマイ登録していると、位置情報が使えるとのこと。


で、やってみた。


出てました。


PC画面の地図上に某駅が記され、
そこにスマホがあることを示す色付きの丸が表示されている。


僕のスマホがそこにある。バッグはそこにあるはず。


その位置情報を信じ、
その駅に出向き、失くしたバッグを受けとった。


大きな安堵を覚えて、胸をなでおろした次第。


バッグをなくすなど初めてのこと。


これも、シニアの年齢になって出来(しゅったい)した出来事か、と。













幻冬舎――統一教会やオウム真理教と戦った、有田芳生相手に、勝ち目はない!


幻冬舎――統一教会やオウム真理教と戦った、

有田芳生相手に、勝ち目はない!



2019年1月23日(水)

思わず、大きな声で、吹き出してしまう。

幻冬舎の本屋さんへの配本システムについて、
参議院議員・有田芳生が言及。

幻冬舎は一番痛いところを突かれたからだろう、
代理人として弁護士6人の連名で、有田芳生に謝罪を求めている。

この件で、幻冬舎刊行本の「押しつけ本でベストセラー」の仕組みが
ネット上で公になっており、
「なんだ、つくられた似非ベストセラーか」と、納得した次第。



吹き出したのは菅野完の以下のツイートによる。

「そもそも統一教会と何十年と喧嘩し、オウム真理教とあそこまで喧嘩した有田芳生に、〈弁護士からの通知書〉なるものが効くと思ってる方が、だいぶアホだし、子供じみてる」


うべなるかな。


すでに有田は、弁護士からの通知書に対して、

「まともな文章を書きなさい」と、

文章を書いた弁護士名まで挙げて小突き回している。


むしろこの件では、

幻冬舎は大きな痛手をこうむるのでは――











おっしゃる通り――薬を飲んでません! 検査数値の軒並みアップ


おっしゃる通り――薬を飲んでません!

検査数値の軒並みアップ



先週、糖尿病の診察日だった。

HbA1cが7.6に上昇。

血糖検査も155へアップ。

他にLDLコレステロールが前回100の正常値から
167の異常値へアップ。

まだある。
GPTも中性脂肪も異常値を示している。

それで、
医師から、「薬を飲んでないのでは」と、おしかり。



四種の薬を処方してもらっているけど、服用は二つのみ。
途中から加わった処方薬を外し、飲んでいない。

数値がさがり、あまりに効きすぎてむしろ抵抗を覚えたのだ。

それでまずひと月……数値は上昇せず。
それで、前からの二つのみの服用を維持。

そしたら数値がアップして、「飲んでないのでは」と。

で、そのくだんの薬は確かに効くんだけど、
習慣づけて飲まない方がいい薬の噂が高いのだ。


どうするか……判断がむずかしい。

そもそも糖尿病と診断された時から数年は、薬は処方されていなかった。

それが数値が上がり、服用が常態化し、
薬の種類が一つから二つに、
そして三つ、四つと次第に増えた(降圧剤なども)。

抵抗を覚えつつも、服用してきた。



顧みれば、処方されていなかった頃は、
アルコールは完全にやめたし、
糖質制限食を提言した、京都の、ご自身も糖尿病の先生のスタイルを
初期の頃から学び、意識して取り組んだ。

それでも、時間の経過とともに薬は処方された。

服用し出して数値が安定化したり、下がったりする。

なんだ、数値はあがっても薬があるじゃない。

すこしばかり気が大きくなって、
アルコールを飲んだり、
注意していた食べ物も食べるようになってしまう。

で、薬が増えていく。



治したいが、治るのかどうかはともかく、
長〜い病との付き合いになるから、
今回は折衷案で、服用の回数を減らそうかと考えている。

完全な素人考えだけども――。

長期間の病との付き合いとなると、
あれこれ、考えなくていいことを考えてしまう。

重症ではなく、自覚症状として表れていないからだが、
それでも、数値は次第に上昇している。

効果のある薬に従うべきなのかどうか……迷うところだ。











クリソツ――これを聴いてごらん!  まさに……2018、天界から大瀧詠一降臨!


クリソツ――これを聴いてごらん!

まさに……2018、天界から大瀧詠一降臨!



勘ちがいしないで――


師匠じゃない、大瀧詠一じゃないんだよね、この歌声。











驚きだね〜、これ、カバーだって。

最初、まったく大瀧師匠本人だと、全然疑わずに聴いていた。

そしたら、カバーという文字が目にとまり、
「えっ、そんなはずは……」と。

で、イヤホンで聴いてみた。


歌っているのは
sammy.koiwaさんという方。

ファンが結構いる。

この方、
数年前から大瀧サウンドをカバーしはじめ、
ドンドン上手になって、

2018年は、もう、
大瀧詠一の天界からの降臨とも言えるレベル。

カバーではなく、大瀧師匠のつもりで聴いている。


ナイアガラー仁






2018年12月1日(土)
















東京医大、五反田地面師事件、KYB(旧カヤバ工業)、スバル――いずれも個人的に何らかの関りが


東京医大、五反田地面師事件、

KYB(旧カヤバ工業)、スバル

――いずれも個人的に何らかの関りが




2018年11月7日(水)

インシデントで世間の耳目を集めた組織や場所を並べてみたら、
なんと、個人的にこれらの組織などと関係・関連があった。


東京医大は西新宿にある付属病院にかつて一ヵ月入院したし、

五反田の地面師事件では同じ西五反田に住んでいたので、
駅近くの古い旅館と聞いて、すぐにあの場所かとピンときたし、

KYBは若い頃、浦和工場(既に閉鎖)で、
それこそ油圧機器の検査試験のアルバイトでかかわったし、

スバルは富士重工の広報誌の仕事でかかわっていたしと、

それぞれに何らかのつながりがあった。



これだけ話題になっている組織や場所に個人的に
何らかのつながりがあるとは、

いったい、どういうことなんだと時空をさかのぼって
考えるともなく考えてみるが、
これって単なる偶然なのだろうか。

あるいは、ぼく個人の行動半径がそれだけ大きく
動き回っていたということなのだろうか――結果として。


もっとも、一部上場企業となると、
広報絡みの仕事でかなりの数の企業に関わってきたので、

業界・業種でみれば、トップ級の企業とはかなり関わってきており、

一旦それらの企業のインシデントとなると、
おそらく他人様(ひとさま)よりは、その関わりでは
結果としてかなり多いということか。

現に五反田の地面師事件の被害者となった積水ハウスはやってないけど、
他の住宅メーカーや不動産会社のトップ級の企業の仕事はやってるし、

自動車会社もトップはやってないけど、スバルの他にもやっているしね。





※編集中

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
直木賞 選考委員 (「食い逃げされてもバイトは雇うな」な...)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
直木賞 (川田亜子 谷口元一 画像)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
Archives
Categories
  • ライブドアブログ