玉川上水(武蔵野市)の事務所から…

ライターの仁です。企業広報分野でIRなどの仕事をしています。 折々の、あることないことで、気にとまったことを発信します。

同性愛者の悩み――「恋人(彼)」が結婚して不安



同性愛者の悩み

――「恋人(彼)」が結婚して不安

 

2018年9月20日(木)



先週の朝日新聞の「人生相談」欄。


とり上げていたのは
男性の同性愛者からの悩みだった。


相談者のこの人は30代後半で、


年下の彼が、


親の強いすすめを断り切れずに
見合い結婚したとのこと。


恋人の彼は子供が欲しいとも。


そう言いつつも、その結婚した彼が言う。


「今でも一番大切なのはあなたで、これから先も、ずっと会いたい」


で、相談者がつぶやく。


彼の気持に偽りはないと確信しており、
自分も彼を愛しているので別れたくない。


自分たちの関係は一切ばれていないが、


結婚相手への嫉妬や、


紙切れ一枚での結婚に負けてしまう
自分への悔しさなどの感情から、


そうした気持と葛藤する日々で
不安な気持を抑えきれない。


この先、どう過ごしたものか、


回答者である
美輪明宏さんの意見を聞きたいと。


おそらく相談者は、
若い頃に同性愛をカミングアウトした美輪だからこそ、
尋ねてみたい、
と思ったのかもしれない。


とまれ、
いや〜、この悩み相談を読んで、


どう答えたものか、
僕にはまったく思い浮かばなかった。


色恋沙汰はまったくお手上げ
でもないけど、


「同性愛」となると
その感情はなかなかおぼつかない。


いやいや、待てよ……つまりは同じかな、
異性愛であれ、同性愛であれ、恋愛ならば。


でも、今という時代ですね〜、
こうした相談事は。


かつての朝日なら、
いや、一般紙ならまず掲載は考えられない。


それとも水田議員の「新潮45」論文への反論に対しての
反論特集が「新潮45」から出てこの数日、
騒がしいご時世もあってのことだろうか。


ともあれ、同性愛者の悩みと、
美輪の回答が面白いので
とり上げた次第。


回答は、
舞台演出者でもある美輪らしく、
なかば物語仕立てのように説いてある。


美輪曰く。


「愛している」と書いていますが、


「愛してなんかいません」と
真っ向から相談者をまず否定する。


「恋慕しているだけ、それは恋です」とも。


で、愛と恋の違いについてひとくさり。


「狂恋」「邪恋」はあっても
「狂愛」「邪愛」という言葉は存在しないと。


「恋愛」とは言っても
「愛恋」とは言わない。


恋が先で、愛はあとに来るものだから……。


「恋」は自分の欲望なのだと。


「ずっと抱き合っていたい」


「セックスしたい」


これらは自分が主語で、


欲望を満たし、
孤独から逃れるために
相手が必要な状態だと。


だから待ち合わせで待たされると
相手をなじり、
怒る。


自分の方が大事だから。


買い物では
「彼に褒められたい」
「かわいく見せたい」
という思いで品物を選ぶ。



これが愛に行き着くと、
どうなるか。


世の中のすべてが
相手中心に回り始めるもの、だと。


自分は二の次、三の次になる。


それが「愛」だと。


自分の物を買いに行っても


「相手に似合いそうだな」という物を
見つけて買ってしまう。


自分のものは後まわし。


待ち合わせに来ないと
「事故に遭ったのでは」と心配になる。


「仕事で忙しいのに無理させたのでは……。
だったら来なくていいのに」とも、思うとも。


遅れた相手がやって来てあやまると、


「いや私もきたところだから」とうそをついて、
相手に負担をかけないようにする。
 

だから、
相談者がしているのは「恋」だと。

 
相手の妻に嫉妬しているのが
何よりの証拠だと。

  
愛しているのであれば、
相手の妻に感謝するはず。


自分だけでは
相手を満足させることができないし、
子供も産めないのだから、


妻が子供を産んでくれて、


彼がパパとして幸せになれば、
それでいいと思う。


それが「愛」でしょう、と。


彼の妻とあなたは同志ですとも。


「彼を幸せにしてくれてありがとう」
という気持で、


彼の妻にも子供にも
親切にしたくなるでしょう。


そうしたことに気づかず突き進めば、
ストーカーです。


ストーカーは犯罪だし、ウザいだけ。


現状のまま彼に感情をぶつけると、
彼には重荷になり嫌われます。


「ここは大きな愛情で、
彼のすべてを受け入れる覚悟を持ってほしい」


そうすると相手も楽になり、
自分も解き放たれる。


要は「惚れようが足りない」
と締めくくっている。


お見事。


相手が異性であれ、同性であれ――。
人間が人間を愛する、
それだけだ。


そういうことを、
美輪は言っていたはず。




虚を突かれた、9月中旬、せみ時雨の大音響



虚を突かれた、

9月中旬、せみ時雨の大音響




2018年9月14日(金)


外出から戻って仕事部屋の窓を開けたら、
コオロギの鳴き声が闇のなかから響いてくる。




ああ、季節だな〜と。




9月に入ってあわただしくなった動きにかまけて、
虫の音に耳を傾ける時間もなかった。




時刻は午後6時半。




40分ほど前に日没を迎えた。




曇り空だから、5時半になると宵闇が忍びよっていて、戸外はもう薄暗い。




9月も中旬だから、コオロギの鳴き声が珍しいわけではないが、
実は昨日、自転車を走らせて小金井の学芸大学構内を走った。




午後5時頃だったろうか。東門につづく大きな並木道に入った途端、
アブラゼミをはじめとして、いきなりせみ時雨の音響が降りそそいできた。




虚を突かれたようで、唖然とした。




秋の虫の鳴き声ではなく、まさしくせみ時雨で、
「9月の半ばに、これだけの蝉が鳴くのか?」と、
思わず頭上の枝葉を見上げていた。





まあ、季節の変わり目であり、夏と秋が混在している今の時期だから
それはそれで珍しいことでではないものの、
今週に入って、毎日がぶ飲みしていた冷たいものから、
暖かい飲み物を欲するようになった。



そんな季節の変化、身体的な変化もあって、
頭上の“盛りの真夏”にギョッとしたのだった。





とまれ、片や真夏の鳴き声、片や秋を忍ばせる好対照の鳴き声に
一日違いで触れて、何事かを感じいった次第。










原発事故の避難者と、車中で隣り合わせに


原発事故の避難者と、

車中で隣り合わせに



2018年9月9日(日)


昨日、僕は法事で東京〜仙台間を往復した。




帰りの普通電車内でのことだった。




「あなたは、どこなのよ,どこなの?」




70歳前後とおぼしいご婦人の5、6人連れだった。




そのうちの一人が、通路をはさんで座る別の一人に尋ねた。
周囲に聞こえる声だ。




話の様子から、
以前住んでいた町を、出身地を尋ねたのだった。




「○○よ、○○」




町の名の返答があった。




ただし、その町名の響きに僕は、一瞬ハッとしつつ、
小さなショックが覚醒するように頭の中にひろがった。




返ってきた町の名は僕の耳にも馴染んだ、それだった。




メディアを通じて幾度も耳にしている町名だ。




福島の原発事故で避難を余儀なくされた地域の町名である。




すると、このご婦人たちは……。




東北線の福島始発で郡山方面へ向かう上り普通電車の中で、
まだ発車はしていない。




僕はいわゆる〈乗り鉄〉で、
阿武隈急行で福島駅に着いたのだった。
そして、新幹線に乗り変えるつもりでいた。




それがうまい具合に東北線普通列車の乗り継ぎがあったので、
それなら郡山まで行っちゃおうということで、乗ったのだった。




ご婦人連れは、失礼ながら、個人差はあるけれど、
顔のシワや振る舞いなどから70歳前後とおぼしく、
僕とは席が隣り合わせと、向かい合わせになったのだった。




車内はやや混んでいて、遅れて乗り込んだご婦人連れは、
座っている人の一人目が立ち、二人目が立ち、
三人目が立ちというい具合に、席をそれぞれ譲られている。




このご婦人連れは、浜通りの福島第一原発事故の地元の
被災地の町々から、中通りの郡山市に避難している人たちのようだ。




福島市で何かの集いがあり、その帰りらしかった。




ご婦人連れは、話の様子から一部にはかつて職場で一緒だったという、
長い付き合いの人もいるものの、
それ以外の人はそれぞれが付き合いは浅く、
避難先が同じ所か近所なので、
せいぜい避難者同士の知り合いということなのだろう。




ご婦人連れが話しているのはもちろん福島弁で、
それもどうやら浜通りの福島弁のようだ。




福島と宮城の県境近くの田舎町で育った僕は仙台弁だが、
浜通りの福島弁は話せなくとも、会話の内容はほとんど分かる。




その町名がずしんと響いて聴こえたきり、隣同士の話し合いになって、
あとは何を話しているのかはよく分からなかったが、
郡山に着いて、一緒に下車したのだった。




老境に入ってからの震災、つまり原発事故に遭遇し
以来それまでの穏やかな生活がガラリと一変し、
それこそ察するに余りあるが、
数年に及ぶ避難生活の苦痛きわまる日々の
精神的なストレスは如何ばかりのものだろうと……思いつつ、
ホームに降りたご婦人たちの背に、「皆さん、より交流を深めて、
そしていつまでもお元気で」と、つぶやいたのだった。




原発事故による避難している人を目の前にしたのは初めてのこと。




メディアでは何度も見たり、聞いたりしているけれど、
やはり非難している人を直接目の前にすると、
感じるものが全くことなる。ビリビリと胸中に響いてくる。




法事の帰りの我が身である。やはりいつもと何かが違う――。
















気に入った美容室を探すのも、結構手間がかかる……

2018年9月5日(水)

台風21号の影響で関西地区が、関空をはじめ各地で

多大な被害を被った翌日の今日(東京でも暴風のすさまじさに驚愕、

10年ぶり、いや数十年ぶりとかで、確かにこんな強風を経験した覚えがない)、

空いてるだろうと見込んで、出向いた美容室がいっぱいだった。初めての店だ。

終末に法事があるので、一応カットだけでもしておこうかとのことで出向いたのだ。

週に何度もその店の前を通っており、そんなに混んでいるとは思えないのだった。

それでも一応、ネットでチェック。でも、予約もせずに出向いた。

そしたら店の前に自転車がいっぱい並んでいる。

その店の前で、そんなに並んでいる自転車を見たのははじめてのこと。

意外だったけど、これは混んでるな、と思いつつドアを開けたら、

案の定、客がいっぱい。

で、引き返す。

10年通ったお店の担当さんがよそに移ってしまい、

それを機に他店をさがしてみた。

それでその後、二か所に出向いてカットした。

が、いずれも外れ。

それで今日、新たな店に出向いたのだった。

話がかみ合って、腕もまあまあとなるとなかないるものではない。

あるいは話はかみ合わなくとも、なんとなく気心が通じ合う相手であれば、

それでもよいのだけれど、これがなかなかいないのだよ、これが。

僕はもうシニア言ってよい年齢だけど、20代の頃から美容室に通っている。

若い頃、広告など創っていたから、

青山当たりの有名な美容室の有名な美容師さんなどとも仕事をしたことがある。

撮影などで、彼らにスタッフとして参加してもらうのだ。

だから、そういう店にも(とびぬけて高い料金だけど)何度も出向いていた。

それや、これやで美容業界とか美容師さんの裏側とか、いろんな話を聞いた。

今は、そんな有名店に出向くなどの贅沢はできないし、しようとも思わない。

思わないけど、これって僕の内部で習慣化してしまっているということか、

上述したような美容師さんをそれとなく求めているんだよね、なんか。

もしかしたら、なかなか居ないかもしれないけど……それでもなんとかしたいもの。

で、いつになったら、「お任せ」というだけで分かってくれる、気心の知れた

新しいお店の担当者が見つかるのか――。








インバウンドによる観光公害――住民への迷惑、各地に!


インバウンドによる観光公害――住民への

迷惑、各地に!



2018年8月25日(土曜


今日の日経夕刊の社会面に「訪日客 暮らしに波風」との見出しで、

インバウンドで来日した観光客がもたらす、マナーを無視した行動により

国内各地で住民に迷惑がかかっている、との記事。

――鎌倉高校前の踏切で車道に広がって撮影する観光客――
鎌倉高校前踏切

※写真は「フォトポタ日記」さんより――鎌倉在住の方で、2016年7月ごろの写真


知人がインバウンドをプッシュするポータルサイトで

ビジネス展開を図っているので、この記事に注目した次第。


記事がとり上げているのは、

暮らしの場における撮影スポットとして

すでに数年前からその観光公害が問題になっている

アニメ・スラムダンクで知られる、

江ノ電、鎌倉高校前駅近くの踏切のケースなど。



この踏切の場合、車の交通の迷惑になるのもかまわず、

電車が通ると踏切前の車道いっぱいに観光客が広がって撮影に興じたり、

近所の病院のトイレを無断使用したりと、

迷惑など何のそのという具合。



でも最近、確か似たような記事があったなと、

それも世界中で起きている「観光公害」のはずだったとチェック。



そしたら、やはり日経8月8日の夕刊の一面にでかでかと、

「観光公害」が世界中に蔓延していて、

その対策に各国の観光地が追われているという記事が見つかる。

ペルーのマチュピチュでは入場規制が、

モアイ像で知られる南米チリのイースター島では、

ごみの処理能力などの問題で滞在期日の短縮に踏み切ったりと、

その対策に追われているとのこと。



それに日本での対策事例として、

築地のマグロ競りの見学では一日120人に制限され、

仲卸売り場の見学開始時刻の繰り下げ、

それに世界文化遺産の姫路城では

一日の入場者の目安を1万5千人にするなどが紹介されている。



施設やお城なら、まだ管理者がいるので対策がとれるが、

問題は上記の鎌倉高校前の踏切のように、

街中の撮影スポットや、風光明媚な観光地に隣接して

無断侵入される私人の施設や踏み荒らされる畑や農地などの場合だ。



個人ではとても対応できるものではない。

行政が動かないと、どうしようもない。

国もインバウンド政策の推進のみを謳うだけではなく(おそらく、

それなりに対策に動いていると思うが)、

真剣に「観光公害」に対応してゆかないと、

後手、後手で収集つかなくなるのではないのか。



1000万人のインバウンド政策を掲げた

「ビジットジャパン・キャンペーン」をずっと昔

霞が関の実施本部のトップに取材した頃は、

「観光公害」など夢にも思わなかったが、

「観光公害」は世界の観光先進地ですでに起きていたはずで、

その意味では行政の手抜かりといえよう。



スペインのバルセロナでは900万人が宿泊(17年)し、

宿泊施設の増加による地価の高騰やマナーを守らない

観光客への反感が高まり、市民が考える社会問題では

以前1位だった失業率をおさえて「観光」が1位になっているとのこと。



日本もそうならないことを祈りたい。






記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
直木賞 選考委員 (「食い逃げされてもバイトは雇うな」な...)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
直木賞 (川田亜子 谷口元一 画像)
直木賞 三鷹市在住の井上さん
Archives
Categories
  • ライブドアブログ