昨日の「水曜どうでしょうC」は、「2周年企画、秘蔵VTR大公開」第1夜でした。

HTB編集室(?)にて、ミスターが長嶋監督、大泉氏が西城秀樹の扮装でツーショットです。特に、ミスターは念入りにメイク、長嶋監督の青々とした髭剃り後を表現しています。(笑)

まずは、記念すべき第1回放送、サイコロ1です。
「見所は、あんた」とミスターから御指名を受ける大泉氏。何と言っても、髪の毛が短くて、鶴見辰吾または東野幸治のようですから。(笑)
初の深夜バス体験、急行「きたぐに」で寝台が1つ確保できず、自由席に回された大泉氏などのシーンが紹介されました。思わず、「痔です」とカミングアウトしてしまう大泉氏が印象的です。(笑)

さて・・・
次は粗大ゴミで家を作ろうが紹介されました。
夜中、粗大ゴミを探して彷徨っていると、酔っ払いのおじさんが自転車でフラフラとやってきます。止まりそうも無いので、こちらの車を止めて様子を見ていると、手前で曲がっていき、なぜか転倒していました。一同大爆笑です。

夜が明けて朝、集めた粗大ゴミで家らしきものが出来ました。
なぜかミスターがハゲづらを被り、大泉氏が妻役に扮し、早朝からショートコントです。ハゲづらのミスターを会社へ送り出し、エレクトーンで「猫ふんじゃった」を演奏する大泉氏でした。早朝の分譲地にこだまする「猫ふんじゃった」がシュールです(笑)

ちなみに、当時の視聴率は1.6%だったそうです。
「ダメ、世の中には封印すべきものもある」というミスターのコメントがナイスです。(笑)

次に、闘痔(湯治)の旅が紹介されました。
24時間でより多くの温泉を回って、闘痔(湯治)しようというダジャレ企画でした。
泥沼のような温泉、清掃中でお湯の無い温泉、先客のおばさんに怒られた温泉、水没していた温泉、真っ暗な八甲田、雨の中驚かすミスター、恐山閉山中でジ(痔)・エンドという、散々な目に遭い、最後もダジャレで終わった企画でした。(笑)

最後に、サイコロ2が紹介されました。
西城秀樹の扮装の大泉氏、新神戸で踊ったり、熊本で寒さを痛感したりの大活躍。
そして、伝説の壇ノ浦レポート。二晩続けて深夜バスだった一行、「辛いんだよ〜」とマジメに訴える二人。「ディレクターがね、うなされてるんだよ」の名(迷)台詞もありました。
また、目を開いて眠る大泉氏の姿も・・・。(笑)

といったところで次回へ続くとなりました。