水曜どうでしょう等に関する雑文

水曜どうでしょう、おにぎりあたためますか、ドラバラ鈴井の巣、ハナタレナックス、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真、TEAM-NACS等に関して、また、競馬、阪神、日本ハムについて北海道在住の古本屋店主(古書漫画屋)が思いのままに綴る雑文。

最新作

原付日本列島制覇完結!?(笑)

けもの道
けもの道
クチコミを見る


18日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の最終夜でした。

2010年8月1日7:15、和歌山市内の宿を出発するどうでしょう軍団
和歌山港に向かう途中、並んで信号待ちをするカブを発見。「藤村君に似てるなぁ」「着ている服のセンスといい・・・」「あぁ、イライラしてきた」「ぶつかってやろうか!?」と何の関係も無い一般人にイラつく大泉氏です。

港が近付くと南海フェリーの看板が見え始め、大泉氏がダジャレで笑いを取ろうとして大失敗。シラけた雰囲気の中、「前も乗りましたね」「何回(南海)目か・・・」とミスターがダジャレでフォロー。更に「大泉君の話は、難解(南海)でした」などと、立て続けにダジャレを連発する余裕を見せるのでした。(笑)

8:30、和歌山港を出航し、10:30、徳島港へ到着。徳島市内を抜け阿南市を通り、国道195号線へ。今回も山の中へのルートとなります。
正午を回った頃、ようやく「高知市144km」という標識を確認。まだまだ厳しい旅は続きます。
その頃、道産子のカメラマンは竹林に夢中。出演者そっちのけで竹林を撮り続けます。「仕方ないよね」「道民は、竹林見たこと無いもの」(大泉氏)、「美瑛の丘のほうがいいよ」(嬉野D)などと、道民と内地の人との見解の相違を垣間見た瞬間でした。

そして、またしても古民家について語り始める宮大工。「家には大きな柱ってものが必要」「『どうでしょう』だと前の人かい?」(大泉氏)、「そうだね」「ミスター、大黒柱さ」「あと、梁は『大泉洋』ってのがいるけど・・・」「時々、落ちてくるからなぁ」「これは、代えたほうがいいんですかね?」(藤村D)、「・・・」(大泉氏)、「一瞬、黙っただろ」(藤村D)、「ドキッっとしたもん」「いやいや、代えないほうがいいよ・・・」「クソ!!、ずっと、しがみついてやる」(大泉氏)などと、出演陣交代話に発展して思わず絶句する大泉氏でした。(笑)

ここで、道の駅に入り休憩。
「(昨晩の約束を)忘れてねえだろうな」(藤村D)ということで、ミスターに派手なコスチュームと積載物が課せられます。とは言っても、道の駅で急遽購入した草木染のスカーフとか洋服なので、単におばちゃん化しただけなんですけど。(笑)
積載物も軽〜い「お茶の葉」(相生番茶)なので、大した負荷にはなりません。

スカーフをハタメかせ、大泉氏の後ろを走るおばちゃんバイク。「これで、『どうでしょう』だとは思わないだろ」とバレる心配がなくなったと安心する大泉氏ですが、ミラーに映る「おばちゃん」に恐怖を感じ始めます。
「追っかけみたいで・・・」「怖いって・・・」「何処まで一緒よ?」「交わしても付いて来る」「ミラー一杯、おばちゃんだもの」「笑ってるよ、怖いよ」などとストーカー行為とも受け取れる行動に恐怖する大泉氏です。(笑)

残り102km、那賀町内を通過。
久しぶりに正面からの画で撮影。まずはミスターですが、寄ってくるのは「おばちゃん」なので「これは怖い」と藤村Dは大爆笑です。続いて、大泉氏。グッと寄るカメラに向かい眼力を強調、「桂浜へ!!」と力強く叫んだところで、正面からの撮影は終了。

その後、一行は四ツ足峠トンネルへ突入。このトンネルの中で高知県内へ入ります。
「寒〜!!」と奇声を上げる「おばちゃん」。高知県内へ入り、挨拶をする大泉氏。「高知ロケでは呼ばれなかった近藤長次郎が、高知県に入りました」「近藤長次郎でございます!!」(大泉氏)、「何、(選挙にでも)出るの?!」(藤村D)という一幕も。(笑)

しばらくすると雰囲気のある橋を発見。わざわざ引き返して橋の上を走る2台のカブを撮影しますが、「いかんせん(速度が)遅い」「どう見ても珍道中っていう画になっちゃう」と指摘する藤村D。「緊張感無いもの」「どうしても、のどかな画になっちゃう」と同調する大泉氏でした。

17:10、「桂浜25km」の標識を発見。海も見えてきました。
「海ぜよ!」「黒船ぜよ!!」(大泉氏)、「黒船はいないから・・・」(藤村D)、「CGで入れなさいよ」(大泉氏)、「はい、出ました」(藤村D)、「君の手描きだな・・・」「その言い方は」(大泉氏)という会話通り、藤村D手描きの黒船が画面上では海に浮かんでいました。(笑)

18:30、ゴール・桂浜に到着。
坂本龍馬像を背中から撮るというエンディング。「お2人も背中から撮ってたでしょ」「(龍馬像も)正面からじゃなくて、背中から撮りなさいってこと」などと「男の背中は画になる」みたいなことを強調する藤村D。しかし、「単に、面倒くさいんでしょ」と大泉氏に指摘されていました。

最後に、「もう、しんどいでしょ」(ミスター)、「また、お会いしましょう」(大泉氏)などと挨拶。
「逃げんなよ!!」(大泉氏)、「んぁ?、龍馬像の前で張り手か?」(藤村D)と桂浜場所が開かれそうな雰囲気で完結となりました。




御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

今度は「スイカ対決」!?(笑)

けもの道
けもの道
クチコミを見る


11日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第11夜でした。

2010年7月31日12:30、国道424号・有田川町付近を進むどうでしょう軍団
「(国道)424、真っ直ぐだから」(藤村D)、「あの山、越えるんだね・・・」「山越えとなると、ちょっとお尻痛い」(大泉氏)、「代わるか?」(藤村D)などと、後部座席に飽きてカブに乗りたい藤村Dと、そんな理由なら代わりたくないという大泉氏のバトルが続きます。

しかし、さすがに限界に達したらしく、「ドライバー、チェンジします」(大泉氏)と代走・赤ヘルを要請。適度な駐車スペースを見つけ、交代となりますが、車の後部座席に座った途端にお菓子を食べて咳き込んでしまいます。
「何か、食ったろ!?」(藤村D)、「いやいや、先程買った『ピリ辛ごぼうスナック』を・・・」「みなさんも、この『ピリ辛ごぼうスナック』を食べるときは注意してください」(大泉氏)、「誰、それ?」(藤村D)、「麻生太郎です」」「消費税の税率が・・・」「次の参院選でも・・・」(大泉氏)などと、しゃがれた声になったことを利用して思いつくまま前総理のモノマネを始めます。

そのまま一行は海南市付近へ。
「やっぱり、僕が指示すると違うね」「どうだい?、元一国の首相から指示が出るんだよ」(大泉氏)、「まあ、そうだけど・・・」「福山(雅治)さんとかだったら・・・」(藤村D)、「真っ直ぐ行っていいよ」「真っ直ぐでしょ」「左に行ってください」「オールライト!!」赤ヘル、何、積んでるわけ?」(大泉氏)、「スイカと鹿の角ですよ」(藤村D)、「君、バカだね」「ドリーム感、無い」(大泉氏)、「ハハハ、なんだよ、『ドリーム感、無い』って・・・」「はじめて聞いたぞ」(藤村D)、「僕たちは、ナビ見ながら行きますから、君たちは君たちで考えていってください」(大泉氏)、「福山さん、いい声なんだよな」「ライブで逢った時、言ったんだよ『いい声ですね』って・・・」「そしたら、『君だって、いい声じゃない』って・・・」(藤村D)、「何言っても、いい声だからね」「望月亀弥太役の音尾君が上半身裸になるシーンでも、『音尾君、乳首デカイね』『何かやってんの?』って・・・」「そんなことでも、いい声」(大泉氏)などと、福山雅治のモノマネ合戦となってしまいました。(笑)

調子に乗った大泉氏、今度はバラエティー生活笑百科笑福亭仁鶴師匠のモノマネを始めます。
赤ヘルさんの調子をどない考えてまっか?」「法律では、どないなっとるのか・・・」「本日のゲストは赤ヘルさんです」「どないな御相談で?」(大泉氏)、「いや、特に相談とかは・・・」(藤村D)、「ほな、なんで来た?!」(大泉氏)などと独特の喋り方を再現します。
更に、「次の信号を曲がるのか曲がらないのか・・・」「赤ヘルさん、どないでっか?」(大泉氏)、「いや、だから地図を見ろって・・・」(藤村D)、「ミスター、どないでっか?」「お三人の考えを・・・」「上沼さん、どうお考えでしょう」(大泉氏)、「お前が地図を見ろって・・・」(藤村D)、「オール阪神・巨人さんは・・・?」「坂本冬実さんは・・・?」「とりあえず、真っ直ぐですな」「次の信号を・・・」「右ですな」「弁護士の三瀬顕先生に、お聞きしましょう」「どっちや思います?」「四角い仁鶴が、ま〜るくまとめます」(大泉氏)などと、全くナビの役目を果たさない大泉氏。
遂には、「あっ、ホテル近いんちゃいますか」「ホテルに近いか近くないか・・・」(大泉氏)、「だから、いいんだって」(藤村D)、「法律では、どないなってます?」(大泉氏)と言っているうちにホテルに到着してしまいました。

例によって夕食後の一行。
「5日目終了で和歌山」「明日、1日で・・・」(藤村D)、「明日、1日で行けるの?」(大泉氏)、「フェリー使います」(藤村D)、「完全制覇って言ってて、京都行かない・・・」「やってられないでしょ」(ミスター)と、あっさりヘタレぶりを認めてしまいます。(笑)
「明日、8時半のフェリーで2時間」「10時半、徳島から最短ルートで170km走ります」(藤村D)、「大丈夫?、確認した?」(大泉氏)、「しました」(ミスター)、「こっちは懐が深いから、いい意見だったらすぐ採用するよ」(藤村D)、「懐が深いというか、探し方が浅いんでしょ」(大泉氏)と、前回のルート設定の不備を指摘していました。

更にトークは続き、「ミスター、明日は(出前機を)外したほうが・・・」(藤村D)、「えっ?、でも約束は高知まで・・・」(ミスター)、「そんなに付けたい?」「わかった、男の勝負だ」「ミスターが勝ったら、付けていいよ」(藤村D)などと、またしてもおかしな理屈で早食い対決となります。(笑)

勝負は「道の駅」で買ったスイカを使って、半玉ずつの早食い。食べ終わったら、鹿の角を頭につけて「シカでした」と言わなければなりません。
「勝てますよ」「付けられますよ」と半分面白がってミスターを激励する大泉氏。遂には、「(ミスターが勝ったら)何か積ませろよ」「着させろ!!」「地味なんだよ」と自分達を追い込むような要求をしてしまいます。

そして、スイカ早食い対決スタート。
しばらくは拮抗した状態でしたが、またしてもミスターが必死の形相となり、わざと藤村Dの視界に入り込みます。すると、笑いのツボに入ってしまい堪らず吹き出す藤村D。「俺を重くしてくれ!」「マ〜ルシン!!、マ〜ルシン!!」「行け!、ミスター」という大泉氏の声援も手伝ってか、ミスターが勝利します。
「お前(大泉氏)、バカじゃねえのか」「ミスター、辛くなったら言ってくれ・・・」「アイツ(大泉氏)に積ませるから」(藤村D)といったところで次回へ続くとなりました。

長々とやってきた最新作ですが、次回で完結となります。
ここまできたら、もう少し長くても・・・という気もしますが、案外、最後のほうはアッサリなんですね。(笑)




御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

カキ氷対決の結末は!?(笑)

けもの道
けもの道
クチコミを見る


4日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第10夜でした。

2010年7月30日21:45、龍神温泉でのどうでしょう軍団。「今日も締まったね」「明日、和歌山、行くから・・・」「100kmちょっと」などと就寝準備の藤村Dです。
ところが、「部屋、狭くないか?」と異を唱える大泉氏。「布団、重なってるでしょ」「そこ、寝てごらん」と言い、D陣、出演陣の順番で寝転んでいきます。確かに布団が少しずつ重なりあっていて、大人4人が寝るには厳しい状況。「これで、君(藤村D)が傍若無人に寝返りを打とうものなら、とんでもないことになるぞ!!」「今回、必ず、4人部屋とってるけど・・・」「シングルを押さえろっつってんだ」(大泉氏)、「それじゃ、旅情が無い」(藤村D)、「何をいまさら、他人行儀な」(嬉野D)、「あなたが4人部屋好きなだけでしょ」「スタッフは、3人部屋さ」「スタッフのほうが若干広いぞ」「出演陣が4人で一部屋ってのは、どうだ?」「今回ばかりは、堪忍袋の緒が切れた」「別部屋、とれよ」(大泉氏)、「それやったら、『どうでしょう』終わり・・・」「視聴者で選ばれた方、どうですか?」(藤村D)、「さみしいね」(嬉野D)、「文句多いな・・・」「ちょっと、一発やるか?」「『どうでしょう魂』抜けてるんじゃないか」(藤村D)などと、話はあらぬ方向へ行き、今夜も一番取ることに。(笑)

藤村Dの張り手、大泉氏の水平チョップ、ミスターのドロップキックが炸裂して、「本日の一番」終了。
「ミスターのドロップキック、凄えなぁ」(藤村D)、「ボクも若干、痛かった」(ミスター)のような会話の後、大泉氏の腹太鼓が鳴り響き、「龍神場所」2度目の終了。「こんなんじゃ、当分、役者のオファー来ないな」という大泉氏のボヤきで4日目の夜が終わりました。(笑)

翌朝、出発前の出演陣は疲労困憊の様子。
特に大泉氏は、「お尻、痛い」「心なしか、付け根辺りも・・・」「ただの疲労なのか、連日の相撲大会の所為なのか・・・」「ボクは、夜のトークが怖いよ」「どう転ぶか判らないんじゃ・・・」と展開の読めない「夜のトーク」に嫌気がさしています。

9:30、5日目のスタート。国道371号線から国道424号線へ入り、和歌山市を目指します。
「ケツ、痛え〜」「どう座っても痛いな」「曲乗りみたいな乗り方しないとダメかな」「上海雑技団みたいな」などと言い出す大泉氏。
そんな時、郵便バイクを発見。郵便屋、蕎麦屋、宮大工という奇跡のスリーショットを実現します。

「30℃だってよ」(嬉野D)、「大分、降りてきたからね」「山、登りてぇ」(大泉氏)、「大丈夫、(これからは)ずっと山の中だよ」(藤村D)、「そうかい?」「山、登って、君らを弱らせてやりたいんだよ」「ウネウネして酔った頃に、カキ氷食わせてやるんだ」(大泉氏)、「じゃ、もう、早々に決着つけよう」(ミスター)などと早くも「カキ氷対決」開催宣言。

「ミスターには、『イチゴ』『ブルーハワイ』と2つ」「おめえ(藤村D)は、ただの氷1つだ」「こっちが決めたメニューでやるんだから・・・」「言っとくけど、そっちのはギュウギュウに押し込めてるからな」などと言う大泉氏。カキ氷2個対1個ですから、一見、妥当なハンデのように見えますが、シロップなし、ギュウギュウ詰めの氷は藤村Dに不利かも。極悪人・大泉氏、やってくれます。(笑)

序盤、ギュウギュウ詰めの氷に苦戦する藤村Dに対して、ミスターは順調に『イチゴ』を食べ続けリード。しかし、ミスターが『イチゴ』を完食したあたりから、キンキン頭に来るのを気合の掛け声で紛らわすという捨て身の作戦に出た藤村Dが追い上げます。
ミスターにもキンキンが襲い掛かり、勝負は全くの五分五分となり、最後の最後、一瞬早く藤村Dが完食しテレマーク。ミスターは、舌をヘビメタバンドのメンバーのように変色させながらの奮闘でしたが、何らかの扮装で、出前機装着のまま最後まで走ることが決定しました。
「脱いでもらって、着てもらう」「旅館と同じ格好だ」(藤村D)ということで、旅館の浴衣姿に。そのままだとカブに跨げないので、裾を捲くり腰へ。下半身は、ほぼ猿股一丁(?)で、「こういう、蕎麦屋いるよね」(嬉野D)などと、より蕎麦屋らしくなって再スタートです。(笑)

「君ね〜、さっきトイレ行って、待たせたでしょ」(藤村D)、「うん」(大泉氏)、「その間、ボーッと待ってたんだぞ、浴衣(ミスター)」「基本的に何も言わないんだよね」(藤村D)、「いや、いい勝負だった」「負けて悔い無し」(大泉氏)、「お前が言うなよ!!」(藤村D)などと、ミスターの無念さを汲み取ろうとする藤村Dですが、そんな目に合わせた張本人(大泉氏)は涼しい顔です。

しばらくするとまたしても、片側交互通行。
「さっき(再スタートの際)も軽く、小ウイリーしました」と、告白する大泉氏。緊張の一瞬ですが、「5,4,3,2,1,ゴー」と掛け声だけで、ソロ〜リという男らしくない発進です。(笑)

「今回、しんどい」「暑さ、疲労、マルシン」(ミスター)、「おやおや、我々が4万も出して買った出前機を・・・」(藤村D)、「ミスター、交互に、赤ヘル(代走)使いましょう」「そろそろ、(カブに)乗りたがってる頃なんだよ」(大泉氏)、「鋭いところを突くなぁ」「もう、(後部座席も)飽きてきたんだよ」(藤村D)、「でも、代わりたくないな」「お互いの利益になることはやりたくないんだ」(大泉氏)などと、カブに乗りたくなった藤村Dに意地悪をする大泉氏です。

分岐点では、「424(号線)ですよ」(藤村D)、「うん、青看、出てた」(大泉氏)、「(苦笑)アオカンって他の意味あるから・・・」(藤村D)、「青看って言うの北海道だけかな」(大泉氏)、「そうだよ、言わないよ」「あんまり、言わないほうがいいよ」(藤村D)、「道路標識でしょ」「(アオカンって)奔放過ぎるって」(嬉野D)と窘められます。確かに青い看板ですけど、ついつい違う意味を連想しますからね。(笑)

しばらくすると、「積みたくなってきました」と言う大泉氏の要望に応え、道の駅に立ち寄る一行。
「あの道の駅では、これが精一杯ですよ」(藤村D)で積載されたのは、スイカと鹿の角でした。あまり見栄えしない積載物に、「いつまでも載せとかないぞ」「すぐ降ろすからな」といつになく拘りを見せる藤村Dです。

「ケツ、痛ぇなあ」「パンツの位置、悪いのかな」(大泉氏)、「パンツ穿かないほうがいいんじゃないの」(嬉野D)、「パンツ穿かないってのも、現代人としてどうだろう」(大泉氏)などと、おバカな会話で次回へ続くとなりました。



御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

「ウイリー事件」再発?!(笑)

けもの道
けもの道
クチコミを見る


27日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第9夜でした。

2010年7月30日14:20、国道371号線の一部・高野龍神スカイラインに達したどうでしょう軍団。「凄い、登ったねぇ」(大泉氏)と言うくらい絶景が続いています。

あたり一面、紫陽花が咲いている地点で小休止し、15:15、目的地まであと30kmというところへ達します。
「今日は楽でしょ?」(藤村D)、「楽じゃないよ」「そら、お宅ら、楽かもしれないけど・・・」(大泉氏)、「ちょっと寒いって」(ミスター)、「この辺は標高1000m超えてますから・・・」(藤村D)、「1000m?!」「多少、空気も薄い気が・・・」(大泉氏)、「そんなことないでしょ」(嬉野D)、「お宅ら、車だからだよ・・・」「酸素ボンベしょって仕事しなきゃ・・・」「てなことも言ってかないと、仕事ばっかりじゃ・・・」(大泉氏)、「アイツ、仕事出来ないな」「親方に言われてるだろ、『お前、黙ってやれ!!』って」(藤村D)などと責められる口達者な宮大工です。(笑)

更に進んだところで工事中片側交互通行の仮信号発見。ウイリー事件の悪夢が蘇ります。
あの時と同じように青信号までのカウントダウンが始まり、「あのときを乗り越えたい」と決意を語る大泉氏。「5,4,3,2,1,ゴー!!」とスタートさせますが、少々ビビリ気味にカクン、カクンさせながらの発進。「乗り越えました」「うなされて起きたこともあります」「でも、焦っちゃいけない」などと平然を装いながらも、内心はビグヒクくしていたのではないでしょうか。(笑)

その後、寒さに耐えかね負け犬呼ばわりされながらも1人カッパを着用する大泉氏。「宮大工じゃなくなった」と藤村Dに指摘されますが、ミスターを追いかけるカメラワークにフレームインしてきます。
「このカープ、どうだ」「よ〜し・・・」「大泉フレームイン!」などと車酔い覚悟で奮闘するカメラマンの仕事ぶりを解説する藤村D。「カメラマンの仕事ぶりは認めるけど、横に居る監督がウルサイ」と指摘する大泉氏。ドラマ「ミエルヒ」で数々の賞を獲得したコンビではありますが、ここではウザいだけだったか?

夕方、龍神温泉に到着し、例によって夕食後のホロ酔い状態で登場の一行。
「オイッ!!」(藤村D)、「暴力的な入り方だなぁ」」(ミスター)、「やりますか」「オイ、キューッ!!」(藤村D)、「なに?!」(大泉氏)、「4日目が・・・」(藤村D)などと完全に4本指を差す手が見切れている藤村Dの画で宿トーク開始です。(笑)

「どうでもいいけど、うれし〜、完全に居合わせた客だよ」(大泉氏)、「初めてだよ」「いつもは小さな画面(カメラのモニター)だから・・・」「生で『どうでしょう』観てるみたいで面白い」(嬉野D)、「昨日の夜は、かなり驚いたらしい」(藤村D)、「腹を抱えて笑ったって・・・」「もはや、彼は作り手じゃないね」「ただのファン代表の同行者だよ」(大泉氏)などと、今回は特に仕事が無い嬉野Dの存在を疑問視する大泉氏です。

そんな話から、昨晩の所業を振り返る面々。
「あの時、油断してたわけでしょ」「確かに、ボクは悪人だ」「でも、一番悪いヤツはコイツ(大泉氏)だよ」「ミスター、折角勝ってたのに・・・」(藤村D)、「『どうでしょう』で正論、通ったことあるかい?」「この番組じゃ、正論、言ったヤツが負けなんだよ」(大泉氏)などと、屁理屈をこねる極悪人・大泉氏。またしても、ミスターを「甘い物対決」へ導こうとしています。

「メシの後に『でんがら』5つも食っちゃダメ」「今のところ、1勝1敗ですから・・・」(藤村D)、「食べるものからタイミングまで、全部アイツ(藤村D)が選んでる」「こんな不公平な勝負は無い」「今度は、こっちのペースでやらせろよ」(大泉氏)、「逃げるなよ」(藤村D)、「それじゃ、昨日と同じだよ」(ミスター)、「気に入らないんだよ」「明日こそ、こっちのタイミングと食いもんで・・・」「そっちが勝ったら、高知まで出前機付けてやるよ」「こっちが勝ったら、100km免除だぞ」「・・・(藤村Dが勝ったら)なんなら、好きな格好してやってもいいぞ」「ミニスカートか?、ナースか?」(大泉氏)などと無責任な条件で対決を決めてしまいます。(笑)

更に、「明日のどっかでやる」「言わねえぞ」「氷でやるかな」(大泉氏)、「オレ、氷だとキンキンいってダメなんだよな」「ハンデつけろよ」「倍は欲しいな」(藤村D)、「よ〜し、判った!!」「(ハンデは)倍でいいな」「そっちが勝ったら、金輪際(出前機をゴールまで)付けてやるよ」「どうだ、二言は無いだろ」「よしっ!!」「話、まとめましたから・・・」「条件はフィフティーフィフティーで」(大泉氏)などとミスターの意見も聞かずにハンデまで決めてしまいます。

「じゃ、今日も・・・」(藤村D)、「締めるか」(大泉氏)と宿の概観に腹太鼓で締める大泉氏。「どうでしょう龍神場所 終」のテロップが表示され、「締まった、締まった」(藤村D)で次回へ続くとなりました。(笑)



御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

「甘い物対決」再戦!?(笑)




20日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第8夜でした。

2010年7月30日11:45、奈良県東吉野村で出前機実験結果を確認したどうでしょう軍団
「大工さんも、どうですか?」(藤村D)、「そうだねぇ」「ボクは溢しませんよ」(大泉氏)、「もう90kmくらい走ってるから、あと10kmくらい走って再戦ということで・・・」(藤村D)と「甘い物対決再戦」の前に、マルシン出前機を体験することになった大泉氏です。

「なんなの、これ?」「妙な揺れを感じます」(大泉氏)、「ああ、もう・・・」「滴ってますよ!!」(藤村D)、「えっ、そんなことないでしょ」「・・・まあ、大騒ぎするほどのことじゃない」(大泉氏)と平静を装いますが、開始早々大量流失は明らかです。(笑)

そんな荷台の状況にも拘らず、「いい街並みだなぁ」「古民家移設ってのも、ウチやってるから」(大泉氏)、「ほほう、じゃあツーバーフォーなんてのはウデが磨けない?」(藤村D)、「そうだね」「ツーバーフォーなんてのは面白くねえ」(大泉氏)などと匠の技というか大工談義で盛り上がる2人。
と、そこで分かれ道に遭遇、「これ、どっちですか?」(ミスター)、「ん・・・?」「真っ直ぐ・・・?、真っ直ぐです」(藤村D)、「大変なのは判るけど、地図くらい見てなよ」(大泉氏)などと、またしてもトークに夢中でナビの仕事が疎かになる藤村Dでした。(笑)

国道169号線大淀町付近を出前機を上下させながら走る宮大工。
そして国道370号線に入ったあたりで実験結果を確認。予想通り、丼の中のお茶は殆ど流失。やはり、ラップか何かのフタが必要ということですね。
ここで、約束通り「甘い物対決」再戦。種目は、正体をよく知らないまま買った飯高名物・でんがらと拳大の麩菓子となります。「でんがら」は1パックに5個、朴の葉に包まれていますが、なぜか4個ずつの勝負、給水は2回、最後に麩菓子というルールに。

朴の葉を開いてみると中身は「よもぎもち」風。モチ系・あんこ系大好きの魔神には絶対有利の代物です。しかし、「赤福」同様、必死に頬張って健闘するミスター。給水タイムでは、涙目になって奮闘します。「ミスター頑張れ、怒涛の追い込みだ!!」と盛り上げる大泉氏ですが、既に勝負は付いていて、「ほら、もう1個あるよ」と余裕で喋る藤村D。
すると、なぜかその1個を受け取り、予定外の5個目勝負に。一瞬、ミスターにも勝機がと思われましたが、そこはやはり魔神・藤村、あっさり5個目を平らげ、再戦は藤村Dの勝利となりました。

「じゃ、残り100kmも付けるってことで・・・」「まあ、外してやってもいいよ」「元々、外す予定だったんだから・・・」「おめぇ(大泉氏)がおかしなこと言い出すからだろ」などと、考え直した藤村D。残り100kmは出前機なしで走ることに。というわけで、この対決は無意味だったとも言え、「『でんがら』食う必要なかったな」とボヤくミスターでした。(笑)
また、走り出しては「ミスター、出前機外して軽快だな」(藤村D)、「具合悪いです」(ミスター)などという場面もあり、出前機は外してもらったもののその代償は大きく、体調は最悪なようです。

一行は和歌山県内に入り、目標地点まで残り約80km。紀ノ川を右に見て走っています。(県道55号線か?)
「いい眺めだ」「なんか、金八先生が歩いてそうだね」(大泉氏)、「文久〜三年!!、金八先生〜!!」」(藤村D&大泉氏)と声を揃えて盛り上がります。(笑)

次に左へ曲がり、国道371号線へ。
「高野山へは国道370号線でって書いてあったよ」(ミスター)、「いや、近道だから」(藤村D)、「これ国道かい?」(大泉氏)などと疑心暗鬼な出演陣。道幅は狭くウネウネ、日陰はヒンヤリ、「謎めいたコンビ」(大泉氏)に相応しい怪しい道になってきました。

そんなカーブの連続ながら、2人を丹念に追う新カメラマン。「そんな丹念に追わなくても・・・」「うれし〜は、ソコまでやってなかった」(大泉氏)、「何言ってんの!!」「ちゃんとやってましたよ」「酔ったとも言えず」(嬉野D)などと、かつての仕事にケチをつけられ憤慨する嬉野D。この後、しばらくこのネタで藤村Dも加わり、「今迄の様に丹念に撮ってます」(藤村D)、「いちいち、キミ嫌味なんだよ」(嬉野D)のように盛り上がります。(笑)

例によってセカンドギアでエンジン全開、ラジコンのようなエンジン音を響かせ進む出演陣。目的地・龍神温泉まで残り53kmです。
川が流れていて、「いい画だね」「綺麗だ」(大泉氏)、「綺麗だけど、『いい画だ、いい画だ』って押し付けがましいテレビだよな」(藤村D)、「こんな奥に、どうやって寺、建てたのかなぁ」(大泉氏)、「あんた、詳しいんじゃないの?」「あっ、知らないんだ」(藤村D)、「なんだと〜!!」「クギ1本も使わずに建ててやるよ」「ノコギリとミノさえあれば・・・」(大泉氏)、「ミノ?、ノミだろ」(嬉野D)、「ミノって、ホルモンじゃねぇか」(藤村D)、「業界用語なんだよ!!」(大泉氏)とマジボケに苦し紛れの言い訳をする大泉氏でした。(笑)



御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

高見山ループ橋に挑む蕎麦屋と宮大工?!(笑)




13日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第7夜でした。

2010年7月30日7:55、出発前のどうでしょう軍団
「100kmは、これ付けてもらうよ」と言う藤村D。ミスターのカブにはマルシン出前機が取り付けられ、御丁寧に「岡持ち」まで納まっています。更に、白の上っ張りを着せられ、どこから見ても蕎麦屋の店員そのもの。(笑)
「これでバレない」と満足げな藤村Dですが、もう1人の出演者は・・・。

突如、乱入してくる工事関係者風の男
「これ、お宅のバイクかい?」「何処、行くの?」「高知の桂浜?」「バカでないの?」「桂浜まで、のびない蕎麦ってのも凄いなぁ」「よし、ここに足場組んで、チャッチャと済ますから」などと小芝居をする大泉氏でした。
「君ね、『時間が無い』って、このままの格好で朝食バイキング食べさせられたけども・・・」「雰囲気、変だろ」などと朝からボヤくことも忘れていません。(笑)

8:15、本日の宿泊地・龍神温泉へ向けてスタート。
「派手さが無い」「ってことは逆に周囲に溶け込んでるってことだよ」(藤村D)、「あのね、『岡持ち』新品で眩しいの」「これ続くと疲れてくるよ」(大泉氏)、「でも、いい天気になって良かったよ」(藤村D)、「あっ、手伝っていっていいかな」「見過ごせないわけ」「ウチは凄い技術持ってるんだ」「クギ1本も使わない」「宮大工だから」(大泉氏)などと、作業中のトラックを見つけ職人気質(?)を見せる大泉氏です。(笑)

また、「現場へ早く行かないと、親方に怒られるんだ」「お詫びに、差し入れの蕎麦を引き連れて・・・」などと勝手にストーリー展開していく宮大工話。そんな話に夢中になり、ナビの仕事が疎かになる藤村Dは、「次、左?」「あっ、違う」「どっちだ?」「右か?、右です」と大慌て。「喋んなくていいから、地図見てろ!!」と大泉氏に一喝されてしまいました。

そんな藤村Dですが、「旅をするなら、小さな県道」「四苦八苦しながら行きますよ」などと反省の色が見えません。
更には、「昨日の晩、ボクは夢を見ましたよ」「というか思い出したんだろうけど」「(赤福対決で)ミスターのほおばる顔を・・・」「起きた瞬間、笑ってました」とミスターの苦労を面白がります。
そこへ追い討ちを掛ける大泉氏、「おかげでね、次の勝負に勝てば後半の100kmは載せなくていいかもしれない」。本来、昨晩の時点で後半の100kmは免除されていたのに、悪乗りして無意味な再戦を決めたのはアンタだろ。(笑)

そんなバカ話にも飽きたのか、「岡持ちに何か入れてみますか」と実験を申し出る藤村D。
丼にお茶を入れ、岡持ち、そして出前機をセッティングします。
ギアチェンジの度に上下に揺れますが、「大丈夫、問題なし」と自信満々のミスター。しかし、「あ〜、明らかにこぼれてますよ」と大泉氏が気付きます。
続いて、「普通、出前してくるのを見るとラップしてありますよね」「マルシンにしてみたら、不公平な試験だと・・・」と指摘しますが、実験はそのまま続行されます。(笑)

大量流出しながら、峠越えに挑む一行。
例によってセカンドギアでエンジン全開ですが、明らかにスピードダウンの蕎麦屋。高見山ループ橋を全力で登りますが、「カブがラジコンみたいな音出してる」(大泉氏)割には進まない苦しい戦いです。

ループ橋の後は長いトンネル。真夏なのに、「寒い〜!!」を連発する2人。トンネルの中で峠は越え、奈良県に入ります。今度は下るだけなのでスピードアップする一行。特に宮大工は、「蕎麦屋、置き去りだな」「急ぎだしたぞ」「親方に怒られるんだ」(藤村D)などと言われるほどの快速ぶりです。(笑)

東吉野村に入り、87km走行。
「ルート変更してよかったよ」「指揮官の度量の大きさだね」「下々の意見も採用する」などと当初予定していた国道425号線からルート変更したことを自分の手柄のように語る藤村D。しかし、「いかんせん、指揮官が調べちゃいねぇってんだから」と大泉氏に指摘されていました。
更には、またしても喋るのに夢中でナビの職務を怠り、大慌てという場面も。(笑)

さて、ニホンオオカミの像のある場所で実験結果を検証。
「何を確かめたいのか?」と自信満々のミスターでしたが、丼のお茶は殆ど無くなり空っぽ。(笑)
といったところで次回へ続くとなりました。



御参考







HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

「赤福」勝負でミスター捨て身の作戦?!(笑)




6日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第6夜でした。

2010年7月29日13:05、どうでしょう軍団はフェリーで鳥羽市へ上陸。本日の宿泊地・伊勢市へ向かいますが、次々と現れる赤福の看板に面白がる藤村Dと大泉氏。
「凄いなぁ、『赤福』の連呼だよ」(藤村D)、「赤福〜!、赤福〜!、赤福〜!・・・」「ミスター、無視して走ってるけど・・・」(大泉氏)、「勘弁して欲しい」「ボクにとって、赤福ずんだはツートップですから・・・」「完全にアウェイだ」(ミスター)などと今後の展開を匂わせる会話です。(笑)

「まあまあ赤福のことは忘れて、『伊勢うどん』でも食べましょう」(藤村D)と『伊勢うどん』を食べ、14:50、早くも宿に到着します。
早いチェックインでしたが、相変わらず乱暴な編集で、すっかり夕食を終えてホロ酔い状態の面々。

「今日は行程、短かったけど、明日は厳しいですから」「和歌山県の龍神温泉へ・・・」と説明を始める藤村D。
当初の予定では、ミスターのルーツでもある十津川村経由、国道425号線で向かう筈でしたが、あまりにも悪路で有名な酷道であることが判明したため、急遽、高野山経由となりました。
「すぐ判断して変えた」と自分の手柄のように語る藤村D。しかし、国道425号線の情報を調べたのはミスターで、それが無ければ、ただ単に地図で最短ルートを選定した藤村Dのおかげで危険な目に遭うところでした。
「君、ただのバカだろ?」「自分の手柄のように『これが一番近道だ』って言ってたけど、危ない目に遭うところだったんだぞ!!」と怒る大泉氏です。(笑)

そして、話はマルシン出前機を巡って、良からぬ方向へ。
「今日は雨で外したけど・・・」「ディレクターとしては積みたい」と語り始める藤村D。続いて出た言葉が、「勝負で決めたい」。そうです、「対決列島」以来の甘い物対決、ミスターの天敵とも言える「赤福」で勝負となります。(笑)

「すっかり、忘れてたのに〜」「マルシンのっけたことないから簡単に言うけど・・・」「辛いんだよ」「マルシンの辛さ知ってるのはオレだけなんだから」と抵抗するミスターですが、有無を言わせない藤村D。「赤福」1箱対決で、ミスターが2個食べた時点で魔神はスタート、給水2回がハンデとしてミスターには与えられます。

まずは、じっくり時間をかけて2個を食べるミスター。
そして、本格的スタートとなり、口一杯に赤福をほおばり始めます。初めは「速い、ウデあげてるね」と余裕があった藤村Dでしたが、ミスターの異常な行動に「ミスター、ダメだよ」「大泉君、止めなきゃ」と大慌てです。
そんな度肝を抜かれた藤村Dにはお構い無しに、必死の形相で食べ続けるミスター。給水しても、口一杯の赤福が邪魔をして鼻から出るばかりです。(笑)
しかし、ペースを乱され笑いを堪え切れない藤村Dに魔神の強さは無く、最後の給水タイムを有効に使ったミスターが勝利しました。

「仕方ない、マルシン載せる訳にはいかない」「最初の100kmまでは載せるけども、その後は載せなくていいよ」(藤村D)、「ミスター、泣いてんだよ」「鼻から水だして・・・」(大泉氏)、「また、鍛える」「『赤福』得意って判ったから・・・」(藤村D)、「三重、出る前に、もう一勝負しろよ」(大泉氏)、「負けたら、マルシン全部載せることになるぞ」(藤村D)、「いいよ!!」(大泉氏)、「ちょっと待ってよ・・・」「今の勝負は、なんなんだ?!」(ミスター)、「ハンデ要らないよ、正々堂々、明日の100km地点で勝負だ!!」「ミスター、ボクがまとめました」(大泉氏)、「よ〜し、逃げんなよ」(藤村D)などと勝手に再戦を決めてしまう藤村Dと大泉氏。というか、ミスター捨て身の勝負は全くの御破算となってしまいました。(笑)

「今日も一番終わった」(藤村D)で始まる大泉氏の腹太鼓。そして、「水曜どうでしょう 伊勢場所 終」のテロップが出て打ち止め。
「締まったね」(大泉氏)、「何の意味が・・・」(藤村D)で次回へ続くとなりました。



御参考






HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

浜松市内で「どうでしょう藩士」と遭遇!?(笑)




30日深夜放送の水曜どうでしょうは、原付日本列島制覇の第5夜でした。

2010年7月28日17:20、どうでしょう軍団は磐田市付近で渋滞に捕まってしまいました。「ミスター、かなりキテます」(大泉氏)と言うように、疲労感が隠せない様子。
苦しみながらも、天竜川を越えて浜松市内へ突入。「ミスター、今晩はマッサージ受けていいよ」(藤村D)、「いいんですか?」「ありがとうございます」(ミスター)、「すずむしは鳴いてろよ、外で」(藤村D)、「ハハハ・・・」「なに〜?」(大泉氏)と、頑張ったミスターと殆ど代走・赤ヘルに任せきりだった大泉氏にそれ相応の格差を設ける藤村Dです。(笑)

ここで大泉氏がどうでしょうステッカーを貼った軽自動車を発見。「気付かねえかな」と近寄りますが、煽ってきてると勘違いしたのか物凄い速さで逃げる軽自動車。「凄い速さですよ」「でも、信号待ちです」「ツーショットで、どうかな?」といったところでようやく気付いた様子。「桂浜まで行きますよ」と思い切りネタをバラす大泉氏に、車内は大興奮、「なにやってんだ?」というくらい激しく車が揺れています。(笑)

「いや〜、完璧バレちゃいました」と嬉しそうな大泉氏。大興奮で揺れながら走る車を先頭に、どうでしょう軍団パレード状態です。
しかし、そんな若手とも浜名湖手前でお別れ。「あっさりしたもんですね」と一転して寂しそうな大泉氏です。

夕方、本日の宿泊地・舘山寺温泉に到着。
次の画では、いきなり夕食を終えすっかり泥酔状態の一行という乱暴な編集。(笑)

「今日は、217km走りました」(ミスター)、「静岡は熱いですな」「このホテルの従業員の方々、『DVD持ってます』っていう人多かった」「人知れずやりたい」(藤村D)、「明日からは隠密行動しますよ」(大泉氏)、「我々もバカじゃない」「虫だけどね」(藤村D)、「それは君(藤村D)だろ」「てんとう虫なんだから」「サンバでも踊ってりゃいいんだよ!!」(大泉氏)、「よ〜し、今日も一発、サンバを・・・」(藤村D)で、今晩も始まる張り手の応酬。(笑)

酔った勢いで上半身裸の藤村Dと大泉氏が張り手の連打。そして、トドメはミスターのドロップキックが2人に決まります。最後は例によって、大泉氏の腹太鼓で「水曜どうでしょう 舘山寺場所 終」のテロップが出て打ち止め。

「こんなテレビ、観たことないぞ」「若いディレクターに示したね」「トークは少なめだったけど、ミスターのドロップキックの後は外観だよ」「ドンと・・・」「締まった、締まった」と満足げな大泉氏と藤村Dでした。(笑)

3日目の朝、晴れの天気予報とは裏腹に激しい雨。何らかの扮装というかカモフラージュを準備していたようですか、雨には勝てずカッパ着用のみとなります。
本日の行程は、渥美半島を走り伊良湖岬からフェリーで鳥羽市、そこから再び走り伊勢市という予定です。

9:15、出発。「給水システムの斜め掛けが郵便屋さんに見える」(大泉氏)と言いながら激しい雨の中を走る2人。ベトナム以来の大雨に、「痛い」「普通のテレビだったら中止だよ」と早くもボヤき始める大泉氏。
「風も強いって」(大泉氏)、「ちょっとした台風中継ですな」(藤村D)、「雷、バイクに落ちないだろうな?」(大泉氏)、「大丈夫だろ?」「見てみたいけど・・・」(藤村D)、「普通、こんな雨降ったら足止めだろ」「なのに足止めなしなんだよ」「『あ〜、降りましなぁ』って・・・」「大体、そんなワイパー越しの画で、ずっと行く気か?」(大泉氏)、「画も工夫してるんだよ」「ワイパーが動くと同時にスーパー(テロップ)を消してるんだな」(藤村D)、「若いディレクターに新しき道を開いたね」「・・・っていうか、『こんな日は出るな』と教えて欲しい」(大泉氏)と毎度毎度の乱取り。(笑)

途中、道の駅で濡れたシャツの着替え。
ずぶ濡れの2人を目の前にして、「えっ、そんなに降ってた?」と大爆笑の藤村D。「濡れちゃったかい?」と2人よりもカメラを気遣い、決して外へ出ようとしません。(笑)

着替えを終えて再び走り出す2人ですが、「降りようとしない2人(D陣)に驚いた」(大泉氏)、「蕎麦屋だったら、危なかったよ」(ミスター)と大雨に参った様子。
普通の天気だったら出前機を取り付ける予定でしたが、さすがにこの大雨では「ダメだな、これ」と藤村Dも残念ながら断念したようです。それでも、「少し、明るくなってきた」(ミスター)の声を聞くと「蕎麦、付けますか?」と取り付けたくてウズウズしている藤村Dです。

順調に進む一行。フェリーのりばが近付いてきました。
「今日は早く着いて、早目から飲むぞ」(藤村D)、「あのね、伊勢市は神様がいるところなの」「神様を見下ろすような高い建物はないし、神様が寝てるところで騒がないようお店も早く閉まるの」(大泉氏)、「じゃ、もっと早めに飲みましょうよ」(藤村D)などと兎に角、早く酒が飲みたいだけの藤村Dです。

若干、海は荒れているようですが予定通り出航するようで、フェリーに乗り込む2人、それを下からのアオリの画で撮らえるカメラマン。また、そんな様子を車内から撮影しながら会話するD陣という不思議な画。
トランシーバーの電波は余裕で届く距離なので、出演陣の会話も聞こえます。「ここでいいの?」「一等とかじゃ・・・」「ないって」「中、キンキンですよ」「寒いなぁ」などと姿は見えないのに会話が聞こえるという一風変わった画です。これを面白がる藤村Dは、「お2人さん、聞こえますよ」「いい画ですよ」「そうですか、寒いですか」「じゃ、我々も長袖で・・・」と大笑い。
「あのね、君らのために視察してるんじゃないんだから・・・」という大泉氏のボヤきで次週へ続くとなりました。(笑)




御参考






HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
クチコミを見る





レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授と最後の時間旅行

¥4,914(税込)

1作、2作目も100万本近くを売り上げ、日本ゲーム大賞を受賞。瞬く間に大ブームを巻き起こした名作「レイトン教授」シリーズの最終回!「レイトン教授と最後の時間旅行」が発売ですよー!!■未来から届いた手紙…!?レイトン教授のもとに届けられた1通の手紙。「ロンドンが…

拡大画像を見る
レイトン教授と最後の時間旅行レイトン教授と最後の時間旅行をカートに入れる








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ローカル番組へ
にほんブログ村

TREview

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
FC2動画
動画:トワイライトEXPすれ違い 東海道本線 長岡京〜山崎
トワイライトエクスプレスすれ違い
お小遣い稼ぎ

フルーツメール


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ




CMを見るだけで
お小遣い稼ぎ!!


公式ファンクラブへ入会すると、会員の証である「イエローメッシュジャージ」がもらえたり、練習見学会などの会員限定イベントへの応募、年4回の会報誌など、タイガースファンなら見逃せない特典が盛りだくさん!キミもファンクラブへ入会して・・・熱くなれ!!


口コミで話題沸騰のピュアコラーゲン「天使のララ」をはじめ、人気の健康食品を扱う「エミネット」。ただ今、お得なキャンペーンも実施中。この機会にぜひ!


バイオテックは創業以来発毛・育毛一筋。全国に広がるサロンネットワークとプロの技術で、自分の髪をあきらめない方々を力強くサポートしていきます。


床暖房の体験談やコストなど、床暖房の情報満載の「床暖房読本」無料プレゼント!ダウンロードプレゼントなのですぐにご覧いただけます。


通販限定の、花王オリエナの薬用美白をモニターセットで試すチャンス!今なら先着5,000名様に限り40%OFFのモニター価格1,260円に!!さらに、今だけ通常420円の送料が無料に!!


ダスキン シロアリ診断のプロがあなたのお宅のシロアリ被害の有無と可能性を徹底的にチェックします。


焼酎甲類の簡単でおいしい梅酒の作り方、カクテルの楽しみ方などを紹介。プレゼントキャンペーンも実地中!


チャームドロップの5商品をお試しできるポーチ付きトライアルセットの購入はこちら!!


クリーミーな質感が、肌に乗せるとパウダリーに変化する1品7役のパウダータイプのファンデーション


先着1,300名様限定。ケフィア2週間分と非売品の美容セットが入って980円!!


サッ!と出して、サッ!と拭いて、サッ!と吸い取るだけ 新モップ「スタイルフロア ララ」今なら2週間無料お試し実施中!!


入会金・送料・延滞金すべて無料!ネットでDVDレンタルするなら、「TSUTAYA DISCAS」。ただ今、無料レンタルキャンペーンを実施中です!

新規モニター登録
アンケートに答えて
お小遣い稼ぎ!!

マクロミルへ登録
アンケートに答えて
お小遣い稼ぎ!!

fancrew





Find-A

遺品整理



アフィリエイターが考えたアフィリエイトサービス





CM-Click
e-click
もっと!もっと!嬉しい!楽しい!イークリック

名前入りナンバリングTシャツ

バーチャルオフィス/レンタルオフィスのdotOffice(ドットオフィス)
BlogのアクセスUPに
FC2カウンター


現在の閲覧者数:
livedoor プロフィール

百年遅れの屯田兵

1962年、広島県生まれ、鈴井氏とタメ年。
紆余曲折を経て、92年暮れより北海道民。
数年前から、「どうでしょう」にハマる。
阪神、日本ハムのファン。
競馬は、馬券を買わず、予想のみを楽しんでいます。

月別アーカイブ
Thanks Comment
記事検索
  • ライブドアブログ