2008年11月22日

ありがとうございます

酵素を変更し、ベリチームに変えてからすぐは、少しまた便が不安定な日がつづいたりしましたが、今は本当にいい状態に落ち着いています。

かといって、すごく健康的というわけではないので、おそらくこれは酵素が効いているだけで、病気が治ったとかということではないのは、よくわかる感じです。

それでも、便の量が減り、状態が安定し、体重が増えるかなと思っても、すぐには太った感じがしませんでした。

でも、ふと気づくと、なんだか肉付きがよくなった気がここ数日していましたが、周もそう感じるぐらいになったようです。

酵素が効いてからも、人の目で実感できるようになるまでには、やはり少し日にちがかかるのかもしれません。

今は普通の、ほかの子と変わらない食事をしています。
特に何に気を配っているということもなく、ただ、生食は減らして、ずっと前にしていたような、お魚中心、お肉も、豚、鳥(ささみ)を中心に火を通したものが主体です。

たまに、生肉という程度です。

どれを食べたから好調という印象はないので、偏ることなく、とりまぜてやって生きたいと思っています。

いったん、こちらのブログは休止いたします。
今までずっと見てくださっていたかた、どうもありがとうございました。


suigaihuzen at 23:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年11月07日

体重測定

ひなの目が炎症を起こしたため、病院に連れて行ったついでに、ユウも連れて行き、体重だけはかってきた。


10月30日に12.4キロだったのが、今日、12.5キロ。
100グラムしか増えていないけれど、増えているという事実だけで十分。

どんどん痩せていたころから思えば、大きな進歩だ。

新しい酵素になって、劇的に変化したということはないけれど、便の様子はまぁ、特に変わりなし。

まぁまぁ。

この調子で、少しずつ増やし、14キロぐらいでとめておきたいところ・・・

suigaihuzen at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年11月01日

太ってきたという感触

酵素を変えてまだ1週間経たないので、その効果がでたかどうかは、分からないけれど、安定した状態が続いている。

とはいえ、酵素の効果がでたのが、服用しはじめてから3ヶ月だから、変更した酵素の効果がでるのも同じだとすれば、変化については、まだまったく未知数なのかもしれないけれど。

ともかく、ここ2週間ほどは、連続して安定している。
たった2週間の安定を特筆すべきことなぐらい、今までは安定せずに、日々浮き沈みしていた。

とにかく便の量が激減した。

ユウは子犬の頃から便量が多く、大型犬になるのかもと思うほど、小さな体から大量の便をしていた。
状態はよかったけれど、もしかしたら、この頃から消化不全だったのかも・・・。

「どれだけ食べても太らない」という、「うらやましい」体質と言っていたのに、病気だったとは。

便の量がどれぐらい減ったかというと、回数が1日朝晩2回、ヘタすると、朝1回、夕方は2回していたのが、1日1回になった。たいていは、朝はせず、夕方する。

そして1回の量も、大型犬並みだったのが、7分1ぐらいに減っている。

状態もいい。

となれば、太るに違いない。
減った分は吸収されているに違いないもの。

今は体が栄養を欲していると思うから、どんどん吸収して、ある程度たてば、体が必要としなくなり(?)、また少し便量が増えるかもしれないけれど。

毎日ユウをなでて、太っているかを見ているけれど、特に背骨と腰骨のゴリゴリがひどかったので、そこを撫でると変化がわかる。

ここ数日、少し骨ばった感じがなくなってきたように思う。
見た目ではなく、手の感触で。

見た目は相変わらず痩せているけれど・・・。

ご飯の量は増やしていない。
胃腸に負担をかけたくないので、通常の量のまま。その量のなかで、吸収し、ゆっくり体重を増やさないと、肢にも負担がかかるだろうし・・・。

まずは、ちょっと安心して、気が抜けてきた感じだ。

suigaihuzen at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年10月30日

上向きで体重(少し)増加

現在処方されている酵素(タフマックE顆粒)が残りわずかになり、先日追加の注文をお願いした。

酵素を服用しはじめてから、3ヶ月近くがたとうとしているのに、著しい回復は見られず、ひどい状態のときから比べれば、便の色は正常になり、まぁ泥状の下痢ではなくなったけれど・・・という程度。

体重もさほど増えていないことから、追加注文にあたって、酵素の種類を変えていただくお願いをした。

東大の教授とかいうかたの報告で、よりよい効果が得られたというベリチームという酵素を服用することになった。
これは細菌由来の酵素だと、以前教えていただいたことがあり、ひなの消化不良のときに処方していただいたことがある。

膵外分泌不全には、膵臓由来の酵素がいいということだったので、多少心配でもあったけれど、あとで膵臓由来の酵素も含まれていることがわかった。

ところが、とうとう家の酵素が終盤に近づいたときになって、ユウの便の調子がとてもよくなってきた。
量が劇的に減り、今まで大型犬と同じぐらいの量をしていたのに(これは病気と診断されるよりずっと前から)、今はかなり少ないし、1日1回だけの排便になった。

色、量、固さもいい感じ・・・が続いている。
今までのように、よくなったり、悪くなったりを日々繰り返すという不安定な感じもない。

酵素が効いてくるまでに、これだけ時間がかかったということなのかもしれない。

じゃあ、酵素変える必要なかったかなぁ。
変えたことでまた調子が悪くなると嫌だなぁ・・・と思いつつも、もう頼んでしまってあるので、とりあえず、これから当面はベリチームでいくことに。

どんな変化がでてくるのだろう。

体重は12キロを超えた。
最悪時は11キロを切りそうだったことを思えば、まぁまぁ。

13キロから14キロをめざしたい。



suigaihuzen at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年10月21日

便の様子

すっかり放置してしまいました。

ユウは痩せていることと、軟便であることを除けば、普段の様子はまったく病気を感じさせず、食事もあまり大きな変化はないので、書くことがないというのが、正直なところです。

ここのところの変化は、手でとると形が崩れてしまうような便が続いたかと思うと、わりあいといい感じの便が1日あり、また・・・というローテーションだったのが、昨日・おとといと、軟らかめではあるものの、形も崩れず、色もよく、かなりいい便が3日続いたこと、量が減ったこと・・・です。

が、今日の夕方の便はまた逆戻りでした。

タフマック(酵素)がもう残り少なくなっていて、追加注文していますが、まだ取りに行けていません。

今度は以前ひな(白柴)が処方してもらったことのある、ベリチームという酵素に変更することを、先日先生と相談してきました。

ベリチームは細菌由来のものらしいのですが、効き目に差がでるのかどうか、観察していきたいと思います。


suigaihuzen at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年09月30日

久しぶりのいい便

まだまだ状態が安定しないユウですが、今日は久しぶりに、固さのあるいいウンチをした。

前の記事に書いたように、生食はいったん中止。
ユウだけは、お肉を茹でるようにしている。

たまにちょっとだけ生肉トッピングという程度。

それに加えて、思い切ってチャレンジしたことは、「酵素剤」の量をぐっと減らすこと。

ユウのウンチは、最近柔らかいものの、色はとてもよくなってきていたので、酵素が働いて消化が出来てきているものの、しっかりと吸収ができていないのではないか・・・と思ったから。

なんの根拠もないけれど、酵素が多すぎて消化がいっぱいで、吸収が追いつかない・・・から、ちょいと酵素を減らしてやろうというわけ。

便からも、酵素の匂いがしたりしたので。

だいたい今あげている量も、本来、合った量なのかも不明。

先生が「だいたい、こんな感じ」という体重10キロにつき小匙1ぐらいと言われ、状態が悪いときには、「それよりちょっと多めにあげて、便が安定したら減らしていく」といわれていた。

便は安定していないけれど、チャレンジ。

最初にもらった分包の酵素の量から考えても、劇的に多いわけだから。
思い切って3分の1に減らしてみた。
今まで多めということで、小匙3杯だったのを小匙1杯。

こういうことは、思い切ってやらないと、変化がわかりづらいもん。

もしこれで便の色が変わったら、消化不良で酵素不足ということだから、すぐ戻そうと思っていたら、色の変化なし。

1週間を超えたけれど、変化なし。
当面、この酵素の量でやっていこうと思っている。

そして今朝、わりといい便をした。
(昨日は1日便なし)

最近は、以前のような食生活に戻している。生食をしていなかったときの食生活。

お野菜は火を通しここにご飯を入れておじやにする。
お肉も豚か鳥で、茹でる。

おじやと肉を混ぜるというご飯。

やっぱりこれがいいのかな。当面この食生活も続けて様子を見ようと思っている。




suigaihuzen at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全 

2008年09月26日

現在の体調・症状など

あまりこれといった変化もなく、書くことも少ないため、更新が途絶えがちになってしまいます。

ユウ自身は、相変わらず元気で、それだけ見れば、病気とは思えないほどです。

けれどもここ数日の便は、ずっと軟便が続いています。
同じ食事を続けるわけにもいかないので、何がどう影響しているのかは、わかりませんが、下痢が続いているということは、体力じたいも、多少は落ちていると思うので、生食を減らそうと思っています。

生食は本来、抵抗力が落ちた個体や老犬には向きません。

酵素の量も変わらずにいます。

体重の増減があるのかどうかは分かりませんが、見た感じは、さほど変化していないように思います。

この病気は死に結びつくというものではないようですが、ギリギリのところで生きていくということなのでしょうか。

まだまだこれから模索することになりそうです。

suigaihuzen at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)膵外分泌不全