水源郷 -すいげんきょう-

Q2.なぜ足がむくむの?

16:04 / カテゴリ:いきいき健康ニュース
血液は、毛細血管からしみだして、細胞に酸素や栄養を全身に送り届け、細胞からでた二酸化炭素や老廃物を回収し、また血管に戻ります。
しかし、何らかの原因で血液の流れが滞ると、水分が血管に戻れなくなって、むくみます。また、ミネラルやビタミンなどが不足した場合にもおこることもあります。
ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が不足することによって、むくみや疲労感などを訴える人も増えています。
◆筋力低下や、血行不良になると、足がむくみやすい
血行不良になり、老廃物が排出されない事により、足がむくむ事はご理解いただけたと思います。しかし、むくみの原因は血行不良だけではなく、筋力が低下する事でも、足はむくみます

◆むくみの主な原因
血行不良
長時間座る
長時間立つ
塩分の取り過ぎ
ふくらはぎの筋力の低下
水分不足
骨格のゆがみ
睡眠不足
加齢

博士足の血行が悪くなると、足がむくみます。
人間は、常に重力と戦っていますから、ふくらはぎの筋力UPが、効果的かもしれませんね。

A3.足がむくみやすい方へのアドバイス
足・太もも・ふくらはぎといった、下半身のむくみというのがむくみの中で一般的で最もむくみやすい部分と言われています。
足・太もも・ふくらはぎがむくみやすいのは、特に夕方に目立ちやすいでしょう。
これは、重力によって体内の水分が下へ下へと流れていくためです。
また、ふくらはぎは第2の心臓といわれているほど体の中では重要な部分です。体の隅々の手先や足まで流れる血液を心臓まで送り返すというポンプのような役割をしています。血液は、体のすみずみまで行った後、心臓まで戻らないといけないのですが、下半身の血液は重力に逆らって戻るのは大変です。
そこで、ふくらはぎの筋肉が伸縮することでポンプの役割をするため、“第二の心臓”と言われています。
そのふくらはぎの筋力が弱かったり、硬くなっていたりすると、ポンプの働きが弱いという事になり、血流が悪く老廃物が下半身に溜まります。つまりむくみます。
ふくらはぎの筋肉をある程度鍛えて、やわらかくしてあげることによって、ポンプがしっかり働いて、むくみ解消を手伝ってくれるってことになるわけです。
◆足のむくみの改善方法
血行促進
ふくらはぎの筋力UP!
塩分を控える

<ふくらはぎエクササイズ>
立った状態でかかとを上げ下げする
ウォーキングをする時に、少し大股で、少し早足で歩く

<積極的に摂取した食材>
食材・・・きゅうり
考えられる効果・・・きゅうりにはすぐれた利尿作用があり、カリウムも含みますので、体内から余分な塩分(ナトリウム)をのぞいてくれます。
食材・・・りんご
考えられる効果・・・りんごは体内の余分な塩分を排泄するカリウムが豊富です。りんごの皮に多く含まれるペクチンは、血中のコレステロールの増加を抑える効果があります。
アクシスコア

PAGE TOP
運営会社 | 個人情報保護ポリシー
Copyright(C) SUIGENKYO All rights researved.