北アルプス 槍ヶ岳

8月1~3日
リーダー:なべ

【コース】
8月1日:新穂高温泉6:50-7:55穂高平小屋8:00-白井出沢出合8:52ー10:34滝谷出合10:45-
    11:45槍平小屋
  2日:槍平小屋5:30-7:40千丈分岐点7:55-9:35飛騨乗越9:46-10:00槍ヶ岳山荘-槍ヶ岳
    山頂11:07-槍ヶ岳山荘11:52戻り
  3日:槍ヶ岳山荘4:30-5:40千丈乗越5:45-6:21千丈分岐点6:30-8:25槍平小屋8:40-
    9:40滝谷出合9:45-11:24白井出沢出合11:35-13:00新穂高温泉 下山

【参加者】ミルキー、ボク、しゅう、ぷう、めーちゃん、タジ、かこ、なべ

いつも見ていた槍ヶ岳、いつか登りたいと思っていた槍ヶ岳。槍の穂先に立つことができて、嬉しかったです。これからは、「あそこに登ったんだ」と思いながら見るでしょう。槍平小屋から槍ヶ岳山荘まで、標高が高くなるにつれ、しんどかったです。それでも途中、いろいろな花が咲き、これは何、あれは何と見ながら行くこともできました。最終日、稜線からの眺めは最高で、いつまでもいつまでも山を見ていたかったです。                           ≪めーちゃん≫

thumbnail_'19.8槍%20(1)[3]thumbnail_2RIMG0009[1]
thumbnail_3RIMG0004[1]thumbnail_IMG_0155[1]
thumbnail_IMG_0156[1]thumbnail_IMG_0157[1]
thumbnail_RIMG0015[1]thumbnail_'19.8槍%20(2)[1]
大きな瀬音を聞きながら歩いた長い林道、槍平小屋に着いたときは汗だく。二日目はいよいよコースタイム5時間の急登。飛騨乗越で突然現れた「槍ヶ岳」は圧巻でした。<しゅう>
ab


thumbnail_IMG_0162[1]thumbnail_'19.8槍%20(4)[1]
thumbnail_IMG_0163[1]thumbnail_IMG_0164[2]
thumbnail_IMG_0165[1]thumbnail_IMG_0166[1]
昨年、双六岳から眺めた槍ヶ岳に今年は登ることができ感激一塩でした。槍ヶ岳山荘から槍の穂先に行くよりも槍平小屋から山荘に着くまでの登りがきつかった。     <ボク>
cu

thumbnail_'19.8槍%20(5)[1]thumbnail_'19.8槍%20(7)[2]thumbnail_'19.8槍%20(8)[1]
thumbnail_'19.8槍%20(16)[1]thumbnail_'19.8槍%20(15)[1]
vw
穂先での皆さんとの記念写真は私の一生の宝物です。下山するとき、見渡す限り「山、山、山」という光景に神々しささえ感じ、これがアルプス登山の醍醐味か~と感動してしまいました。 <ミルキー>
thumbnail_'19.8槍%20(6)[1]thumbnail_'19.8槍%20(9)[1]
          thumbnail_'19.8槍%20(22)[1]
穂先まで続くカラフルな人の列を見ながら、夢がいっぱいあった若い自分が立った同じ場所に今再び立てたことに万感の想いがありました。           <ぷう>
thumbnail_'19.8槍%20(10)[2]thumbnail_IMG_0177[1]thumbnail_IMG_0153[2]
thumbnail_'19.8槍%20(11)[2]thumbnail_IMG_0186[1]
帰りの新穂高温泉までの道中は行く時より長~く感じた。同じ道なのに、これから登る!と帰るだけ!とでは、こんなに感じ方が違うものなのですね。       <タジ>
          thumbnail_IMG_0180[1]
thumbnail_IMG_6240s[2]thumbnail_IMG_6255s[1]
今年の最大イベントが無事に終了。満足感でいっぱいです。天気も良く北アルプス最高、頑張りました。               <かこ>
thumbnail_IMG_6296s[1]thumbnail_IMG_6305s[1]
二日目には全員が槍の穂先登頂を達成でき、メデタシ、メデタシ!     <なべ>

写真:しゅう、タジ、ぷう、ボク
動画:かこ




















これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。