夜須・スイカ屋の女房blog~高知家の”はちきん”やきねえ~

高知県の夜須町手結山で、ハウススイカを1年に3回栽培・収穫する専業農家の女房です。 秋にも 真冬にも 春にも収穫する 1つの苗に1玉だけしか実らさない『こだわりスイカ』 高知の恵まれた気候と作り手の想いが重なって出来上がる『珠玉の逸品』は、こんな日常から生まれています(*^-^*)

元看護師の『はちきん』が、ハウススイカ専業農家の跡取り息子と結婚してはや21年!! 結婚を機に 農業を生業とする日々は、直ぐに3人の娘にも恵まれ、4世代同居も経て今に至る毎日が 未知との遭遇…。 お世話する対象が『訴えのある人々』から『もの言わぬ、言えぬ植物』に変わったことで、わたしの”人生観も激変しました。 しかし、出会った周りの方々に恵まれ支えてもらい『毎日がスペシャル』な日々を送っています。 そして、2016年4月18日より、これまでのJA出荷中心から、口コミ、紹介、そして商談会などでバイヤーさまとの出会いから お客さまの顔が見え、私たち生産者の想いまで届くようなイメージの『直販』中心で生きていきたい!!と 新たなスタートを切りました。 そんな、ハウススイカならではの栽培の様子や、農家のくらし、子どもたちや家族との日常、などなど…、つれづれに記します。

今朝は、本当に 久しぶりに
青空おひさまが 
ハウス出勤を 出迎えてくれました!

それだけで 気持ちが アガります⤴︎⤴︎

感謝しながら、
いざ、鉄骨ハウス3号棟へ…。


定植から23日目。
昨日から 交配作業を始めましたが、
曇天が続く中での交配は、
人のチカラや努力では
どうしようもないくらいの
苦戦があるかも?
想定内にしつつ …😌

そんな懸念が 少し垣間見れる一例として
雌花の様子を ご紹介します。


今日咲いた雌花🌼
朝イチの受粉作業が必須!
ひとたび交配が始まれば、
約10日間は、
どんな作業より最優先で
毎朝 一番にやる作業。

では、
1枚目3枚目の写真
を見比べて下さい。

1枚目

2枚目



3枚目

4枚目

どちらも 同じ交配日として、
雄花の花粉をつけた後、
緑色の毛糸を付けて 受粉完了させました。

しかし、
3枚目の雌花は、
小さく 弱々しく、
柱頭も青くて、
見るから交配前からの 悪天候時期に
雌花(実)を準備をした樹。

他の樹にも
こんな雌花が たくさんありました💦😌

1本の樹に 1玉だけ
選ばれし アンテナスイカ®︎に育ってもらうためにも
先ずは、雌花の交配がなされないと
次のステップはありません。

私たちは、
どんな天気でも
粘り強く、交配作業をして
なんとか 
ここまで成長したスイカたちに
実🍉を 結ばせてあげたいです!!








23年目のスイカ屋生活の中で
忘れられない雨続きの年がある。

次女が生後3ヶ月の時やった…。
今から19年前の梅雨時期、6月。

4日連続 雨☔️が続き、
家の直ぐ近く 国道55号の北側法面が
土砂崩れを起こし、
大渋滞を起こして 
復旧までに 何ヶ月かかかった…。

あの時以来?くらいに
暗く ジメジメした曇天が
もう6日目となった今年の秋😱

ハウス内は、
今から交配を迎える
パイプハウスの 手入れ中。

10月3日定植時

こんなに 小さく
心配した苗も…

畝いっぱいに
緑の葉を広げながら
成長してくれゆう!

しかし、
ここにきての曇天が1週間近くは
ほんとうに、辛い…💦💦💦

交配までに
体力をつけてないと
身を結ばせて 負荷が掛かると

急な天候変化に
対応するのが しんどくて
潅水管理も めちゃくちゃに なり兼ねん😱


とは言え、
お天気は、みんなに平等に降り注ぐもの。

ならば、
スイカ屋の スゴ腕
ますます フル回転させましょう!!

…ねっ、浩ちゃん👍
女房も 全力で
一緒に 頑張るきよぉ〜〜💪


収穫のメドが立つと
ネットショップも オープン!
予約販売として、"店開き" にします。

"BASE blog"
は、主に ベイスサイト内の 
ご案内用 として
販売時期や開始時などに
動かしています。


ぜひ、
江本農園のネットショップ
『BASE・ベイス』
ご覧ください!!



このページのトップヘ