すいこま〜小屋 〜room No.16,5〜

free care cow was to become me is not ※掲載に問題ある写真、加工等を希望の方はご一報を※

と言う事で有給使って初めての山根グランド。

DSC_3883

真面目に押して山根大通りへ。

今年は初めての10台寄せに挑戦との事。


と言うわけで真面目仁鶴で以下の写真はハタボウ様よりお恵み頂いた。

1697718860507





1697718888497




挑戦は2回との事。

1回目は自分の付いてた所辺りはちゃんと肩に乗っていなかったのと、周りもタイミングが掴めてない雰囲気だったので失敗する感じは有ったけど、2回目は1回目と違ってちゃんと肩に乗って腰が伸びた状態での待ちでタイミングも読めてたのでこれならイケる!と言う感じ通り見事10台寄せ成功でご満悦。


DSC_3901


そして夜の角野、泉川地区夜太鼓の為一旦退場

午前二時

DSC_3870


やって来ましたヒルクライムのお時間。

DSC_3875


今年は2番手

DSC_3877


仕事の関係で登りだけの人達が抜けるので、行きは良い良い帰りは怖いが具現化。
協力して下り道。

小学校の運動場に据えた後、賄いの朝御飯を戴いた後はお仕事の時間。

DSC_3879


8:30の始業時間にも楽々間に合う。



今年も忘れた頃にひっそりと更新していく予定なの。

そして初日。
今年からコロナは無かった事に。

15時出発なので社畜は昼までご出勤。

DSC_3715

今年は房が新調となっております。




もう一つ
ここやきんという位置情報アプリの試験運用
Screenshot_20231006-100400

21時までの運用と言う事は大人の事情込みなのか?

















そしていきなし夜。
DSC_3721







真面目に働くしと一人で楽しんでるし。



9/24組立ての現場から。



20230924_090904251

今年は若い世代が多く、指導しながらの組立て。

20230924_093336568

DSC_3684

俺が教えれる事と言ったらやりよるフリの振る舞い位だ。

DSC_3686


クロス巻きは巻く方向間違えたら首用が同じ方向になるのだが、大体毎年忘れとる説。

9/29日の夜、角野新田太鼓台さんまでカズラを使ったかき棒の縛りの見学にちょっと。

DSC_3692


DSC_3697


一般的に聞く水に浸けておいてナンタラカンタラというやり方ではなく木槌で叩きながら締め付けます。


DSC_3696

これで3日間緩むこと無く使えて、何なら30年ほど前のアレの時でも緩んだり切れたりする事は無かったそうだ。

毎年5月に今年のカヅラの下見に各地を見て回るとの事で、日が当たらない所だとか谷になってる所、藤の花が咲いてる所だとか、カズラかどうかは匂いで判断するだとかむしろロープ使ったやり方が分からない、とか熱さ爆発。
こうして縛ったカズラを切らして貰えた事があるって本当に貴重な体験だぞ。

これぞ伝統、すげぇや、すげぇや。


DSC_3698

今年は通常通りの祭りという事で山本東太鼓台さんにマルナカ前から参加。

DSC_3699

重旗は日章旗と旭日旗




ところがである、2日間参加しておいて写真が全くないのであるミステイク。



しかし、菅生神社の見どころの紙吹雪は撮っておる。


圧巻だわ。

2022年の祭りが終わって間もなく房新調すっぞ!

との事で

DSC_0006

DSC_0010


仮組みしての寸法合わせ。


で、寝て待つこと暫し

9月に完成。

DSC_3682


お祓いしてもらってからの

20230918_112539082


金縄とか干渉するパーツとの位置調整。

DSC_3687



製作は 太鼓台刺繍こやま となっております。

8月にして今年初の記事は四年ぶりに帰ってきた坂出おおはし祭り太鼓台競演


炎天下の太鼓台運行は先週トレーニング済。

DSC_3609

本年もおなじみ蓮尺太鼓台







会場での様子はその道の方が多数上げてくれてるのて多くは語らない。
が、太鼓を担ぐ者として一度は寄せ太鼓の寄せる棒の体験はしておいて損は無いと思うの。

DSC_3614







かき比べコンテスト、今年の優勝は川津太鼓組太鼓台。おめでとうございます。

という訳で優勝するまで参加するという目標ができたので真面目に押して自治会館迄。



そして昨日
20230825_194746782


反☆省☆会
ユニフォームとのぼり忘れた。

コロナ禍の為、割りと早めに中止が決定していたのだが、状況を考慮してか?一日だけだが秋祭り。

DSC_0446






ここ数年間ちょっと縁あって山本東さんの法被に腕を通しているが、今年は応援を頼まない様なので見学のみである。





かくとこおば


寒川の石戸八幡神社の階段登りが見たいと張り切って行くもコロナ仕様で短縮なのか上がるどころか下り初めのギリギリ。









後、東寒川太鼓台があるが、ここからは出なくて裏から出るらしい?

そして来る途中賑わいを見せていた三島へと飛んだ。

↑このページのトップヘ