March 18, 2010

とうがらしの種まき

スポンサードリンク
春は種まきの季節。

3月に入りとても寒い日が続いていて、この前は、広島市内でもみぞれが降ったりして、

とても種まきの気分じゃなかったけど、最近になってやっと春らしくなってきた。

そこで、一気にタネマキ気分に火がついた感じ。

今回紹介するのは、トウガラシ。またの名を鷹の爪(タカノツメ)。

種まきに使用するのは、これ!
ヱスビー食品(S&B)の鷹の爪(笑)

鷹の爪







もちろん、純然たる食用。ぬか漬けやレンコンの酢の物、マーボー豆腐・・・それからなんだっけ?(笑)

ああそうそう、金魚やめだかとかの白点病にも効くんですよねえ。

鷹の爪の使い道って結構いろいろあって、自家栽培して自給自足できたらいいなあという感じ。

実は去年の夏、8月7日に鷹の爪の種をまいて、実が5,6本つくまで育ったんだけど、さすがに種まきの時期が遅すぎたのか・・・、実が赤くなる前に寒くなり、枯らしてしい悔しい思いをしたのです。

で、今年こそは捲土重来。リベンジしたい。

とうがらし種まき







これが、鷹の爪の種まきの画像です。

鷹の爪の赤いさやの中にある粒粒の種を取り出します。
(でも、袋のなかに種だけが結構ころがっているのでそれを使っても大丈夫)

で、
レタスと同じように、充分湿らせたスポンジ培地に、タネを2粒づつ置いて、
ティッシュペーパーをかけてやります。

鷹の爪の発芽は、結構気温が高いことが必要なような気がしますが・・・。

でも、まあ、時間をかければなんとか発芽してくれるんじゃないかと・・・。

さて、どうなりますことやら。なにごともトライ&エラーの精神でやってみましょう。




唐辛子│ 
水耕栽培で自給自足!
ハイポニカ楽天市場最安値(送料無料)
いちご とよのか ポット苗

ハイポニカ4Lセット(送料無料)

ホームハイポニカ葉菜用培地(スポンジ300個)



激安!小型ビニールハウス

  • ライブドアブログ