NICの留学について調べていたところ、凄いことを知りました。

NICで留学し、70歳でサウス・ペーロ大学 東洋医学大学院

修士課程を卒業した方がいらっしゃるそうです。


NICにはゴールデンエイジ留学プログラムというものがあり、

30歳以上の人を対象に学生を積極的に募集しているそうです。

近年では、子育てが一段落した主婦や、

定年を間近に控えた人などの入学も増えており、

若者に負けないくらいの力を発揮しているそうです。


先程の70歳の方は、元々は都立高校で教職に就いていたそうです。

偶然目に留まったパンフレットでNICのことを知り、

留学を目指して定年後にNICに入学したと書いてありました。

定年後にNICで学んで留学、

それも今までの教師とは違う医学の道に進むことができるなんて、

凄いと思いました。

人生において遅すぎるなんてことは無いんですね。


NICでは親子で留学するという例も増えているそうです

これはアメリカを始め欧米では普通のことで、

先程の70歳の方がサウス・ペーロ大学に入学した時も

年上の73歳の学生がいたそうです。

年齢に関係なく、可能性は本人のやる気次第で

いくらでも広がるんですね。


NICの先生は、指導力ももちろんですが、
留学を目指す生徒達に対する“親切さ”が
一番の魅力だそうです。

NIC先生は、普段から、クラスの生徒一人一人との、
親密なコミュニケーションを欠かさず、
留学を目指す生徒達の相談にも乗ってくれるそうです。

単に知識を教えるだけでなく、
NIC先生は、
留学を徹底的にサポートしようという姿勢が、
非常に強く感じられますね。


日本では年齢が壁になることが多いと思いますが、

海外なら年齢よりも実力といった考え方があるようですし、

第二の人生をスタートさせたいという人には、

NICのこの留学プログラムはありがたいでしょうね。