脱力系水面風味

トップウォーターバス釣りのネタを中心に。。。

前にチューンした、バンプスプークの再調整。(過去の記事は、コチラ。) 私はもともとロールが強いミノーが苦手でした。直線的で単調で飽きてしまうんです。巻き抵抗が弱すぎるのもダメ。 このルアーを初めて使ったときに受けた印象は、高浮力で軽い使用感のロール系ミノ ...

前にチューンしたオリザラの再調整。(過去の記事は、コチラ。)  すでにベストは出ていたのですが、、、 首下に貼ったチューニングシンカーがずっと気になっていました。 鉛って、やっぱり目立ちますよね。特にこの位置だと。。。 使用環境によると思うのですが、劣化すると ...

前にチューンしたクレイジークローラーの再調整。。。(過去の記事は、コチラ。)  このルアーの一番の問題点は、やはり、初動(立ち上がり)の悪さでしょう。 前回はいろいろイジっているうちに、テール側に重心を持たせると頭を上げやすくなり、初動が良くなる事が解ってきま ...

前回が良かったので、まだまだイケるか!? という事で、引き続き今回もFTNに行ってきました。 日の出直後、一番寒い時間帯の朝6時にスタート。気温7℃、水温17℃前後。北西の風が冷たい。。。体感温度は5℃くらいかな?寒いっ!着込んできましたが、使い捨てカイロを ...

久々に金曜日に休みが取れたので、行って参りました。 ここ1~2週間で、朝が冷え始めましたね。いよいよシーズンも後半という感じです。でも、ここ2~3日はやたらと日中が暖かく、あれ?、まだまだイケるんじゃないの!?…なんて思うように。。。 そう、この、そろそろ秋 ...

この日の朝は、普通に起床しました。そして、いつものようにゴミ出しして。。。 あれ?天気が良い? 晴れてるよ!心なしか暖かいし。 天気予報をチェックしたら、昨日は無かった晴れマーク。いつの間にか天気が回復していたのね。。。 あーあ、行けばよかったなぁ〜。 でもこ ...

今年は台風が立て続けに襲来したり、そうじゃなくても不安定な天候続き。。。それが自分の休日と重なる事が多くて、結局釣りをあきらめて家でモヤモヤしている事が多いです。 ということで、そのモヤモヤ解消のために、ここのところずっとルアーいじくってます。 だいぶ前に記 ...

PE+ショックリーダーのラインシステムを使い始めて、だいぶ月日が経ちました。 見返してみると、ブログネタとして最後に記事にしたのが約2年前。。。 それから暫くUPしてなかったわけですが、その後も相変わらず、あーでもない、こーでもない…と、秘かに試してました。 ...

数日前から急に肌寒くなりました。 この日も夜中に目覚めて屋外に出てみると、半袖Tシャツ1枚じゃ無理な感じ。。。薄手の上着を着て家を出ました。 そして、、、約2ヶ月ぶりに、霞水系STGに到着。そそくさと準備をして、5時30分過ぎにスタート。 気温18℃、水温24 ...

今シーズンはいろいろとタイミングが悪く、なかなか釣りに行けない日が多いです。 そして気が付けば、9月も半ば。。。 この日は条件も悪くはなく、行こうと思えば行けたのですが、前日の体調が良くなかったということもあり、かなり考えた末、断念。。。 、、、だったのですが、よ ...

ヘドン・ザラⅡです。『誰でも簡単にウォーキング・ザ・ドッグ』どこのお店だったか、、、そんな感じのポップが貼られて売られてたのを記憶しています。実際、ペンシルの操作が苦手な初心者でも、簡単に動かせるように作られたものらしい。。。 オリザラよりも小振りでちょっぴり ...

実に前回の釣行から約1ヶ月ぶり。。。 この1ヶ月間、なぜか休日になると襲ってくる台風。。。さらに、仕事の忙しさと猛暑による夏バテ。さらにさらに、右肘を痛め、左足首も痛め、、、と、不安定な天候とポンコツになってきた身体に悩まされておりました。 まったく釣りどころじゃ ...

ヘドン・クレイジークローラーです。 羽根物のド定番。その名の通り、狂ったようにクロールするルアー。 一時期、よく使いましたが、これも最近ご無沙汰してましたね。。。  このルアーの存在を知ったのは、小学生の頃でした。本に載っていたその奇天烈な姿に「どんなルアー ...

連日、猛暑日が続いてますね。 ちょっとバテぎみだったので、この日の釣りは行こうかどうか悩んだのですが、、、やっぱり行くことにしました。。。 結局、好きだから行ってしまうんですよね〜。 という訳で、 霞水系流入河川、STGに到着。 日の出時刻には間に合いませんで ...

毎度、遅い更新でスミマセン。 前回の釣行以来、条件がなかなか合わなくて、行きたくても行けない状態がずっと続いてました。 という事で、久しぶりの釣行となります。 出発前に天気予報をチェックすると、雷警報が出てる。。。昨夜から天候が不安定で、所々で局地的な豪雨が ...

以前記事にしたマグナムタイガー。。。(過去の記事は、コチラ。) その時、「もう一個欲しい!」なんて言ってたのですが、実はその後、入手することができました。 反射板無しのTGカラーです。この色が欲しかったんですよね~。 某ショップの通販でたまたま見付けて購入し ...

近年、釣り場で声を掛けられる事が多くなりました。私の思っている以上に、皆さんインフレータブル艇に興味があるようで、よく質問をされます。 やはり気になるのは、メリット、デメリットの部分なんですよね。。。 …なので、実際にされた質問をQ&A方式でまとめてみました ...

雑誌「TOP★TOU Vol.17」が発売されました。  楽しい記事が盛り沢山で、読み応えがある内容です。 →TOP★TOUオフィシャルサイト   そして、なんと!!当ブログのカヤック記事が紹介されました!!  振り返ってみればホームページ時代から始めて ...

アブ・アンバサダー4500Cクラシックゴールドです。 今シーズンに入る直前にメンテしてから非常に調子良いです。 実は、そのメンテのときにちょっと気になっていた事がありまして。。。 ドライブ側のプレートを開封し、ギア類、ポジションホルダー、ヨーク等を外すと、最 ...

久しぶりの有休!天気予報の雨マークも消えた!!…という事で行って参りました。 久々の霞ヶ浦本湖です。と言っても、いつも行っている流入河川の河口エリアです。本当は別の場所に行きたかったのてすが、風向きを考慮して、このエリアを選択しました。  ほぼ日の出時刻 ...

今回も、最近お世話になりっぱなしの地元フィールドFTNです。  日の出時刻をちょっと過ぎた頃に現地到着。すぐに準備をして5時にはスタート。平日なのにけっこうカヤックが浮いてますね。 気温は19℃。ちょっと肌寒い。。。水温は23℃台。思ったよりも低いです。水は ...

小雨の降る中車を走らせ、現地到着したのが6時すぎ。暫くして雨は降り止む。。。場所は霞水系流入河川STG。 ん?これはデジャブか?と、思うくらい2週間前と同じような展開。 ただ、前回よりもまとまった雨が降ったせいか、増水&激濁りな感じで流れも強い。  ひとまず ...

午前中の用事を済ませた後、チャチャッと準備を済ませ出発。 向った先は、ご近所フィールドFTNです。 今年もこんな感じで、ちょくちょく通いそうです。  しかし、暑い。道中、車載の温度計で確認したら30℃。。。夏だね、こりゃ。 現地到着は、14時を少し過ぎた頃。 ...

久々の週末釣行です。今回は、風向きを考慮してのフィールド選択。最近お世話になりっぱなしの地元フィールドFTNです。 朝5時スタートです。水温22~23℃。気温は、、、確認しなかったのですが、北東の風で、ちょっと肌寒い。日中は暑くなるらしいのですが、Tシャツ1 ...

この日の天気は前日昼間から夜中にかけて雨。明け方までに上がる予報だったのですが、最近の傾向からすると、まぁ朝方まで降るだろうと。。。…なので、少しゆっくりめの起床で自宅を出発。案の定、小雨が降ってます。 現地到着が6時ちょっと過ぎ。直前にパ~っと晴れてきまし ...

ヘドン・オリジナルザラスプーク。通称・オリザラです。 このルアーは、ヘドン、、、いや、ペンシル、、、いやいや、トップウォータープラグの代表と言っても過言ではないでしょう。 よく動き、キャストもしやすい。。。とにかく使い易いルアーです。  私は、バス釣りを始めた頃、 ...

この日は今年初、霞水系流入河川STGに来ました。 現地到着は5時をとっくに過ぎた頃。日の出時刻が4時半前後なので、辺りはかなり明るい。。。 天気は曇り。徐々に晴れてくるという予報。 ついこの間まで夏日を記録していたにもかかわらず、この日の気温は10℃。水辺と ...

この日は気合いで早起きして、今期初の霞水系でも、、、と思っていたのですが、前日の予報で強めの風が吹くとなっていたので断念。 この日を逃すと、週末から世の中はゴールデンウィークに突入。普段平日釣行が多いと、プレッシャーの高さというよりも人の多さにビビってしまう ...

この日は、いつもよりゆっくり目覚めてゴミ出しして、、、ちょっと溜まった用事を済ませる。 何となく付けっぱなしだったテレビから「今日は暖かくなるでしょう。」なんて言葉が聞こえてくる。 そういえば、今日は風も強くなるんだっけ。花粉も飛ぶよな。。。なんて思いながら、 ...

便利アイテムの紹介です。 ベルモント ルアーリターン245。伸縮式のルアー回収機です。 最大245cmまで伸ばす事ができます。縮めると32cmと非常にコンパクトになるので、タックルボックスの中にいつも入れています。  頭上の木、ブッシュの中、葦の奥などなど、、、 ...

↑このページのトップヘ