2012年05月08日

睡眠の種類

「脳の睡眠」と「身体の睡眠」

一晩の内、ぐっすり眠る(深い睡眠)「脳の睡眠」は前半、夢を見る(浅い睡眠)「身体の睡眠」は後半にあらわれます。
このバランスが良くなると、次の日は快適に過ごせます。


2009年03月02日

睡眠障害対策

睡眠時間は人それぞれです。日中の眠気で困らなければOK
睡眠時間の長い人、短い人いろいろいます。日中の生活に困らなければ問題ありません。
通常成人の場合6〜7時間が睡眠の目安です。

年齢を重ねると睡眠時間が通常少しずつ短くなる傾向があります。
若いときに比べて睡眠時間が短くなったからと言って一概に不眠症とは言えません。

毎日同じ時間に起きる
朝、太陽の光を浴びると、夜、快適に眠れます。
日曜日などの休みの日に長時間眠って朝の起床時間が遅くなると、その日の夜の寝つきが遅くなって次の日の朝の起床がつらくなります。

光を利用してより良い睡眠
朝起きて、太陽の光を浴びてから約15〜16時間後に眠気が現れます。
部屋の照明が明るすぎると、体内時計のリズムが遅れるので、夜は明るすぎない照明が良いでしょう。

規則正しい食事と運動
毎日同じ時間に朝食を食べると、その1時間前から消化器系の活動が活発になり、朝の目覚めも良くなります。
夜食を食べると、睡眠の妨げになるので、空腹で寝付けない時は消化の良いものを少量にすると良いです。

運動をしている人は不眠になりにくいです。毎日、軽く汗が出るくらいの運動をすると熟眠出来ます。

寝る時間にこだわらない
眠ろうとする気持ちが頭を冴えさせて寝つきを悪くするので、眠れない時は、一度床を出てリラックスして、また眠くなったらもう一度床に就いてみましょう。

刺激物を避けて寝る前にはリラックス
カフェインの覚醒作用は摂取後30〜40分後から表れて、4〜5時間は持続します。そして、タバコに含まれるニコチンは交感神経を刺激して睡眠の妨げになるので、寝る4時間前のカフェイン摂取と、1時間前の喫煙は避けましょう。

寝る前にリラックスしたら眠りやすくなります。
軽い読書・音楽・アロマ・ぬるめの入浴・ストレッチ体操など、自分なりのリラックス方法を見つけてみましょう。

昼寝は、寝る15時間前!!
昼食後〜午後3時までの間の昼寝は夜の睡眠にあまり影響をさせずに日中の眠気を解消出来ます。
30分以上寝ると脳も身体も寝る体制になってしまうので要注意です。

眠りの浅い時は、遅寝・早起きで
遅寝・早起きにして床に就く時間を減らすと、必要なだけ床の上で過ごす為、熟眠感が増します。

沢山寝ているのに日中眠気が強い時は。。。
長時間寝ているのに、仕事などに支障が出るくらい眠気のある時は専門医に相談するのが良いでしょう。

睡眠中の激しいイビキや呼吸が停止してしまう方!!
別な病気が原因で睡眠が妨げられているかもしれないので、専門医に相談してください。

睡眠薬の代わりの寝酒
これは不眠のもとです。
夜中に眼が覚める原因にもなり、熟眠出来ません。

睡眠薬は医師の指示通りに。。。
睡眠薬は沢山あり、服用する方によって薬の種類が異なりますが、医師の指示通りに正しく服用すると安全です。
薬の服用は寝る準備が出来てから。服用したら床に就きましょう。

人によって睡眠時間は異なります。長く眠ろうと思って眠れるわけではありません。睡眠時間にあまりこだわらないようにしましょう。





suiminn at 10:53│ この記事をクリップ!

2007年11月14日

睡眠薬の副作用

持ち越し効果

翌日になっても薬の副作用が続く為、日中に眠気、ふらつき、記憶や注意力の低下が起こることがあります。

記憶障害

睡眠薬の服用直後や一度眠って途中で起きた時の行動、物事を覚えていないという現象が起こることがあります。

筋弛緩作用

筋肉が緩んでしまう為に、ふらつきや脱力感の原因になります。
特にご高齢の方の転倒や、骨折にが注意が必要です。

反跳性不眠

睡眠薬を一定期間服用した後に、急に服用を止めると、睡眠薬を服用する以前よりも眠れなくなることがあります。

2007年11月10日

睡眠薬は怖い???

睡眠薬は、「止められなくなる」「ぼけてしまう」などのイメージから、睡眠薬は怖い薬だと思っていませんか?
最近の睡眠薬は、医師の指示通りに適切に服用していれば安全です。

○睡眠薬を服用し続けても、ぼけをきたすことは考えられません。

○昔の薬と比べて、服用を止められなくなる(習慣性)ことは少なくなっています。

suiminn at 12:36│ この記事をクリップ!

2007年11月08日

寝室での工夫

寝室では。。。

エアコンなどで温度・湿度を保って快適に過ごせるようにしましょう。

自分に合った寝具を選んでみるのもイイと思います。

2007年11月01日

睡眠薬の正しい服用法

睡眠薬は安全です。
睡眠薬は医師の指示通りに正しく服用していれば、「癖になるかも。。。」「身体に害があるかも。。。」なんていう事はありません。

睡眠薬を処方されたら。。。
お酒と一緒に服用すると、お薬の効果が強くなるので絶対に避けて下さい。

お薬は服用後、15〜60分で効果が出始めます。服用後は早く床に入ってください。

薬を服用し始めて、効果がなかったり、副作用が出た時はすぐに医師に申し出て下さい。

自己判断でお薬を調節したりすると、お薬の効果が得られないことがありますので、医師の指示通り服用しましょう。