2007年11月14日

睡眠薬の副作用

持ち越し効果

翌日になっても薬の副作用が続く為、日中に眠気、ふらつき、記憶や注意力の低下が起こることがあります。

記憶障害

睡眠薬の服用直後や一度眠って途中で起きた時の行動、物事を覚えていないという現象が起こることがあります。

筋弛緩作用

筋肉が緩んでしまう為に、ふらつきや脱力感の原因になります。
特にご高齢の方の転倒や、骨折にが注意が必要です。

反跳性不眠

睡眠薬を一定期間服用した後に、急に服用を止めると、睡眠薬を服用する以前よりも眠れなくなることがあります。

suiminn at 12:37トラックバック(0) |  

トラックバックURL