彗星のオヒレ

関西を中心に活動する劇団、
彗星マジックの公式ブログです。
劇団員の外部出演情報からふと思った事までちまちま書いています。

彗星マジックHP https://suiseimagic.uijin.com/

【随時更新】彗星マジック プロデュース公演“ギフト” 『アルバート、はなして』


彗星マジック
プロデュース公演“ギフト”
『アルバート、はなして』

作・演出:勝山修平(彗星マジック)

【あらすじ】

彼は「3」という数字を、とても愛しく思った。
3次元に住んでいて。空と海と地上に恵まれ、過去、現在、未来の中で。生まれ、生きて、死んでいく。始まり、続き、終わりを迎える。この地球もそういえば太陽系の第3惑星で、彼は「3」という数字を、とても愛しく思った。
彼は「数」という数量を表すために用いられる概念から派生した数式で、人を、世界を、宇宙を、神を。
現そうと、考える。それは愚かか、否か、幸福か。
数を重ねて、彼は、生きた。
「3」から成される世界の中で、求め見つけて失って、幾度もそれらを繰り返し、数を重ねて、彼は、生きた。
現実と空想を思考し続けた生涯を、
虚実綯い交ぜにして送る、
世界で最も有名な理論物理学者の物語。

出演※今公演はダブルキャストとなります。

【スカラーチーム】

小沼桂大(彗星マジック)
香菜海
東風東
佐藤みか(劇団レトルト内閣)
つねなりあやか
のの華
平沢花彩(D地区)
モモトモヨ
森下愛梨(彗星マジック)

【ベクトルチーム】ダブルキャスト
雨芙美花
今井千香
上野佳秋(㐧2劇場)
卯海憂ナギサ(劇団展覧劇場)
鎌田恵弥
星藍(新演劇研究会劇団月光斜)
所美華(劇団なべあらし)
橋本真衣乃
益田杏花(彗星マジック)

【シングル】スカラー/ベクトルともに出演
浅葱(劇団万絵巻)
工藤彰彦(本若)
黒山あずさ(劇団明朗会計)
大和

米山真理(彗星マジック)
野倉良太

【日時】

2024年3月20日(水・祝)
13時から【スカラーチーム】
17時から【ベクトルチーム】
※ダブルキャスト制

【チケット】2月20日19時より販売開始!

前売・当日 共 2,500円
※全席自由・当日精算のみ

こりっちご予約
彗星マジックプロデュース公演”ギフト”「アルバート、はなして」予約ページ


メールでチケットでのご予約
suiseimagic@gmail.com
3/19までにヾ望日時 △名前 E渡暖峭 に膺瑤鬚知らせ下さいませ。
こちらからの返信を以て予約完了とさせていただきます。


【劇場】

インディペンデントシアター1st
(〒556-0005 大阪市浪速区日本橋3丁目3-19)
※アクセス
Osaka Metro堺筋線恵美須町駅1A出口から北へ約8分
Osaka Metro堺筋線日本橋駅10番出口から南へ約10分
南海電車なんば駅から南東へ約7分
駐車スペースがありませんので、車・オートバイでのご来館は近隣のコインパーキングをご利用ください。

【スタッフ】

プロデューサー・照明:相内唯史(at will)
音響・宣伝美術:勝山修平(彗星マジック)
演出助手:池山ユラリ(彗星マジック) / 浅葱(劇団万絵巻)
衣装:西出奈々(彗星マジック)
当日運営:渡辺大 / 石橋美怜
企画・制作:彗星マジック


【お問い合わせ】

suiseimagic@gmail.com

【プロデュース公演“ギフト”とは?】

新しい出会いは楽しい。対人関係のもつれはそりゃ増える。それも踏まえて鮮烈で、刺激的。もっともっと、いろんな人たちと関わりたい。関わって欲しい。新しい出会いによる新しい視点を!
というわけで、ワークショップ公演を開催することにしました。
はじめましての人たちと、彗星マジック劇団員で一緒に、ひとつの舞台を作ります。

IMG_7847 IMG_7848

彗星マジックプロデュース公演“ギフト”情報!

12月から参加者を募っていました
彗星マジックプロデュース公演“ギフト”

参加者と日時が決まりましたので
お知らせいたします!

【プロデュース公演“ギフト”とは?】

新しい出会いは楽しい。対人関係のもつれはそりゃ増える。それも踏まえて鮮烈で、刺激的。もっともっと、いろんな人たちと関わりたい。関わって欲しい。新しい出会いによる新しい視点を!
というわけで、ワークショップ公演を開催することにしました。
はじめましての人たちと、彗星マジック劇団員で一緒に、ひとつの舞台を作ります。



【ギフトオーディション参加者】
浅葱 (劇団万絵巻)

雨芙美花

今井千香

上野佳秋 (㐧2劇場)

卯海憂ナギサ (劇団展覧劇場)

香菜海

鎌田恵弥

工藤彰彦 (本若)

黒山あずさ(劇団明朗会計)

東風東

佐藤みか (劇団レトルト内閣)

星藍 (新演劇研究会劇団月光斜)

つねなりあやか

所美華 (劇団なべあらし)

のの華

橋本真衣乃

平沢花彩 (D地区)

モモトモヨ

大和



【公演日時】
2024年3月20日(水・祝)
13時/17時


【チケット】2月20日19時より販売開始!

前売・当日 共 2,500円


【劇場】
インディペンデントシアター1st

(〒556-0005 大阪市浪速区日本橋3丁目3-19)


また、公演演目、チケット発売先は明日2月20日公開予定です!
彗星マジックのX、ブログにご注目くださいませ!

伊美勇輝 退団のお知らせ

彗星マジック退団の報告


皆様、こんにちは。彗星マジックの伊美勇輝です。

突然になりますが、わたくし伊美勇輝は彗星マジックを退団することを決めました。

理由としては入団前より患っている「うつ病」の治療専念と私が想像した以上に今の状態で舞台に関わる、劇団の運営に関わることが難しいと痛感したからです。また、前進を続けていく劇団の中で自分だけが進むことができない状況を非常に歯がゆく感じ、この状況を続けていくことが私にとって良くないと考え、退団という考えに至りました。

彗星マジックは私が病気を患っていることを知ったうえで私の入団を決めてくださいました。本当に有難く、生きるエネルギーをくださいました。

結果として一緒に舞台に上がることはできませんでしたが、私は諦めたわけではありません。

皆様、これからも彗星マジックの応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。


彗星マジック 伊美 勇輝




伊美勇輝の退団に関して

勝山修平です。 と、いうわけで、伊美ちゃんが退団します。
環境が整ったら演ろうねって話をしていたのですが、環境を整えるために退団。 尊重します。
これからも劇団と伊美勇輝を宜しくお願いします。

以上!
だとあまりにも文章が短か過ぎて情も何も無い劇団だ。そら退団するわ。
なんて思われても嫌なので、伊美ちゃんから退団したい旨の連絡をもらって(2023年の12月でした)から今日に至るまでに思ったことをすこし。
私事ではありますが。伊美ちゃんも私事で退団するわけやし。

至極当たり前のことですが、この歳まで演劇というか小劇場に居ついて仕事にしちゃったが故に、もうやるしかないのです。
続けるしかない。楽しいし。キツいけど。みんな締切守らないし、連絡取れなくなるし。言ってることガンガン変わるし。挙げ句の果てにはつまんないものができてたりするし。
でもやっぱり創作ってやつは魅力的なものなのです。集団で創作するって事は、どこか夕日に向かって土手を走る青春時代のよう。あー嫌。そんなつもり皆無なのに。どこかで青春とかいう美し気な幻の中に居るような感覚を覚えている気がする。気のせいなのに。走り過ぎて息切れして足もガクガク、夕日はもうとうの昔に沈んでいるのに。走るという行為のみが重力になっているような。当たり前になってるような。
そのような訳で、いつの間にかそも創作に携わることを、やめる。といった選択肢が存在しなくなっていました。冷静に訳わかんなくなってるから。劇団はやめるかも知れないけれど、まだその予定はございません。

なので、伊美ちゃんからの連絡に対し、「あー、なるほどなるほど、やめてもいいよね、うんうん。こだわり捨てて楽になる感じね。…楽になる感じか!」と、感心したりしてました。
すごくない?(例えばやけど)こだわり捨てるとか。
嫌じゃ無くても、やりたくても、楽しくても、やりがいあったとしても、お金を儲けられたとしても(儲けられてないけど)、楽しんでもらえていたとしても、いいじゃん。やめやめ!いいじゃん。尊重します。

伊美ちゃんが退団をきっかけに、楽になったら良いなぁ。

彗星は創作に関してだけは全力がマイペースと決めておりましたが、なんかそのへんのこだわりもせっかくなのでちょっと横に置いてみよかな思います。
その分で得た余裕で、何か豊かなものをお届けできたら良いなぁ。
ではまた。

彗星マジック 勝山 修平

新劇団員と公演

昨年、劇団員が結婚したことをきっかけに、割と真剣に劇団を続けていくにはどうしたら良いんだろうね、という話をしました。

劇団員は言います。新しくできた家庭を大事にしたいし、子供も欲しい。

じゃあ劇団、抜ける?と聞いてみると、元気に「抜けません!」とのこと。

すごい!「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。 何かを得るためには同等の代価が必要になる」という、僕たちが鋼の錬金術師から得た教訓を真っ向から気にしないスタイル。人間の欲とはかくも純粋で時には教訓すら超越するのだな、などと思ったものです。


目先の公演のみに全精力を注ぎ込み、運営に継続、そういったことに無頓着でした。何てこと。

再三プロデューサーから「これからどうするか考えなさい」と言われても、「いい感じに進みます」などと返答し、呆れられている次第。何てこと。

もはや見放さないでいてくれるだけで素晴らしいプロデューサーと言えるでしょう。見放さないというプロデュースです。何だそれ。


どこかで誰かが、全力を尽くしてはじめて現状を維持するだけの力を得れる、的な事を仰っていて、ふとその言葉を思い出し、全力は尽くし続ける心算はあるけれど、それで現状維持であるならば結婚した劇団員が活動を休止した場合おれたち弱体化するじゃんだってもう既に全力なんだから!と思い至り、それならば力の総数を増やそう、仲間だ仲間だ新たな仲間だと今年の3月にはじめてきちんと劇団員募集をしました。


結果的に3人の新劇団員を迎え、今まさに全力で稽古中です。

稽古期間約1ヶ月で30分前後の短篇を4作品同時に稽古、うち2作品は新作、何やってんだ、あ、目先の公演に全力注いでるだけか、変わらねぇな、過去から学ばなければ。次からの課題にしよう!などと心に刻みつつ、稽古中です。

上演する4作品すべて出演するのは劇団員です。スタッフもなるべく外部から雇わず、限られた期間に劇団員だけでどこまでできるのか、せっかくなので測ってみようと試みております。自分たちでやってみてはじめてできないことが、今迄やってもらっていたことが、わかる気がするので。


「テレグラキ」という短篇は、最初外部に書き下ろしたものだったのですが、幾度かの上演を経て、劇団を代表する短篇のひとつになりました。代表する短篇なのに様々な事情で劇団員だけで上演したことは無かったので、満を持して臨んでおります。

「ラメント」という短篇も最初外部に書き下ろしたもので、彗星マジックでは2012年に上演しました。結婚した劇団員、米山真理がはじめて彗星マジックに出演した際に上演した作品でもあり、満を持して臨んでおります。

「月とマシンガン」は新作で、役者として所属している劇団員、池山ユラリが書き下ろしております。彗星マジックではもう10年くらい毎週月曜の夜にラジオ配信を行っており、その中で役者スタッフ関係なくラジオドラマを執筆し披露しているのですが、そのラジオドラマから満を持して産まれた短篇です。

「サーキュラー・ヴェロシティ・アパートメント」も新作ですが、これは彗星マジックが月イチ公演を敢行した際につくっていた「ヒーロー」という作品の新作、という位置付けをとっております。「ヒーロー」を全く知らなくても問題なく楽しんでもらえるよう執筆しつつ、「ヒーロー」を既知の方には豊かで新たな観劇体験になるよう満を持しております。


4本すべて宇宙に関する物事が随所に見られますが、特に繋がりはありません。

いろんな角度から見た宇宙、世界をご覧いただける短篇集です。


貴重な時間を頂戴するだけの価値ある公演になるよう全力を尽くしますので、何卒ご贔屓に。


勝山修平でした。


IMG_6342
IMG_1130

上演日時

8月26日
14:00【A】/19:00
B
8月27日
11:00
【A】/15:00B
「テレグラキ」上演キャストチーム
A】ア:小沼桂大 イ:益田杏花
B
ア:森下愛梨 イ:池山ユラリ
上演時間の【】内が上演チームとなります。

会場
in→dependent theatre 1st
〒5560005
大阪府大阪市浪速区日本橋3-3-19
06-6635-1777
http://itheatre.jp/

料金
前売・当日 3,200円
学生 2,000円

学生は受付の際に学生証の提示をお願いします。
未就学児童入場不可。


予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/267461/



 悒機璽ュラー・ヴェロシティ・アパートメント』
作:勝山修平 演出:池山ユラリ
出演:小沼桂大、益田杏花、森下愛梨、米山真理

やがて宇宙から飛来する最恐の壊滅災害に備え、世界最強の人間は今日も宇宙空間に浮かぶ小規模な低軌道コロニー、通称“アパート”で警戒疲れを感じながら、住人たちとそれなりに交流しつつ概ね大いに退屈な日常を過ごしていた。
“アパート”での日常は時間感覚を狂わせる。何せ1日に地球を約16周、朝と昼を16回も繰り返すのだ。夜が来ても未だ今日。朝が来ても未だ今日。明日はまだか。壊滅災害はいつ来る。勘弁してくれ。

◆悒謄譽哀薀』
作・演出:勝山修平
出演:【Aチーム】小沼桂大、益田杏花 【Bチーム】池山ユラリ、森下愛梨

「そちらは、お元気でしょうか。この電信は届いていますでしょうか。もし届いているのでれば、返信を、どうか、どうか。待っています。」
ロシア連邦チェリャビンスク州に隕石が落下した2013年2月15日を境に分断した【もうひとつの現代】を舞台に、大容量の電波を使った通信ができない世界で、静かにずうっとモールスを、閉め切った部屋の中で縋るように、宇宙へ向かって流し続けるひとと、応えただれかの物語。

『月とマシンガン』
作:池山ユラリ 演出:勝山修平
出演:池山ユラリ、益田杏花、米山真理

地球に「宇宙人」が降り立ち数年、「地球人」と「宇宙人」は緩やかに交流を続けていた。しかし、「宇宙人」は目の前にいる存在の心が読めることが判明。心を読まれることによって「宇宙人」からの侵略を恐れた「地球人」は、「天の川政策」を施行し、地球上の何人たりとも国に申請しないと顔をつき合わせてコミュニケーションを取ることができなくなってしまった。
とある満月の日。申請していない神聖な友人が、私の目の前にいた。

ぁ悒薀瓮鵐函
作・演出:勝山修平
出演:小沼桂大、森下愛梨、米山真理

その年の夏は、酷暑が続いたり、台風が逸れたり、政府が節電を呼びかけたり、悲報のニュースが目立って流れたり、つまりはいつもの夏でした。けれども誰かにとっては、私にとっては、格別で、特別な、出会いと別れの夏でした。きっともう逢うことはないけれど、私は元気でやってるよ。
記憶喪失の子供と、家族を殺害した容疑で指名手配されている女性と、宇宙人を自称する男性がともに過ごした、歪で愚かで愛おしい、ひと夏の記録。

【随時更新】彗星マジック27景「アソートメント•アパートメント」

IMG_6342

彗星マジック27景
「アソートメント•アパートメント」

彗星マジックの劇団員のみでお送りする短編集!
「lament」「テレグラキ」他、新作2本を合わせた4本立て!また、「テレグラキ」はダブルキャストでお届けします。

★出演
池山ユラリ
小沼桂太
益田杏花
森下愛梨
米山真理


★上演日時
8月26日
14:00(A)/19:00(B)
8月27日
11:00(A)/15:00(B)

「テレグラキ」上演キャストチーム
A ア:小沼桂大 イ:益田杏花
B ア:森下愛梨 イ:池山ユラリ
上演時間の()内が上演チームとなります。


★料金
前売・当日 3,200円
学生 2,000円

7月1日10:00発売開始!

★予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/267461/
*最新コメント*
*月別アーカイブ*
*LINE読者登録QRコード*
LINE読者登録QRコード
@suiseimagicのつぶやき
*記事検索*
*プロフィール*

suiseimagic

関西を拠点に活動する劇団、彗星マジックです。
公演情報、劇団員の外部活動の情報や、あれもこれも掲載していきます。

ちょくちょく覗いていただければ幸いです。

  • ライブドアブログ