2017年3月17日、サニーストンホテルに於いて3月度定例会「バリアバリューから社会を変える~ハードとソフトのユニバーサルデザイン~」が開催されました。

後藤理事長の挨拶です。
IMGP2368
みんなで協力して事業を盛り上げていこうとメンバーを鼓舞していました。

続いては新入会員の入会式です。
IMGP2389
東川 瞬君です。一緒に頑張っていきましょう!

恒例の握手
IMGP2397

今回の定例会のメインプログラムは、「バリアバリューから社会を変える~ハードとソフトのユニバーサルデザイン~」をテーマに株式会社ミライロ 広報部長 岸田奈美さんにご講演頂き、ユニバーサルデザインやユニバーサルマナーについて学びました。

株式会社ミライロ 広報部長 岸田奈美さん
IMGP2413

お父様の突然死やお母様の大動脈解離による下半身麻痺などを経験されたご自身の半生から、会社を起こした経緯やユニバーサルデザインの現状などを語って頂きました。

テーマにあります「バリアバリュー」とは、バリア(障害)をバリュー(価値)に変えるということだそうで、そのビジョンに大変感銘を受けました。

実際に生活している中で障害をお持ちの方を見掛けた時、何かお手伝いできることはないかなと思うものの、どういう風に声を掛ければ良いのか分からないといった経験があるかと思います。そんな時に知っておくと良いちょっとしたテクニックを教えて頂きました。
例えば、視覚障害をお持ちの方には急に正面から声を掛けるのではなく、横からそっと相手の腕に手を添えて、こちらの情報を伝えてから「何かお手伝いできることはありますか?」と声を掛ける。そうすると相手を驚かすことなく声を掛けられるということです。

IMGP2425
岸田さんは、「障害は人ではなく環境にあるのです」と仰っていました。こうしたちょっとしたテクニックをみんなが知ることで、より良い環境を作り出し、誰もが暮らしやすくなる世の中になっていくのだと感じました。

最後に「ユニバーサルマナー検定 準3級」の認定証も頂き、大変勉強になった定例会でした。
設営してくれた例会運営委員会の皆様、ありがとうございました。