去る4月1日、吹田では久しぶりの開催となる「わんぱく相撲 吹田場所」が開催されました。

IMG_9954
 

わんぱく相撲とは、日本相撲協会と東京青年会議所が共同で開催している小学生4年生から6年生が参加する大会で、日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選大会から勝ち上がり、東京・両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会のことです。

地区大会で勝ちあがると、ブロック大会と呼ばれる都道府県代表を決める最終予選大会が行われ、ここで代表選手に選ばれると、東京の両国国技館、大相撲と同じ土俵の上で、各学年のトーナメント形式の取組が行われます。

参加した子が本物の力士になったりもする、いわば相撲の登竜門的な存在なんですよ!

  

当会では、勝つことの喜び、負けることの悔しさ、負けた相手を思いやる心や礼節を学び、真剣勝負から生まれる様々な経験を積むことで子どもたちの「心・技・体」すべての向上を図るとともに、相撲を通じて日本の歴史や文化について考え、日本の心を学ぶ機会とするため開催しました。

 

10時に木瀬部屋に集合!
こうやって、本物の相撲部屋で開催されることは全国でも珍しい事なんですよ。本物の力士を目の前に、みんな緊張の面持ち・・・
IMG_9680
 

後藤理事長から、相撲の歴史の話や礼節についてお話。今日は勝っても負けてもフェアプレー精神で頑張りましょう!

 IMG_9670

IMG_9677

今回、このわんぱく相撲を担当した村上室長のあいさつです。こども達に怪我無く今日1日を頑張って欲しいとお話ししてくれました。

 IMG_9685

IMG_9684
ここからは木瀬部屋の力士のご紹介!大阪場所が終わった後、このわんぱく相撲の為だけに残ってくれたみなさんです。
中には、わんぱく相撲で全国大会に行った事をきっかけにプロの力士を目指した方も!
IMG_9689 

そして力士への質問タイム開始!普段ほかの事業で「何か質問ある方は手を上げてください」と呼びかけても、なかなか手が上がらないものですが・・・今日はみんな本物の力士に興味津々!どんどん質問が飛び交います。

「ご飯はどのくらい食べるのですか?」

「この茶碗2個分を合わせて、山盛りにして食べるんだよ~」(大人も子供もザワつく)

 IMG_9698

早速、練習とちゃんこ作りの2チームに分かれます。

5.6年生男子チームはまわしを巻いて練習!ケガしないようにストレッチをして、禁止行為を学びます。
IMG_9713
 IMG_9746

ちょっと痛いけど、ここで体を良く伸ばしておかないと怪我します。我慢我慢・・・
IMG_9720
 
相撲の取り組みには一連の流れがあり、昔は神事として神様に奉納されていたので、全ての動作に意味があります。

IMG_9714

 

4年生男子チームと女子はその間にちゃんこ鍋作り!力士のみなさんに切り方を教えてもらって、野菜を切っていきます。美味しく出来るかな?
IMG_9701

IMG_9748
 

ちゃんこ鍋が出来上がると、練習を交代し、出来上がったちゃんこ鍋を交互でいただきます。
IMG_9764

そして午後からはついに試合スタート!各学年、トーナメント方式で試合をします。

最初は照れていたこども達も、土俵に上がると本気モードへ。こども達とはいえ、間近で見ていると迫力があります!頑張れ~~!
IMG_9779
 IMG_9783
IMG_9803
IMG_9826
IMG_9847
IMG_9857

負けて少し涙ぐんでしまった子のもとへ駆け寄る子、
接戦の上勝利し思わずガッツポーズをしかけて、大慌てでやめる子、
負けて元気がなくなっていたのに、敗者復活戦で勝った途端「俺、元気になった!」と観戦中の保護者の方に報告しに行く子・・・
それぞれの試合にたくさんのドラマがありました。
 

最後の各学年決勝戦は、他の学年の子も本気で応援して、場内は最高潮に。
IMG_9830
 

無事に各学年の優勝者が決まり、表彰式へ。上位入賞者はわんぱく相撲大阪ブロック大会へ進出します。みんなおめでとう!
IMG_9950
 
勝った子も負けた子も、見ている私たちにとっても、非常に学びのある事業になりました。
ご協力いただいた木瀬部屋のみなさん、関係者のみなさん、こどもたちを快く送り出してくださった保護者のみなさん、本当にありがとうございました。