週中の感想です。
先週から今週初めはリーグ戦組みに悪銭苦闘しました。
U13リーグとU15リーグのブロック長をしていますが、会場提供
が少ない、みなの日程が合わない、11月は期末試験もあり、同時に
U14のクラブトーナメントもあるので、なかなか日程があいません。
そんな時に活用できるのがブロック長ライングループで15日から20日
までは、お互いに「この日程で1ゲーム入ってください。」「この日程で
1ゲーム入れてください。」とかの依頼が飛び交います。全て先着順です。
自信はないけど、何とか入れれるはずや。と予測で抱き合わせを希望したり、
ビンゴで入りたい日程が出て、「〇部〇ブロック希望します。」を
うつ間に秒差で他のブロックに先を越されたゲームが2つあった。
協会割り当て会場のキャンセルが出た場合もブロック長ラインに先着順
で情報が流れますが、それも秒差で負けた。
15日~20日くらいはラインが入るたびに即確認、即決の連続です。
早打ちの練習、もしくは定型文とか作戦を来月に向けて練る。
逆に最後の最後でビンゴでうまく日程がはまったり、U15リーグは部別
によって審判の資格が違うので上位部別・下位部別と抱き合わせる場合には
審判対応の調整も必要です。何とか良い感じにまとめて20日に日程を出しました。

今週はU10リーグとU12リーグの11月予定作成です。4種でもブロック長を
させてもらっています。こちらは最終の締め切りが先なのと、全消化
できなかったら、できなくても良い。というルールなので少し気が楽です。
ただブロック長の腕の見せ所なので、全消化を目指します。
ぷよぷよは苦手ですが、空いたスペースと時間に試合をはめ込むのは大得意です。
アイデアを出さざるもの、ブロック長にあらず。

今週大きなニュース・・・。ダゾーンがUCLの放送をしない・・・!!
いや、チャンピオンズリーグを観る為にスカパーからダゾーンに変えたのに。
妻に調べてもらって、今、日本でUCLが観れるのは、UEFA.TVだけみたいで
取り込みましたが、英語オンリーでどう再生するかもまだ不慣れ。
やはり心地よい日本語解説もほしい。たぶんダゾーンは放映権の金額交渉中
じゃないかな。ダゾーンが離したら、他の会社が日本で放送するはずです。
ニーズは高いと思います。コロナでUEFAも放映権を買いたい会社も経済的
ダメージを受けてると思います。いろんな所に影響が出ています。

NPO法人 吹田南FC
上野 二郎

10月17日(土)はU-11の秋桜杯を担当しました。



とにかく、寒かった。

一日中降りしきった雨、日中の13時台の気温が1日の中での最低気温。



選手へのコンディションケアと空き時間のタイムマネジメントに配慮し続けた1日でした。

荒毛コーチのサポートもあり、サッカーに特化する事が出来ました。



久しぶりにメインで担当したけど、

みんな成長してる、って感じました。


雨で寒い中、タフに戦い、ポジティブにサッカーと向き合っていました。



ダイのGKは噂には聞いていましたが、めちゃくちゃ伸びてました。



ナオタロウのボールコントロールの上達と身体の向きの意識が良くなっていました。


ショウタは賢いプレーをします。CMFでも良いサポートが出来ていました。

攻守の切替えも速いです。


アツキも前へ向くプレーが良かった。フィニッシュまで持ち込んだ時は少し期待しちゃいました。



何といってもリトが良かった。

がむしゃらスタイルにプラスして、全体のバランスを考えてプレー出来ていました。




ベストゲームはTom戦。

最低の内容の前半と最高の出来の後半。



予選リーグから気になった不用意なバックパスや消極的なプレー。

バイタルエリアでパスを選択したり、ゴールから離れていくプレー。



前半は自分たちのミスで失点。数少ないチャンスも自らピンチに変えていく…。



ハーフタイムで全員にサッカーの試合の目的から逆算して、

ボールを保持している時は何を目指し、何をすべきかを確認。



後半は別チームのように見違える程、ピッチ上全員のベクトルが合い、

1人の矢印ではなく、8人の大きな矢印が相手ゴールへ向かっていました。



良い内容でした。



後はネットを揺らす回数が1.2回足りなかっただけ。



PK戦の6人目までもつれましたが、何よりPK経験の少ない選手がPKを蹴り、全員が決めた事が良かった。



7人目でスタンバイしていたショウタの緊張した顔が今も忘れられません。



全て良い経験です。


F390005D-05CB-48E5-AB5E-DEFF2C9CED10




70B2AE59-B9AB-451D-B4EB-384F431CBDE3



雨で寒い中、多くの保護者の方々、ご声援有難うございました。





最後に、


昼食の際、コートジボワールとの代表戦の話で盛り上がっている中、


ソウタが

『カマダダイチの所属チームってホットドッグって知ってる~?』


って、みんなに真剣に自慢げに話し、

一瞬『?』ってなったけど…、



よく考えると、ソーセージ違い…。


ワトの銀シャリのナマズを上回りかけました。



吹田南FC 岸本

週末の活動の感想です。
17日(土) 5年生秋桜杯へ岸本コーチと帯同しました。

まずは結果
予選リーグ
vs 高槻桜台
3-1
vs 鯰江東
0-3
予選2位
2位トーナメン
vs Tom FC
1-1(PK6-5)
vs ファニーSC
4-0
 CE3AC225-A521-44D0-8082-C3E736FF9B47
2位トーナメント優勝でした。

一日中雨でしたが、こういう状況の時の工夫がコーチに指摘されるまでありませんでした。
キックの質やトラップ・ドリブルの質など…
もっと自分達で考え自分達で発信していく力をつけないといけないと感じました。

リトは攻守どちらでも運動量多く走り、チャンスを作りピンチを防いでいました。
ソウシは守備は安定していますが、マイボールになったあとのキックは少し雑さがありました。
アツキはボールを受けると常に相手ゴールを目指すボールの持ち方、判断をしていてチャンスを作ります。

全体的には自分のやりたい事をしている選手が多いです。
しっかり周り・相手・味方を観て判断する。
また味方とのコミュニケーションをしっかりとる事が必要ですね。



18日(日) は午前中に吹田第二小学校で4・5年生のスクールを小西コーチ・位高コーチと、午後は川岸スクールを山田コーチ・位高コーチと行いました。

4年生は、練習での吸収が早い!
取り組む姿勢がすごく良くどんどんレベルアップしているのが目に見えて分かります!!
この取り組みを続けてほしいですね!

5年生は前日の改善・修正を主にやりました。
次のステップへ進むためには、秋桜杯と同じく自分達で考え自分達で発信する力が必要です。
受け身にならず自分から率先して行動できるようになりましょう!

午後からの川岸スクールでは2年生のレベルアップスピードに、3年生は上手さだけではなく戦える選手が増えてきている事に毎回驚かされ、感心するばかりです!


週末も雨もあり大変な中、応援ありがとうございました。


NPO法人 吹田南FC
荒毛 諒真 

↑このページのトップヘ