6月13日から20日まで、友人と2人でバッハ音楽祭 Bach Festに行ってきました。
あれから1ヵ月が経ちましたが、なかなか写真の整理がつかず書くのが遅れてしまいました。


さて、Bach Festはドイツのライプツィヒで、毎年6月中旬に開催されています。
今年は8-17日の10日間でした。
その間に161回のコンサートやレクチャーが行われました。
チケットは日本からネットで予約できました。

14日と15日には、バッハが誕生から10歳を過ごした町アイゼナハ、少年時代を過ごしたオーアドルフ、オルガニストを務めたアルンシュタット、宮廷楽師長を務めたヴァイマールなどバッハの足跡を訪ね、ライプツィヒには、15日の夕方に入りました。

ライプツィヒは人口55万人で音楽の町として知られていますが、中世にはヨーロッパの交易の中心であり、印刷機の発明以後 長く出版の町でもありました。
ゲバントハウス管弦楽団の本拠地としても知られています。
名立たる音楽家としてはメンデルスゾーン、シューマン、ワグナー、グリークなどが挙げられます。
滝廉太郎はライプツィヒ音楽院で学びました。

ちなみに、15世紀初めの創立というライプツィヒ大学では、ゲーテ、ニーチェ、ベルツ、シューマン、ワグナーをはじめ、森鴎外、朝永振一郎らの日本人も学んでいます。

最初のコンサートは15日の夜。夕食を済ませた後、午後8時からピアノによる平均律クラヴィーア。

16日の昼間は、バッハゆかりの近隣の町、ハレとケーテンを巡りました。
ケーテン時代は宮廷音楽師長の職にあって最ものびのびと作曲した時期で、「ブランデンブルグ協奏曲」や「無伴奏チェロ組曲」などの名曲を残しています。

午後5時からは、バッハゆかりのニコライ教会でオルガンコンサート、午後8時からは同じところで「ブランデンブルグ協奏曲 No.1-3」を聴きました。

17日は日曜日で、朝9時半からバッハが眠るトーマス教会のミサに参加。
カンタータ(BWV 30)を交え90分、大教会のミサというものを初めて完全な形で体験しました。大変興味深い時間でした。

11時半からはオランダの古楽器グループによるバッハほかのバロックコンサート、午後3時からはニコライ教会で昨夜のつづき「ブランデンブルグ協奏曲 No.4-6」を聴きました。

そして午後6時からは、今年の音楽祭のクロージングコンサート、トーマス教会での「ロ短調ミサ曲」。
「ロ短調」は、亡くなる前年の1749年に完成した、バッハの宗教音楽としての集大成といえる大傑作です。
そのときの感動と興奮を少しでもおわけしたいと思い、若干の写真を掲載します。
DSCN1154DSCN1165DSCN1166
(左)トーマス教会の外観とバッハ像、(中)聖壇とバッハの墓、(右)教会のホール。正面にパイプオルガンがあり、その手前に楽廊(聖歌隊席)がある。ミサも、「ロ短調」もここで行われた。

IMG_4862IMG_4884IMG_4888
(左)トーマス教会入り口にあるBach Festのポスター。(中)開演10分くらい前のオケ合わせの様子。1階席の聴衆は楽廊に対して(ミサの時と同じく)背を向けて聴く。(右)105分に及ぶ崇高なコンサートが終わり、合奏団と合唱団に向き直って立ち上がり拍手を贈っているところ。指揮はトーマスカントールのGotthold Schwarz。

18日はマイセンを経てドレスデンへ。
19日の朝、プラハに出てヘルシンキ経由で帰ってきました。

細かいことは書きませんでしたが、どのコンサートもすばらしいものでした。
念願だったバッハゆかりの地を巡り、たくさんのコンサートを聴いた今回の旅は、私の人生で最高の旅になりました。

IMG_4959
 *アイゼナハのヴァルトブルグ城