4月になって、昼間の気温が20度を超える日が多くなってきました。

我が家には小さな庭があり、狭いテラスがついています。

今頃から、虫が多く日差しが強くなる6月初旬頃までの2か月あまり、ここに座ってのんびりと庭の風景を楽しむことができます。
これがリビングから眺めた庭です。

IMG_0705

上の写真は庭の右半分で、右端に椅子とテーブルがあるわけです。
左半分は下のような風景です。

IMG_3114

この庭に関しては妻がすべてを管理しており、私はただひたすら眺めて楽しむだけであります。

しかし、光を浴び、風を感じ、植物の成長を観察し、鳥の声を聴く時間は格別です。

毎年、季候が良くなってくると、ここで朝晩の食事をするのが習慣になっています。
夜は植木の下2カ所からライトアップします。それがまた食事の時に絶好の風景を作り出します。

私がそれにも増して好きなのは、ライトを着けるまでのひととき、陽の陰った庭でひとり、チーズをつまみに、ワインやウイスキーグラスを傾けている時です。
何ともくつろいだ気分になります。

去年までは休日ですらあまりこんなことはできませんでしたから、ようやく与えられた、人生の黄昏時でなければ味わえない、今までとは違った充実を味わっています。

気取っているわけではないのですが、ここに心を落ち着けていると、わざわざ巷へ飲みに出かけていく気分になれないのは当たり前かもしれません。