今日は野球の話です。

熊谷市を所在地にしているBCリーグ(Baseball Challenge League)の球団があります。
その名は『武蔵ヒートベアーズ』です。

年間68試合を公式戦とするプロ野球です。
いわば地域密着型の独立リーグで、9試合を熊谷で、そのほか埼玉県内の6地域で25試合を行っています。
現在、15勝16敗2分けで、Future-East 3位の成績です。

今日、試合が13時から熊谷さくら球場であったので、観に行ってきました。
今日の相手は『信濃グランスローズ』です。

ヒートベアーズの野球を見るのは実は初めてです。
創立は平成25年10月で、翌年4月から実戦がスタートしていますので、3年目に入ったところです。
創立当時はこの地に生まれたプロ球団だぞ、応援しないわけにはゆくまいと思っていたのですが、忙しさにかまけて今日の今日まで行くことができませんでした。

さて、今日は抜けるような晴天、刺すような日差しです。
球場までは車です。

結構急いで、試合開始15分くらい前に到着。駐車場は空(す)いています。
入場料は内野自由席が1,300円。

入り口の前にはキッチンカーやグッズ販売のブースが数軒あります。
コンビニで弁当を買うつもりだったのに、すっかり忘れて球場に着いてしまいました。
どういうわけか、チーカマだけを自宅の冷蔵庫からつかんで持ってきたのです。
これも習性でしょうか。

カレー焼きそば(カレー味の焼きそばということか)、冷や汁うどん、唐揚げ、タコライス・・・うーん、ビールが飲みたい。
野球をみる機会は以前ほど多くはないけれど、野球といえば後楽園ドームか神宮で、ビールを飲まなければ観る意味がないというほどビールは観戦のお供でした。

弁当やつまみはビールに合わせて買いたいところです。
車でしか来られないのがまことに残念。

おっと、ノンアルコールビールも売っているのです。
仕方がないと、これを買いますが、不満が内部にくすぶります。

ほかのものには迷わず(?)、ありきたりでビールに一番遠そうなカレーライス弁当に決めました。

球場の中に入ると、うぅぅ、人が少ない。外野も合わせて300ー400人でしょうか。
バックネット裏にも観客がいない。
地元だというのにこんなに人気がないのか、と正直思いました。

まぁ、試合が始まれば人が来るのだろうと、がらがらのバックネット裏に陣取りました。
椅子が熱い。

前の席に鞄を置いて、カレー弁当を広げて、ビールを置いて、悠々です。
チーカマをむいて、ノンアルコールを一口飲み干したところで試合開始。

『ヒートベアーズ』は後攻です。
1回の裏、いきなり先頭打者ホームランです。
それにしても、ノンアルコールビールとチーカマとカレーライスという組合せ、何とも味気ない。

ピッチャーのできがさほど良くはないと思っていたのに、意外や5回までノーヒットに押さえます。
マイナーリーグとはいえ、なかなか見応えがあります。
Honey Beesというチアガールの応援もちゃんとあります。

『武蔵ヒートベアーズ』もやるわいなと、いい気分になっていたところへ、6回になってワンナウトを取ってからピッチャーが突然崩れ出し、連続安打を浴び始め、一挙6点を取られ1ー6と、信じられない展開に。

9回にも大量点を入れられ、終わってみれば1ー13の大敗。
ビールが飲めなかったせいだけではなく、いつの間にか試合も味気ない結果に終わりました。

野球場の近くでスケッチを1枚。両端が若干切れていますが、とりあえずこんな感じの田んぼの中です。
ついででまことに恐縮です。

広瀬スケッチ