最後の記事が2014年12月16日でしたから、実に2年3か月ぶりに「酔遊記」に戻ってきました。
ここにこのように復活できたのは、信じられないくらい嬉しいことです。

“かくも長き不在”の間に、酒にまつわることや体調のことだけでなく、いろいろな出来事がありました。
しかし、簡潔に結果だけを述べれば、円満にリタイアメントを迎えることができ、めでたく無職の身となった次第です。

この状況はずいぶん前から望んでいたことでしたが、いろいろな事情が重なり、実現には待つ時間が必要でした。その結果、七十を過ぎてしまいましたが、一番良い形で仕事から退くことができました。
今は、自分がリタイア後に望んでいた、“残りの人生を生きたいように生きてみたい”と思っています。

古代インドでは人生を、学生期、家住期、林住期、遊行期の4つに分けて考えたそうです。
「林住期」は日本で言う「退職後」にあたるようですが、遊んで暮らせという時期ではなさそうで、じっくり人生の意味を考える時という奥深い意味のようです。

やりたいことはたくさんありますが、その一つがブログを始めることでした。
そのために、「酔遊記」に一区切りを付けて、新しいネームで始めようと考えていました。
が、「酔遊記」という名前を捨てることができませんでした。

そこで、インターメディカルに「酔遊記」を自分のブログとして継続することを申し出、快く承諾していただきました。

ただ、再開するにあたって、毎日自宅にいる身としては、居酒屋のことだけ書くのではおもしろくなく、話題も尽きますので、これからは多少自分の身辺のことや旅や趣味についても記事にするつもりです。
また、記事に写真を入れたことはありませんでしたが、これからは写真や絵を入れてみたいと思っています。
その点では、今までとは趣の違った「酔遊記」になり、ご期待を裏切ることになるかもしれませんがお許しください。

そんなことで、また始めさせていただくことになりましたが、最初から“いつまで続くやら”とは言わずに、できるところまで長く続ける覚悟です。

それでは、今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。