2006年01月28日

169*59*334

いつも掲示板で即興的に相手を探していると、たまにはじっくり相手を選びたくなる。

今回は、出会い系のサイトに登録して、自分の写真をさらし、それでメールをくれた人と何度か何日かに渡ってメールをやりとりして、会う日を約束して、会った。

その間に、掲示板だったら何人と出来ちゃうだろう、というような気の長さではある。

ただ、あらかじめ何時に会うというのがはっきりしているため、結構落ち着いて出来るのがよい。

今日の相手は、昔は宮下直紀(っていっても知らないかな?)に似ていたんだろうなー、でも、今は結構老け込んじゃったんだね、という33歳。
今、宮下直紀のリンク、と思ってネットを検索したら、彼も33歳なんだね(^^)
http://www.nagarapro.co.jp/miyashita/miyashita_index.htm
今の顔よりも、昔の顔に似てる感じです。結構かわいい目をしてるよね。

その出会い系のサイトで彼は顔も体も何種類か写真を載せていたので、彼が細身だけれど割と肉付きの良い体をしていることとか、褐色ですべすべの肌をしていそうだ、とか、かわいい目をしている、とか、自分としてイケているポイントがいくつか分かっていて、安心して逢えた。

実際にあったら、とても控えめで優しそうな人当たり。
駅から彼の家まで歩くこと15分、俺たちはのんびりとした話をした。

家に上がったら、彼は俺をこたつに案内して、コーヒーを入れてくれた。
コーヒーマシンのぶくぶくという音が、俺ととっても和ませてくれた。

shyな彼がなかなかやろうといえないみたいだったので、俺がそろそろシャワー浴びてもいい、ってきりだした。
待ってましたとばかり、彼も服を脱ぎ、俺にベッドルームを示してそこで待ってると言うことだった。

シャワーから上がってベッドルームに入ると、ベッドに向かう前に彼が抱きついてきた。抱き心地のいいカラダだ。
俺の頭の中は、もうやることで一杯だったから、あまり思わなかったが、今から思えば、彼は人肌恋しい想いが一杯で、やる、というよりも、人と触れ合いたい、という思いが強かったのかもしれない。

そこまで頭が回らなかった俺は(笑)、さくっと抱き合うのをやめて、彼をベッドに導いた。

ベッドに収まって、しっかりお互いを抱きしめる。スリムだけど本当に抱き心地の良いカラダだ。

乳首を攻めるが、特に感じるわけではなかったので、徐々に下半身に移っていって、形のいいマラを愛撫し、そして、ケツを広げる。

やわらかいケツだ。指一本なら、すっと入る。
オイルを付けていないのに、指が根本まで入って、動かしてやると感じている。
マラもビンビンのままで、いい感じだ。

オイルを付けて、指2本にする。これもわりと苦もなく入った。
いい感じで受け入れてくれている。

今度は彼が俺を攻める。フェラをしてもらうと、彼の後頭部から首の後ろが俺の目の前にくる。
その部分が、少年みたいで、かわいい。

ちょっとしゃぶったら、もうよくなったのか、また俺が彼のケツを広げる。
指2本を入れながら、じっくり彼と抱き合ったりキスしたりして気持ちを盛り上げる。

そろそろ挿入しようと、ゴムを探したが、ない。
彼は用意していないようだ。
まじかよ、と思ったけど、彼は大丈夫そうだったので、俺は生で掘ることにした。
彼は本当は生で掘って欲しかったんだろうけど、そういうことは口にしないタイプのようだ。
その辺、ずるいな(笑)と思ったけど、俺は許した。

ゴムがないってわかって、ちょっと萎えたけど、持ち直して、抱き合い、そして挿入する。

彼はいい感じの声を上げたが、ケツの方はいまいち手応えがない。
きつすぎる感じでもないけど、俺の突きを感じている感じもしない。

どうやら、彼はあまりケツはやらないみたいだ。

でも、今日は結構感じちゃってるらしく、明らかにとまどっているのが分かる。
ケツも、言葉で盛り上げると、感じるみたいだが、だまって掘っていると、どう感じていいのか分からないらしくって、徐々に盛り下がってくる。

そんなんで、言葉で盛り上げる→彼が感じ始めていい声を上げる→頑張って掘る→やばいってなってからどうしていいのか分からずとまどう→だまって掘り方を徐々に変えつつ掘り続ける→徐々に盛り下がる→言葉で盛り上げる
というのを何回繰り返しただろうか。

その間、俺が自信を持って続けることが出来たのは彼がずーっとびんびんだったことだ。
彼は「俺はケツ掘られるとすぐ萎えるんだけど、なんか今日は変だ。ずっとびんびんなんだよ。あ、あ、感じる。すげぇ気持ちいい。」と言い続けて、その言葉を裏付けるように、彼の形のいいマラはビンビンなまま、先走りを少しずつ垂らし続けていた。

1時間くらいはこうやってガンガンに掘っていたが、さすがに彼も疲れてきたらしく、マラが柔らかくなり始めてきた。
それでも言葉で盛り上げると、ケツの中の反応は、結構良くてトコロテン寸前まではくる。
でも、そこから先がどうしても突破できない。

もう2時間近く頑張ったけど、彼はその壁が突破できないみたいなので、俺は手でこすってみたらと提案。
彼は、こすったら今でもイッちゃうから、と控えていたが、最後は観念したように手コキを始めてくれた。

それでも、感じ始めると、それを少しでも長く味わうためか、手を止め、ケツだけで感じている。どんどん感じ方が大きくなってきていて、それはそれで俺は嬉しかった。

掘られながら彼は、俺は本当はケツやらないんすよ。とかいう。
こんなに感じていてホントかよ、と思いつつ、でも、なかなかトコロテンできないところを見ると、そんなもんかなーと思う。

そしてまた、彼は、俺、ケツが感じるって知らなかったです。とかいう。
今更何を言い始めるんだ、と思いつつ、こういうの気持ちいいだろう?って
 彼の感じそうなところをグイグイ掘る。彼は「はい。あぁ、あぁ、あぁ、すげぇ、」って感じていく。

最後は手コキを少し長くしたところ、とうとうぴゅっぴゅっっとイッてくれた。
俺も、悪のりして、その後ガン堀して中だしした。

最後に彼が言ったのは「今日は俺、セックスの概念が根本から変わりました。」とのこと。
後から枕元にコンドームが用意してあったの見つけたし、なんだか不思議なヤツだけど、よかったみたいだから、よしとしよう。

また、掘りに行ってもいいかな。いずれトコロテンするカラダに育てたい。



sujikin8 at 20:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 修行 

2005年12月13日

176/62/36と久々

一番彼氏に近い存在。
すげぇハンサムで、細身なんだけど肩幅ガッチリという、俺が大好きな体型。
お互い若く見られるので、何歳に間違えられたか競い合っている。

でも、10歳年下の彼氏(ウケ)がいて、同棲しているのだ。
ただ、年下の彼氏とは体の相性は悪く、エッチは俺としかしていない、という不思議な関係である。
というのは、彼は自称リバだが、かなりウケよりなのだ。
ウケ同志じゃ、エッチもなくなるよね。

ケツはモロ感って感じではないんだけど、静かに感じて、結構すぐトコロテンするんだ。

今日は久々に朝仕事行く前に、彼の家に寄っていって、軽くサクっとやったんだけど、最後、入口のあたりでゆっくり出し入れしたら、
「あ、なんか気持ちいい、あ、あ、だめ、だめだ、いっちゃう」
ってトコロテンしてくれた。

そんな彼がいとおしくて、俺はしっかり抱きしめた。


sujikin8 at 14:49|PermalinkTrackBack(0) 修行 

2005年12月06日

168*62*21

ちょっと前に、撮影趣味のおっさんから、掘られたい子がいるんだけど是非、と紹介がきた。
メールをやりとりして、今日夕方やろう、と約束した。

約束した彼の家に向かう。
世田谷線沿いの、とても世田谷的な街並みの、不思議なアパートだった。
よく言えば、ロフトっぽい鉄筋ワンルーム。
隠れ家みたいで、いい。

彼は人の良さそうな出っ歯の男の子で、あまりがつがつしたところのない子だった。

シャワーを浴びて、君は?と聞いたら、自分も浴びに行った。
なんか、その、何も考えていないところに、俺は笑った(^^)

すべすべの若いカラダは気持ちいい。

彼の小さい乳首をいじりながら、ちょっと話をした。
初めて掘られたのは15歳(早っ)。
同級生で11歳くらいからかなり仲が良くて、よくお互いいじり合っていたが、この日いきなり2回も掘られてしかも中だしだったとか。
地元を離れて東京に出てくるまでは、そいつとしかやったことがなかったそう。
一度も気持ちいいとは思わなかったそうだ。(かわいそう)

東京に出てきて、早速掲示板に出して、ひっかかったのが、おっさん。
俺は会っていないんだが、おっさんは二人組で、それが、彼の二人目と三人目だそうだ。
やっぱ世の中厳しいんだね、というか、ちょっとかわいそう。

初めてケツが感じたのが、四人目のおじさん(36)。
先週水曜日もやったそうだ。
でも、トコロテンはしたことがないらしい。

そっか。ケツ感じるんだけど、相手が先にイッてしまうのか、まだトコロテンまで至らず、と。
では、頑張ってみよう、というところだが、乳首は感じないみたいだなぁ。

と、なめると、反応が一変。
ああぁっ、とやらしい声が出た。

ようやく俺のペースになってきた。
頑張って色んなところを感じさせる。

象のような包茎だが、デカイマラは勃起したらずるムケだ。
バキュームフェラが感じるらしく、腰が引けている。

しばらく愛撫をして指マンでほぐした後、挿入した。
デカマラがさらにデカくなって、感じてるのが分かって嬉しい。
やさしく動くと、いい声を出す。

しかし、調子に乗って色々掘っていたら、マラが柔らかくなってきて、声も小さくなってきた。
眉間にしわが寄ってるので、聞いたら、腹が痛くなったらしい。

一旦休憩する。
まだ慣れていないのに、色々掘りすぎたかな、と反省。。

彼はトイレに行った後、また掘ってくれ、ということで、掘る。
でも、今度は俺が気になっちゃって、どうやって掘っていいか分からない。
そうしているうちに、また彼は腹が痛くなってきたらしく、今日はダメだね、と終了。

昨日に引き続き、不本意な結果になった。
もっとオイルを増やすべきだったかな???

後日、撮影趣味のおっさんにこの話をしたところ、彼はデカマラでよく腹が痛くなっていたそうだ。やっぱ掘りすぎたらしい。
次は、優しく掘りながら、しごいてあげるか。

でも、次はないような気もするなぁ。。。

sujikin8 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年12月01日

170:60:26*2回目

11/19の彼からメールが来た。

ちょうど俺が中国、それも雲南省という奥地でネットから切れていたとき、であった。

26 Nov 2005 12:40:51
こんにちわ!○○だよ!この間はありがとう!気持ち良かった!またやり
たいな〓!(笑)もっと感度をよくしたい!特訓して!(笑)今日明日は無理?
レス待ってるよ
26 Nov 2005 18:07:46 +0900
○○だよ。さっきメール送ったの見た?やっぱ今日とか明日とかのHは無
理すか?レス待ってるよ
27 Nov 2005 12:50:59
○○だよ〓!昨日のメール見た?また掘ってほしいよー!ダメかな?ダメ
なら仕方ないから、ダメでもレス欲しいなー!待ってます

前回、俺は彼をトコロテンさせることが出来なかったし、終わった後も俺に特に甘えてくる風でもなくさっぱりしていたので、正直、あれっきりだと思っていた。
それが、俺から返事がないのに、3連荘の情熱的なお誘い。
俺は単純に喜んだ。
たとえ、あのエロ親父から返事が来ないわけがない、と思われていただけだとしても。。。(苦笑)

そんなこんなで、中国から帰国してすぐ、といっても二人目なんだが(爆)、彼のところに行った。

メールでの「!、!、」というかわいい文体とは違って、実際会った時の感じは、ちょっと突っ張っていて愛想はあんまり良くない。でも、俺は既にこの落差にヤラレている感じで、そのちょっと突っ張った感じがまたかわいく思えている。だまされてるなー(^^;

実際彼は、募集のときの文章で、40前半までOKとしていたので、オヤジが大好きなはずである。10/26の彼(35)と二人でお互い20代にしか見えないと持ち上げあっていたのに、やっぱり俺も確実に歳を取って名実ともにオヤジなんだと実感させられる(哀)。

さて、オヤジキラーにだまされ、また来ましたよー。
既にスケベな黒いビキニ一枚にバスローブを羽織っただけ彼は、シャワーを浴びてきた俺を、自然な感じでベッドで迎えてくれた。

初対面のときは、キスはまず、ほっぺにして、そして耳を舐めた。
でも、今回はまず互いの唇を吸いあう。
俺は彼の瞳を覗き込んで、ニコッとしたら、ちょっと引いた感じでなんだよーって目を返してくるが、でも、まんざらでもないらしい。
たとえ体だけの付き合いでも、その瞬間は心が通い合う方が俺は興奮する。
感度をよくしたい、という彼に、俺はそう思っていることをこういう形で伝えてみている。
伝わっているかどうかは、、、、
やっぱり、俺のことが好みじゃないとナー。。。
ここのとこ、実際どうなのか?
手応えは微妙ー、、、である。

彼は乳首を愛撫されるのが好きだったので、やさしく、ていねいに、まず指で、なでてやる。

相変わらず感度がいい。
どちらかというと、乳首の下半分をそっとなで上げてやると、特に感じるみたいだ。

スイッチが入ると、全身が感じるらしい。
声を上げながらうっとりしている。

今回は前日の彼のコメントを信じて、オイル少なめでほぐし、竿にもオイル一塗りで挿入。
大丈夫、行けそうだ。かなり感じている。

前回は彼は掘り込むとかなりいきんできて、何回もスポスポ抜けてしまったが、今回はそれはなかった。
それはオイルが少なめだったからか。
それとも、、、前回ほど感じていないからか?

いい声を上げているが、でも、ちょっと手応えがない。
こういうとき、正直、どう挽回していいのか、まだ今の俺には分からない。
頑張って掘ったが、今回もトコロテンまでは至らず。
彼の方がちょっと痛くなっちゃったらしく、ギブアップ。
お互いイかずに終了。

前回に続き、またも、不本意な結果となった。

そして、俺は、この後、めちゃくちゃ調子が悪くなって、這うようにして電車で帰ったのであった。
過労で熱を出したのであった。ちょっと修行しすぎだったかも。

もう、次はないかなと思ったが、一応、こんなメールが来た。

昨日はありがとう!!スゲー気持ちよかった!でも、俺がまだ慣れてないから・
・なんかごめんなさい。m(__)mでも、もっと感度がよくなるように頑張るから、
見捨てずに開発してね!(笑)また開発してくれる?

お誘いがあれば、いつでも行きますとも!

sujikin8 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年11月30日

177*73*33

今日は珍しく、自分から掲示板に出して相手を募集してみた。
といっても、出すのは3回目だ。
面白いのは、文章も多少変えてるし、出す時間帯や曜日、天気などによって、見ている人が全然違うからか、返ってくるメールの数も内容も全然違う。

今回は「場所あり」限定で出したからか、30代からしかメールが来なかった。
まぁ、渋谷近辺で場所あるやつに20代は少ないわな。
それとも俺の文章が30代にウケが良かったのか、30代の日だったのか。
とにかく、そんで、こんな2行メールがいきなり来た。

よかったらケツ堀りよろしく!
177*73*33筋肉質バリウケ西麻布から


正確には3行メールで、最後の行には写真へのリンクが。
これがまたびっくりするようなスケベな写真で、こっちが恥ずかしくなるくらいだった。

まぁでもメールのやりとりでいやなことがなかったので、夜19時半に会うことに。
で、指定された待ち合わせ場所が、ロクヒルのツタヤ
西麻布と言っても、六本木じゃん?ずいぶん華やかなところだなー
 と思って行ったら、なんと。
ヒルズレジデンスにお住まいの方だったのである。

写真は恥ずかしいものだったが、本人は、部活上がりみたいな感じで、センスのいい普段着に本当の姿を包み隠している、常識のある感じだった。

部屋に上がっても、なんか友達の友達に呼ばれたみたいな感じで世間話をした。
とても忙しい人生を送っているんだけど、でも人当たりに余裕を持っているんだなー、と感心した。
特に「デキるヤツ」「キレるヤツ」というようなオーラはないんだけど、色々なところに、好感が持てる。

どうなるんだろ、と思っていたら、さすがヒルズ族は心得てるね。
向こうから、さて、じゃぁ、やりますか、っていう感じで話を切り上げ、シャワーを浴びさせてもらった。
その間に彼も服を脱いで全裸になって、俺をベッドで待っている。

プロフを見ても明らかだが、普段俺が相手している人たちより太めだ。
ガチムチとまでは行かないが、ラグビーっぽい感じ。

さすがに30代になると慣れていて、キスにもとまどいはなく、能動的だ。
指で乳首をいじってみる。転がし甲斐のある乳首だ。
ちょっとしたら、感じてきたみたいで、キスしている唇を離して、アァァと声が出た。
センスのいい普段着を脱ぎ、人当たりのいい表情を脱ぎ、そこには本能に正直な獣が現れた。
視線も表情も一変し、今、俺の腕の中で訴えるような表情でもだえているのは、ねっとりしたバリウケのオカマだ。

手を下半身の方にも伸ばす。
先走りはあまりないようだ。
丸くていいケツをしている。芯のあたりに手が触れると、声を上げて反応した。
ケツモロ感である。

丸いケツを堪能するために、四つんばいにさせ、後ろから壺ナメで攻める。
きれいな芯だ。きつすぎず、緩すぎず。
そしてかなり感じるらしい。

指もすんなり入る。ローションが要らないほどだ。
でも、用心してローションを付け、指マンを始める。

すげぇ感じる、あ、あ、、、

まだ指1本なのに、腰をくねらせながら吸い付いて感じている。

早く、欲しい。

いや、まだだ。しっかり指マンに慣らしてから、バキュームフェラで勃たせる。
吸い上げながら指をぐいぐいっと動かすと、たまらないらしく、妖しい声が上がる。

ケツが感じ始めると萎えるんだよ、といいながら、バキュームフェラで勃起している。
でもたしかに、フェラをやめると柔らかくなっている。
ケツそのもので快感を感じているらしい。

だいぶ指マンにならしたところで、ゴムを付ける。
早く欲しい、と、準備万端で足を上げて待っているのを、じらすようにゆっくり装着した。
お待ちかねの挿入だ。手前も奥も感じるらしく、いい声が上がる。

まずは動かさずに、キスで愛情表現。
すると俺の気持ちが伝わるのに合わせ、ケツから反応が返ってくる。
ああん、あぁん、といいながら腰を前後に揺らして応えてくれる。
それに応える形で俺も腰を動かす。
早速当たるらしく、声が大きくなった。

色んな角度で手前や奥を掘る。
その都度、いい反応が返ってくる。
イキそうになるのを我慢しながら、徐々に攻めを手前の方に集中させる。
そろそろ我慢できなくなってくるだろう。

案の定、切ない目をしながら俺に「気持ちいい?俺もういつでもイキそう」と訴えてくる。
俺はすげぇ気持ちいいよ。でも先に一回くらいイッてもいいよ。と答える。

ダメだよ、一緒に行こうよ。あ、あ、あん、、
あ、あ、あたる、あ、あ、あん、、
もうダメ、もう2回もトコロテンしちゃってるんだよ、あぁ、もうダメ、、あ、あ、、、

そういえば、さっきからたまにヒクッとするときがある。
ちょっとだけだが、漏れちゃってるらしい。
でも、俺はそんなのをトコロテンとは認めない。

ということで、高速ピストンで攻め立てる。
彼は本当に先にイクのがイヤらしく、「ハァ、バックから掘って、、」と言ってきた。
俺、バックで気持ちいいって言われたこと、あまり無いんだよなー、と思ったが、軽くOKして、バックから挿入。

ああぁん、すげぇ、すげぇ、ああぁん、感じるぅー
あ、あ、あ、あ、あん、、はん、はぁ、はぁ、あん、ん、ん、

なんか今回は気持ちよかったらしく、激しく声を上げ、そしてまたちょっと漏らしたようだ。放物線の先に中くらいの大きさの透明なシミが一つ出来た。
でも、まだ本格的なトコロテンではない。

そこで、もう一度正常位にして、掘り上げる。
彼はとっても気持ちよがってくれて、俺は嬉しい。
そして、体を密着させて小刻みに掘った後、上体をちょっと起こして
 体を離し、掘る角度をより手前にした。

あぁ、もうだめ、あっ、あっ、いっちゃう、いっちゃう、あ、あ、あん、、、

とうとう白い液がどぴゅっ、どぴゅっ、と出た。

彼はまだまだいけるかな、と思って、さらに掘り上げたんだが、ちょっときつかったようである。
ケツの感覚がコントロールできなくなる、ということで、彼からギブアップ。
俺まだ、イってないんだけどなー、ま、4回もトコロテンしたし、いいか。

後から聞いたところ、彼は自分から濡れるので、オイル少な目がいいそうである。
オイルとゴムが長時間こすれると、腸壁の感覚が無くなって、ギブアップになるらしい。
俺は痛がられるのがイヤなので、いつもたっぷりとオイルを塗っていたが、そうか、少な目のほうがいいという人がいるのか、とまた一つ、学んだ。

最後に、彼は、
今日は負けちゃったから、悔しい。来週、リベンジさせてくれる?」と
 言ってくれた。
こんなに早く、次、を言われたのは初めてだ。
もちろん、男だ、申し込みを断る理由も無い。
ということで、来週またロクヒルに修行に行くぞ!




sujikin8 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年11月25日

わーい

普段、身体だけの出会いに徹していても、どうしても気になってしまう相手って出てくる。

でも、インコのつがい、でも、そうらしいが、ペアリングは何でも、最初は片思いである。。。哀

出会い系で逢って、やって、じゃーね!またね(^^)/
 って別れても、まず、たいていそれっきりだが、
気になる相手には、「また声かけてください」とか下手に出てメールしちゃう。
その時点で、相手に、こっちの気持ちはバレバレになり、
 そうすると、疎ましく思われること、である。

だから、片思いでも、めったに俺から、次、という話はしないことにしている。

最近では10/26の相手に、惚れた。

顔も身体も、段違いにすばらしかったが、Hの相性は普通以下であった。
でも、何か、話が合って、よくよく聞いたら、29というのは嘘で、
 誕生日が俺と1週間も変わらない、同い年であることが判明。
単なる同い年じゃなくて、同じ月(しかも早生まれ)であるところ、これ、ポイント。

そんでねそんでね、さらに。

なんと!小さいときにお互い近所に住んでいたことも判明。

俺、ある幼稚園を受験して、落ちてるんだけど、彼はその幼稚園に通っていたんだよね。
受かってたら、30年早く出会ってた!?

近所だけど、小学校も別(隣)で、ただ、俺の住んでいた団地の公園には遊びに来ていたらしい。
もしかしたら、そのころ、遊んだこと、あったりして。

そんなこともあって、俺は向こうの外見やしぐさにめちゃめちゃ惹かれていたんだけど、
 向こうから「話も合いそうだし、今度飯でも行こうよ」っていうやりとりがあって、別れたのである。

単純な俺は、次の週、「今週いつヒマ?」とメールをした。
ところが、「水曜だけど、出かけるんだー」というメールが来て、それっきり。

なーんだ、クチだけだったのか。
やっぱり、あんだけかっこいいと、引く手あまたで俺なんか、、、
でも、向こうから声をかけてくれたよなー、、、

などと、柄にもなくうじうじ考えてしまったりしてたのである。

なんかね、話しかけたときに、こっちに反応する仕草が、ホント素敵なんだよね。
ぱっとこっちを見て、目を合わせてくれるんだけど、その目がまた魅力的なんだわ。


何度か俺からメールしようかな、と思ったりしたんだけど、嫌がられるのがこわくて、我慢してた。

でも、とうとう、先週、しちゃった(^^;

「今週、中国に出張するんだけど、その間に携帯を機種変更します。
 まさかその間に俺にメールくれるなんてことはないだろうけど、
 でも、万が一くれたときに、1週間返事できないかもしれなくて
 がっかりさせると悪いから、こっちからメールします。
 気が向いたら、12月にまた声をかけてね。
 では!」

女みたいだな、俺(^^;

で、やっぱり返事はなかった。。。。

そっかー、俺、フラレたのか。(T.T)
信じたくなかったけど、現実は厳しいね。

ま、しょうがない、自分に魅力がなかったんだから、もっと鍛えて磨くしかないな。

と思ったら、今日、返事が来たんだよー!!!!

タイトル:こんにちは。
本文:
久しぶり元気?今頃は中国で仕事中だね?
帰ってきたら、お茶か飯か飲みにでも行こう。


たった2行だけど、俺、めちゃめちゃ嬉しかった。
どうみても、また、口約束っぽいメールなんだけど、
 でも、帰国するまでは幸せ。

ということで、この思いをぶつけられるのは、ここしかないので、書きました。

読んでくれた人、あきれたよね。ごめんなさい。

でも、嬉しかったんだ!

以上。


sujikin8 at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オフ 

2005年11月19日

170:60:26

珍しく土曜日に修行挑戦。

まず掲示板で二人に声をかけて、どちらも乗って来るが、写真交換をしたら、ともに微妙。

一人目はちょっとやせすぎ。
二人目は自称水泳体型だが、イケてない水泳体型っぽくあり。顔も猿過ぎ。

一人目はメールをやり取りしていたら途切れたので、放置。
あとから、寝てしまったとメールが来た。

二人目は時間が合わず、先送り。

微妙だったので、またさらに一人に声をかける。
いつもは掘られたい、っていう言葉をキーワードに声をかけていくが、今回は「抱かれたい」「乳首モロ感」という言葉に萌えて声をかける。

【196103】男っぽいやんちゃ年上兄貴に淫乱に抱かれたい

乳首モロ感170:60:26 - 05/11/19(土) 13:21 -

俺より年上で40前半までの男っぽい、やんちゃな感じのHテクに自信あるようなスケベなりーマン兄貴に俺のすげーモロ感の乳首をいやらしい舌先で舐め転がされて、先走りだらだらのチンポビンビンでよがり狂いたいよ!俺はミディアムヘアーで目は二重のノンケッポイ感じで女ウケは悪くないほうです。今日これからまったりはげしくHしませんか?大田区 五反田付近 場所あり


俺が「男っぽいやんちゃ兄貴」であるかどうかははなはだ疑問ではあるが、
 リーマン、年上、テク自信、スケベには該当するので、図々しく声をかける。

写真を交換すると、ハーフみたいな顔立ちでかっこいい。
ハーフ顔には付きまとわれたトラウマがあるが、払拭するためにも挑戦する。

ポーズもライティングもちょっと凝った写真だったので、きっと詐欺だろう、と思ったが、体の肉付きが良さげだったのと、メールの返信が、かわいげがありつつも、カマっぽさがなくて好感が持てたので逢うことに。

ただ、「チンポビンビンでよがり狂いたいよ!」「まったりはげしくH」という言葉とは裏腹に、ケツは自信ないとのこと。

そうか。ではお兄さんが気持ちよくさせてやろうじゃないか。

最寄り駅に着いたとメールしたら、シャワー浴びるからって待たされる。
ニット帽をかぶって出てきた彼は、案の定写真ほどはイケてない。
思ったより背が小さくて貧相。でもカマっぽさはない。

城南のマンション。けっこうきれいだ。
部屋はすでに暗くしてあって、「明るいところで顔を見るな」オーラ出まくり。

でも、やっぱ若いのでさわり心地がよい。
乳首モロ感とあって、ちょっと刺激をしただけでコロコロに堅くなる。
ゆっくり転がすように舌で舐める。
あげている声がどんどんせつないトーンになってくる。

左右は均等に感じるようだ。
時間をかけて吸ってから、転がすと、堅さはいい感じだが、あえぎ声はそうでもない。
吸ってもあまり感じないらしい。

しばらく乳首だけを攻めていたが、堅いマラの裏スジの感度もよいらしいので、
 両方を刺激。先走りが垂れる。マラの直接刺激も好きらしい。

先走りが結構出たので、しゃぶってやる。
吸い上げフェラで先走りを集めて、ケツの穴に塗ってやる。
案の定、いい声を出してきた。

乳首を舌で転がしながら、指マンで拡張してやる。
自信がないというせりふとは裏腹に、結構感じてる。

すげぇ気持ちいい、と切ない声。
指マンを小刻みモードにして、肛門をやわらかく広げてやる。

ケツは自信ない、ということで、そろそろいいかな、と思っても、
 入れて、という言葉はない。
でも、そろそろ指マンにも慣れてきたようなので、
 正常位で挿入。
案の定、気持ちいいようで、ああっという声がたまらない。
マラも、ビンっと堅くなった。
こういうとき、主導権を握って、初めての気持ちよさに導いていくには、
 相手の予想を少しだけ裏切る(上回る)くらいの刺激がいい。

連日の修行で、正常位で掘ったとき、膝が痛い。
そのため、下から手前側の肛門壁に向かって的確な突きがやりにくい。

でも、乳首が感じるようなので、乳首を攻めながら、やさしく掘ると、びんびん感じてる。
快感が増すと、いきむので、何度も抜けてしまい、そのつど、オイルを足しては挿入。
そのたびに少しずつ角度や深さを変えて掘り上げる。
いきむ、ということは、トコロテンの素質ありである。

自信がない割にはいろんな角度で掘っても余裕で感じている。
ケツもちいさくまとまっていてやわらかく、かわいい。
その反応に、こっちもすこしずつピークに向かっていく。

彼はちょっと疲れてきたようで、タチが悪くなってきたので、 
 こすってあげながら掘る。
これがまたいいようだ。
自分で角度を調節して、俺の突きに当ててくる。

では、その線でもうちょっと探求しようということで
 騎乗位に。
自分で調節できる範囲が広がって、とまどいつつも感じている。
大胆に腰を上下に振って当ててくる。
あまり筋肉がごつごつしてない、でも脂肪もあまりついていない、
 すっきりした身体で、素直に感じている。
乳首はツンっと外側に立っている。

ちょっとこすってやったら、イキそうになったようで、腰の振りを弱めてきた。
ここで下からがんがん突けばよかったのかもしれないが、好機を逃す。

彼はピークを乗り越えたようで、俺のほうがやばくなる。

ちょっと刺激を強くしようと、また正常位に戻って掘り上げる。
彼は声を上げて感じてくれるが、イクほどではなく、逆に俺の気分を刺激する。
これが墓穴で、俺が先に果ててしまった。
こうなったら、もうトコロテンさせるのは無理である。
くやしい。
でも、彼は俺がイッて満足している。

一応、そのあとこすってやったら、あっというまにシュプッという
 切れ味のいい音がして、すぐにイッた。精子の量は少なかった。

ということで、判定は、

「惜しくも負け」

恐らく、次回はないであろう。


sujikin8 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年11月18日

172/63/28

金曜の夜、怪しく丸の内線に乗る。
写真では微妙だが、感度のよさそうなやつが俺を待っている。

【708618】セックスしてー

172#63#28ウケ - 05/11/18(金) 21:01 -

ケツがかなら疼いてます。俺のケツ掘ってくれる淫乱タチいませんか?172#63#28髪ショートバリネコ。中野区南部場所あり。近ければ移動可能。


部屋に入る。角部屋で声を上げても大丈夫なつくり。
ホモは本当にこういういい物件に住んでいるやつが多い。

早速ベッドで並んで肩を抱く。
見た目ポチャで全然イケてないんだが、抱き心地がいい。

それと、ガバガバかと思いきや、意外と締まりがいい。
指マンに吸い付いてくる。
声がかなり切ないので、早速挿入。
やっぱり指マンとは声が全然違う。
かなり感じている。
マラの堅さも挿入したらぐんと増した

締りがいいけど、掘られるのに馴れている感じがする。
どの角度で掘ってもものすごくよがってくれる。

ベッドを縦に弾ませながら掘る。
ガンガン当たって快感らしい。
女みたいにアンアンアンと俺のピストンに激しく応える。
尋常じゃないヨガリ方だ。

正常位で攻める。
前立腺の辺りが堅く膨らんできている気がする。

そこをさらに突く。
鳥肌たてないかな、と思うんだが、本人やっぱり馴れているらしく、
 とても心地よさそうにヨガる。

何度目か堅く膨らんだとき、ちょっと俺の体を起こして
 角度をつけて肛門の前壁をこすってやった。

すると突然、「あっ」という声とともに、
 体が硬直し、トコロテン、、、、
 と思いきや、温かい液が、シャーッ、シャーッと
 吹き上げた。

潮吹きだ!

俺もびびったが、本人もかなりびびっている。
「あーっ、出ちゃったよ。。。」

本人、快感の余韻に浸りつつ、
「5年ぶりだ。。。」(。。。えっ?)

後で話を聞いたところ、2週間前にセクフレが転勤でいなくなって、
 定期的に掘られていたのがパタっとやんで、
 どうしようもなくうずいていたとのこと。
5年前に潮を吹いた相手は、デカマラだったそうな。

ということで、

完勝!

「吹か士」の仲間入りである。やった!

でも、次やったときには潮は吹かないだろうな。
ま、今度はトコロテンさせられるよう頑張るか。

sujikin8 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年11月17日

172/56/27

【194937】やらない?

渋谷 - 05/11/16(水) 18:41 -

172*56*27 場所あり。悪くないと思うよ。ノリ良く出来るタチの人からのメール待ってます。よろしく!



写真を交換したら、精悍できりっとしたいい顔をしている。
体格も胸が張っていていい感じだ。

昨日メールをやり取りしていて、結局21歳の方を選んだのだが、
 その後も俺に興味を示してメールをくれたので、今日、会うことに。

代官山のマンション。
入り口もきれい。
中も結構広くて、電子ピアノも置いてある。
家賃20万以上とのこと。
さすがである。

本人は写真とは違ってホモっぽい。
着こなしとかは上手だが、写真よりも全体的に
 男性ホルモンが多く出てしまった感じ。

俺はあまりやるつもりはなかったんだが、
 帰ろうとしたら抱きついてきて誘われた。

キスは上手だ。そして乳首を攻めるといい感じで声を上げる。
身体も悪くない。ケツもきれいだ。

でも、終電で帰りたいので、掘る時間はなかった。

結構デカイマラを刺激し、乳首をころころ舐め上げて
 いい感じになったところで、俺は帰る、といった。

時間があれば掘り上げてやったんだが、
 正直イケてなかった。

一応引き分け

次、声がかかったら、どうしようかな。

sujikin8 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行 

2005年11月16日

174/63/21

【705633】年上の人とまったりエッチ

174*63*21 - 05/11/16(水) 18:51 -

174*63*21です。
年上の人と優しいエッチがしたいです。
掘られるのが好きですが、掘りあいとかでもいいです。
ガツガツじゃなくて、まったりやりたいな。
新宿近辺のうちに来れる年上の人お願いします。リーマンとかなら嬉しいです。
時間があれば、飲みとか飯とかも一緒にしたいな!
お願いします。


俺は直毛のサラサラが基本的に好きだ。
ソフモヒや無造作がその次。
坊主は基本的にあまり。

でも、最近、坊主は人によってはとても男らしくてかわいい、とイケてることに気づいた。

坊主のちょっと伸びた感じで、上目遣いの写真。
結構タッパがありそうなのに、やんちゃそうな顔。

かわいい。

俺はいても立ってもいられず、代々木の家に向かった。

ドアを開けると、別人が立っていた。

顔は一緒なのだが、髪が伸びて、高校生みたいだ。

若返っているのに、ちょっと引いている自分がいる。
意外だった。

でも、誠実そうな感じで、好感が持てた。

1時間くらい世間話をしてから、彼のほうから誘ってきた。
シャワーを浴びるタイミングを逸してそのまま押し倒す。

やわらかくて、でも、たるんでいない、素直な身体だ。
そして感度がいい。
途中でイッてしまわれると困るので、適度にセーブしながら
 全身をやさしく刺激する。
声よりも鼻息が荒くなってきて、感じているのがわかる。

指マンで拡張すると、マラはいっそう堅くなり、
 もっと奥へ突っ込んでほしい、と腰を押し付けてくる。
目がとろんとして、いつでも挿入してほしいという顔。

ゴムをつけてオイルをたっぷり塗り、ゆっくり挿入する。
「あん、すごいっ。」
やさしくしてるのに、彼はぐんっと感じている。
ちょっと小刻みに動かすと、声を上げて応える。
マラもビンビンひくひく反応し、すげぇ気持ちよさそうだ。

痛がらないので、少しスピードを上げて掘る。
腰を振って応えてくる。
やわらかくて締りのいい身体をくねらせて応えられると
 こっちもすげぇ気持ちいい。

自分でかなり腰を振って応えてくるので、
 騎乗位にしてやる。
俺にまたがった彼は、火がついたみたいに、
 動く。そして声を上げる。
もう、たまらないらしくって、自分でしごく手に
 力が入り、スピードも速くなった。

前立腺のところを俺のマラに当てながら
 アン、アン、アン、やべぇ、あん、イクっ、あ、あ、あ、
ピュッ、ピュッ、とイッた。

若いから、もう一発掘ってほしいかな?と思ったが、
 ちょっと自分が汗臭かったので、シャワーを浴びる。

彼は満足したらしく、その間に服を着てしまった。
残念。
「今日はほんとにケツが感じたよー。
 調子がいい日だったみたい。」
とかわいい顔で俺に報告してくれる。

かわいい。

ということで、今日は勝ち

身体が崩れないうちに、また逢ってもいいかな(^^)


sujikin8 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 修行