おもてなし係 山さんの徒然日記

岐阜県大垣市の老舗料亭「助六」のおもてなし係 山さんの徒然日記。 日々、繰り広げられる料亭の出来事や成長について綴っています。

2014年07月

大豆のさやが緑色のうちに収穫して、若い種子を野菜として食すものが”枝豆”です。(枝豆をそのまま育てていくと大豆になります) 岐阜県内でも栽培が盛んで、大粒で甘みに富んだ良質な枝豆が収穫されています。 大豆は「畑の肉」ともいわれ、良質のたんぱく質が多く含ま ...

美味しいけど危ないお酒だね。だって、他のお酒が飲めなくなるもの―。そう言われ続けているお酒があります。助六名物の竹酒です。そんな日がしばらく続いたある日、料理長がぽつりと言いました。「竹酒、西濃のお酒を竹の徳利で飲んだらどうなるだろう。昔、そうやってお酒 ...

大垣料亭助六でおもてなし修行中のまいです。先日、チーム助六は毎月発行している「助六新聞」の取材で西濃運輸へお伺いいたしました!と言うのも、西濃運輸が7月18日から東京ドームで開幕した第85回都市対抗野球大会へ出場を決めたためです。同じ大垣市にある助六も西濃運輸 ...

助六9代目インターン生のあやかです。月に1度、インターン生と経営者、コーディネーターの3者で行う一ヶ月の反省とこれからの目標を決める中間モニタリングがあります。先日3回目の中間モニタリングを行ったのですが、振り返ってみると何も成長していないことがわかったので ...

イサキは関東以南の海に生息する暖水性の海水魚。外洋に面した磯や沿岸近くに棲息しており、夜行性で夜間に界面近くまで浮上して餌を摂りますが、月夜には上がってこないそうです。九州などでは年間を通して漁獲されますが、産卵期を迎える前、晩春から初夏にかけてが旬。大 ...

美味しいけど危ないお酒だね。だって、他のお酒が飲めなくなるもの―。そう言われ続けているお酒があります。助六名物の竹酒です。西濃には美味しいお酒が多くあります。理由は、大垣を表す水都という言葉が代表するよう、日本酒造りのために必須条件である美味しい水が豊富 ...

大垣料亭助六でおもてなし修行中のまいです。“おもてなしさん”デーの日、お客様が3名みえるお部屋にずっと入っていたときのことです。そのお部屋には女将さんもいらっしゃって、お客様とのお話に花を咲かせていました。しかし、お客様の隣に座っているわたしといったら皆様 ...

美味しいけど危ないお酒だね。だって、他のお酒が飲めなくなるもの―。そう言われ続けているお酒があります。助六名物の「竹酒」です。「なんか、日本酒離れが始まっているらしい」ある日、料理長が発したその一言がすべての始まりでした。付き合いのある酒屋さんから聞いた ...

大垣料亭助六でおもてなし修行中のまいです。あるお部屋のお食事が終わりお客様がお出掛けになりました。お客様をお見送りしたあと、おもてなし係りはお部屋の片付けをします。その際、テーブルの上であるものを発見。なんだか高級そうなライターがひとつ、器の後ろから出て ...

美味しいけど危ないお酒だね。だって、他のお酒が飲めなくなるもの―。そう言われ続けているお酒があります。助六名物の「竹酒」です。青々とした美しい目が映える竹で作られた助六手製の徳利とお猪口をキンキンに冷やし、その中に西濃で作られる地酒を注ぎます。水処で作ら ...

↑このページのトップヘ